北澤 春樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/19 09:46
 
アバター
研究者氏名
北澤 春樹
 
キタザワ ハルキ
eメール
haruki.kitazawa.c7tohoku.ac.jp
URL
https://tohokuagri.wixsite.com/lapc
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科・農学部 生物産業創成科学専攻
職名
教授
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
東北大学大学院農学研究科 教授
 
2019年4月
 - 
現在
Professor, Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
 
2015年4月
 - 
現在
食と農免疫国際教育研究センター(兼任) 副センター長(教育担当)
 
2007年4月
 - 
2019年3月
東北大学大学院農学研究科 准教授
 
2006年9月
 - 
2006年12月
文部科学省海外先進研究実践支援派遣研究員 (NCI/NIH, USA)
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
東北大学 農学研究科 畜産学
 
 
 - 
1986年3月
東北大学 農学部 畜産
 

委員歴

 
2006年4月
 - 
現在
日本食品免疫学会  幹事
 
2011年7月
 - 
2015年7月
日本乳酸菌学会  理事(庶務)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東北畜産学会  幹事長
 
2018年1月
 - 
現在
Front. Immunol.  論文編集委員(Nutritional Immunology)
 
2013年6月
 - 
現在
Canadian Journal of Microbiology  論文審査員
 

受賞

 
2013年6月
公益財団法人 森永奉仕会 森永奉仕会賞 乳酸菌・ビフィズス菌のパターン認識受容体を介する腸管免疫評価系構築と調節機構解明
 
2011年1月〜12月末日までの期間内に既に発表された業績で、乳製品等の品質改善に関する研究として高く評価された。研究科長を介して日本畜産学会からの推薦による。
2012年10月
日本食品免疫学会 日本食品免疫学会賞 イムノバイオティクスの食品・飼料免疫学的基礎研究
 
2011年3月
日本畜産学会 Animal Science Journal Excellent Paper Award Advanced molecular immunoassay system for immunobiotic lactic acid bacteria using a transfectant of Toll-like receptor 2.
受賞者: Masanori Tohno, Takeshi Shimosato, Yasushi Kawai, Hisashi Aso, Shuji Ikegami, Naoki Taketomo, Tadao Saito, Haruki Kitazawa
 
2007年に印刷公表された論文の中で、2008,2009年の2年間で被引用回数が最も高かった論文
2008年7月
財団法人 三島海雲記念財団 「世界の発酵乳」論文賞 プロバイオティクスからイムノバイオティクス- 生体認識機構の解明から期待される世界的発展性 -
 
今年は、メチニコフが不老長寿説を提唱して100 年目にあたることから、人々に健康で豊かな食生活をもたらしてきた「発酵乳」の世界的な起源・発展の歴史の追及並びに健康へのかかわりについての学術的論文に対する賞であり、記念すべきものである。
2006年3月
日本畜産学会 日本畜産学会賞 イムノバイオティクスからの新規免疫調節因子の発見とその分子免疫評価系の構築
 

