新堀 雄一

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/20 16:17
 
アバター
研究者氏名
新堀 雄一
 
ニイボリ ユウイチ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/a0f21740a16e2fd1eeab1f9ef0b882de.html
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科・工学部 量子エネルギー工学専攻 原子核システム安全工学講座 核エネルギーフロー環境工学分野
職名
教授
学位
博士(工学)(東北大学)

プロフィール

Yuichi Niibori received his B. Eng. (1983) and M. Eng. (1985) in Mineral and Energy Resources Engineering from Tohoku University, Japan. In 1985, he joined its Faculty of Engineering as a Research Associate. He received a Dr. Eng. from Tohoku University in 1993, and served as an Associate Professor at Department of Quantum Science & Energy Engineering from 1996 to 2012, Tohoku University. Within this period, he stayed temporarily at Eidgenössische Technische Hochschule (ETH) Zürich (1999) and University of California Berkeley (2006) as a visiting scholar. He has served as a Professor since April 2012 at Department of Quantum Science & Energy Engineering, Tohoku University. Based on geosphere transport phenomena, chemical reaction engineering and radiochemistry, he is carrying out the fundamental studies on the safety assessment of radioactive waste disposal system. His current research interests include dynamic behavior of radionuclides sorption onto rock surface altered by cementitious materials for the underground repository construction.

Besides, he served also as department chair of Quantum Science & Energy Engineering, Tohoku University from April 2013 to March 2017, as department head of the mechanical & aerospace engineering, the undergraduate school of engineering, Tohoku University from April 2014 to March 2015, and as the director of Division of Nuclear Fuel Cycle and Environment (NUCE), Atomic Energy Society of Japan (AES) from April 2014 to March 2015.

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
東北大学(工学研究科) 量子エネルギー工学専攻 教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
東北大学(工学研究科) 量子エネルギー工学専攻 准教授(配置換)
 
2006年7月
 - 
2006年10月
カルフォルニア大学バークリー校 原子力工学科 客員研究員
 
1999年10月
 - 
1999年11月
スイス連邦チューリッヒ工科大学 地球物理研究所 客員研究員
 
1997年4月
 - 
2007年3月
東北大学(工学研究科) 量子エネルギー工学専攻 助教授(配置換)
 

学歴

 
 
 - 
1985年3月
東北大学 工学研究科 資源工学専攻
 
 
 - 
1983年3月
東北大学 工学部 資源工学科
 

委員歴

 
2018年12月
 - 
現在
日本原子力学会  NUMO包括的技術報告書レビュー特別専門委員会
 
2015年4月
 - 
2016年3月
日本原子力学会バックエンド部会  部会長
 
2016年6月
 - 
2019年5月
日本原子力学会 標準委員会原子燃料サイクル専門部会  部会長
 
2006年10月
 - 
2010年9月
日本地熱学会  編集委員長
 
2016年6月
 - 
現在
日本原子力学会 廃炉検討委員会 廃棄物検討分科会  副主査
 

受賞

 
2018年3月
WM2018 Conference Best Poster Presentation in Track # 4.0 - Nuclear Power Plant (NPP) Fundamental Study on Effects of Borate on the Sorption of Cesium ions to Calcium Silicate Hydrate
受賞者: Naoya Hara, Taiji Chida, Yuichi Niibori
 
2017年3月
日本原子力学会バックエンド部会 日本原子力学会バックエンド部会 論文賞 高塩濃度冠水環境におけるカルシウムシリケート水和物の安定性に関する研究
受賞者: 千田 太詩、船橋 泰平、齋藤 雄太、新堀 雄一
 
2017年3月
日本原子力学会バックエンド部会 日本原子力学会バックエンド部会優秀講演賞 地下冠水環境におけるカルシウムシリケート水和物によるバリア機能の評価手法
 
2013年3月
WM Symposia, Inc. WM2013 Best Poster Award WM2013 Best Poster: Estimation of Sorption Behavior of Europium(III) Using Biotite Flakes
受賞者: Go Sasaki, Yuichi Niibori, Akira Kirishima, and Hitoshi Mimura
 
2012年8月
日本原子力学会再処理・リサイクル部会 日本原子力学会再処理・リサイクル部会セミナー優秀賞 第8回再処理・リサイクル部会セミナー ポスターセッション 優秀賞
受賞者: 東北大学 三村均, 河村卓哉, Rana Syed Masud, 須佐俊介, 新堀雄一, 日本原子力研究開発機構 大西貴士, 大林弘,小山真一,株式会社スリー・アール 石橋寿永,管井弘
 

