SATO Yuzuru

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:12
 
Avatar
Name
SATO Yuzuru
E-mail
satozmaterial.tohoku.ac.jp
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering
Job title
Professor
Degree
Doctor of Engineering(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2006
 - 
Today
Professor, Graduate School of Engineering, Tohoku University
 
Apr 2004
 - 
Mar 2006
Associate Professor, Graduate School of Engineering, Tohoku University
 
Apr 1988
 - 
Apr 2004
Associate professor, Faculty of Engineering, Tohoku University
 
Jan 1987
 - 
Jan 1988
Post doctoral research associate, University of Tennessee
 
Apr 1976
 - 
Mar 1988
助手, Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1976
Department of Metallurgy, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1971
Department of Metallurgy, Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Jan 2013
 - 
Today
日本熱物性学会  表彰委員会委員長
 
Apr 2009
 - 
Today
日本金属学会  東北支部評議員
 
Apr 1985
 - 
Today
The Electrochemical Society Of Japan  東北支部幹事
 
Mar 2011
 - 
Feb 2013
Molten Salt Committee, The Electrochemical Society of Japan  Vice President
 
Jan 2012
 - 
Dec 2012
Japan Society of Thermophysical Properties  President
 

Awards & Honors

 
Feb 2006
受賞内容は「溶融塩のイオン構成と物性値に与える影響」, Molten Salt Award, 電気化学会溶融塩委員会
 
国内における溶融塩の研究者をほぼ網羅した学会である溶融塩委員会の最も権威ある賞。原則として毎年1名または学会・産業界各1名に贈られる。本年は佐藤讓1名だけである。受賞の詳細は溶融塩委員会のホームページhttp://msc.electrochem.jp/に掲載されている。
本学では何れも工学研究科の、内田勇名誉教授、山村力名誉教授が受賞している。
Nov 1993
”軽金属”誌に掲載された論文中でもっとも優秀と認められた論文に対する賞, 軽金属論文賞, 軽金属学会
Winner: 斉藤栄、荒池英一、鈴木毅、山村力
 
Oct 2000
溶融炭酸塩型燃料電池の電解浴である溶融Li2CO3-NaCO3およびLi2CO3-K2CO3系の粘度を精密に測定し、その粘性挙動を明らかにした。, 熱物性論文賞, 日本熱物性学会
Winner: 山崎智幸、加藤秀隆、朱鴻民、星政義、山村力
 
May 2007
高温学会Best Reviewer 賞, 社団法人 高温学会
 
解説論文「溶融金属・合金の粘度および測定法」に対して授与された。
Nov 1984
社団法人-軽金属学会が表彰する。1年に1回、2名程度。軽金属の学術または工業に関する独創性、発展性に富む業績をあげ、将来の活躍が期待される満35才以下の新進気鋭の研究者、技術者に贈られる。, 軽金属奨励賞, 軽金属学会
 

Published Papers

 
Formation Rate and Mechanism of LiH by Reacting Li with Hydrogen
Y. Suzuki, O. Takeda, Y. Sato
Proceedings of 4th Asian Conference on Molten Salt Chemistry and Technology, 44th Symposium on Molten Salt Chemistry   191-196   Sep 2012
Electrode Reactions of Fluorosilicate Ion on Ni and Mo Electrodes in Molten Fluoride
S. Yamanaka, O. Takeda, M. Hoshi, Y. Sato
Proceedings of 4th Asian Conference on Molten Salt Chemistry and Technology, 44th Symposium on Molten Salt Chemistry   292-299   Sep 2012
溶融弗化物を用いた希土類磁石合金の精製型リサイクル
竹田修 中野清貴 佐藤讓
日本化学会第92春季大会講演予稿集   2頁   Mar 2012
O. Takeda, D. Aoki, Y. Yokka, T. Yamamura, Y. Sato
ISIJ International   52 1705-1711   2012
Y. Yokka, M. Kimura, T. Handa, K. Sasaki, O. Takeda, T. Yamamura, Y. Sato
ISIJ International   52 1914-1920   2012

Misc

 
「溶融塩デ-タベ-ス(TMSDB)」の紹介
遠藤守 朱鴻民 佐藤讓 山村力
東北大学大型計算機センター広報SENAC   28(3) 11-20   Jul 1995
溶融塩粘性率測定装置の製作
林博和 加藤義夫 小川徹 佐藤讓
JAERI-Tech 97-024   1-40   1997
佐藤讓
表面技術   49(4) 331-335   1998
第15回ヨーロッパ熱物性会議報告-融体分野-
佐藤讓
熱物性   13 321-321   1999
高温金属融体の粘度の測定
佐藤讓 山村力
金属   70(7) 577-584   2000