論文

 
Iida, H.†, M Tohno†, Md. A. Islam†, N. Sato, H. Kobayashi, L. Albarracin, AKM H. Kober, W. Ikeda-Ohtsubo, Y. Suda, H. Aso, T. Nochi, A. Miyazaki, H. Uenishi, N. Iwabuchi, J.-z. Xiao, J. Villena,* H. Kitazawa*(† equal contribution)
Cells   8(8):891 1-22   2019年8月   [査読有り]
IF = 5.656
García, V., R. Komatsu, P. Clua, Y. Indo, M. Takagi, S. Salva, Md. A. Islam, S. Alvarez, H. Takahashi, A. Garcia-Cancino, H. Kitazawa*, J. Villena*
Front. Immunol.   10:1376 1-14   2019年6月   [査読有り]
IF = 5.511
Yuki Masumizu, Binghui Zhou, A.K.M. Humayun Kober, Md. Aminul Islam, Hikaru Iida, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Yoshihito Suda, Leonardo Albarracin, Tomonori Nochi, Hisashi Aso, Keiichi Suzuki, Julio Villena,* Haruki Kitazawa*
Microorganisms   7:167 1-17   2019年6月   [査読有り]
Manami Igata, Md. Aminul Islam, Asuka Tada, Michihiro Takagi, AKM Humayun Kober, Leonardo Albarracin, Hisashi Aso, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Kenji Miyazawa, Kazutoyo Yoda, Fang He, Hideki Takahashi, Julio Villena*, Haruki Kitazawa*
Front. Immunol.   10:1180 1-15   2019年5月   [査読有り]
IF = 5.511
国際共著論文
Silvina Fadda, Julio Villena, Leonardo Albarracin, Lucila Saavedra, Md. Aminul Islam, Graciela M. Vignolo, Haruki Kitazawa, Elvira Maria Hebert
Microbiol. Res. Announc,   8(15) e01629-18   2019年4月   [査読有り]
RG Journal impact = 1.18
国際共著論文
北澤春樹*
Milk Science   68(1) 49-53   2019年4月   [査読有り]
酪農科学シンポジウム2018招待講演ショートレビュー
Apolinaria Garcia-Cancino, Leonardo Albarracin, Marcela Espinoza-Monje, Jorge Campos-Martin, Valeria Garcia-Castillo, Yuka Nakano, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Cristian Guitierrez-Zamorano, Hidetoshi Morita, Haruki Kitazawa*, Julio Villena*
Microbiol. Res. Announc,   8(11) e01654-18   2019年3月   [査読有り]
RG Journal impact = 1.18
国際共著論文
Shimazu, T., L. Borjigin, K. Katoh, S. Roh, H. Kitazawa, K. Abe, Y. Suda, H. Saito, H. Kunii, K. Nihei, Y. Uemoto, H. Aso, K. Suzuki*
Anim. Sci. J.      2019年12月   [査読有り]
IF = 1.301
Quilodran-Vega, S., L., Albarracin, E., Hebert, L. Saavedra, A. Fonseca, A. S. Burgos, H, Kitazawa*, J. Villena*
Microbiol. Res. Announc,   7(19) e01239-18   2018年11月   [査読有り]
RG Journal impact = 1.18
国際共著論文
Villena, J.*, H. Kitazawa*, S. C. M. Van Wees, C. M. J. Pieterse*, H. Takahashi*
Front. Immunol.   9(2223) 1-15   2018年9月   [査読有り]
IF = 5.511
国際共著論文
Kanmani, P., L. Albarracin, H. Kobayashi, E. M. Hebert, L. Saavedra, R. Komatsu, B. Gatica, A. S. Burgos, A. Miyazaki, W. Ikeda-Ohtsubo, Y. Suda, H. Aso, S. Egusa, T. Mishima, H. Takahashi, J. Villena*, H. Kitazawa*
Front. Immunol.   9(2178) 1-16   2018年9月   [査読有り]
IF = 5.511
国際共著論文
ガラクトオリゴ糖およびオリゴ糖製品7種のヒト由来各種ビフィズス菌によるin vitro利用性試験
木村一雅*、渡邊陽子、山田哲也、秋山拓哉、外谷英嗣、旗野 博、北澤春樹、齋藤忠夫
ミルクサイエンス   67(2) 88-101   2018年8月   [査読有り]
Phenotypic and functional analysis of bovine peripheral blood dendritic cells before parturition by a novel purification method
Zhuang, T., M. Urakawa, H. Sato, Y. Sato, T. Taguchi, T. Umino, S. Katto, K. Tanaka, K. Yoshimura, N. Takada, H. Kobayashi, M. Ito, M. T. Rose, Y. Kiku, Y. Nagasawa, H. Kitazawa, K. Watanabe, T. Nochi, T. Hayashi, H. Aso*
Anim. Sci. J.   89(7) 1011-1019   2018年7月   [査読有り]
ブタ腸管マイクロバイオーム研究から考えるブタの抗菌性成長促進剤(AGP)代替法の開発
大坪和香子*、北澤春樹
東北畜産学会報   68(1) 1-7   2018年6月   [査読有り]
Castillo, VG., H. Zelaya, A. Ilabaca, M. Espinoza-Monje, R. Komatsu, L. Albarracín, H. Kitazawa, A. Garcia-Cancino*, , J. Villena*
Benef. Microbes   9(5) 829-841   2018年5月   [査読有り]
IF = 2.939
国際共著論文
Development of immune and microbial environments is independently regulated in the mammary gland
Niimi, K. K. Usami, Y. Fujita, M. Abe, M. Furukawa, Y. Suyama, Y. Sakai, M. Kamioka, N. Shibata, E.J. Park, S. Sato, H. Kiyono, H. Yoneyama, H. Kitazawa, K. Watanabe, T. Nochi*, H. Aso
Mucosal Immunol.   11(3) 643-653   2018年5月   [査読有り]
IF=7.478
Immunobiotics for the bovine host: their interaction with intestinal epithelial cells and their effect on antiviral immunity
Villena, J.*, H. Aso, V. PMG Rutten, H. Takahashi, W. Van Eden, H. Kitazawa*
Front. Immunol.   9(326) 1-10   2018年3月   [査読有り]
IF = 5,511
国際共著論文
Kanmani, P, L. Albarracin, H. Kobayashi, H. Iida, R. Komatsu, AKM H. Kober, W. Ikeda-Ohtsubo, Y. Suda, H. Aso, S. Makino, H. Kano, T. Saito, J. Villena*, H. Kitazawa*
Mol. Immunol.   93 253-265   2018年1月   [査読有り]
IF = 3.236
国際共著論文
Albarracin, L.#, R. Komatsu#, V. Garcia-Castillo, H. Aso, N. Iwabuchi, J.-z. Xiao, F. Abe, H. Takahashi, J. Villena*, H. Kitazawa* (# Equal contribution)
Benef. Microbes   10(2) 199-209   2019年2月   [査読有り]
IF = 2.939
国際共著論文
Draft genome sequence of immunobiotic Lactobacillus rhamnosus IBL027 a potential adjuvant for mucosal vaccine development
María Guadalupe Vizoso-Pinto, M. G., L. Saavedra, E. Hebert, F. R. Tonetti, L. Albarracin, S. Alvarez, H. Kitazawa*, J. Villena*
Genome Announc.   5(50) e01268-17   2017年12月   [査読有り]
国際共著論文
RG Journal impact = 1.18
Editorial: Immunobiotics - Interactions of Beneficial Microbes with the Immune System
Villena, J.*, H. Kitazawa*
Front. Immunol.   8(1580) 1-2   2017年11月   [査読有り]
IF = 6.429
国際共著論文
Kanmani, P.†, P. Clua†, M. G. Vizoso-Pinto, C. Rodriguez, S. Alvarez, V. Melnikov, H. Takahashi, H. Kitazawa*, J. Villena* (†: Equal contribution)
Front. Microbiol.   8(1613) 1-14   2017年8月   [査読有り]
IF =4.076
国際共著論文
Clua, P., P. Kanmani, H. Zelaya, A. Tada, AKM H. Kober, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa*, J. Villena*
Front. Immunol.   8(948) 1-15   2017年8月   [査読有り]
IF = 6.429
国際共著論文
Borjigin, L., T. Shimazu, Y. Katayama, K. Watanabe, H. Kitazawa, S-g. Roh, H. Aso, K. Kazuo, M. Satoh, Y. Suda, A. Sakuma, M. Nakajo, K. Suzuki*
Anim. Sci. J.   88(4) 575-585   2017年4月   [査読有り]
IF=1.045
Probiotic Microorganisms: A Closer Look
Villena, J*., H. Kitazawa*
Microorganisms   5(2) 1-3   2017年4月   [査読有り]
Editorial
国際共著論文
Draft genome sequence of the immunobiotic strain Lactobacillus jensenii TL2937
Villena, J.*,Y. Masumizu, H. Ida, W. Ikeda-Ohtsubo, L. Albarracin, S. Makino, S. Ohkawara, K. Kimura, L. Saavedra, E. Hebert, H. Kitazawa*
Genome Announc.   5(9) e00005-17   2017年2月   [査読有り]
国際共著論文
RG Journal impact = 1.18
Albarracin, L.†, H. Kobayashi†, H. Iida, N. Sato, T. Nochi, H. Aso, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa*, J. Villena* (†: Equal contribution)
Front. Immunol.   8(57) 1-15   2017年2月   [査読有り]
IF = 5.511
国際共著論文
Draft genome sequence of Lactobacillus plantarum MPL16 a wakame-utilizing immunobiotic strain from swine feces
Villena, J.*, L. Saavedra, E. Hebert, Y. Suda, Y. Masumizu, L. Albarracin, P. Clua, W. Ikeda-Ohtsubo, H. Kitazawa*
Genome Announc.   5(10) e00006-17   2017年   [査読有り]
国際共著論文
RG Journal impact = 1.18
Development of an in vitro immunobiotic evaluation system against rotavirus infection in bovine intestinal epitheliocytes
Kobayashi, H.#, P. Kanmani#, T. Ishizuka, A. Miyazaki, J. Soma, L. Albarracin, Y. Suda, T. Nochi, H. Aso, N. Iwabuchi, J-z. Xiao, T. Saito, J. Villena*, H. Kitazawa* (# Equal contribution)
Beneficial Microbes   8(2) 309-321   2017年   [査読有り]
IF=3.301
国際共著論文
Respiratory antiviral immunity and immunobiotics: beneficial effects on inflammation-coagulation interaction during influenza virus infection
Zelaya, H., S. Alvarez, H. Kitazawa*, J. Villena*
Front. Immunol.   7(633) 1-16   2016年12月   [査読有り]
IF = 5.695
国際共著論文