論文

 
EXPERIMENTAL APPROACH FOR UNDERSTANDING THE DYNAMIC BEHAVIORS OF BENTONITE BUFFER PIPING EROSION
Tomoko Ishii, Masahiro Kawakubo, Ichizo Kobayashi, Yuichi Niibori
Proceedings of ICONE-27, 27th International Conference on Nuclear Engineering   (Paper No, ICONE27-1765) 1-7   2019年5月   [査読有り]
Preliminary Study on Sorption Behavior of Iodine on Ca-Al-Si Hydrate
Rintaro Nagahora, Yuichi Niibori, Taiji Chida
Proceedings of WM2019 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 19310) 1-9   2019年3月   [査読有り]
Estimation of Sorption Behavior of Europium onto Ca-Al-Si Hydrate by Fluorescence Analysis
Yayoi Taneichi, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2019 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 19222) 1-10   2019年3月   [査読有り]
Alteration of Granite Surface with the Formation of Calcium-Silicate-Hydrate by Alkaline Groundwater
Taiji Chida, Masayuki Hayashi, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2019 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 19165) 1-9   2019年3月   [査読有り]
Estimation of Deposition Behavior of Supersaturated Silicic Acid around Geological Disposal Facility
Shogo Tanaka, Yuichi Niibori, Taiji Chida
Proceedings of WM2019 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 19137) 1-6   2019年3月   [査読有り]
Fundamental Study on Sorption Behavior of Europium to Mica Flakes
Masaya Ishijima, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2019 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 19116) 1-9   2019年3月   [査読有り]
Tsuyoshi Sasagawa, Taiji Chida and Yuichi Niibori
Applied Geochemistry   98 377-382   2018年10月   [査読有り]
Kota Kawai, Hiroshi Sagara, Kenji Takeshita, Masahiro Kawakubo, Hidekazu, Asano, Yaohiro Inagaki, Yuichi Niibori and Seichi Sato
Journal of Nuclear Science and Technology   55(10) 1130-1140   2018年10月   [査読有り]
Dependencies of flow velocity on migration behavior of radionuclides in an unsaturated zone around near-surface
Takenori Ozutsumi, Yuichi Niibori, Taiji Chida
Proceedings of 2018 Pacific Basin Nuclear Conference   (Paper No. 25877) 1-7   2018年9月   [査読有り]
Naoya Hara, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2018 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 18068) 1-9   2018年3月   [査読有り]
Shinya Oyama, Tsuyoshi Sasagawa, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2018 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 18114) 1-8   2018年3月   [査読有り]
Hayato Onodera, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2018 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 18176) 1-12   2018年3月   [査読有り]
Taiji Chida, Tomoyuki Toyota, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2018 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 18180) 1-9   2018年3月   [査読有り]
Tsuyoshi Sasagawa, Taiji Chida and Yuichi Niibori
Nuclear Engineering and Radiation Science   3(Oct) , 041010, 1-6   2017年10月   [査読有り]
Tsuyoshi Sasagawa, Taiji Chida and Yuichi Niibori
Journal of Energy and Power Engineering   11 559-568   2017年9月   [査読有り]
Sorption Behavior of Cesium on Calcium Silicate Hydrate under High Carbonate Ion Concentration Conditions
Naoyuki TAMURA, Taiji CHIDA, Yuichi NIIBORI, Seong-Yun KIM
Energy Procidia   131 203-207   2017年8月   [査読有り]
Effects of high burn-up operation and extended cooling period of spent fuel on vitrification and storage period
Kota KAWAI, Hiroshi SAGARA, Kenji TAKESHITA, Masahiro KAWAKUBO, Hidekazu ASANO, Yaohiro INAGAKI, Yuichi NIIBORI, Seichi SATO
Proceedings of ICAPP 2017 (2017 International Congress on Advances in Nuclear Power Plants)   (Paper ID 17749) 1-9   2017年4月   [査読有り]
Influence of Calcium Concentration on Permeability Changes in Flow-paths Altered by Highly Alkaline Groundwater
Ryo Tashiro, Daiki Kurata, Yuichi Niibori, Taiji Chida
Proceedings of WM2017 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 17129) 1-10   2017年3月   [査読有り]
Superior paper at the WM2017 Conference, Paper # 17129 “Influence of Calcium Concentration on Permeability Changes in Flow-paths Altered by Highly Alkaline Groundwater” presented in Session # 032D Deep Geological Disposal For Radioactive Waste/ Us...
Sorption Behavior of Cesium Ions on Calcium Aluminosilicate Hydrate under the Condition Saturated with Saline Water
Hisatoshi Kasahara, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2017 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 17096) 1-10   2017年3月   [査読有り]
Sorption Behavior of Iodide Ions on Calcium Silicate Hydrate Formed under the Condition saturated with Saline Water
Hirotaka Tago,Yuichi Niibori,Taiji Chida,
Proceedings of WM2017 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 17069) 1-10   2017年3月   [査読有り]
Estimation of Cs Migration under an Unsaturated Condition by Parallel-plate Experiments and 2D Advection- dispersion Model
Takumi Nemoto, Takenori Ozutsumi, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2017 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 17188) 1-10   2017年3月   [査読有り]
Flow Rate Dependency of Permeability Changes with the Deposition of CSH under the Highly Alkaline Ca-rich Condition
Daiki Kurata, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2017 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID. 17175) 1-9   2017年3月   [査読有り]
Sorption Behavior of Cationic Radionuclides on Biotite Flakes at pH 5
Taiji Chida, Tomoyuki Toyota, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2017 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID 17326) 1-9   2017年3月   [査読有り]
Superior paper at the WM2017 Conference, Deep Geological Disposal For Radioactive Waste/ Used Fuel
若杉圭一郎, 山口正秋, 小尾繁, 長尾郁弥, 加藤智子, 梅木博之, 新堀雄一
日本原子力学会和文論文誌   16(1) 15-33   2017年1月   [査読有り]
Anna Suzuki, Sergei A. Fomin, Vladimir A. Chugunov, Yuichi Niibori, Toshiyuki Hashida
International Journal of Heat and Mass Transfer   103 611-618   2016年8月   [査読有り]
Takenori Ozutsumi, Yuichi Niibori, Taiji Chida
Proceedings of the 2016 24th International Conference on Nuclear Engineering   (Paper ID 60979) 1-8   2016年5月   [査読有り]
