田路 和幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:03
 
アバター
研究者氏名
田路 和幸
 
トウジ カズユキ
eメール
kazuyuki.tohji.a8tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1d688d651051f6a872b994a05d0a9f77.html
所属
東北大学
部署
大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻 エネルギー資源学講座 環境共生機能学分野
職名
教授
学位
理学博士(学習院大学), 理学修士(学習院大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 

経歴

 
2003年4月
 - 
現在
東北大学 教授(環境科学研究科)
 
1999年4月
 - 
2003年3月
東北大学 教授(工学研究科)
 
1994年8月
 - 
1995年5月
スタンフォード研究所 研究員 外国人研究員
 
1991年3月
 - 
1999年3月
東北大学 助教授(工学研究科)
 
1986年3月
 - 
1986年9月
米国ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校 研究員 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
学習院大学 自然科学研究科 化学
 
 
 - 
1977年3月
学習院大学 理学部 化学
 

受賞

 
2008年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰 技術部門
 
1993年10月
日本金属学会 技術開発賞 高温融液in-situ測定EXAFS装置の開発
受賞者: 表 和彦,喜久敦徳,船橋学,早稲田嘉夫
 
1990年10月
日本化学会 若い世代の講演会(第5回)で講演者として選出 X線ラマン散乱を用いた軽元素物質の構造決定
 

論文

 
A stand-alone flat-plane lighting device in a diode structure employing highly crystalline SWCNTs as field emitters
Shimoi, N; Abe, D; Tanaka, Y; Tohji、K
DIAMOND AND RELATED MATERIALS   65 152-157   2016年   [査読有り]
Efficiency and long-term durability of nitrogen-doped single-walled carbon nanotube electrocatalyst synthesized by defluorination-assisted nanotube-substitution for oxygen reduction reaction
Yokoyama, S. Yokoyama, Y. Sato, K. Hirano, S. Hashiguchi, K. Motomiya, H. Ohta, H. Takahashi, K. Tohji, and Y. Sato
Journal of Materials Chemistry A   4 9184-9195   2016年   [査読有り]
Green Synthesis of Cu Micro/Nanoparticles for Low-Resistivity Cu Thin Films Using Ascorbic Acid in Aqueous Solution
s. Yokoyama, K. Motomiya, H. Takahashi, and K.Tohji
Journal of Materials Chemistry C   4 7494-7500   2016年   [査読有り]
Shin-ichi Ogino, Takashi Itoh, Daiki Mabuchi, Koji Yokoyama, Kenichi Motomiya, Kazuyuki Tohji, Yoshinori Sato
The Journal of Physical Chemistry C   120 7133-7143   2016年   [査読有り]
Defluorination-assisted nanotube-substitution reaction with ammonia gas for synthesis of nitrogen-doped single-walled carbon nanotubes
Koji Yokoyama, Yoshinori Sato, Kazutaka Hirano, Hiromichi Ohta, Kenichi Motomiya, Kazuyuki Tohji, Yoshinori Sato
Carbon   94 1052-1060   2015年7月   [査読有り]

Misc

 
水素社会とセラミックス
田路和幸
   2015年4月
硫黄循環による硫化水素からの水素製造(その2)
田路和幸
硫酸と工業   67(8) 9-15   2014年8月
硫黄循環による硫化水素からの水素製造(その1)
田路和幸
硫酸と工業   67(7) 7-13   2014年7月
エコハウス紹介
田路和幸
しみん科学      2013年6月
硫黄循環による硫化水素からの水素エネルギー製造
高橋英志、林亜実、横山俊、梶野康晴、水藤芳基、馬淵隆、小林祥大、伊藤康友、田路和幸
   2013年4月

書籍等出版物

 
地球とつながる暮らしのデザイン
小林光、豊貞加奈子 (担当:共著, 範囲:直流ワールドによる電力革命)
2016年   
Handbook of Polymernanocomposites. Processing, Performance and Application Volume B: Carbon Nanotube Based Polymer Composites
Yoshinori Sato, Mei Zhang, Kazuyuki Tohji (担当:共著)
Springer   2015年   
カーボンナノチューブ応用最前線
田路和幸
シーエムシー出版   2014年6月   
The 21st Century COE Program International COE of Flow Dynamics Lecture Series Vol. 13
Edited: Shigenao Maruyama, Kazuyuki Tohji (担当:共編者, 範囲:Role of Water in the Research on Energy and Environment)
Tohoku University Press   2008年   
新しいくらしかたのか・た・ち
田路和幸
芸立出版   2007年   

