小林 孝安

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/03 11:33
 
アバター
研究者氏名
小林 孝安
 
コバヤシ タカヤス
eメール
takayasu.kobayashi.d7tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/68aefd9e94c3fcb5d5cf016656c2d7e7.html
所属
東北大学
部署
遺伝子実験センター
職名
准教授
学位
医学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
東北大学 遺伝子実験センター 准教授
 
2009年8月
 - 
2015年9月
東北大学 加齢医学研究所 准教授
 
2007年4月
 - 
2009年7月
東北大学 加齢医学研究所 助教
 
1993年4月
 - 
2007年3月
東北大学 加齢医学研究所 助手
 
1997年8月
 - 
2000年7月
英国ダンディー大学 博士研究員
 
1991年7月
 - 
1993年3月
東北大学 抗酸菌病研究所 助手
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
東北大学大学院 医学研究科 博士課程 生理学系
 
1985年4月
 - 
1987年3月
東北大学大学院 農学研究科 博士前期課程
 
1981年4月
 - 
1985年3月
東北大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
2011年10月
 - 
現在
日本ホスファターゼ研究会  世話人
 
2004年4月
 - 
2007年3月
日本生化学会東北支部  幹事
 

受賞

 
2009年5月
日本生化学会東北支部 奨励賞 プロテインホスファターゼ2Cの細胞における機能
 

論文

 
Shima, Hisato Sasaki, Kensuke Suzuki, Takehiro Mukawa, Chikahisa Obara, Ten Oba, Yuki Matsuo, Akihiro Kobayashi, Takayasu Mishima, Eikan Watanabe, Shun Akiyama, Yasutoshi Kikuchi, Koichi Matsuhashi, Tetsuro Oikawa, Yoshitsugu Nanto, Fumika Akiyama, Yukako Ho, Hsin-Jung Suzuki, Chitose Saigusa, Daisuke Masamune, Atsushi Tomioka, Yoshihisa Masaki, Takao Ito, Sadayoshi Hayashi, Ken-Ichiro Abe, Takaaki
Sci Rep   7(1) 1884-1884   2017年5月   [査読有り]
Kusano, Rie Fujita, Kousuke Shinoda, Yasuharu Nagaura, Yuko Kiyonari, Hiroshi Abe, Takaya Watanabe, Toshio Matsui, Yasuhisa Fukaya, Masahiro Sakagami, Hiroyuki Sato, Tatsuya Funahashi, Jun-ichi Ohnishi, Motoko Tamura, Shinri Kobayashi, Takayasu
FEBS LETTERS   590(20) 3606-3615   2016年10月   [査読有り]
Iwashita, Shintaro Suzuki, Takehiro Yasuda, Takeshi Nakashima, Kentaro Sakamoto, Taiichi Kohno, Toshiyuki Takahashi, Ichiro Kobayashi, Takayasu Ohno-Iwashita, Yoshiko Imajoh-Ohmi, Shinobu Song, Si-Young Dohmae, Naoshi
BIOSCIENCE REPORTS   35(4) e00228   2015年8月   [査読有り]
Takeuchi, Yoichi Mishima, Eikan Shima, Hisato Akiyama, Yasutoshi Suzuki, Chitose Suzuki, Takehiro Kobayashi, Takayasu Suzuki, Yoichi Nakayama, Tomohiro Takeshima, Yasuhiro Vazquez, Norma Ito, Sadayoshi Gamba, Gerardo Abe, Takaaki
JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY   26(2) 271-279   2015年2月   [査読有り]
Matsui, Hiroyuki Fukuno, Naoto Kanda, Yoshiaki Kantoh, Yusuke Chida, Toko Nagaura, Yuko Suzuki, Osamu Nishitoh, Hideki Takeda, Kohsuke Ichijo, Hidenori Sawada, Yasuhiro Sasaki, Keiichi Kobayashi, Takayasu Tamura, Shinri
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   289(10) 6438-6450   2014年3月   [査読有り]

