SAWAYA Kunio

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:12
 
Avatar
Name
SAWAYA Kunio
E-mail
sawayaecei.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ba9e7212f632b65662aff0913bbb15f6.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Head Office of Enterprise Partnerships Center for Promotion of Innovation Strategy
Job title
Professor
Degree
Doctor of Engineering(Tohoku University), 工学修士(Tohoku University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1997
 - 
Today
Professor, Graduate School of Engineering,Tohoku University
 
Jul 1993
 - 
Mar 1997
Professor, Faculty of Engineering, Tohoku Unoversity
 
Dec 1987
 - 
Jun 1993
Associate Professor, Faculty of Engineering, Tohoku University
 
Apr 1976
 - 
Nov 1987
Research Associate, Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1973
Department of Electrical and Communication Engineerig, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1971
Departmet of Electrical Communications, Faculty of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1976
Department of Electrical and Communication Engineerig, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
May 2009
 - 
Today
電子情報通信学会通信ソサイエティ  会長
 
May 2009
 - 
Today
電子情報通信学会東北支部  支部長
 
May 2008
 - 
May 2009
電子情報通信学会通信ソサイエティ  次期会長
 
Jan 2008
 - 
Today
IEEE Sendai Section  Vice-chair
 
May 2006
 - 
May 2008
電子情報通信学会人体周辺の電波利用技術研究会  委員長
 

Awards & Honors

 
May 2009
誘電体に対するガラーキンモーメント法 ―端部電荷を考慮した直方体モノポー ル間の自己・相互インピーダンスの単積分化―, 電子情報通信学会論文誌B,Vol. J91-B, No. 9, pp. 926-939, Sep. 2008, IEICE Zen-ichi Kiyasu Award, 電子情報通信学会
Winner: 陳強,ザイ フイチン,袁巧微,澤谷邦男
 
May 1988
素子間相互結合を含めた導体球円弧状配列ドームアンテナの走査特性,電子情報通信学会論文誌, J70-B, 3, 366-374, 1987年3月, IEICE Paper Award, 電子情報通信学会
Winner: 前田 忠彦,澤谷 邦男,安達 三郎,虫明 康人
 
May 2009
誘電体に対するガラーキンモーメント法 ―端部電荷を考慮した直方体モノポー ル間の自己・相互インピーダンスの単積分化―, 電子情報通信学会論文誌B,Vol. J91-B, No. 9, pp. 926-939, Sep. 2008, IEICE Paper Award, 電子情報通信学会
Winner: 陳強,ザイ フイチン,袁巧微,澤谷邦男
 
Sep 2006
"Series-Fed Beam-Scanning Antenna Employing Multi-Stage Configured Microstrip Antennas with Tunable Reactance Devices," IEICE Trans. Commun., Vol. E88-B, No. 6, pp.2297-2304, June 2005, Communications Society Excellent Paper Award, 電子情報通信学会通信ソサイエティ
Winner: Naoki Honma, Tomohiro Seki, Kenjiro Nishikawa, Koichi Tsunekawa, and Kunio Sawaya
 
Sep 2005
電磁界の数値解析とそのアンテナ設計への応用に対する貢献, フェロー, 電子情報通信学会
 

Published Papers

 
Measurement of Digital Terrestrial Television Broadcasting Wave for Indoor Reception and Study on Diversity Reception
Yu Takeda, Qiang Chen, Kunio Sawaya, and Tomohiro Mogi
IEICE Transactions on Communications   J95-B(9) 1151-1158   Sep 2012   [Refereed]
Keisuke Konno, Qiang Chen, Kunio Sawaya, and Toshihiro Sezai
2012 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation      Jul 2012   [Refereed]
Qiang Chen, Jianfeng Li, Yusuke Kurihara, Kuan-Hua Chen, Kunio Sawaya, Qiaowei Yuan, Ngochao Tran, and Yasuhiro Oda
2012 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation      Jul 2012   [Refereed]
Jianfeng Li, Qiang Chen, Kunio Sawaya, and Qiaowei Yuan
2012 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation      Jul 2012   [Refereed]
Hiroyasu SATO, Kohei KURIYAMA and Kunio SAWAYA
2012 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation      Jul 2012   [Refereed]

Misc

 
安達三郎,沢谷邦男
J. IEE Japan   106(9) 887-894   Sep 1986
Numerical Techniques for Analysis of Electromagnetic Problems
Kunio Sawaya
IEICE Transactions on Communications   E83B(3) 444-452   Mar 2000
Review of Research and Development on Linear Antennas
Kunio Sawaya
IEICE Transactions on Communications   E86-B(9) 892-899   Mar 2003
Antenna Design by Using Method of Moments
Kunio Sawaya
IEICE Trans. Communications   J86-B(9) 1668-1677   Sep 2003
Visualization of Electromagnetic Wave
Kunio Sawaya
Journal of IEICE   87(10) 842-844   Oct 2004