Interaction of Cesium and Barium Ions with Calcium Silicate Hydrate under a Geological Temperature Condition
Taiji Chida, Yuta Saito, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2016 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID 16239) 1-9   2016年3月   [査読有り]
Alteration Behavior of Granite Minerals Forming Calcium Silicate Hydrate under a Ca-Rich Highly Akaline Condition
Hiten Fujita, Ryo Tashiro, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2016 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID 16160) 1-8   2016年3月   [査読有り]
Migration Rates of Some Cations in Unsaturated Layer around the Near-Surface Disposal Facilities of Radioactive Wastes
Takenori Ozutsumi, Yuichi Niibori, Taiji Chida
Proceedings of WM2016 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID 16116) 1-8   2016年3月   [査読有り]
Deposition Behavior of Supersaturated Silicic Acid on Ca-type Bentonite in Geological Disposal System
Tsuyoshi Sasagawa, Taiji Chida, Yuichi Niibori
Proceedings of WM2016 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper ID 16033) 1-8   2016年3月   [査読有り]
千田太詩,船橋泰平,齋藤雄太,新堀雄一
原子力バックエンド研究   22(2) 29-36   2015年9月   [査読有り]
http://nuce.aesj.or.jp/jnuce/In-Press/Jnuce-In-Press-150114.pdf
ISSN 1884-7579
Anna Suzuki, Yuichi Niibori, Sergei A. Fomin, Vladimir A. Chugunov, Toshiyuki Hashida
Geothermics   57 196-204   2015年9月   [査読有り]
Yuichi Niibori, Hideo Usui, Taiji Chida
Mechanical Engineerning Journal   2(5) 1-11   2015年8月   [査読有り]
Shigekazu Usuda, Kei Yamanishi, Hitoshi Mimura, Yuji Sasaki, Akira Kirishima, Nobuaki Sato & Yuichi Niibori
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   303(2) 1351-1355   2015年5月   [査読有り]
Taiji Chida, Jun Furuya, Yuichi Niibori and Hitoshi Mimura
Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXVIII edited by S. Gin , R. Jubin , J. Matyáš and E. Vance (Material Research Society Proceedings)   1744(mrsf14-1744-ee08-09) 1-6   2015年5月   [査読有り]
Characterization of Mass/Heat Transfer in Fractured Geothermal Reservoirs by Means of Mathematical Model for Complex Systems
Anna SUZUKI, Yuichi NIIBORI, Sergei A. FOMIN, Vladimir A. CHUGUNOV, and Toshiyuki HASHIDA
Proceedings World Geothermal Congress 2015   (No.22074) 1-10   2015年4月   [査読有り]
連載講座放射性廃棄物概論:施設の運転および廃止措置により発生する放射性廃棄物の対策(第8回)将来展望
大江俊昭、新堀雄一
日本原子力学会誌   57(5) 356-361   2015年4月   [査読有り]
Selective Separation of Sr by Potassium Titanates from Solution of Nitrate
Hitoshi Kanda, Hitoshi Mimura, Yuichi Niibori, Mamoru Iwasaki, Koichi Mori
Proceedings of WM2015 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 15248) 1-9   2015年3月   [査読有り]
Effects of pH on Deposition Rate of Supersaturated Silicic Acid around Geological Disposal System
Tsuyoshi Sasagawa, Taiji Chida, Yuichi Niibori, Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2015 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 15245) 1-9   2015年3月   [査読有り]
Influences of Temperature on Permeability Changes of Flow-paths Altered by Highly Alkaline Ca-rich Groundwater
Taiji Chida, Daiki Kurata, Yuichi Niibori, Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2015 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 15192) 1-7   2015年3月   [査読有り]
Interactions of Cesium and Barium Ions with Calcium Silicate Hydrate under the Condition Saturated with Saline Water
Yuta Saito, Taiji Chida, Yuichi Niibori, Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2015 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 15247) 1-10   2015年3月   [査読有り]
Anna Suzukia,Yuichi Niiborib, Sergei A. Fominc, Vladimir A. Chugunovd,Toshiyuki Hashida
Geothermics   53 125-132   2015年1月   [査読有り]
Anna Suzuki · Yuichi Niibori · Sergei A. Fomin · Vladimir A. Chugunov · Toshiyuki Hashida
Mathematical Geosciences   47(1) 31-49   2015年1月   [査読有り]
蒔田浩士、鈴木杏奈、岩垣 巧、新堀雄一、橋田俊之
Journal of MMIJ   131(1) 1-8   2015年1月   [査読有り]
Takashi ONISHI, Shin-ichi KOYAMA, Rana Syed MASUD, Takuya KAWAMURA, Hitoshi MIMURA and Yuichi NIIBORI
J. ION EXCHANGE   25(4) 220-227   2014年8月   [査読有り]
Yuichi Niibori, Masayuki Narita, Akira Kirishima, Taiji Chida, Hitoshi Mimura
Mechanical Engineering Journal   1(4) 1-7   2014年8月   [査読有り]
Hitoshi Kanda, Hitoshi Mimura, Kouichi Mori, Mamoru Iwasaki, Toshiki Goto, Yuichi Niibori, Nobuki Itoi
Proceedings of the 2014 22nd International Conference on Nuclear Engineering   ICONE22-30289 1-6   2014年7月   [査読有り]
The Influence of Calcium Ions on Migration of Colloidal Silicic Acid in the Presence of Solid phase
Taiji Chida, Yuichi Niibori, Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2014 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 14123) 1-10   2014年3月   [査読有り]
Raman Spectra of Calcium Silicate Hydrates Sorbing Iodine Ions in Saline Groundwater
Jun Furuya, Taiji Chida, Yuichi Niibori, Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2014 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 14077) 1-14   2014年3月   [査読有り]
Estimation of Permeability Changes due to Contact with Highly Alkaline Ca-rich Solution by Micro Flow-Cell of Granite Chip
Daiki Kurata, Taiji Chida, Yuichi Niibori, Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2014 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 14094) 1-9   2014年3月   [査読有り]
Characterization of Mass/Heat Transfer in Fractured Geothermal Reservoirs Using Mathematical Model of Complex Dynamical System
Anna. Suzuki, Yuichi. NIIBORI, Sergei. A. FOMIN, Vladimir. A. CHUGUNOV, and Toshiyuki. HASHIDA
Proceedings of Stanford Geothermal Reservoir Engineering Workshop   39 1-9   2014年2月   [査読有り]
Taiji Chida, Yuichi Niibori, Hayata Shinmura and Hitoshi Mimura
Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXVII (Material Research Society Proceedings)   1665 55-60   2014年   [査読有り]
Shigekazu Usuda, Kei Yamanishi, Hitoshi Mimura, Yuji Sasaki, Akira Kirishima, Nobuaki Sato, and Yuichi Niibori
Chemistry Letters   42(10) 1220-1222   2013年10月   [査読有り]
鈴木杏奈、蒔田浩士、新堀雄一、橋田俊之
日本地熱学会誌   35(4) 149-161   2013年10月   [査読有り]
