IGARASHI Kaoru

J-GLOBAL         Last updated: Nov 16, 2018 at 11:25
 
Avatar
Name
IGARASHI Kaoru
E-mail
igarashident.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/861bf469e13d741e51927b107cff774f.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Dentistry Dentistry Oral Health and Development Science Oral Dysfunction Science
Job title
Professor
Degree
歯学博士(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Nov 2002
 - 
Today
教授, 東北大学大学院歯学研究科
 
Dec 2001
 - 
Oct 2002
講師, 東北大学大学院歯学研究科
 
Apr 2000
 - 
Nov 2001
助手, 東北大学大学院歯学研究科
 
Jun 1999
 - 
Mar 2001
Visiting assistant professor, Northwestern University Medical School
 
Apr 1988
 - 
Mar 2000
助手, 東北大学歯学部
 

Education

 
 
 - 
Mar 1988
歯科矯正学, Graduate School, Division of Dental Research, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1984
Faculty of Dentistry, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2009
 - 
Today
東北大学歯学会  理事
 
Mar 2009
 - 
Today
一般社団法人日本矯正歯科学会  編集委員
 
Oct 2005
 - 
Today
高藤歯科医院 非常勤歯科医師  非常勤歯科医師
 
Feb 2004
 - 
Today
歯科クリニック東仙台 非常勤歯科医師  非常勤歯科医師
 
Jan 2003
 - 
Today
東北矯正歯科学会  評議員
 

Awards & Honors

 
Sep 2006
第65回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会
Winner: 千葉美麗、宮川彩、佐藤綾、西村真、五十嵐薫
 

Published Papers

 
Chiaki Endo, Tadasu Sato, Takehiro Yajima, Kaoru Igarashi, Hiroyuki Ichikawa
Cells Tissues Organs   205 93-104   Jun 2018
© 2018 S. Karger AG, Basel. Immunohistochemistry for several neurochemical substances was performed on the human incisive papilla and other oral structures. Sodium channel alpha subunit 7 (SCN7A) protein-immunoreactive (IR) Schwann cells and prote...
Yoshimichi Imai, Tetsu Nakajo, Kazuaki Nishimura, Hiroyuki Kanzaki, Takayoshi Daimaruya, Akimitsu Satoh, Kaoru Igarashi, Masahiro Tachi
Journal of Craniofacial Surgery   29 270-274   Mar 2018
Copyright © 2017 by Mutaz B. Habal, MD. Anterior maxillary distraction osteogenesis (AMDO) is a novel technique for correcting hypoplastic maxilla by sagittal expansion of the maxilla. Recent reports suggest that AMDO does not have an effect on fr...
Shinobu Tsuchiya, Masahiro Tsuchiya, Haruki Momma, Haruki Momma, Takuya Sekiguchi, Kaoru Kuroki, Kaoru Kuroki, Kenji Kanazawa, Takeyoshi Koseki, Kaoru Igarashi, Ryoichi Nagatomi, Ryoichi Nagatomi, Yoshihiro Hagiwara, Yoshihiro Hagiwara
BMC Oral Health   17    Dec 2017
© 2017 The Author(s). Background: Sports-related dental injuries, such as tooth fracture, loosening, and avulsion, are a major concern among young athletes because they directly impair oral function. Although the preventive efficacy of mouthguards...
山本 奈加子, 金高 弘恭, 板垣 祐介, 五十嵐 薫
日本口蓋裂学会雑誌   42(3) 215-224   Oct 2017
口唇口蓋裂に関連する問題は多岐にわたり、なかでも、コミュニケーション障害となり得る言葉の問題は、個人のQOLを考える上で重要な部分を占める。しかしながら、これまでの研究では、口唇口蓋裂患者における口蓋化構音の発現要因について充分な検討がなされていなかった。そこで本研究では、客観的な評価指標を用い、口蓋化構音発現と口蓋形態や咬合状態、鼻咽腔閉鎖機能との関連性を音声言語学的観点から総合的に明らかにすることを目的とした。対象は東北大学病院・唇顎口蓋裂センターにて、治療・管理を行う片側性唇顎口蓋裂...
板垣 祐介, 金高 弘恭, 五十嵐 薫
日本口蓋裂学会雑誌   42(3) 177-186   Oct 2017
口唇裂患者の顎顔面部における形態と機能の成長発育変化には未解明な部分が多いのが現状である。成長期患者における顎顔面部での形態と機能との関連性を包括的に明らかにすることで、より効果的な治療方法、治療タイミング等を決定する一助となると考えられる。本研究では、乳児期に口唇形成手術を受けた5〜9歳の片側性口唇裂と片側性唇顎裂の患者を対象に、形態評価として三次元顎顔面形態計測および咬合関係評価(5-Year-Olds' Index)、機能評価として口唇圧、舌圧、咀嚼能率の測定を行い、それらの関連性を...

