西関 隆夫

J-GLOBALへ         更新日: 10/07/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
西関 隆夫
 
ニシゼキ タカオ
URL
http://www.nishizeki.tohoku.ac.jp/nszk/nishi/nishi.html
所属
旧所属 東北大学 大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻
職名
教授,情報科学研究科 副研究科長
学位
工学博士(東北大学), 工学修士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1974年
 - 
1976年
東北大学 助手 (工学部)
 
1976年
 - 
1988年
東北大学 助教授 (工学部)
 
1977年
 - 
1978年
米国カーネギー・メロン大学数学科 客員研究員
 
1988年
 - 
1993年
東北大学 教授 (工学部)
 
1993年
   
 
- 東北大学 情報科学研究科
 

学歴

 
 
 - 
1974年
東北大学 工学研究科 電気及通信工学
 
 
 - 
1969年
東北大学 工学部 通信工学
 

委員歴

 
1985年
 - 
1987年
電気情報通信学会  東北支部庶務幹事
 
1989年
   
 
電子情報通信学会回路とシステム研究専門委員会  委員
 
1995年
   
 
電子情報通信学会情報システムソサイエティ  副会長
 
2004年
 - 
2006年
情報処理学会  東北支部長
 
2006年
 - 
2007年
電子情報通信学会  東北支部長
 

受賞

 
2008年
科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)
 
2003年
船井情報科学振興賞
 
1995年
IEEE Fellow
 
1996年
ACM Fellow
 
1999年
電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術奨励賞)
 

Misc

 
TAKAMIZAWA K, NISHIZEKI T, SAITO N
Journal of the Association for Computing Machinery   29(3) 623-641   1982年
ITO M, SAITO A, NISHIZEKI T
J. Cryptology   6(1) 15-20   1993年
Total colorings of degenerate graphs
Combinatorica   27(2) 167-182   2007年
ZHOU X, TAMURA S, NISHIZEKI T
Algorithmica   26(1) 3-30   2000年
Grid Drawings of 4-Connected Plane Graphs
Discrete & Computational Geometry   26 73-87   2001年

書籍等出版物

 
Planar Graph Drawing
World Scientific Pub.   2004年   
Planar Graphs: Theory and Algorithms
1988年   
離散数学
1989年   
Graph Theory and Algorithms
1981年   
Discrete Algorithms and Complexity
1987年   

Works

 
離散アルゴリズムに関する研究
1998年
配電融通アルゴリズムに関する研究
2004年
板金加工スケジュリングに関する研究
2005年

競争的資金等の研究課題

 
離散アルゴリズム
研究期間: 1980年   
グラフ描画アルゴリズム
研究期間: 1980年   
暗号及び情報セキュリティ
研究期間: 1980年