Intestinal innate antiviral immunity and immunobiotics: beneficial effects against rotavirus infection
Villena, J.*, M. G. Vizoso-Pinto, H. Kitazawa*
Front. Immunol.   7(563) 1-10   2016年12月   [査読有り]
IF = 5.695
国際共著論文
Draft Genome Sequence of Lactobacillus plantarum TL2766, a strain with the ability to ferment wakame
Villena, J.*, L. Saavedra, E. Hebert, Y. Masumizu, N. Sato, AKM H. Kober, L. Albarracin, W. Ikeda-Ohtsubo, S. Makino, K. Kimura, S. Ohkawara, H. Kitazawa*
Genome Announc.   4(6) e01328-16   2016年11月   [査読有り]
国際共著論文
RG Journal impact = 1.18
Kobayashi, H#., L. Albarracin#, N. Sato, P. Kanmani, AKM H. Kober, W. Ikeda-Ohtsubo, Y. Suda, T. Nochi, H. Aso, S. Makino, H. Kano, S. Ohkawara, T. Saito, J. Villena*, H. Kitazawa* (# Equal contribution)
Beneficial Microbes   7(5) 769-782   2016年11月   [査読有り]
IF=3.301
国際共著論文
Kinoshita, H.*, S. Ohuchi, K. Arakawa, M. Watanabe, H. Kitazawa, T. Saito.
Bioscience of Microbiota, Food and Health   35(4) 185-196   2016年10月   [査読有り]
Tada, A., H. Zelaya, P. Clua, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa*, J. Villena*
Inflamm. Res.   65(10) 771-783   2016年8月   [査読有り]
国際共著論文
「トビタテ!留学Japan」一期生の多田明日翔が共同研究先のアルゼンチン国立乳酸菌研究所(CERELA-CONICET)に3ヶ月間留学し、本論文の基礎研究を行った。
IF = 2.347
Borjigin, L., T. Shimazu, Y. Katayama, K. Watanabe, H. Kitazawa, S-g. Roh, H. Aso, K. Kazuo, T. Uchida, Y. Suda, A. Sakuma, M. Nakajo, K. Suzuki*
Anim. Sci. J.   87(8) 972-981   2016年8月   [査読有り]
IF=1.045
Tsukida, K.#, T. Takahashi#, H. Iida, P. Kanmani, Y. Suda, T. Nochi, S. Ohwada, H. Aso, S. Ohkawara, S. Makino, H. Kano, T. Saito, J. Villena*, H. Kitazawa* (# Equal contribution)
BMC Immunol   17(21) 1-12   2016年6月   [査読有り]
IF = 2.161
国際共著論文
Hondo, T., S. Someya, Y. Nagasawa, S. Terada, H. Watanabe, X. Chen, K. Watanabe, S. Ohwada, H. Kitazawa, M. T. Rose, T. Nochi, H. Aso*
Cell Tissue Res.   364 585-597   2016年6月   [査読有り]
IF=3.565
Borjigin, L., T. Shimazu, Y. Katayama, M. Li, T. Satoh, K. Watanabe, H. Kitazawa, S-g. Roh, H. Aso, K. Kazuo, T. Uchida, Y. Suda, A. Sakuma, M. Nakajo, K. Suzuki*
Anim. Sci. J.   87(5) 638-645   2016年5月   [査読有り]
IF=1.045
Vega, S.R.Q., J. Villena, J.O.V. Chávez, M.J.S. Jara, C.A.P. Sepulveda, A.R. Garrido, H. Kitazawa, A.G. Cancino
Can. J. Microbiol.   62 514-524   2016年5月   [査読有り]
IF=1.221
国際共著論文
Ishizuka, T., P. Kanmani, H. Kobayashi, A. Miyazaki, J. Soma, Y. Suda, H. Aso, T. Nochi, N. Iwabuchi, J.-z. Xiao, T. Saito, J. Villena*, H. Kitazawa*.
PLOS ONE   11(3) e0152416   2016年3月   [査読有り]
IF=3.534
国際共同研究
Draft Genome Sequence of Lactobacillus plantarum CRL1506, an immunomodulatory strain isolated from goat milk
Saavedra, L., E. M. Hebert, L. Albarracin, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa*, J. Villena*
Genome Announc.   4(2) e00108-16   2016年3月   [査読有り]
国際共著論文
IF = 1.18
Borjigin, L., T. Shimazu, Y. Katayama, M. Li, T. Satoh, K. Watanabe, H. Kitazawa, S-g. Roh, H. Aso, K. Kazuo, T. Uchida, Y. Suda, A. Sakuma, M. Nakajo, K. Suzuki*
Anim. Sci. J.   87(3) 321-329   2016年3月   [査読有り]
IF=1.037
Watanabe H.#, Nakano T.#, Saito R.#, D. Akasaka, K. Saito, H. Ogasawara, T. Minashima, K. Miyazawa, T. Kanaya, I. Takakura, N. Inoue, I. Ikeda, X. Chen, M. Miyake, H. Kitazawa, H. Shirakawa, K. Sato, K. Tahara, Y. Nagasawa, M.T. Rose, S. Ohwada, K. Watanabe, H. Aso* (#: Equal contribution)
PLOS ONE   11(1) e0147143   2016年1月   [査読有り]
IF=3.234
Shigemori, S., T. Watanabe, K. Kudo, M. Ihara, S. Nigar, Y. Yamamoto, Y. Suda, T. Sato, H. Kitazawa*, T. Shimosato*
Microb. Cell Fact.   14(189) 1-12   2015年11月   [査読有り]
IF=4.22
Takanashi, S., T. Nochi*, M. Abe, N. Itaya, M. Urakawa, K. Sato, T. Zhuang, S. Umemura, T. Hayashi, Y. Kiku, H. Kitazawa, M. T. Rose, K. Watanabe, H. Aso*
Vet. Res.   46(80) 1-10   2015年7月   [査読有り]
IF=3.38
Zelaya, H., A. Tada, M.G. Vizoso-Pinto, S. Salva, P. Kanmani, G. Agüero, S. Alvarez, H. Kitazawa*, J. Villena*
Inflamm. Res.   64(8) 589-602   2015年6月   [査読有り]
IF=2.143
国際共同研究
In vitro mass-screening of lactic acid bacteria as potential biosorbents of cesium and strontium ions
Kinoshita, H.*, Y. Sato, F. Ohtake, M. Ishida, T. Komoda, H. Kitazawa, T. Saito, K. Kimura
J. Microbiol. Biotech. Food Sci.   4(5) 383-386   2015年4月   [査読有り]
Kitazawa, H.*, S. Alvarez, A. Suvorov, V. Melnikov, J. Villena*, B. Sánchez
Biomed Res. Int.   2015(Article ID 275631) 1-2   2015年4月   [査読有り][招待有り]
IF=2.706(国際共著論文)
Special Issue (Recent Advances and Future Perspective in Microbiota and Probiotics)の編集長を努め、論文審査の統括から編集に携わった。
国際共同研究
Suzuki, M., A. Tada, P. Kanmani, H. Watanabe, H. Aso, Y. Suda, T. Nochi, K. Miyazawa, K. Yoda, F. He, M. Hosoda, T. Saito, J. Villena*, H. Kitazawa*
PLOS ONE   10(3) e0119644   2015年3月   [査読有り]
IF=3.534
国際共同研究
Nagasawa, Y., Y. Takahashi, W, Itani, H. Watanabe, Y. Hidaka, S. Morita, K. Suzuki, K. Watanabe, S. Ohwada, H. Kitazawa, M. Imamura, T. Yokoyama, M. Horiuchi, S. Sakaguchi, S. Mohri, M. Rose, T. Nochi, H. Aso*
Open J. Vet. Med.   5 43-60   2015年3月   [査読有り]
Murofushi, Y., J. Villena, K. Morie, P. Kanmani, M. Tohno, T. Shimazu, H. Aso, Y. Suda, K. Hashiguchi, T. Saito, H. Kitazawa*
Mol. Immunol.   64 63-75   2015年3月   [査読有り]
IF=3.003
国際共著論文
Wang, Y., Y. Yamamoto, S. Shigemori, T. Watanabe, K. Oshiro, X. Wang, P. Wang, T. Sato, S. Yonekura, S. Tanaka, H. Kitazawa*,T. Shimosato*
Mol. Ther.   23(2) 297-309   2015年2月   [査読有り]
IF=6.425
Guo, X., H. Uenishi, Y. Kawai*, N. Yasuta, G. Kasuga, S. Takezawa, Y. Seto, J. Nishimura, H. Kitazawa, T. Saito
Milk Science   63(3) 129-135   2014年12月   [査読有り]
Diversity of microflora in colonic mucus from severe ulcerative colitis patients analyzed by terminal restriction fragment length polymorphism and clone libraries of bacterial 16S rRNA gene sequences
Huang, I-N., Y. Sato, M. Sakamoto, M. Ohkuma, S. Ohnuma, T. Naitoh, C. Shibata, A. Horii, J. Nishimura, H. Kitazawa, T. Saito*
Adv. Microbiol.   4(13) 857-870   2014年10月   [査読有り]
Wachi, S, P. Kanmani, Y. Tomosada, H. Kobayashi, T. Yuri, S. Egusa, T. Shimazu, Y. Suda, H. Aso, M. Sugawara, T. Saito, T. Mishima, J. Villena, H. Kitazawa*
Mol. Nutr. Food Res.   58(10) 2080-2093   2014年10月   [査読有り]
IF=4.909
国際共著論文
Suda, Y., J. Villena, Y. Takahashi, S. Hosoya, Y. Tomosada, K. Tsukida, T. Shimazu, H. Aso, M. Tohno, M. Ishida, S. Makino, S. Ikegami, H. Kitazawa*
BMC Immunol.   15(24) 1-18   2014年6月   [査読有り]
IF=2.61
国際共著論文
Kitazawa, H., J. Villena*
Front. Immunol.   5(201) 1-15   2014年5月
IF = 5.511
国際共著論文
Villena, J*, E. Chiba, M.G. Vizoso-Pinto, Y. Tomosada1, T. Takahashi, T. Ishizuka, H. Aso, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa*
BMC Microbiol.   14(126) 1-14   2014年5月   [査読有り]
IF=3.10
国際共著論文
Tanaka, T., Y. Imai, N. Kumagae, T. Sasaki, N. Ochiai, K. Uruno, H. Kitazawa, T. Saito, S. Sato
Open J. Vet. Med.   4(4) 58-66   2014年4月   [査読有り]
Shimazu, T., L. Borjigin, Y. Katayama, M. Li, T. Satoh, K. Watanabe, H. Kitazawa, S-g. Roh, H. Aso, K. Kazuo, Y. Suda, A. Sakuma, M. Nakajo, K. Suzuki*
Anim. Sci. J.   85(4) 365-373   2014年4月   [査読有り]
IF=1.037
Kumagae, N., J. Villena, Y. Tomosada, H. Kobayashi, P. Kanmani, H. Aso, T. Sasaki, M. Yoshida, H. Tanabe, I. Shibata, T. Saito, H. Kitazawa*
Open J. Vet. Med.   4(3) 15-28   2014年3月   [査読有り]
国際共著論文
Watanabe H., R. Saito, T. Nakano, H. Takahashi, Y. Takahashi, K. Sumiyoshi, X. Chen, H. Okada, S. Iwasaki, D.W. Harjanti, N. Sekiguchi, H. Sano, H. Kitazawa, M.T. Rose, S. Ohwada, K. Watanabe, H. Aso*
