尾定 誠

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/19 10:59
 
アバター
研究者氏名
尾定 誠
 
オサダ マコト
eメール
makoto.osada.a8tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ada462c7c4b60c2c79801dc7734139d7.html
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻 水圏生物生産科学講座 水圏動物生理学分野
職名
教授
学位
農学博士(東北大学), 農学修士(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1983年4月
 - 
1985年6月
山崎製パン(株)中央研究所 研究員
 
1985年7月
 - 
1997年11月
東北大学農学部 助手
 
1993年12月
 - 
1994年8月
ベッドフォード海洋研究所(カナダ) 客員研究員
 
1997年12月
 - 
2000年3月
東北大学農学部 助教授
 
1999年4月
 - 
2002年3月
東北大学学際科学研究センター 助教授(兼務)
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
東北大学 農学研究科 水産学
 
 
 - 
1980年3月
東北大学 農学部 水産
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本水産増殖学会  評議員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本水産増殖学会  編集委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本水産学会東北支部会  支部幹事
 
2014年10月
 - 
2017年3月
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業評価分科会  委員
 
2015年12月
 - 
2016年11月
科学研究費委員会  専門委員
 

論文

 
Tomohisa Ogawa, Rie Sato, Takako Naganuma, Kayeu Liu, Agness Ethel Lakudzala, Koji Muramoto, Makoto Osada, Kyosuke Yoshimi, Keiko Hiemori, Jun Hirabayashi, Hiroaki Tateno
Int. J. Mol. Sci.   20 4629   2019年9月   [査読有り]
IF 4.183
Kazue Nagasawa, Shin Matsubara, Honoo Satake, Makoto Osada*
Gen. Comp. Endocrinol.   282 113201   2019年6月   [査読有り]
IF 2.445
Kazue Nagasawa*, Tongchai Thitiphuree, Makoto Osada*
Animals   9(5) 277   2019年5月   [査読有り]
IF 1.832
Tongchai Thitiphuree, Kazue Nagasawa, Makoto Osada*
Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology   186 22-33   2019年1月   [査読有り]
IF=4.095
軟体動物二枚貝類の特異的なステロイド生合成経路の存在とその生殖制御との関連性を初めて提示した。
Kazue Nagasawaa, Kouta Muroia, Tongchai Thitiphuree, Yuki Minegishi, Naoki Itoh, Makoto Osada*
Agri Gene   3 46-56   2017年3月   [査読有り]
Geneの最近発刊した姉妹誌につき未定
Fisheries-based evaluation of carrying capacity for scallops in Ogatsu Bay
Makoto Osada*, Kazue Nagasawa, Daisuke Takahashi, Keisuke G. Takahashi
Marine ecosystems after Great East Japan Earthquake in 2011   121-122   2016年3月   [査読有り][招待有り]
Development of GnRH-induced artificial maturation technique for scallop
Kazue Nagasawa, Oouchi Hitoshi, Itoh Naoki, Takahashi G. Keisuke, Makoto Osada*
Marine ecosystems after Great East Japan Earthquake in 2011   123-124   2016年3月   [査読有り]
長澤一衛、高橋大介、伊藤直樹、高橋計介、尾定誠*
日本水産学会誌   82(3) 321-329   2016年   [査読有り]
IF=0.090
Kazue Nagasawa, Tomohiro Osugi, Iwao Suzuki, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, Honoo Satake, Makoto Osada*
Peptides   71 202-210   2015年7月   [査読有り]
IF=2.778
Kazue Nagasawa, Hitoshi Oouchi, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, *Makoto Osada
PLoS ONE   10(6) e0129571   2015年6月   [査読有り]
IF=3.534
Kazue Nagasawa, Nicholas Treen, Reki Kondo, Yurika Otoki, Naoki Itoh, Jeanette M. Rotchell, Makoto Osada*
Gene   564 153-159   2015年5月   [査読有り]
IF=2.138 国際共同研究
Takako Naganuma, Wataru Hoshino, Yukihiro Shikanai, Rie Sato, Kaiyue Liu, Saho Sato, Koji Muramoto1, Makoto Osada, Kyosuke Yoshimi, Tomohisa Ogawa
PLoS ONE   9(11) e112326   2014年11月   [査読有り]
IF=3.534
Sayyed Mohammad Hadi Alavi, Natsuki Matsumura, Kogiku Shiba, Naoki Itoh, Keisuke G Takahashi, Kazuo Inaba and Makoto Osada*
Reproduction   147 331-345   2014年2月   [査読有り]
IF=3.555 国際共同研究
Masao Iizukaa, Toshihiro Nagasakia, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada, Naoki Ito
Dev. Comp. Immunol.   43 30-34   2014年   [査読有り]
IF=3.238
Yuki Okada,Kunihiro Yamaura,Tohru Suzuki,Naoki Itoh,Makoto Osada,Keisuke G. Takahashi
Comparative Biochemistry and Physiology Part B: Biochemistry and Molecular Biology   165 83-89   2013年3月   [査読有り]
IF1.923
Makoto Osada* and Nicholas Treen
Gen. Comp. Endocrinol.   181 254-258   2013年   [査読有り][招待有り]
IF3.108
Elena Cubero-Leon, A. Mirel Puinean, Pierre Labadie, Corina Ciocan, Naoki Itoh, Mitsuyo Kishida, Makoto Osada, Christophe Minier, Elizabeth M. Hill, Jeanette M. Rotchell
Mar. Environ. Res   74 32-39   2012年   [査読有り]
IF 1.953 国際共同研究
Nicholas Treen, Naoki Itoh, Hanae Miura, Ippei Kikuchi, Takenori Ueda, Keisuke G. Takahashi, Takayoshi Ubuka, Kazutoshi Yamamoto, Peter J. Sharp, Kazuyoshi Tsutsui, and Makoto Osada*
Gen. Comp. Endocrinol.   176 167-172   2012年   [査読有り]
IF 3.108 国際共同研究
Yuan Yuana, Toru Tanabe, Fumihito Maekawa, Kazuo Inaba, Yusuke Maeda, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi and Makoto Osada*
Gen. Comp. Endocrinol.   179 350-357   2012年   [査読有り]
IF3.108
Corina M. Ciocan, Elena Cubero-Leon, Alin M. Puinean, Elizabeth M. Hill, Christophe Minier, Makoto Osada, Kate Fenlon and Jeanette M. Rotchell
Environmental Pollution   158(9) 2977-2984   2010年8月   [査読有り]
IF 3.426 国際共同研究
Itoh N., Okada Y., Takahashi K. G., Osada M.