Books etc

 
溶融塩・熱技術の基礎
溶融塩・熱技術研究会 編 (Part:Joint Work, 第10章 溶融塩取り扱い技術、塩化物の精製、265~271頁、 溶融塩の諸物性、導電率 45~48頁)
アグネ技術センター   Aug 1993   ISBN:4-7507-0829-1 P4635E
実験 材料科学−ニューマテリアル開発の基礎−
東北大学マテリアル・開発系 編
内田老鶴圃   Sep 1996   ISBN:4-7536-2053-0 C3050
最新熱測定―基礎から応用まで―
アルバック理工(株)編 (Part:Joint Work, 第2章8 回転振動法による粘性率測定の原理と応用 319~333頁)
アグネ技術センター   Oct 2003   ISBN:4-901496-09-3 C3043
改訂4版 金属データブック
日本金属学会編 (Part:Joint Work, Ⅰ1元素 1.2.8.b液体金属の密度表面張力粘性率 16頁、Ⅱ1物性 1.1.2.b溶融合金の粘度 68~69頁、Ⅱ1物性 1.2溶融塩 74~78頁)
丸善   Feb 2004   
溶融塩の科学
伊藤靖彦編 (Part:Joint Work, 第6章 溶融塩の熱物性 191~220頁)
(株) アイピーシー   Jan 2005   ISBN:4-901493-52-3 C3043

Conference Activities & Talks

 
Formation Rate and Mechanism of LiH by Reacting Li with Hydrogen
Y. Suzuki, O. Takeda
4th Asian Conference on Molten Salt Chemistry and Technology   23 Sep 2012   
Electrode Reactions of Fluorosilicate Ion on Ni and Mo Electrodes in Molten Fluoride
S. Yamanaka, O. Takeda, M. Hoshi
4th Asian Conference on Molten Salt Chemistry and Technology   23 Sep 2012   
弗化物溶融塩中での弗化珪酸イオンの電極反応
山中茂樹 竹田修 星政義
日本金属学会2012年秋期第151回大会   17 Sep 2012   
LnOF(Ln=Nd,Dy,La)の標準生成ギブズエネルギー変化の決定
竹田修 加藤雅博
日本鉄鋼協会2012年秋季第164回大会   17 Sep 2012   
Phase Equilibria of Li-H System and Rate of Formation of LiH
Y. SUZUKI, N. OUCHI, O. TAKEDA
18th Symposium On Thermophysical Properties   24 Jun 2012   

Research Grants & Projects

 
水素化リチウムを用いた水素の貯蔵・輸送サイクルに関する研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2007 - Today
溶融合金の粘性流動
Project Year: Apr 1984 - Today
Production of New Alloy by Molten Salt Electrolysis
Project Year: Apr 1984 - Today
各種溶融塩の粘度
Project Year: Apr 1978 - Today
溶融塩を用いた有害有機塩素化合物の分解処理
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2002 - Mar 2008

Patents

 
特願2005-020263 : 周期表第13族金属窒化物結晶の製造方法及びそれを用いた半導体デバイスの製造方法
有田陽二、佐藤讓
特願2005-194719 : 周期表第13族金属窒化物結晶の製造方法およびそれを用いた半導体デバイスの製造方法
有田陽二、関義則、田原岳史、佐藤讓
特願2004-196206 : 第13族金属窒化物結晶の製造方法及びそれを用いた半導体デバイスの製造方法
佐藤讓、有田陽二
特願2004-091113 : アルカリ金属又はアルカリ土類金属イオン電池用電極及びこれを用いたアルカリ金属又はアルカリ土類金属イオン電池
有田陽二、佐藤讓
特願2004-090938 : 第13族金属窒化物結晶の製造方法及びそれを用いた半導体デバイスの製造方法
有田陽二、関義則、佐藤讓

Social Contribution

 
日本鉄鋼協会-高温融体物性専科
[Others]  15 Nov 2012 - 16 Nov 2012
鉄鋼メーカーの若手技術者を対象にした高温融体の集中講義
サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(独立行政法人科学技術振興機構)
[Others]  14 Jul 2012 - 3 Aug 2012
秋田県立横手高校の2年生33名を対象にして、横手高校において出前授業を行なった後、東北大学において「水溶液中のイオンの挙動 ~イオンの運動速度と電気化学反応による金属析出~」について実験を実施した。
サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(独立行政法人科学技術振興機構)
[Others]  16 Jul 2011 - 5 Aug 2011
秋田県立横手高校の2年生37名を対象にして、横手高校において出前授業を行なった後、東北大学において「水溶液の導電率の測定および水溶液からの金属亜鉛の製造」について実験を実施した。