Misc

 
[Regulation of cellular functions by protein phosphatase PPM family members].
Kobayashi, Takayasu
生化学   87(5) 525-530   2015年10月
Tamura Shinri, Toriumi Shinnosuke, Saito Jun-Ichi, Awano Kenjiro, Kudo Tada-Aki, Kobayashi Takayasu
Cancer Sci   97(7) 563-567   2006年7月
[Regulation of stress-activated signal pathways by protein phosphatase 2C] (Seikagaku)
Kobayashi Takayasu, Sasaki Masato, Tamura Shinri
生化学   77(10) 1274-1280   2005年10月
Tamura Shinri, Hanada Masahito, Ohnishi Motoko, Katsura Koji, Sasaki Masato, Kobayashi Takayasu
Eur J Biochem   269(4) 1060-1066   2002年2月

書籍等出版物

 
イラストで徹底理解する シグナル伝達キーワード事典
山本雅、仙波憲太郎、山梨裕司 ed. 小林孝安、村田陽二、的崎尚、田村眞理 (担当:共著, 範囲:プロテインホスファターゼ, 27-30)
羊土社   2012年8月   
Interface Oral Health Science 2009
Sasano T Suzuki O Stashenko P Sasaki K Takahashi N ed. Matsui H Fukuno N Suzuki O Takeda K Ichijo H Kobayashi T Tamura S Sasaki K (担当:共著, 範囲:Mechanical Stress modulates bone remodeling signals, 129-132)
Springer   2010年5月   
Topics in Current Genetics Vol.5
J. Arino D.R. Alexander ed. Tamura S Li MG Komaki K Sasaki M Kobayashi T (担当:共著, 範囲:5 Roles of mammalian protein phosphatase 2C family members in the regulation of cellular functions, 91-105)
Springer-Verlag Berlin Heidelbeg   2004年2月   
Methods in Molecular Biology Vol.93 Protein Phosphatase Protocols
John W. Ludlow ed. Kobayashi T Kusuda K Ohnishi M Chida N Tamura S (担当:共著, 範囲:Expression of mouse protein phosphatase 2C in Escherichia coli and COS 7 cells, 185-189)
Humana Press   1998年6月   
シグナル伝達実験法
宇井理生 ed. 小林孝安、大西素子、田村眞理 (担当:共著, 範囲:プロテインセリン・スレオニンホスファターゼ, 188-197)
羊土社   1996年8月   

講演・口頭発表等

 
プロテインホスファターゼPPM1Lの肥満形成への関与のメカニズムの解明
第89回 日本生化学会大会   2016年9月25日   
Two post-translational modifications in mammalian B cnt/Cfdp1, a potential epigenetic factor: S250 phosphorylation and K268 acetylation in the conserved C-terminal region
第88回日本生化学会大会/第38回日本分子生物学会年会   2015年12月1日   
ノックアウトマウスを用いたプロテインホスファターゼPPM1Lの新規機能解明
日本生化学会東北支部会第81回例会   2015年5月9日   
Targeted disruption of the mouse protein phosphatase PPM1L gene leads to structural abnormalities in the brain
11th International Conference on Protein Phosphatases   2014年11月12日   
プ口テインホスファターゼPPM1Lの欠損は大脳皮質において軸索線維の異常を引き起こす
第87回日本生化学会大会   2014年10月15日   

その他

 
2012年4月   リン酸化Ser/Thr脱リン酸化酵素PP2Cbetaの生殖機能における役割の解明
リン酸化Ser/Thr脱リン酸化酵素PP2Cbetaの生殖機能における役割の解明
2012年4月   Protein Phosphatase 2Cepsilon(PP2Cε)遺伝子欠損マウスの組織学的解析
Protein Phosphatase 2Cepsilon(PP2Cε)遺伝子欠損マウスの組織学的解析
2011年4月   新p53安定化因子の作用機構の解明と創薬
新p53安定化因子の作用機構の解明と創薬
2010年4月   ストレス応答異常が加齢に与える影響-PP2Cε欠損マウスを用いた解析-
ストレス応答異常が加齢に与える影響-PP2Cε欠損マウスを用いた解析-
2006年7月   細胞内のセラミド輸送の制御におけるプロティンホスファターゼの役割
細胞内のセラミド輸送の制御におけるプロティンホスファターゼの役割