Selective Adsorption and Stable Solidification of Radioactive Cesium Ions
Hitoshi Mimura, Pham Luong Thi Quynh, Yuichi Niibori, Yuki Ikarashi, Yan Wu, Yue-Zhou Wei
Proceedings of THE 15th INTERNATIONAL CONFERENCE ON ENVIRONMENTAL REMEDIATION AND RADIOACTIVE WASTE MANAGEMENT   ICEM2013-96130 1-8   2013年9月   [査読有り]
Takuya Kawamura, Takashi Ohnishi, Rana Syed Masud, Yan Wu, Hitoshi Mimura and Yuichi Niibori
Energy Procedia   39 328-336   2013年7月   [査読有り]
長尾誠也, 新堀雄一, 田中忠夫, 佐々木隆之, 斉藤拓巳, 桐島陽, 吉川英樹, 飯島和毅, 濱克宏, 岩月輝希, 高橋嘉夫, 足立泰久, 鈴木庸平, 渡部芳夫
原子力バックエンド研究   20(1) 3-14   2013年6月   [査読有り]
Estimation of Sorption Behavior of Europium(III) Using Biotite Flakes
Go Sasaki, Yuichi Niibori, Akira Kirishima, and Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2013 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 13272) 1-11   2013年3月   [査読有り]
Fundamental Study on Temperature Dependence of Deposition Rate of Silicic Acid
Hayata Shinmura, Yuichi Niibori, Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2013 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 13270) 1-13   2013年3月   [査読有り]
Evaluation of Adsorption Properties for Cs and Sr Selective Adsorbents
Tomonori Nakai, Hitoshi Mimura, Syunya Wakabayashi, Yuichi Niibori, Hiroshi Tanigawa, Eiji Ishizaki, Fumio Kurosaki, Minoru Matsukura
Proceedings of WM2013 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management)   (Paper No. 13171) 1-8   2013年2月   [査読有り]
WM2013 Conference, February 24-28, 2013, Phoenix, Arizona, USA
Development of Fractional Derivative-Based Mass and Heat Transport Model
A. Suzuki,R. Horne,H. Makita,Y. Niibori,S. Fomin,V. Chugunov,T. Hashida
Proceedings of Thirty-Eighth Workshop on Geothermal Reservoir Engineering (Stanford University)   38 343-348   2013年1月
Yuichi Niibori, Taihei Funabashi and Hitoshi Mimura
Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXVI, edited by K. M. Fox, K. Idemitsu, C. Poinssot, N. Hyatt, K. Whittle(Material Research Society Proceedings)   1518(mrsf12-1518-ll13-04) 225-230   2013年1月   [査読有り]
Uptake properties of Re(VII) and Tc(VII) for xerogel microcapsules enclosing MIDOA extractants
H. Mimura, T. Sugumori, Rana Syed Masud, Y. Niibori, and Y. Sasaki
Fuelling the Future: Advances in Science and Technologies for Energy Generation Transmission and Storage, edited by A. Mendez-Vilas   452-456   2012年12月   [査読有り]
Separation of Re(VII) and Tc(VII) in simulated HLLW using a column packed with xerogel microcapsules enclosing MIDOA extractants
Rana Syed Masud, H. Mimura, T. Sugimori, Y. Niibori, and Y. Sasaki
Fuelling the Future: Advances in Science and Technologies for Energy Generation Transmission and Storage, edited by A. Mendez-Vilas   440-444   2012年12月   [査読有り]
Characterization of Tracer Responses Using Fractional Derivative-Based Mathematical Model and Its Application to Prediction of Mass Transport in Fractured Reservoirs
Anna Suzuki, Hiroshi Makita, Yuichi Niibori, Sergei A. Fomin, Vladimir A. Chugunov, and Toshiyuki Hashida
GRC Transactions   36 1391-1396   2012年12月   [査読有り]
Rana Syed Masud, Yan Wu, Hitoshi Mimura, Yuichi Niibori, Takasi Onishi, Sin-ichi Koyama
Procedia Chemistry   7 258-267   2012年12月   [査読有り]
Selective Adsorption of Palladium by Norvel Xerogels Enclosing Insoluble Copper Ferrocyanides
Hitoshi Mimura, Takenori Kuzumaki, Yuichi Niibori
Proceedings of International Confference on Ion Exchange (IEX2012)   1-12   2012年9月   [査読有り]
Selective Adsorption and Recovery of Au(III) by Alginate Gel Polymer Microcapsules Enclosing TOA Extractant
Syed Masud Rana, Hitoshi Mimura, Yuichi Niibori
Proceedings of International Confference on Ion Exchange (IEX2012)   1-10   2012年9月   [査読有り]
Selective Separation of Molybdenum by Highly Functional Xerogels Enclosing LIX63 Extractant
Shunsuke Susa, Toshiaki Sugimori, Syed Masud Rana, Hiroshi Mimura, Yuichi Niibori
Proceedings of International Conference of Ion Exchange (IEX2012)   1-9   2012年9月   [査読有り]
WU Yan1, MIMURA Hitoshi, NIIBORI Yuichi, OHNISHI Takashi, KOYAMA Shinichi & WEI YueZhou
SCIENCE CHINA, Chemistry   55(9) 1719-1725   2012年9月   [査読有り]
Sorption Behavior of Eu(III) into CSH Gel in Imitated Saline Groundwater
Taihei Funabashi, Yuichi Niibori, and Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2012 Conference (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management), February 26- March 1 2012 Phoenix, USA   (CD-ROM)(Paper No. 12145) 1-11   2012年6月   [査読有り]
Some Fundamental Experiments on Apparent Dissolution Rate of Gas Phase in the Groundwater Recovery Processes of the Geological Disposal System
Taiki Yoshii, Yuichi Niibori, and Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2012 Conference (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management), February 26- March 1 2012 Phoenix, USA   (CD-ROM)(Paper ID. 12146) 1-9   2012年6月   [査読有り]
Selective Separation of Au(III) by the Column of Alginate Xerogel Microcapsules Enclosing TOA Extractant
Rana Syed Masud, Hitoshi Mimura and Yuichi Niibori
Journal of Chemistry and Chemical Engineering   6(2) 462-469   2012年6月   [査読有り]
Immobilisation of caesium by zeolites and characterisation of ceramic solid forms
Shin Tomiyama, Hitoshi Mimura, Yuichi Niibori, Isao Yamagishi, Yasuji Morita
Eleventh Information Exchange Meeting on ACTINIDE AND FISSION PRODUCT PARTITIONING AND TRANSMUTATION   1-10   2012年6月   [査読有り]
Selective uptake of caesium by mordenite enclosing AMP microcapsules
Shun Kanome, Hiroshi Mimura, Yuichi Niibori
Eleventh Information Exchange Meeting on ACTINIDE AND FISSION PRODUCT PARTITIONING AND TRANSMUTATION   1-9   2012年6月   [査読有り]
Yuichi Niibori, Kyo Komatsu and Hitoshi Mimura
Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXV, edited by Ricardo M. Carranza, Gustavo S. Duffó, Raul B. Rebak (Material Research Society Proceedings)   1475 349-354   2012年6月   [査読有り]
Yuichi Niibori, Kazuki Iijima, Naoyuki Tamura, and Hitoshi Mimura
Jonrnal of Power and Energy Systems   6(2) 140-150   2012年6月   [査読有り]
