IWASAKI Tomohiko

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:12
 
Avatar
Name
IWASAKI Tomohiko
E-mail
tomohiko.iwasakiqse.tooku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/c1845f56b1745e957929eded95f50646.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Quantum Science and Energy Engineering Energy Physics Engineering Nuclear Reactor Engineering and Devices
Job title
Professor
Degree
博士(工学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Aug 2002
 - 
Today
東北大学大学院 助教授 (工学研究科)
 
Apr 1997
 - 
Jul 2002
東北大大学院 助手 (工学研究科)   大学院重点化により配置換え
 
Apr 1986
 - 
Mar 1997
東北大学 助手 (工学部)
 
Apr 1981
 - 
Mar 1986
株式会社 東芝 原子力事業本部 原子炉設計部 炉心設計課
 

Education

 
 
 - 
Mar 1981
原子核工学専攻, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1979
原子核工学科, Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2005
 - 
Today
原子力安全研究協会(財) 核変換物理実験施設安全検討専門委員会(他)  委員
 
Apr 2005
 - 
Today
文部科学省・経済産業省  原子力関係委員
 
Apr 2005
 - 
Today
日本原子力学会 標準委員会  委員
 
Apr 2005
 - 
Today
原子力発電技術機構(財) BWR照射試験炉物理解析委員会  委員
 
Apr 2005
 - 
Today
原子力安全研究協会(財) 核変換物理実験施設安全検討専門委員会委員(他)  委員
 

Awards & Honors

 
Mar 2015
日本原子力学会誌最多引用論文賞(2014年度), JNST Most Cited Article Award 2014, 日本原子力学会
Winner: Pyen Choel Po, Morgan Heravault, Tsuyosi Misawa, Horonobu Unesaki, Seiji Shiroya Tomohiko Iwasaki
 
Mar 2013
日本原子力学会賞・論文賞(平成24年度), 日本原子力学会
Winner: 平野史生、稲垣八穂広、岩崎智彦
 
Mar 2003
ThからAmまでのアクチニド核種に対する核分裂断面積を主とする核データの実験的研究, 日本原子力学会 学術業績賞, 日本原子力学会
 

Published Papers

 
Kazumi Ikedaa, Hiroyuki Moriwakia, Tomohiko Iwasaki, Kenji Konashi
Nuclear Engineering and Design   278 97-107   2014   [Refereed]
Naoto AIZAWA, Tomohiko IWASAKI, Fumito KUBO
Journal of Nuclear Science and Technology   49 888-896   2012   [Refereed]
Naoto AIZAWA and Tomohiko IWASAKI
Journal of Nuclear Science and Technology   2011 892-901   2011   [Refereed]
Yoshihisa TAHARA, Tomohiko IWASAKI and Kenji KONASHI
Journal of Nuclear Science and Technology   47 421-429   2011   [Refereed]
Cheol Ho PYEON, Hiroshi SHIGA, Kazuaki ABE, Hiroshi YASHIMA, Teiji NISHIO, Tsuyoshi MISAWA, Tomohiko IWASAKI and Seiji SHIROYA
Journal of Nuclear Science and Technology   47 1090-1095   2010   [Refereed]

Misc

 
井頭正之、他、岩崎智彦
日本原子力学和文論文誌   3 128-139   2004
大強度陽子加速器施設(J-PARC)で期待される原子力科学
鬼柳善明、他、岩崎智彦
46 172-197   2004
今、何故、炉物理なのか? 何がおもしろいのか?
竹田敏一、他、岩崎智彦
日本原子力学会誌   45 76-84   2003
核変換物理実験施設を用いた加速駆動未臨界原子炉研究の提案
岩崎智彦
原子核研究   47 51-67   2002
原子炉物理(日本原子力学会連載講座) ⑫代表的な原子炉の炉物理(2)
平川直弘、岩崎智彦
日本原子力学会誌   43 367-375   2001

Books etc

 
原子炉物理入門
平川直弘、岩崎智彦 (Part:Joint Work)
東北大学出版会 ISBN4-925085-65-4 C3042   Oct 2003   
エネルギーを考える
東北大学工学部教務委員会(分担:岩崎智彦) (Part:Joint Work)
東北大学出版会 (ISBN4-925085-87-5 C3050)   Apr 2004   
Calculation of Different Transmutation Concepts ISBN 92-64-17638-1
etc. (Tomohiko IWASAKI) (Part:Joint Work)
Nuclear Energy Agency, OECD   2000   
消滅処理研究の現状-新しい原子力技術の可能性を求めて-
平川直弘,岩崎智彦 (Part:Joint Work, 熱中性子を用いた消滅処理)
Aug 1994   

