SAITO Fumio

J-GLOBAL         Last updated: May 2, 2014 at 15:04
 
Avatar
Name
SAITO Fumio
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0d8e8ed11414fe3e2e04e601d9662bb9.html
Affiliation
Tohoku University
Degree
Doctor of Engineering(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor,Dupty Director(2003- ), Tohoku University Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Division of Process and System Engineering, Mechanochemical Operation and Nano-coating
 

Misc

 
石原真吾, 曽田力央, 加納純也, 齋藤文良, 山根圭司
粉体工学会誌   48(12) 829-833   2011
粉体技術者のための粉体入門講座26 機械的活性とその利用3 ~廃棄物からの有価金属溶解分離~(Mechanical Activition and its Application)
張 其武, 齋藤文良
粉体技術   3(12) 72-73   2011
Yasuhiro Yamamoto, Masahide Kawaraya, Hiroshi Segawa, Satoshi Uchida, Junya Kano,Fumio Saito, Kazuki Tsujimoto, Tsubasa Saito, Seigo Ito
Chemistry Letters   40(11) 1220-1222   2011
Mechanical Activation and its Application
張 其武, 齋藤文良
粉体技術   3(11) 64-65   2011

Books etc

 
化学工学便覧 14 粉粒体制御と加工 14・1 粉砕(1~3)
丸善   2011   
Experimental and Theoretical Studies in Modern Mechanochemistry
2010   
粉体技術が挑む究極のエネルギーと環境調和
日刊工業新聞社   2010   
粉砕技術とエコ・リサイクル
(有)エヌジーティー   2010   
Fine Grinding of Materials in Dry Systems and Mechanochemistry
HANDBOOK OF POWDER TECHNOLOGY   2007   

Works

 
軟質PVCの非加熱処理と再資源化法の開発
2000 - 2001
メカノケミカル法を利用した廃蛍光管からのレアメタルの非加熱逐次分離法の開発
1997 - 2000
メカノケミカル・ドーピングによる可視光応答型TiO2系光触媒合成プロセスの開発
2003

Research Grants & Projects

 
Powder Material Synthesis and Coating by Mechanochemical Method
熱を使わない材料合成法としてメカノケミカル法(粉砕法)がある。これを利用して粉体材料の合成は微粒子表面への異種粉体のコーテングなどを達成し、新しい機能発現を期待する研究
Nonthermal Separation of Valuable Materials in Wastes by Means of Mechanochemical Method
メカノケミカル法(粉砕法)を利用し、未利用資源や廃棄物からの有価物を回収する新しい分離プロセス開発に関する研究
Nonthermal Detoxication of Toxics including Halogen by Mechanochemical Method
メカノケミカル法を用い、PCBやダイオキシンで汚染された土壌、油などを非加熱で無害化する新しいプロセス開発に関する研究。この方法は、ポリ塩化ビニルなどの脱塩素とリサイクルにも活用できる。既に研究室発のベンチャー企業が2003年4月より活動開始しており、これを有効に活用されたし。
Preparation of Nano-sized composite particles by an arc-plasma method
アークプラズマ法を用い、ナノ粒子複合化を達成する研究
Simulation of Media Motion and Optimization in Grinding Machine
離散要素法を用いてこれまでブラックボックスであった粉砕機内の媒体運動をシミュレーションする新しい方法を開発したが、これを活用して粉砕機の最適化設計・運転条件の設定などに利用する研究。