Fumio Hirano, Seichi Sato, Tamotsu Kozaki, Yaohiro Inagaki, Tomohiko Iwasaki, Toshiaki Ohe, Kazuyuki Kato, Kazumi Kitayama, Shinya Nagasaki and Yuichi Niibori
Journal of Nuclear Science and Technology   49(3) 310-319   2012年4月   [査読有り]
Hitoshi Mimuraa, Yan Wu, Wang Yufei, Yuichi Niibori, Isao Yamagishi, Masaki Ozawa, Takashi Ohnishi, Shinichi Koyama
Nuclear Engineering and Design   (241) 4750-4757   2011年12月   [査読有り]
YUICHI NIIBORI, JOONHONG AHN, and HITOSHI MIMURA
NUCLEAR TECHNOLOGY   175(SEP. 2011) 641-651   2011年8月   [査読有り]
Deposition Rates of Polymeric Silicic Acid onto the Surface of Silicate Minerals in the Co-presence of Ca Ions
Naoyuki Tamura, Yuichi Niibori, and Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2011 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management), February 27 - March 3, 2011, Phoenix, USA   CD-ROM(Paper No. 11378) 1-9   2011年2月   [査読有り]
Identification of Eu(III) Sorption into CSH Gel by the Changes of Fluorescence Emission Spectrum and BET Surface Area
Yuichi Niibori, Keisuke Shirai, Hiroaki Yoshikawa and Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2011 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management), February 27 - March 3, 2011, Phoenix, USA   CD-ROM(Paper No. 11192) 1-8   2011年2月   [査読有り]
Characterizing Non-Fickian Transport in Fractured Rock Masses Using Fractional Derivative-Based Mathematical Model
Anna Suzuki, Ryuichi Chiba, Takashi Okaze, Yuichi Niibori, Sergei Fomin, Vladimir Chugnov, and Toshiyuki Hashida
Geothermal Resources Council Transactions   34 1179-1184   2010年10月   [査読有り]
Adsorption Properties of Technetium and Rhenium for Hybrid Microcapsules Enclosing TOA Extractant
Yan Wu, Hitoshi Mimura,Yuichi Niibori, Shinichi Koyama and Takashi Ohnishi
Proceedings of 17th Pacific Basin Nuclear Conference (17PBNC)   CD-ROM 1-13   2010年10月   [査読有り]
Hitoshi Mimura, Takashi Sakakibara, Wu Yan, Yuichi Niibori, Shin-ichi Koyama, Takashi Ohnishi
Proceedings of the 13th International Conference on Environmental Remediation and Radioactive Waste Management (ICEM2010)   CD-ROM(Paper No. ICEM2010-40103) 265-272   2010年10月   [査読有り]
Sorption Behavior of Iodine on Calcium Silicate Hydrates Formed as a Secondary Mineral
Keisuke Shirai, Yuichi Niibori, Akira Kirishima, Hitoshi Mimura
Proceedings of the 13th International Conference on Environmental Remediation and Radioactive Waste Management (ICEM2010)   CD-ROM(Paper No. ICEM2010-40089) 1-6   2010年10月   [査読有り]
Adsorption Properties of Nuclear Rare Metals for Hybrid Microcapsules Enclosing MIDOA Extractant
Toshiaki Sugimori, Yan Wu, Hitoshi Mimura, and Yuichi Niibori
Journal of Ion Exchange   21(3) 350-355   2010年7月   [査読有り]
Selective Separation of Re(VII) by Hybrid Microcapsules Enclosing Amines
Hitoshi Mimura, Yan Wu and Yuichi Niibori
Journal of Ion Exchange   21(3) 344-349   2010年7月   [査読有り]
Hitoshi Mimura, Yan Wu, Wang Yufei and Yuichi Niibori
Proceedings of 18th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE18)   CD-ROM(Paper No. ICONE18-29091) 1-8   2010年5月   [査読有り]
Selective separation and recovery of Mo(VI) by hybrid microcapsules containing organic extractant
Kaoru Ikeda, Yan Wu, Hitoshi Mimura, Yuichi Niibori, Yoshito Wakui, Masahiko Osaka, Shinichi Koyama and Takashi Ohnis
Proceedings of WM2010 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management), March7-11, 2010, Phoenix, USA   (Paper No. 10179) 1-11   2010年3月   [査読有り]
Dynamic behavior of silicic acid in the co-presence of the solid phase and Ca ions
Naoyuki Tamura, Yuichi Niibori, Kazuki Iijima and Hitoshi Mimura
Proceedings of WM2010 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management), March7-11, 2010, Phoenix, USA   (Paper No. 10179) 1-11   2010年3月   [査読有り]
Sorption Behavior of Eu(III) Into Calcium Silicate Hydrate (CSH) Gel With Relatively Low Ca/Si Ratio <1.0
Masayuki Narita, Yuichi Niibori, Hitoshi Mimura, Akira Kirishima and Joonhong Ahn
Proceedings of WM2010 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management), March7-11, 2010, Phoenix, USA   (Paper No.10096) 1-9   2010年3月   [査読有り]
Yuichi Niibori, Ryohei Nakata, Osamu Tochiyama and Hitoshi Mimura
Journal of Hydrologic Engineering, ASCE (American Society of Civil Engineers)   14(11) 1214-1220   2009年11月   [査読有り]
森谷祐一・山田貴大・新堀雄一・浅沼宏・新妻弘明
日本地熱学会誌   31(4) 203-212   2009年10月   [査読有り]
Selective Separation of Heat-Generation Nuclide by Silica gels Loading with Ammonium Molybdophosphate - Adv.-ORIENT Cycle Development
Yusuke Endo, Yan Wu, Hitoshi Mimura, Yuichi Niibori, Shinichi Koyama, Takashi Ohnishi, Hiroshi Obayashi, Isao Yamagishi, Masaki Ozawa
Proceedings of GlOBAL 2009   1007-1015   2009年9月   [査読有り]
Yan Wu, Hitoshi Mimura, Yuichi Niibori
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   281(3) 513-520   2009年9月   [査読有り]
Dependence of the Dynamic Behavior of Supersaturated Silicic Acid on the Surface Area of the Solid Phase
Yuichi Niibori, Yasunori Kasuga, Hiroshi Kokubun, Kazuki Iijima and Hitoshi Mimura1
Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXII, edited by R.B. Rebak, N.C. Hyatt, D.A. Pickett (Mater. Res. Soc. Symp. Proc. 1124, Warrendale, PA, 2009)   1124 319-324   2009年8月   [査読有り]
3D Random Walk Simulation of Magration Behavior of Radionuclide in a Granite Core
Yoshimi Seida, Hiroyasu Takase, Hiroaki Takahashi1 and Yuichi Niibori
Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXII, edited by R.B. Rebak, N.C. Hyatt, D.A. Pickett (Mater. Res. Soc. Symp. Proc. 1124, Warrendale, PA, 2009)   1124 543-548   2009年8月   [査読有り]
Yaohiro INAGAKI, Tomohiko IWASAKI, Seichi SATO, Toshiaki OHE, Kazuyuki KATO, Seishi TORIKAI, Yuichi NIIBORI, Shinya NAGASAKI and Kazumi KITAYAMA
Journal of NUCLEAR SCIENCE and TECHNOLOGY   46(7) 677-689   2009年7月   [査読有り]
Fumio HIRANO, Seichi SATO, Tamotsu KOZAKI, Yaohiro INAGAKI, Tomohiko IWASAKI, Toshiaki OHE, Kazuyuki KATO, Kazumi KITAYAMA, Seishi TORIKAI, Yuichi NIIBORI and Shinya NAGASAKI
Journal of Nuclear Science and Technology   46(5) 443-452   2009年5月   [査読有り]