Fish & Shellfish Immunology   29(1) 126-135   2010年7月   [査読有り]
IF=3.161
Elena Cubero-Leon, Corina M. Ciocan, Elizabeth M. Hill, Makoto Osada, Mitsuyo Kishida, Naoki Itoh, Reki Kondo, Christophe Minier, Jeanette M. Rotchell
Aquatic Toxicology   98(2) 178-187   2010年6月   [査読有り]
IF=3.517 国際共同研究
Toru Tanabe, Yuan Yuan, Satoshi Nakamura, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada*
General and Comparative Endocrinology   166 620-627   2010年4月   [査読有り]
IF=3.108
Agglutination of bacteria by a lectin in the hemolymph of the Pacific oyster, Crassostrea gigas
Tanimoto S., Itoh N., Osada M., Takahashi K. G.
Tohoku J. Agr. Res.   60 83-90   2010年3月   [査読有り]
Naoki Itoh, Ryo Kamitaka, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada
Developmental and Comparative Immunology   34(4) 445-454   2010年   [査読有り]
IF=2.833
Endocrine Disruption, Reproductive Cycle and Pollutants in Blue Mussel Mytilus edulis
C. M. Ciocan, M. A. Puinean, E. Cubero-Leon, E. M. Hill, C. Minier, M. Osada, N. Itoh and J. M. Rotchell,
Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry—Biological Responses to Contaminants: From Molecular to Community Level   3 121-126   2010年   [査読有り]
国際共同研究
Recent Research Topics in Reproduction and Innate Immune System of Bivalve Mollusks
Makoto Osada*, Keisuke G. Takahashi and Naoki Itoh
Tohoku J. Agr. Res.   59(3-4) 63-66   2009年3月   [招待有り]
Makoto Osada*, Satoshi Nakamura, Akihiro Kijima
Fisheries Science   73(6) 1318-1324   2007年12月   [査読有り]
IF=0.781
Satoshi Nakamura, Makoto Osada*, Akihiro Kijima
Molecular Reproduction and Development   74 108-115   2007年1月   [査読有り]
IF=2.379
進化において脊椎動物と対極にある前口動物ではじめて、脊椎動物と共通の神経ペプチドの存在証明と機能の進化を議論した。
A. M. Puinean, P. Labadie, E. M. Hill, M. Osada, M. Kishida, R. Nakao, A. Novillo, I. P. Callard and J. M. Rotchell*
Aquatic Toxicology   76 376-383   2006年10月   [査読有り]
IF=3.517 国際共同研究
内分泌撹乱化学物質としてのエストロゲンに暴露されても、二枚貝の生殖関連遺伝子群が応答しないのは、素早い体内でのエステル化による不活性化によることを明らかにした。Society of Environmental Toxicology and Chemistry-EuropeからPhD学生に対する論文賞が授与された。
Toru Tanabe, Makoto Osada*, Keiichiro Kyozuka, Kazuo Inaba and Akihiro Kijima
General and Comparative Endocrinology   147 352-361   2006年6月   [査読有り]
IF=2.654
卵成熟を抑制する新規の分子を二枚貝類で見いだし、その抑制機構と二枚貝における普遍性を明らかにした。
Kazutaka Terahara*, Keisuke G. Takahashi, Akifumi Nakamura, Makoto Osada, Masaki Yoda, Takachika Hiroi, Masatomo Hirasawa and Katsuyoshi Mori
Developmental and Comparative Immunology   30 667-683   2006年5月   [査読有り]
IF=3.399
マガキ血球に存在する非特異的結合を担うインテグリンの構造を明らかにし、その結合特性とアポトーシス誘導を明らかにした。
The freshwater mussel (Eliptio(/)- complanata(/)-) as a sentinel species: vitellogenin and steroid receptor
Seung-Jae Won, Apolonia Novillo, Noemi Custodia, Melanie T. Rei, Kelly Fitzgerald, Makoto Osada, Ian P. Callard*
Integrative and Comparative Biology   45 72-80   2005年5月   [査読有り]
IF=2.439 国際共同研究
北米に広く分布する淡水産イガイが内分泌撹乱化学物質の指標動物として極めて有効な生物であることを生殖に関連する種々の蛋白の発現解析から明らかにした
Makoto Osada*, Hiroshi Tawarayama and Katsuyoshi Mori
Comparative Biochemistry and Physiology, Part B   139(1) 123-128   2004年10月   [査読有り]
IF=1.468
Makoto Osada*, Masahiko Harata, Mitsuyo Kishida and Akihiro Kijima
Molecular Reproduction and Development   67 273-281   2004年4月   [査読有り]
IF=2.379
軟体動物でこれまで論争されていた、卵黄タンパク合成の場とその機構について結論を導きだし、下等脊椎動物、線虫、昆虫とは異なることを明らかにした。
Current situation on research core in marine bio-production
Makoto Osada*, Nobuhiko Taniguchi
Journal of Integrated Field Science   1 35-37   2004年3月   [査読有り][招待有り]
Makoto Osada*, Teruki Takamura, Haruko Sato, Katsuyoshi Mori
Journal of Experimental Zoology   299A 172-179   2003年   [査読有り]
IF=1.549
Endocrine control of vitellogenesis in the Japanese scallop
Makoto Osada*, Akihiro Kijima
Fisheries Science   68(Supplement) 704-707   2002年11月   [査読有り]
Gynogenetic diploids induced by suppression of first cleavage in the Pacific oyster, Crassostrea(/)- gigas(/)-
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi, Akihiro Kijima
Fisheries Genetic and Breeding Science   29 37-48   2000年12月   [査読有り]
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi and Akihiro Kijima
Fisheries Science   66(4) 701-707   2000年8月   [査読有り]
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi and Akihiro Kijima
Suisanzoshoku   48(2) 185-191   2000年6月   [査読有り]
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi and Akihiro Kijima
Suisanzoshoku   48(2) 193-198   2000年6月   [査読有り]
Qi Li, Makoto Osada*, Katsuyoshi Mori
Fisheries Science   66(3) 502-508   2000年6月   [査読有り]
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi and Akihiro Kijima
Fisheries Science   66(2) 403-405   2000年4月   [査読有り]
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi and Akihiro Kijima
Fisheries Science   66(1) 91-96   2000年2月   [査読有り]