PLOS ONE   9(2) e88058   2014年2月   [査読有り]
IF=3.730
Murata, K., Y. Tomosada, J. Villena, E. Chiba, T. Shimazu, H. Aso, N. Iwabuchi, J.-z. Xiao, T. Saito, H. Kitazawa*
Bioscience of Microbiota, Food and Health   33(1) 1-10   2014年1月   [査読有り]
国際共著論文
Zelaya, H., K. Tsukida, E. Chiba, G. Marranzino, S. Alvarez, H. Kitazawa, G. Agüero, J. Villena*
Int. Immunopharmacol.   19(1) 161-173   2014年1月   [査読有り]
IF=2.472
国際共著論文
Hosoya, S.#, J. Villena#, E. Chiba, T. Shimazu, Y. Suda, H. Aso, T. Saito, H. Kitazawa*. (#; Equal contribution).
J. Microbiol. Immunol. Infect.   46(6) 474-481   2013年12月   [査読有り]
IF=1.631
国際共著論文
Chiba, E., Y. Tomosada, M.G. Vizoso-Pinto, S. Salva, T. Takahashi, K. Tsukida, H. Kitazawa, S. Alvarez, J. Villena*
Int. Immunopharmacol.   17(2) 373-382   2013年11月   [査読有り]
IF=2.417
国際共著論文
Shimazu, T., L. Borjigin, Y. Katayama, M. Li, T. Satoh, K. Watanabe, H. Kitazawa, S-g. Roh, H. Aso, K. Kazuo, Y. Suda, A. Sakuma, M. Nakajo, K. Suzuki*
Anim. Sci. J.   84 683-692   2013年10月   [査読有り]
IF=1.037
Vizoso-­Pinto MG*, J. Villena, V. Rodriguez, H. Kitazawa, S, Salva, S. Alvarez
J. Immunol. Tech. Infect. Dis.   2(4)    2013年10月   [査読有り]
国際共著論文
Kinoshita H, Y. Sohma, F. Ohtake, M. Ishida, Y. Kawai, H. Kitazawa, T. Saito, K. Kimura
Res. Microbiol.   164(7) 701-709   2013年9月   [査読有り]
IF=2.889
Tomosada, Y., E. Chiba, H. Zelaya, T. Takahashi, K. Tsukida, H. Kitazawa, S. Alvarez, J. Villena*
BMC Immunol.   14(40) 1-16   2013年8月   [査読有り]
IF= 2.61
国際共著論文
Iwasaki S., M. Miyake, S. Hayashi, H. Watanabe, Y. Nagasawa, S. Terada, K. Watanabe, S. Ohwada, H. Kitazawa, M. Rose, H. Aso*
Cell Tissues Organs   198(1) 66-74   2013年7月   [査読有り]
IF=2.433
Murata, K., J. Villena, Y. Tomosada, R. Hara, E. Chiba, T. Shimazu, H. Aso, Y. Suda, N. Iwabuchi, J.-z. Xiao, T. Saito, H. Kitazawa*
Open J. Vet. Med.   3(2) 143-155   2013年6月   [査読有り]
国際共著論文
Takanashi, N., Y. Tomosada, J. Villena, K. Murata, T. Takahashi, E. Chiba, M. Tohno, T. Shimazu, H. Aso, Y. Suda, S. Ikegami, H. Itoh , Y. Kawai, T. Saito, S. Alvarez, H. Kitazawa*
BMC Microbiol.   13(54) 1-16   2013年3月   [査読有り]
IF=3.04
Tomosada, Y., J. Villena, K. Murata, E. Chiba, T. Shimazu, H. Aso, N. Iwabuchi, J.-z. Xiao, T. Saito, H. Kitazawa*.
PLOS ONE   8(3) e59259   2013年3月   [査読有り]
IF=4.092
国際共著論文
Kinoshita, H.*, S. Imoto, Y. SUDA, M. Ishida, M. Watanabe, Y. Kawai, H. Kitazawa, K. Miura, A. Horii, T. Saito
Anim. Sci. J.   84(2) 150-158   2013年2月   [査読有り]
IF=1.037
Nakamura, K., K. Arakawa, Y. Kawai*, N. Yasuta, T. Chujo, M. Watanabe, H. Iioka, M. Tanioka, J. Nishimura, H. Kitazawa, K. Tsurumi, and T. Saito
Anim. Sci. J.   84(2) 144-149   2013年2月   [査読有り]
IF=0.857
Ito, Y., S. Shigemori, T. Sato, T. Shimazu, K. Hatano, H. Otani, H. Kitazawa*, T. Shimosato*
FEBS Open Bio   3 41-45   2013年1月   [査読有り]
Huang, I-N., T. Okawara, M. Watanabe, Y. Kawai, H. Kitazawa, S. Ohnuma, C. Shibata, A. Horii, K. Kimura, N. Taketomo, J. Xiao, K. Iwatsuki, T. Saito, Tadao*
J. Appl. Microbiol.   114(3) 854-860   2013年1月   [査読有り]
IF=2.337
Iwasaki, S., M. Miyake, H. Watanabe, E. Kitagawa, K. Watanabe, S. Ohwada, H. Kitazawa, M.T. Rose, H. Aso*
Mol. Neurobiol.   47(1) 1-8   2013年1月   [査読有り]
Chiba, E.#, J. Villena#, S. Hosoya, N. Takanashi, T. Shimazu, H. Aso, M. Tohno, Y. Suda, Y. Kawai, T. Saito, K. Miyazawa, F. He, H. Kitazawa* (#; Equal contribution)
Res. Vet. Sci.   93 688-694   2012年10月   [査読有り]
IF=1.649
国際共著論文
Villena, J., E. Chiba, Y. Tomosada, S. Salva, G. Marranzino, H. Kitazawa, S. Alvarez*
BMC Immunol.   13(53) 1-15   2012年10月   [査読有り]
IF = 2.53
国際共著論文
Watanabe, M., H. Kinoshita, I-N. Huang, K. Eguchi, T. Tsurumi, Y. Kawai, H. Kitazawa, K. Kimura, N. Taketomo, D. Kikuchi, T. Sase, K. Miura, H. Ogawa, C. Shibata, A. Horii, T. Saito*
Biosci. Biotech. Biochem.   76(9) 1655-1660   2012年9月   [査読有り]
IF=1.292
Villena, J., R. Suzuki, H. Fujie, E. Chiba, T. Takahashi, Y. Tomosada, T. Shimazu, H. Aso, S. Ohwada, Y. Suda, S. Ikegami, H. Itoh, S. Alvarez, T. Saito, H. Kitazawa*
Clin. Vac. Immunol.   19(7) 1038-1053   2012年7月   [査読有り]
IF=2.546
国際共著論文
Fujie, H., S. Ishiyama, M. Tagawa, N. Kaijun, H. Kitazawa, Y. Tomioka, M. Numasaki*
Inflammation   35(3) 1119-1131   2012年6月   [査読有り]
IF=1.777
Honda, H., S. Nagaoka, Y. Kawai, R. Kemperman, J. Kok, Y. Yamazaki, Y. Tateno, H. Kitazawa, T. Saito.*
J. Gen. Appl. Microbiol.   58 11-17   2012年3月   [査読有り]
IF=1.000
Shimazu, T.#, J. Villena#, M. Tohno, H. Fujie , S. Hosoya, T. Shimosato, H. Aso, Y. Suda, Y. Kawai, T. Saito, S. Makino, S. Ikegami, H. Itoh, H. Kitazawa*. (#; Equal contribution).
Infection and Immunity   80(1) 276-288   2012年1月   [査読有り]
IF=4.165
Tohno, M.*, T. Shimosato, H. Aso, H. Kitazawa*
Vet. Immunol. Immunopathol.   144 410-416   2011年12月   [査読有り]
IF=2.176
Hosoya, S.#, J. Villena#, T. Shimazu, M. Tohno, H. Fujie, E. Chiba, T. Shimosato, H. Aso, Y. Suda, Y. Kawai, T, Saito, S. Alvarez, S. Ikegami, H. Itoh, H. Kitazawa*. (#; Equal contribution).
Veterinary Research   42(111) 1-13   2011年11月   [査読有り]
IF= 4.060(国際共著論文)
ranks 1/145 in JCR subject category (Veterinary Sciences).
直近一ヶ月間のMost popular article1位
Fujie, H., J. Villena, M. Tohno, K. Morie, T. Shimazu, H. Aso, Y. Suda, T. Shimosato, N. Iwabuchi, J.Z. Xiao, T. Yaeshima, K. Iwatsuki, T. Saito, M. Numasaki, H. Kitazawa*
FEMS Immunol. Med. Microbiol.   63 129-139   2011年10月   [査読有り]
IF=2.441
Ueda, W.#, M. Tohno#, T. Shimazu, H. Fujie, H. Aso, Y. Kawai, M. Numasaki, T. Saito, H. Kitazawa* (#; Equal contribution)
Vet. Immunol. Immunopathol.   143(1-2) 148-154   2011年9月   [査読有り]
IF=2.176
橋口健司*、長田裕子、吉田睦子、室伏 陽、北澤春樹
日本乳酸菌学会誌   22(2) 100-105   2011年7月   [査読有り]
Hondo, T., T. Kanaya, I. Takakura, H. Watanabe, Y. Takahashi, Y. Nagasawa, S. Terada, S. Ohwada, K. Watanabe, H. Kitazawa, M. Rose, T. Yamaguchi, H. Aso*
Am. J. Physiol-Gastrointestinal and Liver Physiology   300(3) G442-G453   2011年3月   [査読有り]
IF=3.431
Miyazawa, K., T. Kanaya, I. Takakura, S. Tanaka, T. Hondo, H. Watanabe, M. T. Rose, H. Kitazawa, T. Yamaguchi, S. Katamine, N. Nishida, H. Aso*
J. Virol.   84(23) 12285-12291   2010年12月   [査読有り]
IF=5.402
Nagata, Y.*, M. Yoshida, H. Kitazawa, E. Araki, T. Gomyo.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   74(9) 1869-1877   2010年9月   [査読有り]
日本農芸化学会英文誌
Watanabe, M., H. Kinoshita, M. Nitta, R. Yukishita, Y. Kawai, K. Kimura, N. Taketomo, Y. Yamazaki, Y. Tateno, K. Miura, A. Horii, H. Kitazawa, T. Saito*
J. Appl. Microbiol.   109 927-935   2010年9月   [査読有り]
IF=2.028
Development of Immunobiotic Evaluation System for Functional Foods and Feeds
Kitazawa, H*., M. Tohno, T. Shimosato, Y. Suda and H. Aso
Proceedings of the 14th AAAP Animal Science Congress, Pingtung, Taiwan, ROC, Aug. 23-27.   Vol.1 Plenary Sessions 524-529   2010年8月   [招待有り]
第14回AAAP国際会議におけるPlenary Sessionの招待講演に関する総説
Arakawa, K., Y. Kawai*, Y. Ito, K. Nakamura, T. Chujo, J. Nishimura-Uemura, H. Kitazawa, T. Saito
Lett. Appl. Microbiol.   50(4) 406-411   2010年4月   [査読有り]
Miyazawa K.*, T. Hondo, T. Kanaya, S. Tanaka, I. Takakura, W. Itani, M.T. Rose, H. Kitazawa, T. Yamaguchi, H. Aso*
Histochem. Cell Biol.   133 125-134   2010年4月   [査読有り]
IF=2.32
Shimosato, T.*, M. Fujimoto, M. Tohno, T. Sato, M. Tateo, H. Otani, H. Kitazawa*
Biochem. Biophys. Res. Commun.   394 81-86   2010年3月   [査読有り]
IF=2.648