Misc

 
今井 啓道, 館 正弘, 佐藤 顕光, 今川 千絵子, 五十嵐 薫, 中條 哲, 徳川 宜靖, 横山 奈加子, 幸地 省子
日本口蓋裂学会雑誌   38(1) 35-40   Apr 2013
唇顎口蓋裂の治療には、医科・歯科、メディカル・パラメディカルの垣根を越えた多くの専門家の結集が必要です。東北大学病院においても、形成外科と歯科・顎口腔機能治療部による医科と歯科の連携を徐々に構築し治療成績の向上をはかってきました。しかし、医学部附属病院と歯学部附属病院が道を挟んで別々であったことから、患者の動線はけっして良いものではありませんでした。また、耳鼻咽喉科や言語聴覚士との連携はグループ診療の域を超えず、治療成績の評価と治療法の改善を十分に行い得てはいませんでした。2009年の東北...
最新の歯根膜のすべて 歯根膜と歯の移動のメカニズム
五十嵐 薫
みちのく歯学会雑誌   36(1〜2) 12-14   Dec 2005
生物リズムと歯科矯正治療
五十嵐 薫
東北大学歯学雑誌   22(2) 59-66   Dec 2003
日内リズムの骨の生理学においても基本的な特徴の一つとして位置づけられている.様々な矯正装置或いは整形装置によって生み出される外力に対する生物学的反応,特に歯槽骨,縫合部,下顎頭部における機械的刺激による骨のモデリング/リモデリング反応は,このような力が適用される時間帯に依存して変動する可能性がある.ラットを用いた一連の実験的研究の結果,矯正力や顎整形力に対する歯周組織や顎骨の反応性には極めて大きな日内変動が存在すること,これらの外力は動物の休息期に適用した方が活動期に適用するよりも効果的で...
口腔成育はより大きな患者利益をもたらすか? 矯正歯科治療の患者利益 口腔成育を歯学部卒前教育に取り入れて 現状と問題点
五十嵐 薫
矯正臨床ジャーナル   19(11) 49-65   Nov 2003
医薬品開発,薬理学,臨床 ビスフォスフォネートの局所適用法の開発 歯科的応用への可能性
五十嵐 薫
ファルマシア   35(3) 263-264   Mar 1999

Books etc

 
口と歯の事典
高戸毅、天笠光雄、葛西一貴、古郷幹彦、須佐美隆史、鈴木茂彦、谷口尚、新美成二 ed. 五十嵐薫 (Part:Joint Work, 歯並びと咬合に関係する癖, 187-190)
朝倉書店   Jan 2008   
Biomechanics and esthetic strategies in clinical orthodontics
Ravindra Nanda (Part:Editor)
わかば出版   Nov 2007   
歯の移動の臨床バイオメカニクス 骨と歯根膜のダイナミズム
下野正基、前田健康、溝口到 ed. 五十嵐薫 (Part:Joint Work, 歯の移動の周期的変動, 228-236)
医歯薬出版   May 2006   
臨床家のための矯正イヤーブック’04
伊藤学而、中島榮一郎 ed. 五十嵐薫 (Part:Joint Work, いま求められる矯正歯科卒後臨床教育 国立大学の立場から, 168-171)
クインテッセンス出版   Apr 2004   
口腔の成育をはかる 1巻 こんな問題に出会ったら 生活者とともに考える解決策
佐々木洋、田中英一、菅原準二 ed. 五十嵐薫 (Part:Joint Work, 学校歯科健診で不正咬合の欄に丸がついてきた, 130-131)
医歯薬出版   Apr 2003   

Conference Activities & Talks

 
Amelogenin splice isoforms stimulate chondrogenic differentiation of ATDC5 cells
Mitani K, Haruyama N, Igarashi K
The 39th Annual Meeting of the American Association for Dental Research   3 Mar 2010   
筋ジストロフィーマウスにおける筋機能活性化が下顎骨の成長に与える影響
三戸天元, 春山直人, 五十嵐薫
第68回日本矯正歯科学会大会   16 Nov 2009   
東北大学病院附属歯科医療センターにおける特定機能病院へ向けての取り組み
佐々木啓一, 島内英俊, 菊池雅彦, 小関健由, 五十嵐薫
第62回東北地区歯科医学会   18 Oct 2009   
メカニカルストレスによる細胞死誘導機構と遺伝子発現に関する検討 ー持続的圧縮力に対する歯周組織の細胞特性ー
千葉美麗, 五十嵐薫, 林治秀
第51回歯科基礎医学会学術大会   11 Sep 2009   
我々の顎変形症治療における治療ゴールの設定
五十嵐薫, 長坂浩
第19回日本顎変形症学会総会   4 Jun 2009   

Research Grants & Projects

 
Mechanotransduction in periodontium
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1997 - Today
Clinical application of bisphosphonates in orthodontics
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1991 - Today

Patents

 
5283057 : Risedronate in oral compositions
五十嵐薫、足立晴紀、三谷英夫、篠田壽

Social Contribution

 
[日本国内] みやぎ県民大学 東北大学大学院歯学研究科開放講座 豊かな人生は歯と口の健康から
[Others]  16 Sep 2005
悪い歯ならびとかみ合わせがもたらす問題点と最新の治療法を学びます

Others

 
Apr 2007   粉体積層造型機によるα-TCP造型法を用いた顎裂骨欠損部への骨再生
粉体積層造型機によるα-TCP造型法を用いた顎裂骨欠損部への骨再生
Apr 2006   低侵襲かつ簡便な摂食・嚥下機能評価システムの構築に関する研究
低侵襲かつ簡便な摂食・嚥下機能評価システムの構築に関する研究
Apr 2005   歯根膜に関する研究
歯根膜に関する研究
Dec 2004   高齢者の摂食・嚥下機能障害に対するリハビリテーション支援システムの開発
高齢者の摂食・嚥下機能障害に対するリハビリテーション支援システムの開発
Dec 2004   生体内モーションキャプチャシステムを応用した非侵襲的な咀嚼・嚥下機能測定装置の開発
生体内モーションキャプチャシステムを応用した非侵襲的な咀嚼・嚥下機能測定装置の開発