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi and Akihiro Kijima
Aquaculture   186 233-242   2000年2月   [査読有り]
Artificially induced gynogenetic diploid in the Pacific abalone, Haliotis discus hannai
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi and Akihiro Kijima
Fisheries Genetic and Breeding Science   28 85-94   1999年12月   [査読有り]
Effects of ultraviolet irradiation on genetical inactivation and morphological structure of sperm of the Pacific abalone Haliotis discus hannai
Qi Li, Makoto Osada, Masaru Kashihara, Ken Hirohashi, Akihiro Kijima
Tohoku Journal of Agricultural Research   50(1-2) 1-10   1999年9月   [査読有り]
Makoto Osada, Ayumi Nakata, Toshie Matsumoto and Katsuyoshi Mori
Journal of Experimental Zoology   281(2) 124-131   1998年4月   [査読有り]
Degradation of vitellin during embryonic and larval development in the Pacific oyster Crassostrea(/)- gigas(/)-
Qi Li, Makoto Osada, Tohru Suzuki, Minoru Sato and Katsuyoshi Mori
Invertebrate Reproduction and Development   31(1) 1-9   1998年3月   [査読有り]
Change in vitellin during oogenesis and effect of estradiol-17β on vitellogenesis in the Pacific oyster Crassosterea(/)- gigas(/)-
Qi Li, Makoto Osada , Tohru Suzuki, and Katsuyoshi Mori
Invertebrate Reproduction and Development   31(1) 87-93   1998年3月   [査読有り]
Toshie Matsumoto, Makoto Osada, Yoshio Osawa, and Katsuyoshi Mori
Comparative Biochemistry and Physiology   118B(4) 811-817   1997年7月   [査読有り]
IF=1.551 国際共同研究
Gluconic acid/gluconolactone : Physiological influences on domoic acil production by bacteria associated with Pseudo-nitzchia(/)- multiseries(/)-.
M.Osada and J. E. Stewart
Aquatic Microbial Ecology   12(3) 203-209   1997年5月   [査読有り]
IF=1.967 国際共同研究
Q. Li, M. Osada, K. Takahashi, T. Matsutani and K. Mori
Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology   58(3) 489-496   1997年1月   [査読有り]
Determination of domoic acid by two different versions of a competitive enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA).
M. Osada, L. J. Marks and J. E. Stewart
Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology   54(6) 797-804   1995年1月   [査読有り]
IF=1.255 国際共同研究
Determination of domoic acid by two versions of a competitive enzyme-linked immunosorbent assay(ELISA)
M. Osada, L. J. Marks and J. E. Stewart
Proceedings of the fourth Canadian Workshop on Harmful Marine Algae, Canadian Technical Report of Fisheries and Aquatic Sciences   2016 27   1994年12月   [査読有り]
M. Osada, T. Nomura and K. Mori
Suisanzoshoku   41(4) 439-443   1993年12月   [査読有り]
Partial purification and characterization of hemolysin from the coelomic fluid of Strongylocentrotus nudus(/)-.
M. Osada, T. Ito, T. Matsutani and K. Mori
Comparative Biochemistry and Physiology   105B(1) 43-49   1993年1月   [査読有り]
M. Osada, T. Unuma and K. Mori
Nippon Suisan Gakkaishi   58(12) 2283-2289   1992年12月   [査読有り]
T. Ito, Y. Ito, M. Osada and K. Mori
Nippon Suisan Gakkaishi   58(11) 2119-2124   1992年11月   [査読有り]
M. Osada, K. Mori and T. Nomura
Nippon Suisan Gakkaishi   58(2) 223-227   1992年2月   [査読有り]
M. Osada and T. Nomura
Prostaglandins   40(3) 229-239   1990年9月   [査読有り]
Estrogen effect on the seasonal levels of catecholamines in the scallop Patinopecten(/)- yessoensis(/)-
M. Osada and T. Nomura
Comparative Biochemistry and Physiology   93C(2) 349-353   1989年6月   [査読有り]
Involvement of prostaglandins in the spawning of the scallop, Patinopecten(/)- yessoensis(/)-
M. Osada, M. Nishikawa and T. Nomura
Comparative Biochemistry and Physiology   94C(2) 595-601   1989年6月   [査読有り]
Génétique biochimique de populations de Crassostrea(/)- gigas(/)- en France (côte atlantique) et au Japon (Miyagi)
D. Moraga, M. Osada, A. Lucas et T. Nomura
Aquatic Living Resources   2 135-143   1989年6月   [査読有り]
IF=1.014 国際共同研究
Seasonal variations of catecholamine levels in the tissues of the Japanese oyster, Crassostrea(/)- gigas(/)-
M. Osada and T. Nomura
Comparative Biochemistry and Physiology   93C(1) 171-173   1989年4月   [査読有り]
Implication of catecholamines during spawning in marine bivalve molluscs
M. Osada, T. Matsutani and T. Nomura
International Journal of Invertebrate Reproduction and Development   12 241-252   1987年4月   [査読有り]
Gonadal prostaglandin F profile during sexual maturation in the oyster, Crassostrea(/)- gigas(/)- Thunberg
K. Ono, M. Osada, T. Matsutani, K. Mori and T. Nomura
Marine Biology Letters   3 223-230   1982年4月   [査読有り]
Effects of estrogen on the activities of glucose-6-phosphate, isocitrate, succinate and malate dehydrogenases in the tissues of the Japanese oyster, Crassostrea(/)- gigas(/)-
K. Mori, M. Natori, M. Sato, M. Osada and T. Nomura
Tohoku Journal of Agricultural Research   32(4) 151-167   1981年3月   [査読有り]