Misc

 
抗菌剤使用軽減へ向けた家畜対応型イムノバイオティクス評価法の開発
島津朋之、北澤春樹、遠野雅徳
動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会 NEWA letter   19 7-12   2019年7月
はじめにープロバイオティクスからパライムノバイオティクスまでー
北澤春樹、遠野雅徳
動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会 NEWS letter   19 4-6   2019年7月   [査読有り][依頼有り]
北澤春樹*、須田義人、麻生 久
日本家畜臨床感染症研究会誌   5(3) 79-83   2010年12月
第5回日本家畜臨床感染症研究会総会・学術集会における招待講演の内容にに関する総説。
自然免疫認識性から見た微生物の多様性とイムノバイオティック戦略(ミニ特集「微生物の多様性」)
月田耕一郎、小林永和、北澤春樹*
日本乳酸菌学会誌   26(1) 44-44   2015年3月
ウシ対応型イムノバイオティック評価系の健全畜産における発展的利用性
小林永和、北澤春樹*
日本食品免疫学会会報(学会創立10周年記念号)   10 11-11   2015年3月
ブタの抗病性育種の取り組みと成果(90周年記念講演ミニレビュー)(公社)日本畜産学会創立90周年記念号
鈴木啓一、島津朋之、陸拾七、片山雄貴、加藤和雄、麻生 久、北澤春樹、岡村俊宏、柴田千尋、佐久間晶子、中条 満、門脇 宏、柴田智也、鈴木栄作、高萩陽一、助川 慎、村上 博、上西博英、奥村直彦、松本敏美
日本畜産学会報   85(3) 417-420   2014年8月
乳酸菌あれこれ #59 「プロバイオティクスの定義から ーパラプロバイオティクス?−
北澤春樹*
日本乳酸菌学会誌   23(3) 176-176   2012年11月
2012年度日本食品免疫学会を受賞して
北澤春樹*
日本食品免疫学会会報   8 12-12   2011年12月
安全・安心な畜産食品の持続的生産への貢献ー家畜対応型の抗ウイルス性イムノバイオティック評価系構築ー
千葉絵里子、北澤春樹*
日本食品免疫学会会報   7 3-4   2011年12月
豚腸内感染症を制御するイムノバイオティクスおよびイムノジェニクスの探索
北澤春樹*
動物疾病と腸内細菌シリーズ 第6回      2011年6月
最新研究紹介と解説について依頼されたもの
イムノジェニクスとしての免疫刺激性DNA 研究の最前線
下里剛士*,北澤春樹
北信越畜産学会報   100 1-9   2010年9月
First visit to Finland
Kitazawa, H.*
JSPS Nordic & Baltic Newsletter   (4) 7-7   2009年9月
日本学術振興会フィンランド同窓会設立サマーセミナーに招待され、講演をした時の報告文が、英語版ニュースレーに掲載された。
はじめてのフィンランド
北澤春樹*
日本学術振興会ストックホルム研究連絡センターだより   (23) 10   2009年7月
日本学術振興会フィンランド同窓会設立サマーセミナーに招待され、講演をした時の報告文
遠野雅徳*、北澤春樹*
栄養生理研究会報   53(1) 19-33   2009年3月
家畜栄養生理研究会春季集談会(平成21年3月28日,日大、神奈川)における招待講演の内容を含む
豚腸管におけるToll様受容体の機能発現と食品免疫学への応用
北澤春樹*,遠野雅徳,下里剛士,齋藤忠夫
獣医畜産新報   59(7) 559-561   2006年7月
Swine intestinal immunity via Toll-like Receptors and its advanced application to food immunology
Kitazawa, H.*, T. Shimosato, M. Tohno, T. Saito
Journal of Integrated Field Science   3 9-14   2006年3月
Toll様受容体(TLR)9のリガンド構造に新知見
北澤春樹*
化学と生物   43(12) 775-778   2005年12月
プロバイオティクスの生物活性因子
北澤春樹*,齋藤忠夫
化学療法の領域   21(11) 25-32   2005年10月
プロバイオティック乳酸菌Lactobacillus rhamnosus GG株由来ゲノムDNAからの新規免疫刺激性オリゴデオキシヌクレオチドの発見
北澤春樹*,齋藤忠夫
食品工業   48(20) 20-29   2005年9月
乳酸菌のイムノジェニックス研究の最近の動向
齋藤忠夫,北澤春樹
乳業技術   55 34-44   2005年9月
Kitazawa, H.*, T. Shimosato, M. Tohno, T. Saito
Jpn. J. Lactic acid bacteria   16(1) 11-20   2005年6月
下里剛士,北澤春樹*,齋藤忠夫
ミルクサイエンス(旧,酪農科学・食品の研究)   54(1) 9-15   2005年3月
乳酸菌からの免疫活性DNAモチーフの発見とブタToll様受容体トランスフェクタントによる活性評価系の構築
北澤春樹*,齋藤忠夫
食品工業   46(14) 25-31   2003年7月
北澤春樹*,齋藤忠夫
日本農芸化学会誌   76(9) 833-836   2002年9月

書籍等出版物

 
Screening and characterization of immunobiotic lactic acid bacteria with porcine immunoassay systems. Lactic Acid Bacteria: Methods and Protocols (Ed. M. Kanauchi)
Castillo, VG., L. Albarracín, H. Kitazawa*, J. Villena* (担当:共著)
Meth. Mol. Biol   2018年10月   ISBN:978-1-4939-8907-2
消化管からみた健康・栄養(日本栄養・食糧学会監修)分担
北澤春樹 (担当:分担執筆, 範囲:第7章 腸管免疫と健康・栄養 pp127-144)
建帛社   2018年5月   
H. Kitazawa*, J. Villena*, S. Alvarez* (担当:編者)
CRC Press   2013年9月   
編集長として英文著書を作成した。
Villena, J.*, H. Kitazawa* (Editors)
Foront. Immunol., Front. Microbiol.   2018年1月   
Front. Immunol. とFront. Microbiol.の特別号としてImmunobiotics: Interactions of Beneficial Microbes With the Immune Systemを編集(自身の投稿も含め)し、投稿論文の審査をするとともに、アクセプトされた論文の内容をまとめ、全論文を含めた電子著書を発刊することができた。
食と微生物の事典
北澤春樹(北本勝ひこ 他編) (担当:共著, 範囲:第2章 2-2 乳酸菌がつくる多糖類の免疫調節作用 pp118-119)
朝倉書店   2017年7月   
依頼執筆
動物用ワクチンとバイオ医薬品ー新たな潮流ー(動物用ワクチンーバイオ医薬品研究会監修)
北澤春樹(小沼 操 他編) (担当:共著, 範囲:第1章 総論 4, pp52-57)
文永堂出版   2017年7月   
依頼執筆
ヨーグルトの事典(齋藤忠夫 他編)
北澤春樹* (担当:共著, 範囲:5.2 プロ・プレ・シンバイオティクス,イムノバイオティクス,パラプロバイオティクス,バイオジェニクス,イムノジェニクス)
朝倉書店 pp273-278   2016年4月   
乳製品ヨーグルト(発酵乳)の歴史・文化・栄養・微生物などの側面からまとめた事典。
Villena, J., H. Zelaya, S. Rojas-Caro, S. Alvarez, A. Garcia*, H. Kitazawa* (担当:共著)
SM Online Publishers LLC, pp1-25   2015年5月   
分子細胞免疫学 (原著第7版)松島綱治, 山田幸宏 監訳(分担訳)
北澤春樹、島津朋之 (担当:監修, 範囲:第9章(Tリンパ球の活性化)pp241-266)
エルゼビア・ジャパン   2014年11月   
免疫学テキストとして、世界中の数多くの名門校で採用され、版を重ねている免疫学教科書の決定版の訳本。国内においても高く評価され、広く教科書として利用されている。