Misc

 
自己修復機能を地下冠水環境において発現する核種閉じ込めセメントバリアの創成を目指して
新堀 雄一
科研費NEWS   2017年度(4) 12   2018年2月
東北大学における原子炉廃止措置基盤研究と人材育成への取組みについて
青木孝行, 新堀雄一, 渡邉豊, 原信義
原子力バックエンド研究   25(2) 79-84   2018年12月   [依頼有り]
Interaction of Radionuclide with Calcium Silicate Hydrate formed as a Secondary Mineral under a Condition without Drying Processes
Yuichi Niibori
JAEA-Review: Proceedings of the Research Conference on Cementitious Composites in Decommissioning and Waste Management (RCWM2017)   (021) 142-149   2017年11月
原子力発電所の運転及び廃止措置によって発生する低レベル放射性廃棄物の埋設処分に係る安全確保の考え方
吉原恒一、関口高志、中居邦浩、新堀雄一
デコミッショニング技報   (56) 2-13   2017年9月
東北大学における原子炉廃止措置基盤研究と人材育成への取り組み状況
青木孝行, 渡邉 豊, 新堀雄一, 原 信義
保全学   16(1) 16-22   2017年1月
浅地中処分の安全評価手法標準の概要と改定点について
中居邦浩, 川上泰, 新堀雄一, 山本正史, 吉原恒一、黒沢満
原子力バックエンド研究   23(2) 155-157   2016年12月
低レベル放射性廃棄物の埋設後管理に係る学会標準の整備について
関口高志, 新堀雄一, 山本正史, 吉原恒一, 三木崇史
原子力バックエンド研究   23(2) 159-162   2016年12月
浅地中処分の安全評価手法標準を活用した福島修復跡地や除去土壌現場保管地における被ばく線量評価の事例解析
吉原恒一, 新堀雄一, 黒沢満
原子力バックエンド研究   23(2) 163-168   2016年12月
地層処分の新たな展開に向けて:場の「変動と安定」とそのスケール感の重要性
新堀 雄一
原子力バックエンド研究   23(1) 1-2   2016年6月
巻頭言
安全評価におけるバリア性能研究
新堀 雄一
JAERI-Conf (第7回NUSEFセミナー講演報文集)   (011)    2004年2月
放射性廃棄物の発生予測と準備状況, 問題点
新堀雄一
(社)日本原子力学会再処理・リサイクル部会 第3回再処理リサイクルセミナーテキスト   56-80   2003年10月
地下水の熱移動を考慮した地中熱利用ヒートポンプの設計とその実践
新堀雄一
日本学術会議主催 水循環シンポジウム -21世紀の研究課題と展望 講演論文集   25-28」   2003年8月
エネルギ-情勢とプルサ-マルについて
新堀雄一
コミュニケーションシリーズ ひろば   295 1-48   2002年8月
米国における高レベル放射性廃棄物処分についての調査報告
新堀雄一
財団法人 原子力安全研究協会 地層処分の安全規制等に係る基本的考え方に関する調査研究   255-266   2001年3月

書籍等出版物

 
原子力がひらく世紀(第8章 放射性廃棄物の処理処分(改訂部))
新堀雄一 (担当:共著, 範囲:第8章 放射性廃棄物の処理処分(改訂部分))
社団法人 日本原子力学会   2004年3月   ISBN:4-89047-096-4
放射性廃棄物の工学(長﨑晋也・中山真一共編) 第6章 放射性廃棄物の処分
新堀雄一 (担当:共著, 範囲:第6章 放射性廃棄物の処分)
オーム社   2011年1月   ISBN:978-4-274-20969-7
長﨑晋也・中山真一 共編 原子力教科書 「放射性廃棄物の工学」第6章 放射性廃棄物の処分(121頁~138頁)
Chapter 6 Radioactive Waste Disposal in Radioactive Waste Engineering and Management edited by S. Nagasaki and S. Nakayama
Yuichi Niibori (担当:共著, 範囲:Chapter 6 Radioactive Waste Disposal, 153-173)
Springer   2015年4月   ISBN:978-4-431-55416-5
DoI 10.1007/978-4-431-55417-2
原子力・量子・核融合事典 III 原子力化学と核燃料サイクル (7.3.2 余裕深度処分)
新堀雄一 (担当:共著, 範囲:7.3.2 余裕深度処分 III-290 - III-291)
丸善出版   2014年12月   
原子力がひらく世紀(第3版) (第8章 放射性廃棄物の処理処分(改訂部))
新堀雄一 (担当:共編者, 範囲:第8章 放射性廃棄物の処理処分 (改訂部))
社団法人 日本原子力学会   2011年3月   ISBN:978-4-89047-096-9

講演・口頭発表等

 
Interaction of radionuclide with calcium silicate hydrate formed as a secondary mineral under a condition without drying processes
Research Conference on Cementitious Composites in Decommissioning and Waste Management (RCWM2017)   2017年6月21日   
Session 4: Utilization of several materials
Effects of high burn-up operation and extended cooling period of spent fuel on vitrification and storage period
Kota KAWAI1,Hiroshi SAGARA, Kenji TAKESHITA, Masahiro KAWAKUBO, Hidekazu ASANO, Yaohiro INAGAKI, Yuichi NIIBORI, Seichi SATO
ICAPP 2017 (2017 International Congress on Advances in Nuclear Power Plants)   2017年4月24日   
東北大学の取組紹介:廃止措置のための格納容器・建屋等信頼性維持と廃棄物処理・処分に関する基盤研究及び中核人材育成プログラム-特に化学工学と廃棄物処理・処分との関連-
化学工学会(芝浦工業大学豊洲キャンパス)   2017年3月7日   
Sorption Behavior of Cesium Ions on Calcium Aluminosilicate Hydrate under the Condition Saturated with Saline Water.
Hisatoshi Kasahara, Taiji Chida, Yuichi Niibori
WM2017 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management   2017年3月2日   
Sorption Behavior of Iodide Ions on Calcium Silicate Hydrate Formed under the Condition saturated with Saline Water
Hirotaka Tago, Taiji Chida, Yuichi Niibori
WM2017 (HLW, TRU, LLW/ILW, Mixed, Hazardous Wastes & Environmental Management   2017年3月2日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
冠水環境におけるセメント系材料と核種との相互作用
研究期間: 2017年4月   
不飽和帯における物質移動速度の評価
研究期間: 2016年4月   