Misc

 
二枚貝の増養殖の復興への取り組み
尾定 誠
日本水産学会誌   84(6) 1070-1073   2018年11月   [査読有り][依頼有り]
東北地方太平洋沖地震が海洋生態系に与えた影響の解明と漁業の復興:東北マリンサイエンス拠点形成事業による取り組みとその成果
震災後の宮城県雄勝湾における養殖ホタテガイの成育状況と新たな二枚貝類の人為催熟技法の開発
長澤一衛、高橋大介、大内仁志、伊藤直樹、高橋計介、尾定誠
日本水産学会東北支部会報   66 10-10   2016年3月
尾定誠、長澤一衛、高橋大介、高橋計介、伊藤直樹
日本水産学会誌   82(2) 151   2016年
東北沿岸の水産増養殖の復興に向けた取り組みとこれから
尾定誠
学術の動向   20(8) 44-47   2015年8月
貝類の生殖を操っているホルモンの仕組み
尾定誠
理大 科学フォーラム   32(5) 6-9   2015年5月
高水温応答と高水温耐性を評価する生理機能の解析
尾定誠
新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「猛暑時のホタテガイへい死率を低減する養殖生産技術の開発」平成24年度報告書   18-19   2013年3月
FISH AND SHELLFISH BIO-DEFENSE
Keisuke G. Takahashi,Naoki Itoh,Makoto Osada
FISH AND SHELLFISH BIO-DEFENSE   5.5.35.3    2013年
貝類増養殖における復旧・復興状況—日本水産学科水産増殖懇話会 懇話会ニュースー
尾定誠
日本水産学会誌   78(4) 814-814   2012年7月
マガキ養殖復興支援プロジェクト
尾定誠
産学官連携ジャーナル   8(1) 34-35   2012年1月
東日本大震災マガキ養殖復興支援プロジェクト
尾定誠
食・農・村の復興支援プロジェクト報告書   1(2) 20-25   2011年11月
水産種苗の大量供給による海面養殖業の緊急復興
尾定誠、吾妻行雄
食・農・村の復興支援プロジェクト報告書   1(1) 22-24   2011年5月
ホタテガイ生殖腺の生殖細胞と生殖輸管の繊毛細胞から単離されたセロトニン受容体の産卵における役割
尾定誠
比較内分泌学   36(138) 208-210   2010年8月
二枚貝の完全な人為的産卵誘発はできるのか?ーOMAFの構造と応用ー
袁媛、田邊徹、前川文人、前田祐介、稲葉一男、高橋計介、伊藤直樹、尾定誠
日本水産学会東北支部会報   59 33   2009年3月
水産廃棄物と河口域ヨシを使った機能性コンポストの生産
尾定誠、伊藤豊彰、中野和典
文科省特別研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費 コンポスト総合研究プロジェクト(PICS)平成20年度成果報告   49-52   2009年3月
水産廃棄物と河口域ヨシを使った機能性コンポスト製造のための基礎研究
尾定誠、中野和典、伊藤豊彰
コンポスト総合科学研究プロジェクト(PICS)平成18年度東北大学総長裁量経費 成果報告書   49-57   2007年3月
学会印象記ー23rd Conference of European Comparative Endocrinologistsに参加してー
尾定誠
日本比較内分泌学会ニュース   (123) 35-37   2006年12月
ホタテガイ中枢神経に存在する卵成熟抑制因子Oocyte Maturation Arresting Factor (OMAF)の同定
田邉徹、尾定誠、稲葉一男、木島明博
日本水産学会東北支部会報   56 49-49   2006年
研究室紹介ー東北大学大学院農学研究科沿岸生物生産システム学講座
尾定 誠
日本比較内分泌学会ニュース   (117) 30-31   2005年5月
第14回国際イタヤガイ研究集会報告
尾定 誠
水産増殖   51(2) 237-238   2003年6月
アカザラガイ卵黄タンパクの動態と調節
尾定 誠、野田 勝利、森 勝義
日本水産学会東北支部会報   44 51-52   1994年
養殖ギンザケにおける血漿中インシュリン様ホルモン活性の動態
Roland met den Ancxt、尾定 誠、野村 正、吉田 文一
日本水産学会東北支部会報   38 30-31   1988年

書籍等出版物

 
Encyclepedia of Reproduction 2nd Edition
OSADA Makoto
Elsevier   2018年8月   ISBN:9780128118993
軟体動物と甲殻類の生殖に関わる神経内分泌及び内分泌について概説
Serotonin - A Chemical Messenger Between All Types of Living Cells-Chapter2
Sayyed Mohammad Hadi Alavi, Kazue Nagasawa, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada (担当:共著, 範囲:Chapter 2 “Pharmacology and Molecular identity of Serotonin Receptor in Bivalve Molluscs)
InTech   2017年7月   ISBN:http://dx.doi.org/10.5772/intechopen.69680
国際共同研究
Serotonin - A Chemical Messenger Between All Types of Living Cells-Chapter3
Sayyed Mohammad Hadi Alavi, Kazue Nagasawa, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada* (担当:共著, 範囲:Chapter3 "Structure-Function of Serotonin in Bivalve Molluscs")
InTech   2017年7月   ISBN:http://dx.doi.org/10.5772/intechopen.69165
国際共同研究
Physiology of Molluscs
Makoto Osada*, Toshie Matsumoto (担当:共著, 範囲:Chapter 6 “Endocrine control of gametogenesis and spawning in bivalves”)
Apple Academic Press   2016年11月   ISBN:9781771884082
コンポスト科学ー環境の時代の研究最前線ー
尾定 誠、中野和典、伊藤豊彰 (担当:共著, 範囲:4.2 (生物素材による水産廃棄物からの重金属除去技術の開発—コンポスト生産を核とした複合生態領域(陸域ー水域)の持続的生産と環境保全をめざしてー )95頁〜101頁)
東北大学出版会   2015年7月   
見てわかる農学シリーズ4「バイオテクノロジー概論」
尾定誠、鈴木徹 (担当:共著, 範囲:5.水産におけるバイオテクノロジー81頁〜95頁)
朝倉書店   2012年3月   
食品図鑑
尾定誠 (担当:共著, 範囲:魚介類)
女子栄養大学出版部   2006年4月   
水産増養殖システムー第3巻 貝類・甲殻類・ウニ類・藻類ー
尾定誠、峰岸香 (担当:共著, 範囲:12.ヨーロッパヒラガキ・オリンピアガキ)
恒星社厚生閣   2005年10月   
軟体動物概説(下巻)
尾定誠,森勝義 (担当:共著, 範囲:第8章 二枚貝の発生 17頁〜28頁)
サイエンティスト社   1999年11月   
五訂食品成分表「新規食品編」カラー食品図鑑
尾定誠 (担当:共著)
女子栄養大学出版部   1997年4月   
新版 生物環境調節ハンドブック
尾定誠・森勝義 (担当:共著, 範囲:6.魚介・海草類生産施設ー貝類ー511頁〜514頁)
養賢堂   1995年4月   
水産動物の生体防御
尾定誠 (担当:共著, 範囲:III.棘皮動物,8.液性防御因子の特性 74頁〜82頁)
恒星社厚生閣   1995年4月   
食品図鑑
尾定誠 (担当:共著)
女子栄養大学出版部   1995年4月   
カキ・ホタテガイ・アワビー生産技術と関連研究領域ー
尾定誠,松谷武成 (担当:共著, 範囲:第3章生理活性物質と物質代謝 121頁〜144頁)
恒星社厚生閣   1995年1月   
新版・食品工業総合辞典
尾定誠 (担当:共著)
光琳   1993年4月   