講演・口頭発表等

 
Mucus-binding factor regulate the adhesion ability of Lactobacillus rhamnosusto intestinal mucosa
友常加惠、水野滉也、周 冰卉、犬童優樹、Julio Villena、Leonardo Albarracin、Md Aminul Islam、西山啓太、大坪和香子、北澤 春樹
日本畜産学会第126回大会   2019年9月18日   日本畜産学会
Anti-viral immunobiotics from porcine small intestine
犬童優樹、Binghui Zhou、MD. Aminul Islam、宮崎綾子、大坪和香子、須田義人、麻生 久、 Julio Villena、北澤春樹
日本畜産学会第126回大会   2019年9月18日   日本畜産学会
イムノバイオティクスからイムノシンバイオティクス-その開発と将来性- [招待有り]
北澤春樹
動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会シンポジウム「プロバイオティクスによる動物の疾病制御技術の基礎と応用」   2019年9月12日   動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会
酪農家畜の初乳における糖ヌクレオチドおよび糖-1-リン酸の分析
峰口祐里、後藤京介、首藤悠那、柏木啓利、北澤春樹、朝隈貞樹、福田健二、浦島 匡
酪農科学会シンポジウム2019   2019年8月23日   日本酪農科学会
オキナワモズクフコイダンのプレバイオティクス効果の研究
大坪和香子、有川優希、鈴木 錠、田村彩佳、北澤春樹
酪農科学会シンポジウム2019   2019年8月23日   日本酪農科学会
新規イムノバイオティクス開発のための酪農乳酸菌の検出と同定
土田咲絵、大坪和香子、須田義人、北澤春樹
酪農科学会シンポジウム2019   2019年8月23日   日本酪農科学会
Selection of wakame assimilative Lactobacilli and in vitro evaluation of their immunomodulatory potentials
Binghui Zhou, Yuki Masumizu, Yuhka Nakano, Yuhki Indo, Ryoya Komatsu, Md Aminul Islam, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Leonardo Albarracin, Yoshihito Suda, Keiichi Suzuki, Hisashi Aso, Julio Villena, Haruki Kitazawa
酪農科学会シンポジウム2019   2019年8月23日   日本酪農科学会
イムノバイオティックLactobacillus rhamnosusのMBFノックアウト株の樹立
友常加惠、水野滉也、周 冰卉、Leonardo Albarracin、Md Aminul Islam、西山啓太、大坪和香子、Julio Villena、佐々木泰子、北澤春樹
酪農科学会シンポジウム2019   2019年8月23日   日本酪農科学会
炎症性腸疾患in vitroモデル系によるイムノバイオティック評価
湯澤真央、佐藤 菜、小松稜弥、高木理宏、大坪和香子、麻生 久、北澤春樹
酪農科学会シンポジウム2019   2019年8月23日   日本酪農科学会
植物性乳酸菌TUA4408L菌株による発酵大豆搾り粕を給与した豚の健康性および産肉性への効果
加川響馬、岡本美樹、江草信太郎、島 知世、菅原 誠、寺嶋祐司、須田義人、北澤春樹
日本畜産学会第125回大会   2019年3月29日   
Microarray analysis of bovine mammary epithelial cells stimulated with mastitis pathogens
Michihiro Takagi, Ryoya Komatsu, Julio Villena, Leonardo Albarracin, Md Aminul Islam, Yoshihito Suda, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Tomonori Nochi , Hisashi Aso, Haruki Kitazawa
日本畜産学会第125回大会   2019年3月29日   
Construction of porcine immunobiotics library
Yuhka Nakano, Yuki Masumizu, Ryusuke Ohgi, Leonardo Albarracin, Wakako Ohtsubo, Md Aminul Islam, Yoshihito Suda, Julio Villena, Tomonori Nochi, Haruki Kitazawa
日本畜産学会第125回大会   2019年3月29日   
Exopolysaacharides of PS in Streptococcus. thermophilus has potentials to against virus infection
Hiroya Mizuno, Yasuko Sasaki, Kae Tomotsune, Yuhki Indo, Julio Villena, Leonardo Albarracin, Md Aminul Islam, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Katsunori Kimura , Hisashi Aso, Julio Villena, Haruki Kitazawa
日本畜産学会第125回大会   2019年3月29日   
Selection of wakame utilizing lactobacilli adhering to porcine intestinal mucin and epitheliocytes
Binghui Zhou, Yuki Masumizu, Yuhka Nakano, Yuhki Indo, Ryoya Komatsu, Md Aminul Islam, Wakako Ohtsubo, Yoshihito Suda, Keiichi Suzuki, Hisashi Aso, Haruki Kitazawa
日本畜産学会第125回大会   2019年3月29日   
Advanced in vitro evaluation system for selecting anti-diarrheal immunobiotics
Ryoya Komatsu, Hikaru Iida, Leonardo Albarracín, Md Aminul Islam, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Hisashi Aso, Noriyuki Iwabuchi, Jin-zhong Xiao, Tadao Saito, Julio Villena, Haruki Kitazawa
日本畜産学会第125回大会   2019年3月28日   
ワカメ加工残渣の添加給与が離乳子豚の発育及び抗病性に及ぼす効果
岡 希、高森広典、鈴木啓一、北澤春樹、上本吉伸、須田義人、島津朋之、麻生 久
第110回日本養豚学会大会   2019年3月12日   
プロバイオティクスからイムノバイオティクス:小腸局所からの発信 [招待有り]
北澤春樹
神戸大学農工連携次世代バイオプロダクション(iBioK)主催フォーラム   2019年1月31日   
乳酸菌の免疫調節機能性 ~イムノジェニクスのパワー~ [招待有り]
北澤春樹
指導者のための健康・栄養セミナー(日本栄養士会・宮城県栄養士会)   2018年11月18日   
ウシ乳腺上皮細胞によるイムノバイオティック評価系構築に関する基礎的研究
高木 理宏、小松 稜弥、須田 義人、北澤 春樹
日本食品免疫学会第14回学術大会   2018年11月15日   
家畜対応型イムノバイオティクスの選抜・評価と将来性 [招待有り]
北澤春樹
飼料品質改善協議会2018年度例会   2018年11月8日   
Adhesion ability of bifidobacteria to human intestine
Binghui Zhou, Noriyuki Iwabuchi, Ohtsubo (Ikeda) Wakako, Jin-zhong Xiao, Tadao Saito, Haruki Kitazawa
酪農科学シンポジウム2018   2018年9月14日   
海藻多糖のプレバイオティクス機能の探索
有川優希、大坪和香子、木村一雅、伊波匡彦、嘉手納 築、齋藤忠夫、北澤春樹
酪農科学シンポジウム2018   2018年9月14日   
イムノバイオティクスによる家畜健全育成から畜産物の安全性向上をめざす! [招待有り]
北澤春樹
酪農科学シンポジウム2018   2018年9月14日   
家畜健全育成におけるイムノバイオティクスの選抜評価と発展的利用性
北澤春樹
第161回日本獣医学会学術集会 微生物学分科会シンポジウム1   2018年9月11日   
Immunomodulatory properties of microcapsules containing Lactobacillus rhamnosus UCO-25A in planktonic o biofilm forms: impact on intestinal and systemic immunity
A. Ilabaca, P. Clua, S. Salva, V. Garcia-Castillo, L. Albarracín, H. Kitazawa, S. Alvarez, A. Garcia-Cancino, J. Villena
XII Congress of the Latin American Association of Immunology (ALAI) and XXIII Congress of the Mexican Society of Immunology (SMI)   2018年5月14日   
Lactobacillus fermentum UCO-979C beneficially modulates the innate immune response triggered by Helicobacter pylori infection
V. Garcia-Castillo, H. Zelaya, A. Ilabaca, M. Espinoza-Monje, R. Komatsu, L. Albarracín, H. Kitazawa, A. Garcia-Cancino, J. Villena
XII Congress of the Latin American Association of Immunology (ALAI) and XXIII Congress of the Mexican Society of Immunology (SMI)   2018年5月14日   
Comparative study of the immunomodulatory activities of lactobacilli strains in porcine intestinal epithelial cells: effect on the innate antiviral immune response
Albarracín, L., V. Garcia-Castillo, H. Iida, N. Sato, P. Kanmani, A. Ilabaca, H. Aso, A. Garcia-Cancino, H. Kitazawa, J. Villena
XII Congress of the Latin American Association of Immunology (ALAI) and XXIII Congress of the Mexican Society of Immunology (SMI)   2018年5月14日   
Immunobiotic bifidobacteria: Interactions of beneficial microbes with the immune system
International Symposium on Bifidobacteria for Human Health -New Innovations of Bifidobacteria Research-   2018年1月28日   
森永乳業総業100周年記念の国際シンポジウム。500名の参加者。
植物由来L. delbrueckii TUA4408Lによる豆乳絞り粕(オカラ)発酵物を給与した豚の健康性および産肉性の検討
岡本美樹、須田義人、北澤春樹
日本食品免疫学会 第13回学術大会   2017年11月9日   
1.5分間の口頭発表も含まれる。
Lactobacillus delbrueckii OLL1073R-1由来菌体外多糖のブタ腸管上皮細胞における抗ウイルス自然免疫修飾
小松稜弥、須田義人、牧野聖也、狩野 宏、齋藤忠夫、北澤春樹
日本食品免疫学会 第13回学術大会   2017年11月9日   
1.5分間の口頭発表も含まれる。
"Immunosynbiotics" approach by using wakame and immunobiotics as livestock healthy growth strategy
Yuhka Nakano, Yuki Masumizu, AKM. H. Kober, Valeria Garcia, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Yoshihito Suda, Keiichi Suzuki, Tadao Saito, Julio Villena, Haruki Kitazawa
日本畜産学会第123回大会   2017年9月4日   
英語発表賞エントリー
Development of advanced evaluation system of anti-disease immunobiotics
Ryoya Komatsu, Hikaru Iida, AKM. H. Kober, Leonardo Albarracin, Yoshihito Suda, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Hisashi Aso, Noriyuki Iwabuchi, Jin-zhong Xiao, Tadao Saito, Julio Villena, Haruki Kitazawa
日本畜産学会第123回大会   2017年9月4日   
英語発表賞エントリー
Effect of common ligands for TLRs on adipogenesis and inflammation in porcine adipocytes
Manami Igata, AKM. H. Kober, Aska Tada, Leonardo Albarracin, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Hisashi Aso, Kazutoyo Yoda, Kenji Miyazawa, Fang He, Tadao Saito, Julio Villena, Haruki Kitazawa
日本畜産学会第123回大会   2017年9月4日   
優秀発表賞エントリー
発酵乳に利用されるビフィズス菌のハチミツオリゴ糖資化性の検討
澤田侑希、大坪和香子、北澤春樹、齋藤忠夫
2017年度 酪農科学シンポジウム   2017年8月18日   
Lactobacillus bulgaricusのラクトース取込みの対向輸送解析と低ガラクトースヨーグルトの開発
山田滉介、大坪和香子、北澤春樹、齋藤忠夫
2017年度 酪農科学シンポジウム   2017年8月18日   
PIP細胞におけるTLRを介する脂質/免疫関連因子のトランスクリプトーム解析
井形愛美、AKM H. Kober、多田明日翔、Leonardo Albarracin、大坪和香子、麻生 久、宮澤賢司、依田一豊、何 方、齋藤忠夫、J. Villena、北澤春樹
2017年度 酪農科学シンポジウム   2017年8月18日   
Effect of immunobiotic Bifidobacteria on the innate antiviral immune response in bovine intestinal epithelial cells: immunotranscriptomic analysis
Kober, AKM H., P. Clua, A. Tada, G. Vizoso-Pinto, P. Kanmani, C. Rodriguez, H. Iida, F. Raya-Tonetti, S. Salva, S. Alvarez, V. Melnikov, H. Kitazawa, J. Villena
FEMS2017   2017年7月9日   
The respiratory commensal bacteria Corynebacterium pseudodiphtheriticum 090104 improves respiratory antiviral innate immunity
Kober, AKM H., P. Clua, A. Tada, G. Vizoso-Pinto, P. Kanmani, C. Rodriguez, H. Iida, F. Raya-Tonetti, S. Salva, S. Alvarez, V. Melnikov, H. Kitazawa, J. Villena
FEMS2017   2017年7月9日   
Tracscriptomic analysis on the response of porcine adipocytes to common microbial ligands
Igata, M., A. Tada, AKM H. Kober, L. Albarracín, W. Ikeda-Ohtsubo, H. Aso, K. Yoda, K. Miyazawa, F. He, T. Sait, J. Villena, H. Kitazawa
FEMS2017   2017年7月9日   
炎症性腸疾患を悪化させる硫酸基還元細菌に対するビフィズス菌の付着阻害作用の研究
日下練介、大坪和香子、北澤春樹、齋藤忠夫
日本畜産学会第122回大会   2017年3月28日   
マウス腸管上皮 M 細胞におけるアルドラーゼ A 受容体の探索
鈴木 京、長澤裕哉、田中孝太朗、庄 涛、田口輝明、北澤春樹、渡邊康一、野地智法、麻生 久
日本畜産学会第122回大会   2017年3月28日   
豚飼料へのワカメ茎粉末添加給与が子豚の免疫能、腸内微生物叢に及ぼす効果
陸拾七、佐藤正寛、北澤春樹、須田義人、高橋伸和、斎藤隼人、鈴木啓一
日本畜産学会第122回大会   2017年3月28日   
ブタ腸管におけるペプチドグリカン認識タンパク質の発現とその調節機構
飯田ひかる、遠野雅徳、須田義人、大坪和香子、齋藤忠夫、フリオ ヴィレーナ、北澤春樹
日本畜産学会第122回大会   2017年3月28日   
優秀発表賞エントリー
ブタ腸管由来ワカメ資化性乳酸菌のイムノバイオティック利用性
舛水由季、飯田ひかる、須田義人、大坪和香子、麻生 久、齋藤忠夫、鈴木啓一、北澤春樹
日本畜産学会第122回大会   2017年3月28日   
炎症性腸疾患予防・改善のための発展的イムノバイオティック評価系構築
佐藤 菜、飯田ひかる、舛水由季、須田義人、齋藤忠夫 、北澤春樹
日本食品免疫学会 第12回学術大会   2016年11月9日   
1.5分間の口頭発表も含まれる。
畜産食品の安全性向上に寄与するブタ由来ワカメ資化性乳酸菌のイムノバイオティック利用性
舛水由季、飯田ひかる、須田義人、齋藤忠夫、北澤春樹
日本食品免疫学会 第12回学術大会   2016年11月9日   
1.5分間の口頭発表も含まれる。
L. delbrueckii TUA4408Lによる豆乳発酵物を給与した豚の健康性および産肉性の検討
須田義人、北澤春樹
日本食品免疫学会 第12回学術大会   2016年11月9日   
1.5分間の口頭発表も含まれる。
Comparative Immunotranscriptomic analysis of two immunobiotic strains with antiviral capabilities in porcine intestinal epithelial cells
Albarracin, L., H. Kobayashi, N. Sato, Y. Masumizu, T. Nochi, H. Aso, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa, J. Villena.
V International Symposium on Lactic Acid Bacteria - Benefitting from lactic acid bacteria, Progress in health and food -   2016年10月19日   