特許

 
特開2005-90902 : 地中熱利用ヒートポンプの構造
森不可止, 岩田宜己, 馬場基次, 伊藤幸広, 殷耀晨, 新堀雄一

社会貢献活動

 
軽水炉高経年化対応セミナー
【その他】  2007年8月1日 - 現在
「放射性廃棄物の処分」と題して、放射性廃棄物の処分について整理するとともに処分システムの性能評価の基礎について解説した。講義の中では、現在、日本原子力学会の標準委員会の分科会において取り上げている管理型処分の閉鎖についての標準化の動きにも触れながら、不確実性を含む処分場システムの性能評価についての議論やそれを理解するための基礎事項を解説した
原子力eye 「六ヶ所村大学院出前講義 奮闘記 ②」
【出演, 寄稿】  日刊工業出版プロダクション  2009年11月1日
東北大学大学院工学研究科量子エネルギー工学専攻の社会人院生の中で,青森県六ヶ所村およびその近隣に在住する院生への六ヶ所村での出前講義について紹介している。
原子力委員会 政策評価部会 ご意見を聴く会 シンポジウムパネリスト
【その他】  2008年3月31日
原子力委員会における放射性廃棄物の処理・処分政策に対する意見を専門家の立場からシンポジウムパネリストとして述べる。
大学等地域開放特別事業『大学Jr.サイエンス&ものづくり』:机の上で飛行機雲を作ってみよう!(対象:小学生、中学生および父兄)
【その他】  2003年8月
霧箱の作成を通じて、身の回りの放射線についての教育を行った。
東北放射線科学センター主催 原子力技術者教育(原子炉物理基礎教育) 講師
【その他】  2005年12月5日 - 現在
原子力技術者教育として原子炉物理基礎教育の一環として基礎数学を講義する。
アトムクラブ(女川町)
【その他】  2011年8月8日 - 2011年8月9日
女川第一小学校および女川第二小学校を対象にした出前実験「人工いくらをつくろ!」(女川町における原子力教育活動の一環)
アトムクラブ(女川町)
【その他】  2010年10月15日
小学生を対象にした出前実験「人工いくらをつくろ!」(女川町における原子力教育活動の一環)
財団法人仙台市産業振興事業団主催 「寺小屋せんだい」 講演
【その他】  2009年10月16日
第50回「寺子屋せんだい」において地中熱利用の取り組みについて講演を行った。
アトムクラブ(女川町)
【その他】  2009年9月20日
人工いくら作りの出前実験を行った。
杜の都まちづくり広場ワークショップ 講演
【その他】  2009年2月25日
杜の都まちづくり広場ワークショップにて東北大における地中熱利用について講演を行なった。
秋田県湯沢市立三関小学校向け「科学教室」(机の上で飛行機雲を作ろう!)
【その他】  2008年11月14日
ことも科学キャンパスは仙台市内の小学校を対象にしているため、当小学校より創造工学センターへ依頼があり、実施したものである。
ウイークエンドサークル「まなびっこ」(女川町)
【その他】  2008年6月14日
小学生を対象にした出前実験(「人工いくらをつくろ!」)
(女川町における原子力教育活動の一環)
潮活動(女川町)
【その他】  2007年10月24日
中学生を対象にした出前実験「人工いくらをつくろ!」(女川町における原子力教育活動の一環)
バックエンド週末基礎講座オーガナイザー・座長
【その他】  2007年10月20日
日本原子力学会バックエンド部会が主催するバックエンド週末基礎講座の一部を一般公開とすることを企画し、その座長を務めた。
日本原子力学会バックエンド部会週末基礎講座(核燃料サイクルとバックエンドについての概要と基礎)
【その他】  2006年10月28日
放射性廃棄物処理処分の分野に入って来られた若い方々を対象に、週末の時間を利用して、広範な処理処分の分野に関する基礎的な知識を身につけていただくとともに、参加者相互の交流の機会を提供することを目的とする。特に、実験の具体的手順や必要な道具立て、具体的な解析法など、実践的な知識を身につけていただけるような講義を行う。
環境教育コロキウム エネルギー先端研究 ヒートポンプと地中熱利用
【その他】  2006年2月6日 - 2006年2月7日
エネルギー環境教育研究会主催、宮城教育大学環境教育実践研究センター共催の環境教育コロキウムを開催し、講演を行った。
高校理科-理科教育の新しい取り組み(講演)自然エネルギーの未来:足下の熱を使った冷暖房・給湯システム
【その他】  2005年12月1日 - 2005年12月5日
宮城県教育研修センター
実態論ベースの原子力安全学に向けて
【その他】  2005年8月3日 - 2005年8月5日
地層処分に関する実体論
東北大学原子力安全セミナー
【その他】  2005年8月3日
放射性廃棄物の処分
中学生のための放射線教室(青森県五所川原第三中学校)
【その他】  2004年9月
霧箱を参加者全員に作成してもらい、身の回りの放射線を実感する。
東北大学原子力安全セミナー
【その他】  2004年8月4日 - 2004年8月6日
放射性廃棄物の処分
出前授業 (宮城県 第一女子高等学校) 霧箱の製作と身のまわりの放射線
【その他】  2004年3月
霧箱を参加者全員に作成してもらい、身の回りの放射線を実感する。
東京工業大学(資源化学研究所)非常勤講師
【その他】  2003年12月 - 2004年3月
地下の移動現象論について、特に、不飽和帯における流体流動、物質移動および熱移動について講義を行った。
出前授業 (宮城県 鼎ガ浦高等学校) 原子力エネルギーと環境問題
【その他】  2003年12月
エネルギーの中での原子力の利用について説明するとともに、環境問題について解説を行った。
地殻熱抽出工学と地殻応力計測法
【その他】  2003年8月4日 - 2003年8月6日
地下水流動と地中熱利用ヒートポンプ
出前授業 (宮城県 泉館山高等学校 ) 霧箱の製作と身のまわりの放射線
【その他】  2003年7月
霧箱を参加者全員に作成してもらい、身の回りの放射線を実感する。
中学生のための放射線教室(福島県郡山市立第二中学校)
【その他】  2003年7月
霧箱を紹介し、身の回りの放射線を実感して頂くとともに、その原理を説明した。
出前授業の紹介 (宮城県高等学校理科研究会仙塩支部物理部会) 霧箱の製作と放射線の計測
【その他】  2002年8月
霧箱を参加者(理科教員)全員に作成してもらい、身の回りの放射線を実感する。
出前授業(宮城県立仙台第二高等学校)霧箱を使って放射線をつかまえる
【その他】  2001年7月
霧箱を参加者全員に作成してもらい、身の回りの放射線を実感する。
出前授業(宮城県立仙台第二高等学校)霧箱を使って放射線をつかまえる
【その他】  2000年7月
霧箱を参加者全員に作成してもらい、身の回りの放射線を実感する。
地中の”複雑系”を分析
【出演, 寄稿】  電気新聞  2015年6月16日
東北大学大学院原子力地質工学分野の紹介(全国理系学び舎紀行)
Air Mail カルフォルニアバークリーでの3.5か月の生活
【出演, 寄稿】  原子力安全研究協会  2006年10月25日
平成18年7月1日から10月15日までのカルフォルニア大学バークリー校原子力工学科(以下UCB-NEと略記)での生活を取りまとめたもの。
(原安協だより 第214号 13-17
地下利用の工学なくして、人類に未来なし
【企画】  角川学芸出版  2005年12月
地下水利用で化石燃料削減
【その他】  信濃毎日新聞  2003年10月24日
星野リゾート(北佐久郡軽井沢町)は、東北大学工学研究科の新堀助教授と共同で、地下水の熱を利用した独自の熱供給システムを開発した。
原安協だより 185号 プロフィール
【企画】  2002年1月1日
当協会「地層処分の安全性に関する調査検討専門委員会」の委員として,当人のプロフィールの取材を受け,それが記事になったもの。
未来のテクノロジーを学びたい
【出演, 寄稿】  リクルートムック  1998年9月24日
リクルートムック'98秋号:「自分にいい大学がわかる本」において
資源・エネルギー問題をシステムとして捉えた研究を紹介した。