講演・口頭発表等

 
ホタテガイの性分化過程と性の可塑性の解析:生殖巣におけるdmrt2とfoxl2の発現解析
長澤一衛・Tongchai Thitiphuree・尾定 誠
第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム   2018年11月9日   
ホタテガイの未分化生殖細胞に発現するnanos遺伝子の発現解析
吉田浩隆・長澤一衛・尾定誠
第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム   2018年11月9日   
二枚貝類のGnRHペプチドの特徴づけと生殖周期にともなう発現動態
関澤彩眞・鈴木厳・長澤一衛・尾定誠
第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム   2018年11月9日   
ホタテガイ卵成熟休止因子OMAFに対する抗体作製と二枚貝の放卵放精促進の試み
塩越遼太・関澤彩眞・長澤一衛・尾定誠
第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム   2018年11月9日   
有用二枚貝の胚・幼生発生から着底・変態期における神経分化と発達
馬上大祐・木谷賛・長澤一衛・内木敏人・加藤元一・尾定誠
第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム   2018年11月9日   
Fisheries-based evaluation of carrying capacity for scallops in Ogatsu Bay
Makoto Osada
13th Korea-Japan, Japan-Korea Joint Symposium on Aquaculture   2018年11月1日   
宮城県雄勝湾における低塩分⽔の出現とそれに伴う密度流
⾼橋⼤介・⾦⼦健司・峰岸有紀・筧茂穂・遠藤光・関澤彩眞・⻑澤⼀衛・尾定誠
2018年度日本海洋学会秋季大会   2018年9月25日   
リモートセンシングを用いたホタテガイ養殖場における餌料環境評価
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
日本水産増殖学会第17回大会   2018年9月1日   
有用二枚貝の胚・幼生発生から着底・変態期における神経分化と発達
馬上大祐・木谷賛・長澤一衛・内木敏人・加藤元一・尾定誠
日本水産増殖学会第17回大会   2018年9月1日   
Differentiation and development of monoamines and GnRH neuron during larval development of bivalves
Daisuke Moue, Tatae Kitani, Kazue Nagasawa, Motoichi Kato, Toshihito Naiki, Makoto Osada
The 9th Congress of Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (AOSCE 2018)   2018年7月8日   
Chronology of gonadal sex differentiation and steroidogenic potential in the rice field frog Hoplobatrachus rugulosus
Thrissawan Traijitt, Noppadon Kitana, Kazue Nagasawa, Makoto Osada
The 9th Congress of Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (AOSCE 2018)   2018年7月8日   
MODISデータを用いた宮城県沿岸ホタテガイ養殖場におけるクロロフィルa濃度推定
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
平成30年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2018年6月2日   
海産二枚貝類の性と性成熟におけるGnRHの影響
角田渉・萩野谷恒平・長澤一衛・尾定誠
平成30年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2018年6月2日   
二枚貝幼生の発達にともなう神経分化と発達
馬上大祐・木谷賛・長澤一衛・内木敏人・加藤元一・尾定誠
平成30年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2018年6月2日   
養殖ホタテガイの未分化生殖細胞で発現するマーカー遺伝子群の解析
長澤一衛・吉田浩隆・尾定 誠
平成30年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2018年6月2日   
ホタテガイにおけるPiwiおよびVasaタンパク質の局在
長澤一衛・尾定誠
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月26日   
ホタテガイの未分化生殖細胞に発現するnanos遺伝子の発現解析
吉田浩隆・長澤一衛・尾定誠
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月26日   
二枚貝類GnRHペプチド領域配列の同定とその比較
関澤彩眞・鈴木巌・長澤一衛・尾定誠
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月26日   
MODISデータを用いたホタテガイ養殖場におけるクロロフィルa濃度推定
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
平成29年度青函水産試験場研究交流会議(ホタテガイ部会)   2017年12月14日   
ホタテガイGnRH受容体の機能解析
長澤一衛・松原 伸・佐竹 炎・尾定 誠
第42回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム   2017年11月17日   
ホタテガイ養殖漁場におけるMODISデータを用いたクロロフィルa濃度推定
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
第26回地理情報システム学会研究発表大会   2017年10月28日   
リモートセンシングによるホタテガイ養殖漁場におけるクロロフィルa濃度推定の試み
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
海洋・湖沼リモートセンシング研究会   2017年10月2日   
Endocrinological approach of manipulation of reproduction for seed production of bivalve mollusks- one of the reconstruct activity from the Great East Japan Earthquake and Tsunami
Osada, M., K. Nagasawa, and A. Sekizawa
TEAMS-Chulalongkorn University Thailand Joint Workshop on Ecosystem Disturbances by Natural Disasters such as Earthquakes and Tsunamis   2017年6月15日   
GAMETOGENESIS AND MRNA EXPRESSION OF STEROIDOGENIC ENZYME GENES DURING REPRODUCTIVE CYCLE IN JAPANESE SCALLOP
Thitiphuree T, Nagasawa K, Osada M
18th International Congress of Comparative Endocrinology (ICCE18)   2017年6月4日   
CHARACTERIZATION AND POSSIBLE FUNCTIONS OF GONADOTROPIN-RELEASING HORMONE-LIKE PEPTIDES IN BIVALVE
Nagasawa K, Thitiphuree T, Osada M
18th International Congress of Comparative Endocrinology (ICCE18)   2017年6月4日   
マガキモノアミン生合成酵素遺伝子のcDNAクローニング
馬上大祐・Tongchai Thitiphuree・関澤彩眞・長澤一衛・尾定誠
平成29年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2017年5月26日   
マガキの胚・幼生発生におけるモノアミン動態とGnRH、平成29年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議
木谷賛・内木敏人・加藤元一・長澤一衛・Tongchai Thitiphuree・関澤彩眞・尾定 誠
平成29年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2017年5月26日   
養殖ホタテガイにおける性の可塑性と性分化マーカーの単離
長澤一衛・Tongchai Thitiphuree・尾定 誠
平成29年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2017年5月26日   
宮城県雄勝湾におけるMODISデータを用いたクロロフィルa濃度推定
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
平成29年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2017年5月26日   
水産生物の生理学研究のためのNGS
長澤 一衛・Fernandes M.O. Jorge・尾定 誠
NGS現場の会 第五回研究会   2017年5月22日   
マガキのモノアミン生合成酵素遺伝子のcDNAクローニング
馬上大祐・Tongchai Thitiphuree・関澤彩眞・長澤一衛・尾定誠
平成29年度日本水産学会春季大会   2017年3月26日   