最優秀口頭発表賞受賞
Development of immunobiotic evaluation system on porcine intestinal epitheliocytes stimulated by dextran sodium sulfate
Sato, N., AKM H. Kober, H. Kobayashi, A. Tada, H. Iida, Y. Masumizu, W. Ikeda-Ohtsubo, T. Nochi, H. Aso, T. Saito, J. Villena, H. Kitazawa
V International Symposium on Lactic Acid Bacteria - Benefitting from lactic acid bacteria, Progress in health and food -   2016年10月19日   
日本学術振興会二国間交流事業およびCOLABS派遣ブログラム
アルゼンチン独立200周年記念行事
Isolation and characterization of Lactobacillus plantarum MPL16: A Wakame-utilizing immunobiotic strain from swine feces
Masumizu, Y., AKM H. Kober, B. Tzu-An Chao, H. Iida, W. Ikeda-Ohtsubo, Y. Suda, L. Albarracin, L. Saavedra, E.M. Hebert, T. Nochi, H. Aso, T. Saito, K. Suzuki, J. Villena, H. Kitazawa
V International Symposium on Lactic Acid Bacteria - Benefitting from lactic acid bacteria, Progress in health and food -   2016年10月19日   
日本学術振興会二国間交流事業およびCOLABS派遣ブログラム
アルゼンチン独立200周年記念行事
Immunoregulatory effects of lactic acid bacterial exopolysaccharides: new insights into molecular intestinal epithelial cells
Haruki Kitazawa
V International Symposium on Lactic Acid Bacteria - Benefitting from lactic acid bacteria, Progress in health and food -   2016年10月19日   
特別教育講演
アルゼンチン独立200周年記念行事
日本学術振興会二国間交流事業
Immunobiotic evolution in livestock healthy growth strategy
Kitazawa, H.
Lorentz Center Workshop   2016年9月19日   
遊離ガラクトースゼロの機能性ヨーグルトの作成
山田滉介、大坪和香子、北澤春樹、齋藤忠夫
2016年度 酪農科学シンポジウム   2016年9月9日   
乳利用拡大のための発展的イムノバイオティック評価系構築
佐藤 菜、AKM H. Kober、小林永和、多田明日翔、飯田ひかる、舛水由季、大坪和香子、麻生 久、齋藤忠夫、J. Villena、北澤春樹
2016年度 酪農科学シンポジウム   2016年9月9日   
ワカメ資化性イムノバイオティクスの応用基礎研究
舛水由季、AKM H. Kober、B. Tzu-An Chao、飯田ひかる、大坪和香子、須田義人、麻生 久、齋藤忠夫、鈴木啓一、J. Villena、北澤春樹
2016年度 酪農科学シンポジウム   2016年9月9日   
褐色脂肪細胞の活性化による経口セロトニンの抗肥満作用
田口輝明、日高湧介、海野 剛、對木陽淳、陳 香凝、北澤春樹、渡邊康一、野地智法、麻生 久
第66回 東北畜産学会大会   2016年9月6日   
Healthy growth strategy for livestock based on immunobiotic regulation via pattern recognition receptors
H. Kitazawa
Special Seminar in University of Toronto   2016年6月17日   
Dr. Elena M. Comelli(Assistant Professor, Department of Nutritional Sciences and Lawson Family Chair in Microbiome Nutrition Research)の受入で、標記トピックスの紹介と共に、東北大学および大学院農学研究科と食と農免疫国際教育研究センターの紹介を行った。
Innate immunity in long-term adipogenesis of PIP cell line: ligand specific activation of Toll-like receptors modulates triacylglyceride, cytokine and chemokine secretion in adipocytes
AKM H. Kober, A. Tada, M. Suzuki, P. Kanmani, H. Aso, K. Miyazawa, K. Yoda, F. He, W-I. Otsubo, T. Saito, J. Villena, H. Kitazawa
CSM2016   2016年6月12日   
Immunoregulatory activity of immunogenics on PIE cells against PolyI:C stimulation
Paulraj Kanmani、小林永和、A.K.M. Humayun Kober、麻生 久、大坪 和香子、江草信太郎、齋藤忠夫、北澤春樹
日本畜産学会第121回大会   2016年3月27日   
Long term differentiation model of PIP cells for evaluating anti-adipogenic activities of immunobiotics
A.K.M. Humayun Kober、多田明日翔、鈴木政彦、Paulraj Kanmani、麻生 久、宮澤賢治、依田一豊、何  方、大坪 和香子、齋藤忠夫、北澤春樹
日本畜産学会第121回大会   2016年3月27日   
ブタ対応型イムノバイオティクスのマイクロアレイ解析による抗炎症免疫特性評価
小林永和、Leonardo Albarracin、麻生 久、大坪和香子、齋藤忠夫、Julio Villena、北澤春樹
日本畜産学会第121回大会   2016年3月27日   
Lactobacillus rhamnosus CRL1505 peptidoglycan modulates the inflammation-coagulation response triggered by Poly(I:C).
Zelaya, H., A. Tada, P. Clua, G. Marranzino, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa, G. Agüero, J. Villena
The First International Joint Meeting between the Latin American Society for Immunodeficiencies (LASID), the Argentinean Society for Immunology (SAI), and the French Society for Immunology (SFI)   2015年11月18日   
Immunobiotic Lactobacillus strains reduce small intestinal injury induced by intraepithelial lymphocytes after toll-like receptor 3 activation
Zelaya, H., A. Tada, P. Clua, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa, J. Villena
The First International Joint Meeting between the Latin American Society for Immunodeficiencies (LASID), the Argentinean Society for Immunology (SAI), and the French Society for Immunology (SFI)   2015年11月18日   
Immunobiotic bacteria peptidoglycan protects infant mice against toll-like receptor 3-mediated lung inflammatory damage and secondary pneumococcal infection
Clua, P., H. Zelaya, A. Tada, G. Marranzino, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa, J. Villena
The First International Joint Meeting between the Latin American Society for Immunodeficiencies (LASID), the Argentinean Society for Immunology (SAI), and the French Society for Immunology (SFI)   2015年11月18日   
ブタ脂肪前駆細胞によるイムノバイオティック評価に関する応用研究
多田明日翔、宮澤賢司、依田一豊、何 方、齋藤忠夫、北澤春樹
日本食品免疫学会 第11回学術大会   2015年10月15日   
1.5分間の口頭発表も含まれる。
ブタ由来細胞におけるペプチドグリカン認識 タンパク質の発現とその調節
飯田ひかる、須田 義人、齋藤 忠夫、北澤 春樹
日本食品免疫学会 第11回学術大会   2015年10月15日   
1.5分間の口頭発表も含まれる。
MPS抗病性育種ランドレース豚および一般ランドレース豚における免疫関連分子の比較
佐久間晶子、吉野淳良、氏家 哲、野地智法、渡邊康一、麻生 久、北澤春樹、加藤和雄、須田義人、中條 満、國井 洋、高橋 健、島津朋之、鈴木啓一
日本養豚学会第103回大会   2015年10月8日   
イムノバイオティクスのウィルス感染モデルにおける腸管免疫調節機構
多田明日翔、Hortensia Zelaya、Patricia Clua、齋藤忠夫、Susana Alvarez、Julio Villena、北澤春樹
2015年度 酪農科学シンポジウム   2015年9月25日   
Bifidobacterium属細菌代謝物の脳内アミロイドβ蓄積抑制効果に関する研究
舛水 由季、佐々木 菜摘、大坪和香子、齋藤忠夫、北澤春樹、須田義人
2015年度 酪農科学シンポジウム   2015年9月25日   
ブタにおけるペプチドグリカン認識タンパク質ファミリーの発現とその調節
飯田ひかる、遠野雅徳、須田義人、麻生 久、大坪和香子、齋藤忠夫、北澤春樹
日本畜産学会第120回大会   2015年9月11日   
ブタ腸管ムチンからの乳酸菌の分離とムーンライティング付着因子の網羅解析
木下英樹、大内聡子、荒川健佑、渡辺真通、北澤春樹、齋藤忠夫
日本畜産学会第120回大会   2015年9月11日   
腸管M細胞が産生するアルドラーゼAのプリオン蛋白取込みへの関与
鈴木 京、長澤裕哉、陳 香凝、庄 涛、田口輝明、渡邊康一、大和田修一、北澤春樹、麻生 久
日本畜産学会第120回大会   2015年9月11日   
高セシウム(Cs)吸着性乳酸菌の選抜と体内除染用ヨーグルトの開発に関する研究
松崎郷子、江上昌弘、木下英樹、南條正巳、北澤春樹、齋藤忠夫
日本畜産学会第120回大会   2015年9月11日   
Bifidobacterium longum SBT2928の産生する菌体外多糖に関する研究
安西沙織、赤石和応、北澤春樹、上西寛司、瀬戸泰幸、齋藤忠夫
日本畜産学会第120回大会   2015年9月11日   
Non-viable immunobiotic Lactobacillus rhamnosus CRL1505 improves respiratory immunity and reduces influenza virus-associated lung injury
Zelaya, H., P. Kanmani, M. G. Vizoso-Pinto, S. Salva, S. Alvarez, H. Kitazawa, J. Villena
FEMS2015   2015年6月7日   
Immunobiotics modulate antiviral immunity against rotavirus via Toll-like receptors pathways in porcine intestinal epithelial cells
Kanmani, P., T. Ishizuka, H. Kobayashi, A. Miyazaki, J. Soma, Y. Suda, H. Aso, T. Saito, N. Iwabuchi, J.-z. Xiao, J. Villena, H. Kitazawa
FEMS2015   2015年6月7日   
強力な自己凝集特性を持つLactobacillus brevis KB290 の菌体外多糖と各種生理活性発現能の関連性の解明
齋藤忠夫、赤石和応、安西沙織、鈴木重徳、佐々木恵理加、菅沼大行、矢嶋信浩、北澤春樹
日本畜産学会第119回大会   2015年3月27日   
潰瘍性大腸炎(UC)の寛解を左右するヒト腸内細菌の単離とスルホムチン保護性菌のヨーグルトへの利用
三崎千恵美、片山紗良、安西沙織、黄 懿儂、北澤春樹、堀井 明、海野倫明、大沼 忍、齋藤忠夫
日本畜産学会第119回大会   2015年3月27日   
Bifidobacterium longum SBT2928の産生する菌体外多糖の新規化学構造
安西沙織、赤石和応、三崎千恵美、西村順子、北澤春樹、上西寛司、瀬戸泰幸、齋藤忠夫
日本畜産学会第119回大会   2015年3月27日   
ブタ腸管由来樹状細胞におけるイムノバイオティクスの取り込み解析
月田耕一郎、飯田ひかる、大和田修一、遠野雅徳、須田義人、麻生 久、牧野聖也、池上秀二、齋藤忠夫、北澤春樹
日本畜産学会第119回大会   2015年3月27日   
新規イムノバイオティック評価指標の網羅的探索
小林永和、石塚好将、麻生 久、齋藤忠夫、北澤春樹
日本畜産学会第119回大会   2015年3月27日   
品種交雑が選抜ランドレース種豚の抗病性関連遺伝子に及ぼす影響
高橋 光、菅原静夏、長澤裕哉、寺田俊介、板谷奈波、佐藤貴俊、藤田勇気、北澤春樹、島津朋之、鈴木啓一、野地智法、渡邊康一、麻生 久
日本畜産学会第119回大会   2015年3月27日   
ワカメの給与が育成豚の免疫能及び腸内細菌叢に与える影響
陸拾七、三ツ井葵、島津朋之、加藤和雄、北澤春樹、阿部敬悦、國井 洋、斉藤隼人、二瓶 健、阿部 誠、鈴木啓一
日本畜産学会第119回大会   2015年3月27日   
二本鎖RNAウィルス感染モデルにおけるイムノバイオティクスの腸管炎症調節作用
多田明日翔、Zelaya Hortensia、Clua Patricia、Alvarez Susana、齋藤忠夫、Villena Julio、北澤春樹
日本畜産学会第119回大会   2015年3月27日   
豚マイコプラズマ性肺炎に対する抗病性育種選抜の 有効性の検証
佐久間晶子、中條 満、斎藤隼人、國井 洋、高橋 健、島津朋之、北澤春樹、麻生 久、加藤和雄、須田義人、鈴木啓一
日本養豚学会第101回大会   2014年10月29日   
ロタウイルスのウシ腸管上皮細胞感染系によるイムノバオティック評価系への応用
小林永和、石塚好将、齋藤忠夫、岩淵紀之、清水(肖)金忠、北澤春樹
日本食品免疫学会 第10回学術大会   2014年10月16日   
1.5分間の口頭発表も含まれる。
Probiotics:Immunobiotics and Immunogenics
Kitazawa H.
CERELA-CONICET Seminar   2014年9月22日   
アルゼンチン国立乳酸菌研究所(CERELA-CONICET)に招待され講演(90分間)を行った。
ブタ脂肪前駆細胞によるイムノバイオティック評価に関する応用研究
多田明日翔、鈴木政彦、Paulraj Kanmani、渡邉一史、麻生 久、宮澤賢司、依田一豊、何 方、細田正孝、齋藤忠夫、北澤春樹
平成26年度 酪農科学シンポジウム   2014年9月12日   
ウシ腸管M細胞における解糖系酵素アルドラーゼAの合成と分泌
長澤裕哉、盛田彰太郎、日高湧介、鈴木 京、渡邉一史、渡邊康一、 大和田修一、野地智法、北澤春樹、今村守一、横山 隆、堀内基広、 坂口末廣 、麻生 久
第157回日本獣医学会学術集会   2014年9月9日   
Corynebacterium glutamicumの乾燥菌体は、離乳仔豚の下痢症予防に有効である
太田康博、藤條武司、海老澤 真、篠崎純子、梶浦貴之、小林永和、北澤春樹
第157回日本獣医学会学術集会   2014年9月9日   
Lactobacillus gasseri OLL2716(LG21)の胃内でのピロリ菌排除機構の解明
鈴木大智、黄 懿儂、大川原 崇、北澤春樹、大沼 忍、柴田 近、堀井 明、木村勝紀、齋藤忠夫
日本乳酸菌学会2014年度大会   2014年7月17日   
優秀発表賞受賞(対象者20名中3名受賞)
Lactobacillus brevis KB290の菌体外多糖構造と自己凝集特性に関する研究
赤石和応、鈴木重徳、菅沼大行、矢嶋信浩、北澤春樹、 齋藤忠夫
日本乳酸菌学会2014年度大会   2014年7月17日   
Anti-inflammatory Ability of Plant derived Immunobiotic Lactobacillus delbrueckii subsp. delbrueckii TUA4408L and Its Immunogenic Extracellular Polysaccharides via Regulating TLR Signaling in Porcine Intestinal Epitheliocytes
P. Kanmani, S. Wachi, Y. Tomosada, T. Yuri, H. Kobayashi, S. Egusa, T. Shimazu, Y. Suda, H. Aso, M. Sugawara, T. Saito, J. Villena, T. Mishima, H. Kitazawa
asm2014   2014年5月17日   
ウシパイエル板 M 細胞における解糖系酵素アルドラーゼ A を介した異常型プリオン蛋白質取り込み機構
長澤裕哉、盛田彰太郎、日高湧介、渡邉一史、渡邊康一、大和田修一、北澤春樹、今村守一、横山 隆、堀内基広、坂口末廣、麻生 久
日本畜産学会第118回大会   2014年3月27日   
ブタ末梢血単球由来樹状細胞によるイムノバイオティック評価
高橋卓也、月田耕一郎、須田義人、遠野雅徳、麻生 久、牧野聖也、池上秀二、川井 泰、齋藤忠夫、北澤春樹
日本畜産学会第118回大会   2014年3月27日   
ブタ脂肪細胞の炎症免疫応答によるイムノバイオティック評価
鈴木政彦、多田明日翔、渡邉一史、麻生 久、宮澤賢司、依田一豊、何 方、齋藤忠夫、北澤春樹
日本畜産学会第118回大会   2014年3月27日   
Lactobacillus brevis KB290 の菌体外多糖構造と自己凝集特性の解明
齋藤忠夫、赤石和応、北澤春樹、鈴木重徳、菅沼大行、矢嶋信浩
日本畜産学会第118回大会   2014年3月27日   
Lactobacillus gasseri OLL2716(LG21)のピロリ菌排除機構の解明
鈴木大智、黄 懿儂、大川原 崇、北澤春樹、大沼 忍、柴田 近、堀井 明、木村勝紀、齋藤忠夫
日本畜産学会第118回大会   2014年3月27日   
二成分性バクテリオシン「ガセリシン T」の作用機構に関する研究
川井 泰、郭 暁艶、鈴木はるか、西村順子、北澤春樹、浅見幸夫、増田哲也、齋藤忠夫
日本畜産学会第118回大会   2014年3月27日   
マイコプラズマ抗病性選抜豚の病変有無による MPS ワクチン刺激に対する免疫応答の違い
島津朋之、陸 拾七、片山雄貴、大津良輔、米野智之、北澤春樹、麻生 久、加藤和雄、須田義人、佐久間晶子、中條 満、鈴木啓一
日本畜産学会第118回大会   2014年3月27日   