講演・口頭発表等

 
In Pursuit of the Technologies of a Resource-Recycling Society to Save the Earth and Mankind
Sustainability of the Islands Environment, Economy and Civilization-The 21st Global Program   2005年10月24日   
イオウ循環と太陽光を利用した水素製造
資源・素材学会東北支部 平成17年度春季大会特別講演会「多様化するエネルギーと実用化」   2005年6月24日   
ストラティファイド光触媒と水素製造
アドバンスト・テクノロジー・プログラム:ATP 「デジタル社会を支える材料化学」   2005年3月26日   
これからの水素エネルギー 「イオウ資源と太陽光を利用した新しい水素製造システム」
資源・素材学会東北支部平成14年度総会ならびに春季大会特別講演会   2002年6月19日   
Purification of Single-wall nanotubes using Hydrothermal treatment
189th Meeting of the Electrochemical Society   1996年5月5日   
(プロシーディング) Fullerenes: Chemistry, Physics & New Directions VIII 1996 84 104

Works

 
Cross sectional observation of the earth
芸術活動   2000年1月
まりも
芸術活動   1999年1月

競争的資金等の研究課題

 
東北復興次世代エネルギープロジェクト
その他の研究制度
研究期間: 2011年9月 - 現在
エコハウスプロジェクト
その他の研究制度
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
ストラティファイド素材の開発
研究期間: 1991年4月   
クラスター材料及び新素材の開発
研究期間: 1986年3月   
実験室EXAFS測定装置の開発
共同研究
研究期間: 1981年9月   

特許

 
特開2016-113364 : 窒素含有炭素材料及びその製造方法
特開2016-035825 : リチウムイオン二次電池用負極活物質およびその製造方法並びに負極および電池
特開2015-133196 : 電界電子放出膜、電界電子放出素子、発光素子およびそれらの製造方法
特開2015-065146 : リチウムイオン二次電池用負極活物質およびその製造方法並びに負極および電池
下位 法弘 、田路 和幸 、田中 泰光 、張 其武 、甲斐 博之
特開2014-221927 : 銅微粒子およびその製造方法
田路 和幸 、高橋 英志 、横山 俊 、永田 長寿 、金田 秀治

社会貢献活動

 
平成17年度宮城野高校「土曜ゼミナール」
【その他】  2005年11月12日
太陽光を利用した夢の水素づくり(高校1~2年生対象)
電力館セミナー 科学ゼミナール 第839回
【その他】  2005年10月1日
夢の水素づくり
新しいくらしかたの「か・た・ち」
【その他】  2005年9月16日
新しいくらしとエネルギー
聖ドミニコ学院小学校 平成14年度3年生総合科目
【その他】  2003年3月13日
光を用いて環境に優しいエネルギーをつくる
石巻市と東北大EMS共同研究 鹿妻小で開始式
【出演, 寄稿】  毎日新聞  2013年4月24日
石巻市と東北大は石巻・鹿妻小学校においてエネルギー管理システムの開始式を行った。同小学校にはすでに太陽パネルと蓄電池も設置されているが、他5校にもパネルと電池は設置されている。このシステムを導入することにより、停電などでも最大3日間は電気が供給できるという。

その他

 
2008年4月   微弱エネルギー蓄電型エコハウス
蓄電を利用した未利用エネルギーの獲得と利用に関するプロジェクト
2006年8月   鈴型構造Li二次電池負極材料の開発
鈴型構造Li二次電池負極材料の開発
2006年6月   金属ナノ粒子合成技術に関する先進的研究
金属ナノ粒子合成技術に関する先進的研究
2006年6月   直接型水素製造太陽電池システムの開発
直接型水素製造太陽電池システムの開発
2006年4月   金属資源の金属・合金ナノ粒子への転換に関する試験研究
金属資源の金属・合金ナノ粒子への転換に関する試験研究