齋藤 恵一

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/25 11:53
 
アバター
研究者氏名
齋藤 恵一
 
サイトウ ケイイチ
eメール
saitokm.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/bc04fd4a40d31129402c15daf1082183.html
所属
東北大学大学院
部署
大学院歯学研究科・歯学部 歯科学専攻 歯学イノベーションリエゾンセンター
職名
助教
学位
歯学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年7月
 - 
現在
東北大学
 

学歴

 
 
 - 
1985年3月
東北大学 歯学部 
 

受賞

 
2001年9月
日本口腔衛生学会 日本口腔衛生学会学術賞 LION AWARD
 

論文

 
Tanda N, Mori S, Saito K, Ikawa K, Sakamoto S
J Oral Pathol Med   29(8) 385-393   2000年9月   [査読有り]
Immunolocalizaiton of c-Myc and bcl-2 proto-oncogene products in gingival hyperplasia induced by nifedipine and phenytoin.
Saito K, Mori S, Tanda N, Sakamoto S
J Periodontol   71(1) 44-49   2000年1月   [査読有り]
Saito K, Mori S, Tanda N, Sakamoto S
J Periodontol   70(6) 581-586   1999年6月   [査読有り]
Immunohistochemical localization of transforming growth factor beta, basic fibroblast growth factor and heparan sulphate glycosaminoglycan in gingival hyperplasia induced by nifedipine and phenytoin.
Saito K, Mori S, Iwakura M, Sakamoto S
J Periodontal Res   31(8) 545-555   1996年11月   [査読有り]

Misc

 
シェーグレン症候群と活性酸素~緑茶カテキンの治療効果の可能性~
齋藤 恵一
細胞 The CELL   50(10) 532-536   2018年9月   [依頼有り]
薬物副作用による歯肉増殖症について 一発症機構についての最近の知見一 (東京都歯科医師会雑誌)
齋藤恵一、森士朗、坂本征三郎
東京都歯科医師会雑誌   46(8) 407-414   1998年8月
薬物副作用による歯肉増殖症 (歯界展望)
齋藤恵一、岩倉政城、坂本征三郎、森士朗、手島貞一、加藤光保、野城孝夫、三浦幸払
歯界展望   85(5) 1108-1121   1995年5月

講演・口頭発表等

 
Immunohistochemical localization of CD134 ligand, CD137 ligand, GITR ligand and BAFF in Sjogren's syndorome-like autoimmune sialadenitis
Keiichi Saito, Shiro Mori, Masao Ono, Takeyoshi Koseki
インターフェイス口腔健康科学国際シンポジウム   2009年1月15日   
自己免疫疾患モデルの唾液腺炎における自己抗原SSA、SSBの発現に対する緑茶カテキン投与の影響
齋藤恵一 小関健由
第57回日本口腔衛生学会総会   2008年10月2日   
顎変形症手術症例クリニカルパスへの連携とその課題
丹田奈緒子 他11名
第52回東北大学歯学会   2007年12月12日   
口腔育成参加者のう蝕抑制効果について
井川恭子 他14名
第52回東北大学歯学会   2007年12月12日   
MRL/lprマウスの唾液腺炎におけるAquaporin 5、SSA、ssDNAの発現に対する緑茶カテキン投与の影響
齋藤恵一 森士朗 小関健由
第52回東北大学歯学会   2007年12月12日   

競争的資金等の研究課題

 
緑茶カテキンの抗活性酸素作用によるシェーグレン症候群の新治療法創出についての検討 課題番号 15K11067
日本学術振興機構: 科学研究費 基盤研究 C (一般)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 齋藤 恵一
緑茶カテキンによるシェーグレン症候群の新たな治療法の開発についての検討 課題番号 22592082
日本学術振興機構: 科学研究費 基盤研究 C (一般)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 齋藤 恵一
シェーグレン症候群の発症機構における抗原提示細胞としての唾液腺細胞の役割について 課題番号 17592175
日本学術振興機構: 科学研究費 基盤研究 C (一般)
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 齋藤 恵一
シェーグレン症候群の発症機構とアポトーシス誘導経路との関連性について 課題番号 14571935
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究 C (一般)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 齋藤 恵一