Conference Activities & Talks

 
炉物理核データ合同会合
日本原子力学会   28 Mar 2000   
(プロシーディング) 日本原子力学会 2000年春の年会 日本原子力学会 2000 15 16
Measurement and Analysis of Np237 Capture Reaction Rate in Various Netron Fileds at the Kyoto University critical Assembly and Termal Columnin a
International Conference on the Physics of Nuclear Science and Technology   5 Oct 1998   
(プロシーディング) Proceeding of International Conference on the Physics of Nuclear Science and Technology 1998 1711 1718
Fission Rate distributions of Np237 and U238 for 65 MeV quasi-Monoeneergertic neutrons in Polyethylene, Alminum, Iron and Lead
International Conference on Emerginh Nuclear Energy Systems   28 Jun 1998   
(プロシーディング) Proccedings of International Conference on Emerginh Nuclear Energy Systems 1998 187 194
Fission Reaction Rate Distribution of Np-237 in Polyeyjylne System for 65 MeV Neutron
International Conferenve on Fiture Nuclear Systems   5 Oct 1997   
(プロシーディング) Proccedings of International Conferenve on Fiture Nuclear Systems 1997 794 799
Analysis of Radioactivity for Thorium to Einstein Aiming at New Transmutation Concept of Minor-Actinide
International Conference on the Physics of Reactors   16 Sep 1996   
(プロシーディング) Proceedings on International Conference on the Physics of Reactors 1996 92 99

Research Grants & Projects

 
Transmutation of Nuclear Waste
Funded Research
Project Year: Apr 1996 - Today
Experimental study of Reactor Physics using Critical Assembly
Nuclear and Atomic Science Research
Project Year: Apr 1996   
Experimental study on nuetron reaction.
Nuclear and Atomic Science Research
Project Year: Apr 1996   

Social Contribution

 
宮城県女川原子力発電所環境放射能調査測定技術会委員
[Others]  Nov 1990 - Today
宮城県の宮城県女川原子力発電所にかかる放射の環境などを保全監視を図る。

Others

 
Apr 2006   水素化物中性子吸収材を用いた革新的高速炉炉心に関する研究開発
この課題は、高速炉用のHf制御棒およびGdバーナブルポイズンを開発し、経済性を向上させた高速炉炉心を開発するもので、炉心設計と要素技術開発の二面から研究を行うものです。本研究代表者小無が要素技術開発を、研究分担者の岩崎が炉心設計を担当します。今回採択された本課題の予算額は総額4.5億円(3年間)であります。

研究開発しようとする技術の要点:
 エネルギーの長期的安定供給および環境負荷の低減のために高速炉の開発が進められている。本研究開発では、酸化物燃料を用いたナトリウム冷却高速炉の経済性向上のため、高速中性子に対して高い制御能力を持つ水素化物中性子吸収材を用いた新しい高速炉の炉心制御技術を確立する。

研究開発の概要:
 減速性能と吸収性能を合わせ待った水素化物中性子吸収材を、FBR実用化戦略調査研究(FS)で検討中の 1500MWe Na 冷却酸化物燃料大型炉心に適用し、革新的高速炉炉心を開発する。新たに導入する中性子吸収材を用いた要素技術は、「水素化物長寿命制御棒」と「高速炉用水素化物バーナブルポイズン」の二つである。
 炉心設計では、それらを用いた高速炉炉心設計を行う。「水素化物長寿命制御棒」導入により、制御棒寿命を現状の 1 年から 6 年に延長する。また、「高速炉用水素化物バーナブルポイズン」の採用により、燃焼初期の余剰反応度を現状の半分にし、主炉停止系の制御棒数を半減することを目指す。また、これらの成果に基づき、水素化物吸収材の特性を最大に活用し、「燃料長期無交換大型炉心」(目標寿命 6 年)の開発を行い、設備利用率の向上を目指す。また、本技術を取り入れた場合の安全性に与える影響についても評価する。
 要素技術開発では、「水素化物長寿命制御棒」と「高速炉用水素化物バーナブルポイズン」の模擬ピンを作成し、炉内で想定される温度環境での健全性および被覆管が破損した場合のナトリウムとの反応性について調べる。また、高速実験炉「常陽」を用いた炉内試験によりスエリング等の照射下での振る舞いを調べる。