Characterization of steroidogenic genes for reproduction in Japanese Scallop, Patinopecten yessoensis,
Tongchai Thitiphuree, Kazue Nagasawa, Makoto Osada
平成29年度日本水産学会春季大会   2017年3月26日   
リモートセンシングを用いたホタテガ養殖漁場のクロロフィルa濃度推定
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
平成29年度日本水産学会春季大会   2017年3月26日   
ホタテガイ生殖腺における性分化マーカーの単離
長澤一衛・Tongchai Thitiphuree・尾定誠
平成29年度日本水産学会春季大会   2017年3月26日   
リモートセンシングによるホタテガイ養殖漁場におけるクロロフィルa 濃度推定
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
平成28年度青函水産試験場研究交流会議   2016年12月12日   
ホタテガイGnRH受容体とAKH受容体のcDNAクローニング
長澤一衛・室井孝太・峰岸有紀・伊藤直樹・尾定誠
第41回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム   2016年12月9日   
軟体動物二枚貝類におけるGnRHペプチドと生殖における機能
尾定誠・長澤一衛
第41回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム   2016年12月9日   
リモートセンシングによるホタテガイ養殖漁場におけるクロロフィルa濃度推定の試み
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
システム農学会   2016年10月22日   
マガキの胚発生・幼生発生におけるモノアミン動態とGnRH
木谷賛、内木敏人、加藤元一、 長澤一衛、Tongchai Thitiphuree、 関澤彩眞、尾定誠
平成28年度日本水産学会秋季大会   2016年9月8日   
Identification and Expression of Candidate Genes for Steroidogenesis in Japanese Scallop, Patinopecten yessoensis
Tongchai Thitiphuree, Hazuki Okoshi, Kazue Nagasawa and Makoto Osada
The 8th Congress of Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (AOSCE 2016)   2016年6月20日   
GnRH peptide and reproductive function in bivalve mollusks
Makoto Osada
The 8th Congress of Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (AOSCE 2016)   2016年6月20日   
Restoration of scallop farm and transition of the productivity for the farmed scallops in Ogatsu Bay (northeastern Japan) following the Great East Japan Earthquake
The 23rd Pacific Science Congress (PSC2016)   2016年6月13日   
Development of GnRH-induced artificial maturation technique for scallop
Kazue Nagasawa, Oouchi Hitoshi, Itoh Naoki, Takahashi G. Keisuke, Makoto Osada
International Symposium on Restoration after Great East Japan Earthquake   2016年3月2日   
Fisheries-based evaluation of carrying capacity for scallops in Ogatsu Bay
Makoto Osada, Kazue Nagasawa, Daisuke Takahashi, Keisuke G. Takahashi
International Symposium on Restoration after Great East Japan Earthquake   2016年3月2日   
震災後の宮城県雄勝湾における養殖ホタテガイの成育状況と新たな二枚貝類の人為催熟技法の開発
長澤一衛・高橋大介・大内仁志・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
平成27年度日本水産学会東北支部例会   2016年2月5日   
マガキの性と性成熟における餌料環境の影響
松井啓輔・萩野谷恒平・渡辺茂・渡辺允浩・尾定誠
平成27年度日本水産学会秋季大会   2015年9月22日   
ヒオウギガイ外套膜粘液に見いだされた抗ビブリオ因子の性状
独古真澄・岡田勇希・尾定誠・高橋計介
平成27年度日本水産学会秋季大会   2015年9月22日   
二枚貝類GnRH前駆体mRNAの同定とペプチド配列比較
鈴木厳・長澤一衛・尾定誠
平成27年度日本水産学会秋季大会   2015年9月22日   
マガキの雌雄性と成育に対する垂下環境の影響
萩野谷恒平・松井啓輔・渡辺茂・渡辺允浩・尾定誠
平成27年度日本水産学会秋季大会   2015年9月22日   
ホタテガイvasa遺伝子の同定
長澤一衛・尾定誠
平成27年度日本水産学会秋季大会   2015年9月22日   
震災後の宮城県雄勝湾における養殖ホタテガイの成育状況と環境収容力の評価
長澤一衛・高橋大介・大内仁志・鈴木厳・松井啓輔・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
平成27年度日本水産学会秋季大会   2015年9月22日   
Identification of steroidogenic enzyme genes from testis in Yesso scallop, Patinopecten yessoensis
Tongchai Thitiphuree, Hazuki Okoshi, Kazue Nagasawa, Makoto Osada
平成27年度日本水産学会秋季大会   2015年9月22日   
ホタテガイ養殖における環境収容力と二枚貝類の人工種苗生産技術の展望
尾定 誠・長澤一衛・高橋大介・高橋計介・伊藤直樹
平成27年日本水産学会理事会特別シンポジウム   2015年9月21日   
二枚貝類の人工種苗生産のための人工催熟・産卵技術の展望
平成27年度宮城水産復興連絡協議会調査研究交流会   2015年8月31日   
Oocyte maturation and sperm motility regulated with neural factors in bivalve mollusks
Makoto Osada, Kazue Nagasawa
Oocyte Maturation and Fertilization Meeting IV   2015年7月15日   
海産二枚貝類の内分泌調節機構と成熟メカニズムの解明〜新たな二枚貝類の人工種苗生産技術の開発〜
長澤一衛・大内仁志・鈴木厳・松井啓輔・伊藤直樹・高橋計介・高橋大介・尾定誠
平成27年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2015年6月6日   
雄勝湾養殖ホタテガイの成育と環境収容力の評価
長澤一衛・高橋大介・大内仁志・鈴木厳・松井啓輔・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
平成27年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2015年6月6日   
持続的で効率的なホタテガイ養殖における適正密度
尾定誠・長澤一衛・高橋大介
平成27年度東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2015年6月6日   
二枚貝類GnRH前駆体mRNAの同定と発現解析
鈴木巌・長澤一衛・尾定誠
平成27年度日本水産学会春季大会   2015年3月27日   
ホタテガイGnRH様ペプチドの局在と定量解析
長澤一衛・室井孝太・鈴木巌・大越葉月・高橋計介・尾定誠
平成27年度日本水産学会春季大会   2015年3月27日   
ホタテガイの性成熟を促進する神経ホルモンの解析
長澤一衛、尾定誠
平成26年度青函水産試験場研究交流会議   2014年12月11日   
雄勝湾における環境収容力から見た養殖ホタテガイの成育
尾定誠、長澤一衛
平成26年度青函水産試験場研究交流会議   2014年12月11日   
貝類の生殖を操っているホルモンの仕組み
第3回長万部シンポジウム“ホタテガイを科学する”   2014年11月16日   
ホタテガイGnRHペプチドの同定と解析
長澤一衛・鈴木巌・伊藤直樹・高橋計介・大杉知裕・佐竹炎・尾定誠
日本動物学会第85回大会   2014年9月11日   
マガキ血球貪食胞の酸性化に関する新知見
高橋計介・阿部史隆・福田陽一・伊藤直樹・尾定誠
日本比較免疫学会第26回学術集会   2014年7月9日   
Neuroendocrine control of gametogenesis and spawning in bivalve molluscs; potential manipulation of reproductive system
KOFFST2014   2014年7月2日   
二枚貝類GnRH の一次構造とペプチド配列の同定
鈴木厳*・長澤一衛・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠・大杉知裕・佐竹炎
第3回東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2014年5月17日   
ホタテガイGnRH の性転換と精子形成への関与
