金井 浩

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 10:17
 
アバター
研究者氏名
金井 浩
 
カナイヒロシ
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科・工学部 電子工学専攻 電子制御工学講座

プロフィール

Hiroshi Kanai was born in Matsumoto, Japan, on 1958. He received a B.E. degree from Tohoku University, Sendai, Japan in 1981, and M.E. and the Ph. D. degrees, also from Tohoku University, in 1983 and in 1986, both in Electrical Engineering.

From 1986 to 1988 he was with the Education Center for Information Processing, Tohoku University, as a research associate. From 1990 to 1992 he was a lecturer in the Department of Electrical Engineering, Faculty of Engineering, Tohoku University. From 1992 to 2001 he was an associate professor in the Department of Electrical Engineering, Faculty of Engineering, Tohoku University. Since 2001 he has been a professor in the Department of Electronic Engineering, Graduate School of Engineering, Tohoku University. Since 2008 he has been also a professor in the Department of Biomedical Engineering, Graduate School of Biomedical Engineering, Tohoku University. From 2012 to 2015 he was a dean of Graduate School of Engineering, Tohoku University. From 2015 to 2018 he was a vice president (for Research Consolidation and University Reform), Tohoku University

His present interests are in transcutaneous measurement of the heart wall vibrations and myocardial response to propagation of electrical potential and cross-sectional imaging of elasticity around atherosclerotic plaque with transcutaneous ultrasound for tissue characterization of the arterial wall.

Dr. Kanai is a member of the Acoustical Society of Japan, a fellow of the Institute of Electronics Information and Communication Engineering of Japan, a member of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine, Japan Society of Medical Electronics and Biological Engineering, and the Japanese Circulation Society. Since 1998, he has been a member of Technical Program Committee of the IEEE Ultrasonic Symposium. Since 2008, he has been an International Advisory Board of International Acoustical Imaging Symposium. Since 2011, he has been a Board Member of International Congress on Ultrasonics. Since 2012, he has been an editor of Journal of Medical Ultrasonics and Japanese Journal of Medical Ultrasonics. Since 2013, he has been an associate editor of the IEEE Transaction on UFFC.

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年3月
東北大学 工学部 通信工学科
 

委員歴

 
2003年12月
 - 
現在
日本超音波医学会  血管超音波研究会 新技術検討小委員会委員
 
2003年8月
 - 
現在
日本超音波医学会  血管超音波研究会 委員
 
1999年3月
 - 
現在
日本超音波医学会  東北地方会 運営委員
 
2012年5月
 - 
2014年5月
日本超音波医学会  論文編集委員会委員長
 
2012年5月
 - 
2014年5月
日本超音波医学会  広報委員会委員長
 

論文

 
Hiroshi Kanai,Yoshiro Koiwa
Ultrasound in Medicine and Biology   27(4) 481-498   2001年4月   [査読有り]
Kohei Takahashi, Hirofumi Taki1, and Hiroshi Kanai
Japanese Journal of Applied Physics   56(7S1) 07JF09-1-07JF09-7   2017年7月   [査読有り]
Imaging of human vertebral surface using ultrasound RF data received at each element of probe for thoracic anesthesia
Kazuki Takahashi, Hirofumi Taki, Eiko Onishi, Masanori Yamauchi, and Hiroshi Kanai
Japanese Journal of Applied Physics   56(7S1) 07JF01-1-07JF01-5   2017年7月   [査読有り]
Mechanism of synchronized change in ultrasonic integrated backscatter across human heart wall
Yumi Tobinai, Hirofumi Taki, and Hiroshi Kanai
Japanese Journal of Applied Physics   56(7S1) 07JF04-1-07JF04-6   2017年7月   [査読有り]
Ultrasound imaging of propagation of myocardial contraction for non-invasive identification of myocardial ischemia
Yuya Matsuno, Hirofumi Taki, Hiroaki Yamamoto, Michinori Hirano, Susumu Morosawa, Hiroaki Shimokawa, and Hiroshi Kanai
Japanese Journal of Applied Physics   56(7S1) 07JF05-1-07JF05-6   2017年7月   [査読有り]

Misc

 
赤血球凝集度の超音波計測に関する研究
長谷川英之,金井 浩
東北大学グローバルCOEプログラム 新世紀世界の成長焦点に築くナノ医工学拠点 ナノ医工学年報2011   5 25-34   2012年3月
Imaging of Transverse Cross Section of Carotid Artery Using Diverging Transmit Beams from a Linear Array Ultrasonic Transducer with Multiple Steered Receive Beamforming
Akinlolu Ponnle,Hideyuki Hasegawa, and Hiroshi Kanai
東北大学電通談話会記録   Vol.80(2) 4-7   2012年3月
High Frame Rate Echocardiography for Detailed Analysis of Cardiac Dynamics
長谷川英之,金井 浩
Tohoku University Global COE Program Global Nano-Biomedical Engineering Education and Research Network Centre Annals of nanoBME   Vol.5 25-34   2012年2月
基礎・境界ソサイエティの活動紹介
金井 浩
電子情報通信学会誌   95(2) 168-171   2012年2月
赤血球凝集度の定量的評価を目指した超音波散乱波の周波数特性による散乱体サイズ推定に関する研究
福島 拓,長谷川英之,金井 浩
東北大学電通談話会記録   80(1) 211-212   2011年12月