Books etc

 
Antenna Engineering Handbook (2nd Edition)
Kunio Sawaya et al. (Part:Joint Work, 編集委員長,第1章,第2章2.1節,2.3~2.7節,2.10~2.11節,第4章4.3節,4.7~4.8節,第12章12.1.4節,12.3.3~12.3.6節)
Ohmsha   Jul 2008   
環境電磁ノイズハンドブック
仁田周一,上芳夫,佐藤由郎,杉浦行,瀬戸信二,藤原修編,69名が執筆 (Part:Joint Work, 1.4節 アンテナ理論,37頁~48頁)
Asakura Publishing   Jun 1999   ISBN:4-254-22035-9
EMC 原理と技術 EMI/EMC測定の電磁気と回路
高木相監修 執筆者26名 (Part:Joint Work, V章 電波 V-1節 電波の放射メカニズム,pp.257-267)
丸善   Feb 2010   ISBN:978-4-903242-38-5
映像情報メディア工学大事典
澤谷邦男を含む約400名
オーム社   Jun 2010   ISBN:978-4-274-20869-0
MEMS/NEMS工学全集
桑野博喜監修,澤谷邦男他113名 (Part:Joint Work, 第4章 第3節 ワイヤレス送受信, アンテナ, 電磁カップリング, pp.520-529)
テクノシステム   Apr 2009   ISBN:9784924728592

Research Grants & Projects

 
Study on Antennas for Mobile Communication System
Project Year: Apr 1976 - Today
Electromagnetic Compatibility
Project Year: Jul 1993 - Today
Study on Numerical Analysis Methods of Electromagnetic Field.
Project Year: Apr 1976 - Today

Patents

 
2010-8275 : 伝送線路基板及び高周波部品の測定装置
植村順,高橋順一,山田康太,佐藤弘康,澤谷邦男,水野皓司
2010-8274 : ミリ波撮像装置
植村順,武田政宗 ,高橋順一,長谷川毅,平井晴之,新倉広高,松崎智彦,佐藤弘康 ,澤谷邦男 ,水野皓司
2010-8273 : ミリ波撮像装置
植村順,武田政宗,山田康太,長谷川毅,平井晴之,新倉広高,松崎智彦,佐藤弘康 ,澤谷邦男 ,水野皓司
2010-8272 : ミリ波撮像装置
植村順,武田政宗 ,高橋順一,長谷川毅,平井晴之,新倉広高,松崎智彦,佐藤弘康 ,澤谷邦男 ,水野皓司
2009-198474 : アンテナ
酒井文則,鈴木洋介,佐藤弘康,澤谷邦男,水野皓司

Social Contribution

 
たのしいサイエンス・サマースクール
[Others]  3 Aug 2009 - 5 Aug 2009
主に県内の中学生を対象として,8月上旬に,「光とエレクトロニクス」と題して,光と電波を用いた通信やロボットの制御などの実験を行う.
東北マルチメディア・アプリケーション技術開発推進協議会(TMA)地上ディジタル実験部会部会長
[Others]  Dec 1998 - Mar 2003
実験部会
仙台市科学館仙台市児童生徒理科作品展審査員
[Others]  Sep 1994 - Sep 2002
審査員
宇宙開発事業団客員研究部員
[Others]  Jul 1995 - Mar 2000
東北電波障害防止協議会技術部会部会長
[Others]  May 1995 - Mar 2000
電波障害防止

Others

 
Oct 2009   リフレクトアレー反射特性制御装置の開発
リフレクトアレーを用いた反射特性制御装置の広角散乱、広帯域化、散乱角制御技術等を検討する.また,電波伝搬実験、無線伝送実験に使用するリフレクトアレー反射特性制御装置を開発する。 リフレクトアレーを使った反射装置を用いることにより,低コストで電源設備を用いずにビル影などでの不感地を解消することが可能となる.また,このような反射装置の周波数選択性を利用して必要な周波数帯のみを所望のエリアを照射し、他の周波数帯の無線システムへの影響を軽減できることができる.さらに,本装置を移動通信システムに適用する際の問題点を明らかにすることにより,実現性の高いリフレクトアレーを開発する.
Jul 2009   測位及び双方向無線通信システムの高速化・省電力化技術の研究開発
受信にスタブ共振昇圧とパルス鍵検出を、また応答にはサブキャリアMPSK を用いることにより、5GHz 帯で100kbps のデータを連続送受信したときの消費電力500μW以下、待ち受け時は10μW 以下の無線端末を平成22 年度までに開発すると共に、30m以上の距離でBER1%以下、測位誤差10cm 以下の各種センサー搭載端末を23 年度までに開発し、微弱発電機と組合せた電池不要の無線装置やDSRC への応用の可能性を検証する。
Oct 2007   メタマテリアルのアレーアンテナへの応用技術
FDTD法を用いてメタマテリアルを利用したアレーアンテナの特性を解析する
Sep 2007   宇宙太陽発電システム用大規模アレーアンテナの研究
モーメント法を用いた宇宙太陽発電システム用の大規模アレーアンテナの数値解析を行う
Oct 2006   EBG技術を用いた高利得アンテナに関する研究
FDTD法を用いてEBG技術を導入したアンテナの高利得化を図る