大内仁志*・長澤一衛・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
第3回東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2014年5月17日   
ホタテガイの生殖腺発達に関わる酵素遺伝子群の解析
大越葉月*・長澤一衛・峰岸有紀・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
第3回東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」全体会議   2014年5月17日   
質量分析法によるホタテガイGnRHの同定
長澤一衛*・大内仁志・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠・大杉知裕・佐竹炎
平成26年度日本水産学会春季大会   2014年3月27日   
サクラマスの雌雄性と体表面粘液中コリオジェニンの関係
石川宣永・佐藤華子・伊藤直樹・高橋計介・桂和彦・藤田敏明・原彰彦・尾定誠*
平成26年度日本水産学会春季大会   2014年3月27日   
ホタテガイの高水温に対する応答の解析
尾定誠*
平成25年度青函水産試験研究交流会議   2013年12月12日   
東北沿岸の水産増養殖の復興に向けた取り組みとこれから
尾定誠*
日本学術会議主催学術フォーラム   2013年11月29日   
簡易測定キットにより調べた海産二枚貝血リンパの酵素活性の特徴
高橋計介*・伊藤直樹・尾定誠
平成25年度日本水産増殖学会第12回大会   2013年10月14日   
ホタテガイGnRHの性転換と精子形成への関与
大内仁志*・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
平成25年度日本水産学会秋季大会   2013年9月19日   
ホタテガイの鰓組織と分泌粘液への栄養状態・高水温の影響
乾元気*・吉田達・小谷健二・東野敏及・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
平成25年度日本水産学会秋季大会   2013年9月19日   
ホタテガイGnRHによる生殖細胞発達に関わる遺伝子の網羅的解析の試み
大越葉月*・峰岸有紀・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
平成25年度日本水産学会秋季大会   2013年9月19日   
アサリレクチンMCL4の構造解析とその組織内分布
松本優雅*・高橋計介・尾定誠・伊藤直樹
平成25年度日本魚病学会秋季大会   2013年9月17日   
Serotonin induces initiation of sperm motility in marine bivalve mollusks
Sayyed Mohammad Hadi Alavi*, Natsuki Matsumura, Kogiku Shiba, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, Kazuo Inaba, Makoto Osada
日本動物学会第84回岡山大会   2013年9月17日   
Expression and functional analyses for estrogen receptors of Japanese scallop, Patinopecten yessoensis
Yurika Otoki*, Emily C. Marquez, Yoko Ohota, Takeshi Kitano, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada
International Congress of Comparative Endocrinology (17th ICCE2013)   2013年7月15日   
ホタテガイにおけるエストロゲン受容体の発現様式と機能
乙木百合香*、Emily Marquez、太田陽子、北野健、伊藤直樹、高橋計介、尾定誠
平成25年度日本水産学会春季大会   2013年3月27日   
A PEPTIDOGLYCAN RECOGNITION PROTEIN INDUCES HEMOCYTE DEGRANULATION IN THE PACIFIC OYSTER, Crassostrea gigas
Masao Iizuka*, Toshihiro Nagasaki, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada, and Naoki Itoh
AQUACULTURE 2013   2013年2月21日   
海産二枚貝エストロゲン受容体の機能解析
乙木百合香*・Emily Marquez・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
2012年度日本動物学会中部支部大会   2012年11月17日   
Diversity in the Mechanisms of Sperm Activation in Fish and Bivalve
S. M. Hadi Alavi*, Natsuki Matsumura, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada
平成24年精子研究会   2012年11月10日   
ホタテガイの鰓機能と分泌粘液に対する栄養状態・高水温の影響
乾元気*・吉田達・小谷健二・東野敏及・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠
平成24年度日本水産学会東北支部会   2012年11月2日   
CALCIUM-DEPENDNET SPERM ACTIVATION IN BIVALVE MOLLUSC IS PROHIBITED BY SCALLOP OOCYTE MATURATION ARRESTING FACTOR AND ENHANCED BY SEROTONIN
S. M. Hadi Alavi*, Natsuki Matsumura, Naoki Itoh, Kogiku Shiba, Kazuo Inaba, Makoto Osada
AQUA2012   2012年9月1日   
ホタテガイエストロゲン受容体遺伝子の発現解析
乙木百合香、Emily Marquez、伊藤直樹、高橋計介、尾定誠
平成24年度日本水産学会秋季大会   2012年9月   
マガキ血球における貪食胞内酸性化
阿部史隆・福田陽一・高橋計介・伊藤直樹・尾定 誠
平成24年度日本水産学会秋季大会   2012年9月   
海産二枚貝サルボウ組織に対する重子線照射の影響
高橋計介・中島菜花子・藤森亮・伊藤直樹・尾定誠
平成24年度日本水産学会秋季大会   2012年9月   
サクラマスの体表面粘液におけるビテロジェニン動態と性成熟
石川宣永・佐藤華子・伊藤直樹・高橋計介・桂和彦・藤田敏明・原彰彦・尾定誠
平成24年度日本水産学会秋季大会   2012年9月   
体表面粘液ビテロジェニンを指標とした マダラの生殖情報の解析
佐藤華子・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠 ・石向修一
平成24年度日本水産学会春季大会   2012年3月27日   
ホタテガイ由来卵成熟休止因子OMAFの 精子運動抑制調節へのCa2+の関与
松村夏希・Hadi Alavi・伊藤直樹・高橋計介・尾定誠・ 加藤元一・寺井しま・稲葉一男・柴小菊
平成24年度日本水産学会春季大会   2012年3月27日   
MOLLUSC GONADOTROPIN-RELEASING HORMONE DIRECTLY REGULATES GONADAL FUNCTIONS: A PRIMITIVE ENDOCRINE SYSTEM CONTROLLING REPRODUCTION
Treen N., Itoh N., Miura H., Kikuchi I., Ueda T., Takahashi K.G., Ubuka T., Yamamoto K., Sharp P.J., Tsutsui K., Osada M.
The 7th Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative endocrinology (AOSCE)   2012年3月3日   
MOLLUSCAN GNRH ASSOCIATED WITH REPRODUCTION
The 7th Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative endocrinology (AOSCE)   2012年3月3日   
PRIMARY STRUCTURAL ANALYSIS OF ESTROGEN RECEPTORS IN MARINE BIVALVES
Otoki Y.,Itoh N., Treen N., Marquez E., Osada M.
The 7th Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative endocrinology (AOSCE)   2012年3月3日   
貝類増養殖における復旧・復興状況
平成23年度第2回日本水産学会水産増養殖懇話会講演会   2012年1月28日   
海産二枚貝のエストロゲンレセプターの一次構造
乙木百合香・伊藤直樹・Nicholas Treen・尾定誠
第36回日本比較内分泌学会大会   2011年11月22日   
Bivalve Mollusc Gonadotropin-Releasing Hormone
Nicholas Treen、Naoki Itoh、Hanae Miura、Ippei Kikuchi、Takenori Ueda、Keisuke G.Takahashi、Takayoshi Ubuka、Kazutoshi Yamamoto、Kazuyoshi Tsutsui、Peter Sharp、Makoto Osada
第36回日本比較内分泌学会大会   2011年11月22日   
マガキPGRP-S1Sによるグラム陰性菌認識
飯塚真生・長崎稔拓・高橋計介・尾定誠・伊藤直樹
日本比較免疫学会第23回学術集会   2011年8月21日   
貝類養殖の被害状況と復興策
東日本水産業復興対策緊急シンポジウム   2011年7月16日   