書籍等出版物

 
音・振動のスペクトル解析
金井 浩
1999年3月   
音響テクノロジー・シリーズ5
「日本超音波医学会50周年記念誌」 日本超音波医学会編
金井 浩 (担当:共著, 範囲:32頁~34頁)
(社)日本超音波医学会   2013年3月   
医用画像解析ハンドブック
金井 浩, 長谷川英之 (担当:共著, 範囲:第5章(画像解析)437頁~446頁)
オーム社   2012年11月   
Nano-Biomedical Engineering 2012
Hideyuki Hasegawa, Hiroshi Kanai (担当:共著)
Imperial College Press, ISBN   2012年3月   
Nano-Biomedical Engineering 2009
Hideyuki Hasegawa, Kentaro Tsuzuki, Masataka Ichiki, Fumiaki Tezuka, Hiroshi Kanai (担当:共著, 範囲:Elasticity-Based Tissue Characterization of Arterial Wall)
Imperial College Press   2009年4月   ISBN:1-84816-352-5
page numbers: 1129-1138
editors: Takami Yamaguchi

講演・口頭発表等

 
計測工学技術を活用した医用超音波工学の実例
平成23年度第2回 医工連携人材育成セミナー   2011年12月5日   
講師
組織性状診断のための生体の動特性の超音波計測
第17回東北大学グローバルCOE国際シンポジウム,第7回東北大学医療工学技術者創成のための再教育システム(REDEEM)シンポジウム   2011年9月10日   
超音波による心筋興奮波の心臓壁内伝播の可視化
大阪商工会議所 第3回次世代医療システム産業化フォーラム2011   2011年8月26日   
組織性状診断を目指した生体動特性の超音波計測
北海道大学大学院保健科学研究院 保健科学セミナー講演   2011年8月5日   
スペクトル解析と情報計測の基礎
日本音響学会第115回技術講習会   2011年8月3日   
講師

競争的資金等の研究課題

 
心臓と動脈壁上の微小振動の計測と循環器疾患の診断法の開発
研究期間: 1989年4月 - 現在
高精度スペクトル推定法の開発
研究期間: 1988年4月 - 現在
医用工学に関する研究
研究期間: 1988年4月 - 現在
位相制御された音響放射圧による生体内部の歪み加振の効率化に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 現在
心筋の興奮伝導の非侵襲的超音波計測と可視化に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 現在

特許

 
特開2007-159920 : 超音波診断装置
鈴木隆夫,萩原 尚,加藤 真,反中由直,金井 浩,長谷川英之
特開2007-6914 : 超音波診断装置
金井 浩,長谷川英之,萩原 尚
特開2007-7347 : 超音波診断装置
金井 浩,長谷川英之,萩原 尚
特開2007-221 : 超音波診断装置
金井 浩,長谷川英之
特開2007-220 : 超音波診断装置
金井 浩,長谷川英之

社会貢献活動

 
東北大学サイエンスカフェ「心臓・血管 音で可視化 超音波診断の研究と応用」
【その他】  河北新報  2010年10月5日
超音波で動脈壁の硬さを計測
【出演, 寄稿】  東日本放送 東北大学の新世紀  2009年9月7日
動脈硬化,超音波で診断
【その他】  朝日新聞  2009年4月23日
動脈硬化早期発見に新技術
【出演, 寄稿】  NHK てれまさむね  2008年10月3日
血管壁の物性を経皮的に評価する
【その他】  Medical Tribune  2004年7月22日

その他

 
2012年12月   超音波装置における信号処理技術の研究開発
超音波画像診断装置の信号処理において,以下のテーマに関する研究を行う.
1.組織の粘弾性測定を高性能に行うエラストグラフィ技術の開発
2.高画質と高フレームレートを両立する信号処理技術の開発
2012年7月   位相差トラッキング法に基づく血管壁の弾性率断層像可視化システム構築の研究
1.超音波による弾性率の計測システムの構築
2.弾性率断層像の抽出システムの構築
2012年6月   高精度血管変位計測技術の実用化研究
東北大学で開発された対象物変位高精度計測法「位相差トラッキング法」の技術を用いて,高精度な血管変位計測システムを構築する.本システムを構築するにあたり,超音波データ処理,血管変位推定,ユーザーインターフェイスなどについての技術指導
2012年4月   超音波を用いた血圧測定技術に関する研究
超音波を用いた血圧導出方式の可能性評価とエプソン超音波素子の性能評価
2011年10月   超音波画像診断装置の信号処理に関する共同研究
超音波画像診断装置の信号処理において、以下のテーマに関する研究を行う
1. 組織の粘弾性測定を高性能に行うエラストグラフィ技術の開発
2. 頸動脈プラークの粘弾性を自動計測する技術の開発