冬木 勝仁

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:03
 
アバター
研究者氏名
冬木 勝仁
 
フユキ カツヒト
eメール
katsuhito.fuyuki.d2tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0eae33b4a4a6b0cb9b8c0f5b66abeb75.html
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻 資源環境経済学講座 国際開発学分野
職名
教授
学位
博士(農学)(東北大学), 経済学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北大学大学院農学研究科 教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
東北大学大学院農学研究科 准教授
 
1999年4月
 - 
2007年3月
東北大学大学院農学研究科 助教授
 
1997年2月
 - 
1999年3月
東北大学農学部 助教授
 
1994年3月
 - 
1997年1月
東北大学農学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1989年3月
京都大学 経済学研究科 経済政策学
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本農業経済学会  社会連携委員会 委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本農業市場学会  企画委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本農業経営学会  論文審査委員
 
2013年4月
 - 
現在
日本協同組合学会  論文審査委員
 
2011年1月
 - 
現在
日本フードシステム学会  論文審査委員
 

受賞

 
2004年7月
日本農業市場学会 日本農業市場学会賞 特に優れた研究業績を公刊した会員に授与する。
 
1996年4月
日本農業市場学会 日本農業市場学会奨励賞(川村・美土路賞) 優れた研究業績を公刊し、今後、一層の発展が期待される、満40歳未満の会員に授与される
 

論文

 
30年問題のどこが問題か
冬木勝仁
農業と経済   83(12) 53-58   2017年12月   [招待有り]
Food Safety and Consumer Behavior in India and Japan: Comparative Literature Review
Rajaram DHIVYA, Nina TAKASHINO, Katsuhito FUYUKI
農業経済研究報告   (48) 84-96   2017年2月   [査読有り]
CSR and Environmental Security: Evidence from Tin Mining in West Bangka District, Indonesia
Asti Amelia NOVITA, Katsuhito FUYUKI
農業経済研究報告   (48) 52-64   2017年2月
Evaluation of Indonesia’s Rice Program: Comparative Analysis of Budget Efficiency using Provincial Data
Debby DAYUSITA, Katsuhito FUYUKI
農業経済研究報告   (48) 24-39   2017年2月   [査読有り]
Does Community-based Forestry Management Approach Improve the Livelihoods of Local People? A Case of Sal-forest area in Bangladesh
Mohammad Golam Farouque, Katsuhito Fuyuki, Nina Takashino
Advances in Social Sciences Research Journal   4(1) 72-88   2017年1月   [査読有り]

Misc

 
「食料・農業・農村」の再生に向けて
村田武・冬木勝仁
経済   (269) 102-117   2018年2月
米の生産調整見直しの「平成30年問題」
冬木勝仁
技術と普及   54(8) 48-49   2017年8月
どうする?2018年産問題
冬木勝仁
全国農業新聞   (3013) 13-13   2017年6月
米の生産調整見直しの「平成30年問題」
冬木勝仁
農業かごしま   69(11・12) 74-75   2017年11月
米の生産調整見直しの「平成30年問題」
冬木勝仁
ながの農業と生活   54(10) 30-32   2017年10月

書籍等出版物

 
復興の息吹き-人間の復興・農林漁業の再生
冬木勝仁
農山漁村文化協会   2012年9月   
グローバリゼーション下のコメ・ビジネス-流通の再編方向を探る-
冬木勝仁
日本経済評論社   2003年4月   
現代の食とアグリビジネス
冬木勝仁
有斐閣   2004年5月   
与件大変動期における農業経営
冬木勝仁
農林統計協会   2008年11月   
食料・農産物の流通と市場 Ⅱ
冬木勝仁
筑波書房   2008年4月   

講演・口頭発表等

 
Agricultural Immunology and Consumers’ Behavior
Tohoku Forum for Creativity Thematic Program 2017 Stage3 "Social implication of new food technology"   2017年9月20日   
本人の発表
農政の大転換と市場・流通再編
冬木勝仁
日本農業市場学会2017年度大会   2017年7月1日   
本人の講演
コメ流通における品質の意味―販売競争力の諸要素の検討―
冬木勝仁
2014年度日本農業経済学会創立90周年記念大会シンポジウム「農業経済学の分析力―日本農業の品質競争力を問う―」   2014年3月29日   
本人の発表
Role of Community-based Forestry to Improve Livelihoods of Local People: A case of Sal-forest area in Bangladesh
M. G. Farouque, K. Fuyuki, and N. Takashino
International Conference on AGROTECH- 2017   2017年5月11日   
Rice Price Changes and Trends of Large-Scale Rice Farming in Japan
冬木勝仁
第12回東北アジア農業農村発展シンポジウム   2015年8月25日   
本人の講演

競争的資金等の研究課題

 
日本の米流通及び食糧政策に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1990年4月 - 現在
アグリビジネスとアメリカ合衆国の農業政策との関係についての研究
その他の研究制度
研究期間: 1987年4月 - 現在
多国籍アグリビジネスと世界の食糧・農業問題に関する研究
共同研究
研究期間: 1987年4月 - 現在

社会貢献活動

 
消費者行政の充実強化をすすめる懇談会みやぎ拡大学習会
【その他】  2018年1月10日
「宮城の米・麦・大豆の種は誰のもの?-『主要農作物種子法』廃止の問題点-」について講演
国民の食糧と健康を守る運動宮城県連絡会総会記念講演
【その他】  2017年12月19日
「『安倍農政改革』で崩壊する日本の米作り」について講演
JAみやぎ仙南講演会
【その他】  2017年12月9日
「今後の農業情勢について~激変する米政策と産地の取り組み~」について講演
第55回石川県農業委員会大会基調講演
【その他】  2017年11月20日
「どうする?2018年産問題~激変する米政策と産地の取り組み~」について講演
全農協労連東北地本・労農研究集会in福島
【その他】  2017年10月27日 - 2017年10月28日
「農協攻撃について」と題した講演及び分科会助言者

その他

 
2014年8月
書評・『東北コットンプロジェクト』(宮川真紀著、タバブックス、2014年6月)
2013年11月
書評・『農の再生と食の安全-原発事故と福島の2年』(小山良太・小松知未編著、新日本出版社、2013年9月)
2012年4月   減災・防災システムの開発・実証研究
東日本大震災の被災地復興にあたって、地域コミュニティと産業の再構築を相互に関連づけながら進めることを目的とする。具体的には、1)STB法*やビジュアライズ技術を導入した合意形成手法に基づき、利害関係者や支援機関・団体等が参加するワークショップを継続的に開催して、地権者・耕作者の今後のライフプランや地域農業に関する意向・アイディア等を抽出し、世代間で異なる不満や葛藤の解消を図るとともに、2)コミュニティの再生に欠かすことの出来ない今後の望ましい土地利用計画案のとりまとめや適切な農地集積手法の検討、3)さらには、新たな雇用を創出するための6次産業化や農外資本との連携を視野に入れたコミュニティビジネス*モデルの提示等、ボトムアップ型の地域コミュニティ再生手法を提案する。
2009年8月
書評・『田園漂流 東北・兼業農家のあした』(河北新報社「田園漂流」取材班著、河北新報出版センター、2009年8月)
2009年7月
書評・『フード・ウォーズ-食と健康の危機を乗り越える道』(ティム・ラング、マイケル・ヒースマン著、古沢広祐・佐久間智子訳、コモンズ、2009年5月)