競争的資金等の研究課題

 
海産二枚貝の生殖生物学
科学研究費補助金
研究期間: 1985年7月 - 現在
定着性二枚貝のエストロゲンシグナリング関連遺伝子による海洋環境の生物モニタリング
国際共同研究(0078)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月
バイオミネラリゼーションの分子メカニズム解明とナノテクノロジーへの新展開
学術研究支援事業
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月
サケ科魚類の性決定機構
その他の試験研究機関
研究期間: 2003年12月 - 2006年3月
海産無脊椎動物胚を用いた中枢神経系形成と機能の進化
共同研究
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月

特許

 
1534880 : 二軸型エクストルーダーを利用した可食性生地の製造方法及び装置

社会貢献活動

 
東北大学 餌1マイクログラムで成長良好 植物プランクトン量に目安
【情報提供】  水産新聞  2002年9月9日
東北大学の尾定助教授のグループは2001年から約1年余り宮城県雄勝湾と女川湾でホタテガイの成長と配偶子形成を漁場環境も含めて調査研究した。餌料環境が成長に大きく影響し,海水1リットルあたり周年の植物プランクトン量がクロロフィルaにして,1マイクログラムが良好な成長を保証する量であることを明らかにした。
1件
【その他】  2010年8月1日 - 2011年7月31日
審査員
サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)
【その他】  2009年6月13日
宮城県立仙台向山高等学校の理数科生徒に対して、農学部における水産学研究と専門の生殖生物学に関して、授業と解剖実習を行った。また、磯採集等の学外実習の生徒によるとりまとめに関するアドバイスも行った。
臨海実習ー見てみよう命の始まりー
【その他】  2007年7月26日 - 2007年7月27日
独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター「子供ゆめ基金」の助成を受けて,毎年夏休みに中学生対象にマガキの受精発生観察を通して生命の誕生の不思議を体感する
遺伝子で見る生物の多様性
【その他】  2006年8月8日 - 2006年8月11日
独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター「子供ゆめ基金」の助成を受けて,毎年夏休みに高校生対象に磯採取による多様な生物の同定と酵素多型による遺伝的解析を行い,形態と遺伝的な多様性を実感してもらう

その他

 
2017年4月   Thrissawan Traijitt 奨学助成金
チュラロンコン大学からの博士課程留学生受け入れに伴うベンチフィーとしての奨学助成金
2012年12月   海洋生態系の調査研究
東日本大震災の津波・地震による海洋生態系における生物学的・化学的変化の調査および被災地域での水産増養殖の復興に向けた技術開発
2011年7月   猛暑時のホタテガイへい死率を低減する養殖生産技術の開発
冷水性のホタテガイの夏の猛暑による高水温による大量斃死を回避するための高水温応答の解析と高水温適応に関わる機能解析
2011年6月   二枚貝の人工催熟技術の基礎的研究
ハマグリの性成熟評価に関する定量的な解析
2010年5月   海産二枚貝の精子運動における新規神経タンパクOMAFによる細胞内カルシウム調節機能
海産二枚貝の精子運動を活性化するセロトニンおよびアンモニアに対するOMAFの抑制機能を、カルシウムの取り込みに着目して、精子内での遊離カルシウムの分布と取り込みについて検討する。