Works

 
2014年度日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌研究実績報告書「肥満制御と産肉性向上のダブル社会貢献を可能にするイムノバイオティクスの評価系構築」
その他   2015年4月
2014年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤B研究実績報告書「イムノバイオティクスの抗炎症性腸管細胞イントラネットの分子制御機構とその応用戦略」
その他   2015年4月
2013年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤B研究実績報告書「イムノバイオティクスの抗炎症性腸管細胞イントラネットの分子制御機構とその応用戦略」
その他   2014年4月
平成23〜24年度日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究実績報告書「発酵食品副産物の高度活用戦略:健康と環境を守る「イムノエコフィード」の基盤創成」
その他   2013年5月
平成21年度日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究実績報告書「パターン認識受容体発現細胞ライブラリーによるプロバイオティクス免疫評価基盤の構築」
その他   2010年3月

競争的資金等の研究課題

 
食品免疫学の基礎的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年4月 - 現在
家畜対応型の分子免疫機能性評価
研究期間: 2007年4月 - 現在
免疫機能性エコフィードの開発
研究期間: 2010年4月 - 現在
飼料免疫学の基礎的研究
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 2008年4月 - 現在
ウシにおける腸管免疫機能の発達
研究期間: 2007年4月 - 現在

特許

 
特許第6176741号 : 乳腺疾患の検査方法
麻生 久、北澤春樹、渡邊康一、大和田修一、渡邉一史、長澤裕哉、染谷俊輔、堀越頼子、板谷奈波
特許第5852558 : 腸管免疫の抑制剤のスクリーニング方法
北澤春樹、麻生 久、高梨直也、細矢翔一、池上秀二、牧野聖也、木村勝紀
特許第5403457号 : ATオリゴヌクレオチドを有効成分とする免疫応答増強性薬剤及び食品組成物
北澤春樹,齋藤忠夫,下里剛士,佐々木 隆,伊藤喜之
特許第5054687号(P5054687) : 乳糖不耐症を改善するための乳酸菌
Saito, Tadao; Kitazawa, Haruki; Kawai, Yasuzhi
特許第4562123号(P4562123) : Toll様レセプター強制発現細胞の利用
齋藤忠夫,下里剛士,遠野雅徳,北澤春樹

社会貢献活動

 
高校研究室訪問(福島県立磐城高等学校)
【その他】  2015年4月23日
大学の模擬授業を体験し、大学研究の具体的な内容に直接触れながら、学問領域の興味・関心を深め、自己の将来(ライフワーク)を見据える機会を提供する。
弘前大学農学生命科学部 非常勤講師
【その他】  2014年4月1日 - 2015年3月31日
「食品保健機能学」の授業
高校研究室訪問(福島県立磐城高等学校)
【その他】  2014年4月
大学の模擬授業を体験し、大学研究の具体的な内容に直接触れながら、学問領域の興味・関心を深め、自己の将来(ライフワーク)を見据える機会を提供する。
弘前大学農学生命科学部 非常勤講師
【その他】  2013年4月1日 - 2014年3月31日
「食品保健機能学」の授業
栄養士会主催 「セミナー牛乳を科学する」
【その他】  2013年11月9日
平成25年度の栄養士会主催の「セミナー牛乳を科学する」の中で、11月9日に山形会場で、山形県内の栄養士の先生を中心に市民や学生の方々が集まり、「健康生活を支えるミルクの神秘と進化」と題する基調講演を行った。

その他

 
2013年10月   食べるセロトニンの抗肥満作用機構解明とセロトニン高含有農産物の研究開発
経口摂取したセロトニンの抗肥満作用発現に関わる標的臓器およびセロトニンにより誘導される新規な生体内エネルギー代謝機構を明らかにし、食品としてのセロトニンの健康機能性を解明する。さらに、抗体法を用いて農業現場で測定可能な農産物セロトニン含有量の簡易測定法を開発し、ゲノム情報を利用してセロトニン高含有するトマトを開発する。
2010年6月   腸管上皮細胞におけるイムノバイオティクスの抗炎症性機構解明
潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される炎症性腸疾患(IBD)は、年々激増し続けており難病疾患に指定されている。その主たる原因として、微生物のパターン認識受容体(PRR)を介する腸管上皮細胞の異常応答と腸管免疫機能低下が上げられ、Quality of Life (QOL)を著しく低下させることから大きな社会問題となっている。このQOLの向上のためには,腸管局所で上皮細胞異常と免疫機能低下を予防・改善する機能性食品や製剤の開発が求められている。
 本研究では、これまでの我々の知見(項目5を参照)を基礎として、食生活面からのアプローチにより、炎症性腸疾患予防・改善を可能とする「イムノバイオティック食品」の開発基礎を築くため、腸管上皮細胞において抗炎症性を発揮するイムノバイオティクスの選抜と、PRRを介する抗炎症性機構について解明する。
2008年7月   植物性乳酸菌によるラッキョウ漬け多糖残渣の飼料化
【背景】
 ラッキョウ漬けにおいて、乳酸菌発酵は、「旨み」を向上させることができるため、その製造工程にかかせないものとなっている。乳酸菌の中でも、Lactobacillus plantarum(いわゆる植物性乳酸菌)は、多糖生産能を有し、ラッキョウ漬けに優れた乳酸菌として選抜され、ラッキョウ製品の大手メーカーで使用されている。しかしながら、乳酸菌発酵後、ラッキョウの成形残渣および漬け込み発酵残渣は、未活用のまま廃棄されている。
 我々は、以前より、乳酸菌および乳酸菌が生産する多糖が、ブタなどの産業動物の免疫能を高める可能性を見出している。このことは、ラッキョウ漬けの工程で大量に廃棄され、乳酸菌や多糖を多く含む上記発酵残渣が、ブタなどの免疫力を高め、減投薬につながる飼料として発展的に利用できる可能性を強く示唆する。さらに、発酵残渣には、アミノ酸をはじめ、肉質向上に有効な成分を多く含むことが予想され、その有効利用が期待される。

【目的】
 本研究では、未利用資源としてのラッキョウ残渣および漬け込み発酵多糖残渣について、ブタやウシにおける免疫能を高め、成長を促進するとともに、肉質向上に寄与する飼料化の可能性を検討し、その応用開発を行う。
 本年度は、まず、残渣の飼料化のための粉末化の条件検討を行い、ラッキョウ残渣および発酵多糖残渣のブタやウシにおける嗜好性の調査・検討を行うとともに、残渣の成分分析を行い、飼料開発のための安全性、免疫機能や肉質向上性との関連成分に関する基礎情報を得る。さらに、残渣に含まれる乳酸菌および多糖の免疫機能性について、ブタ由来の免疫担当細胞に対する各種免疫応答性を指標として検討し、実証試験につながる基礎を築く。
2008年4月   ブタ腸管上皮細胞株によるイムノバイオティック飼料の分子免疫評価基盤構築
 我々は,細菌感染防御に重要なパターン認識受容体ファミリーの,ブタ腸管免疫系における発現の詳細と,腸管免疫機能性の乳酸菌(イムノバイオティクス)の活性発現との関連性について解明してきた.最近になって,子ブタ回腸から世界に先駆けて,腸管免疫系の最前線に位置するブタ腸管上皮細胞株(PIE細胞)の樹立に成功した.そこで,PIE細胞とこれまでの知見を融合することにより,パターン認識受容体を介する抗炎症性の的確なブタ腸管分子免疫評価系が構築でき,抗生剤に代わる新たなイムノバイオティクスの選抜から「イムノバイオティック飼料」の創製につながるものとして期待される..

 本研究は,世界に先駆けて樹立に成功した子豚腸管上皮細胞株(PIE細胞)および牛腸管上皮細胞株(BIE細胞)により,新規畜産動物腸管パイエル板モデル培養系を構築し,安全性が確認されている腸管免疫活性型乳酸菌「イムノバイオティクス」の選抜から,畜産動物の腸管免疫能を強化する,感染性下痢症予防に有効かつ的確な 「イムノバイオティック飼料添加物」の開発を目指す.
本研究の成果は,腸管感染症から畜産動物を守る新規な「イムノバイオティック飼料添加物」の実用化とその普及にもつながり,抗菌剤に頼らない畜産食品生産技術の飛躍的発展と,関連産業における波及効果が大いに期待できる.
2008年4月   抗菌剤に頼らない「イムノバイオティック飼料添加物」の開発戦略
食資源として極めて重要な畜産動物は,哺乳および離乳期に腸管感染症に罹患し慢性化し易く,生産性低下予防と成長促進のために抗菌剤の大量使用を余儀なくされ,結果として薬剤耐性菌の発生といった二次的被害に対する消費者の不信感が高まった.さらに,畜産動物への抗菌剤使用規制が本格化したことから,抗生剤に頼らない畜産食品生産技術の開発が急務の課題となっている.
 本研究は,世界に先駆けて樹立に成功した子豚腸管上皮細胞株(PIE細胞)および牛腸管上皮細胞株(BIE細胞)により,新規畜産動物腸管パイエル板モデル培養系を構築し,安全性が確認されている腸管免疫活性型乳酸菌「イムノバイオティクス」の選抜から,畜産動物の腸管免疫能を強化する,感染性下痢症予防に有効かつ的確な 「イムノバイオティック飼料添加物」の開発を目指す.
本研究の成果は,腸管感染症から畜産動物を守る新規な「イムノバイオティック飼料添加物」の実用化とその普及にもつながり,抗菌剤に頼らない畜産食品生産技術の飛躍的発展と,関連産業における波及効果が大いに期待できる.