その他

 
2017年8月   冠水埋設環境における劣化したセメント系材料とセシウムとの化学的相互作用に関する実験研究
低レベル放射性廃棄物の埋設システムの構築には、ピット本体や廃棄物の充填材のみならず、中深度処分における地下坑道の建設にも多くのセメントが用いられる。地下埋設環境では、セメント系材料は、その主成分であるカルシウムシリケート水和物のカルシウム成分が次第に地下水に溶脱することにより、劣化する。また、セメントの間隙水はKイオンやNaイオンも含み、その溶脱により周辺地下水のpHを10以上に変質することが懸念されている。本研究では、この劣化したセメント系材料の核種閉じ込め性について、セシウムを用いて実験的に明らかにすることを目的とする。
2017年1月   過飽和ケイ酸塩の緩衝材中での析出速度の評価
超長期にわたるニアフィールド変遷について,担当者らは地層処分場の建設に大量に必要となるセメント系材料と処分場との関連について着目している。セメント系材料の使用は、処分場周辺の地下水を高アルカリ化し、セメント間隙水から供給されるCaイオンと岩盤からのSiの溶出によってカルシウムシリケート水和物(CSH: Calcium Silicate Hydrate)などの二次鉱物を生成させることが知られている。CSHは高pH(>9.5)において安定であり,セメント間隙水に含まれる0.1 MのNaイオンやKイオン、0.01 MのCaイオンの長期に亘る溶出により処分場周辺を高pHに維持する。さらに、それらの下流では高アルカリから地下水の元のpH(8程度)に戻る領域、すなわちアルカリフロント領域が形成される。この領域では過飽和ケイ酸の析出など、ケイ酸の再分配に係る反応が生じる。これらの化学反応は、岩盤亀裂のみならず、処分坑道内の埋戻し材内などpH勾配や温度勾配が生じる場所においても起こる。他方、処分坑道の埋戻し材に粘土系材料を用いることにより処分坑道内は、低透水性が維持されるように設計される一方で、処分坑道内に湧水量の多い亀裂から水みちが進展する可能性も指摘されている。
そこで、本予察試験は、緩衝材や埋戻し材において主要となるベントナイトへの過飽和ケイ酸の析出挙動について検討し,アルカリフロントにおけるケイ酸の析出が地下水流路の閉塞を通じて核種の遅延効果に寄与するか否かについて、基礎となる予察試験を行う。
2016年8月   地下埋設環境におけるセメント系材料による放射性廃棄物閉じ込めバリアの形成に関する実験研究
放射性廃棄物の埋設システムの構築には,ピット本体やTRU廃棄物等の充填材のみならず,余裕深度処分や地層処分における地下坑道の建設にも多くのセメントが用いられる。セメントの間隙水はpH13以上であり,セメントの劣化は周囲の地下水を高pH化し,履土や岩盤の変質されることが懸念されている。本研究では,地下水に冠水している状態において,劣化したセメント系材料と核種との相互作用に着目し,その作用がむしろ放射性廃棄物を閉じ込める一種のバリアになることを実験的に明らかにする。
2015年11月   過飽和ケイ酸塩の緩衝材中での析出速度に関する予察的試験
 地層処分システムの構築にはセメント系材料の利用が不可欠である。担当者らは、これまで、埋め戻し後においてセメント系材料の変質が、化学的なバリアを形成することに着目してきた。これらのバリアは、高アルカリ化した流路におけるカルシウムシリケート水和物(CSH)の析出、さらにその周囲のアルカリフロント(高pHから地下水の本来のpHに戻る領域)の流路における過飽和ケイ酸の析出など、複数の過程により形成される。そこで、本予察試験では、緩衝材であるベントナイトがセメント間隙水や地下水に含まれるKイオンおよびCaイオンにより変質することに着目し、K型ベントナイトおよびCa型ベントナイトを固相とした過飽和ケイ酸の析出速度について実験的な検討を試みる。実験では、室温・窒素雰囲気下において、初期ケイ酸過飽和濃度および固相添加量を実験パラメータとする。また、圧密ベントナイト上への過飽和ケイ酸の析出挙動についても析出実験を試み、圧密ベントナイト表面近傍の変質や析出物のSEMやXRDによる観察を行う。さらに、埋め戻し材中の変質したベントナイトへのケイ酸の析出による流路の閉塞挙動について、実験から得たみかけの析出速度定数を用いて数値計算により整理する。
2015年8月   放射性廃棄物の埋設環境におけるセメント利用に起因したケイ酸析出反応とその止水性に関する実験研究
コンクリートピット処分や余裕深度処分などの低レベル放射性廃棄物の処分場や事故廃棄物の中間貯蔵施設では,ピットや廃棄物の充填材,地下坑道の建設に多くのセメントが用いられる。セメントの間隙水はpH13以上であり,セメントの劣化は周囲の地下水を高pH化し,履土や岩盤の変質されることが懸念されている。本研究では,その変質現象が地下水流路の閉塞(バリア形成)につながる条件を明らかにすることを目的とする。
地下水が高pH化すると履土等のケイ酸塩鉱物からケイ酸が溶出する。これは,ケイ酸の溶解度はpH9.5以上になると急激に上昇するためである。しかし,処分システム等の周囲の地下水(pH8程度)と混合すると,pHは減少し,ケイ酸が過飽和となり,コロイドの生成や流路への析出反応を示す。本研究では,このケイ酸の挙動を活用して,核種と錯体を形成し易いコロイドの生成を抑え,析出反応が支配的となる条件を明らかにする。このことにより,地下水の流路の閉塞によるバリア形成条件を予め考慮した処分システムの設計を目指す。