TAKAHASHI Keisuke

J-GLOBAL         Last updated: May 17, 2019 at 08:07
 
Avatar
Name
TAKAHASHI Keisuke
E-mail
waradicatohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/8a6870a03cb0062ae7dabd1423aa8b46.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Biological Resource Sciences
Job title
Associate Professor
Degree
Ph. D (Agricultural science)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1985
 - 
Sep 1991
技師, 群馬県水産試験場
 

Education

 
 
 - 
Mar 1984
水産学科, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Sep 2017
 - 
Today
World Oyster Society  Vice president
 
Mar 2016
 - 
Today
日本水産学会・水産教育推進委員会  委員
 
Nov 2015
 - 
Today
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究センター「イノベーション創出基礎的研究推進事業」  書類審査専門委員
 
Apr 2013
 - 
Today
Environmental Sciences  Editorial Board
 
Apr 2012
 - 
Today
Journal of Aquaculture Research & Development  Editorial Board
 
Jun 2009
 - 
Today
かき研究所  常務理事・所長
 
Nov 2013
 - 
Mar 2015
日本学術振興会 科学研究費補助金  専門委員
 
Apr 2012
 - 
Mar 2014
日本水産学会東北支部会  連絡幹事
 
Nov 2011
 - 
Mar 2012
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究センター「イノベーション創出基礎的研究推進事業」  書類審査専門委員
 
Apr 2010
 - 
Mar 2012
日本水産学会東北支部会  庶務幹事
 
Dec 2010
 - 
Nov 2011
日本学術振興会 科学研究費補助金  専門委員
 
Nov 2010
 - 
Mar 2011
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究センター「イノベーション創出基礎的研究推進事業」  書類審査専門委員
 
Dec 2009
 - 
Nov 2010
日本学術振興会 科学研究費補助金  専門委員
 
Apr 2008
 - 
Mar 2010
経済産業省地域イノベーション事業  推進委員
 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
日本魚病学会 評議員  評議員
 
Apr 2000
 - 
May 2009
かき研究所  研究部長
 
Apr 2007
 - 
Mar 2008
日本学術振興会 科学研究費補助金  審査委員
 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
日本学術振興会 科学研究費補助金  審査委員
 
Apr 2004
 - 
Mar 2006
日本水産学会東北支部会  編集幹事
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
Japan Aquaculture Society  会計幹事(2001-2003)
 

Awards & Honors

 
Oct 2010
Elsevier's CBP-B Top Cited Article Award 2008-201, Elsevier, Life Sciences
Winner: Yamaura, K., Takahashi, K.G.,
 

Published Papers

 
Keisuke G Takahashi*, Nakako Izumi-Nakajima, and Katsuyoshi Mori
Fish and Shellfish Immunology   70 575-582   Nov 2017   [Refereed]
Imtiaj Hasan, Shigeki Sugawara, Yuki Fujii, Yasuhiro Koide, Daiki Terada, Naoya Iimura, Toshiyuki Fujiwara, Keisuke G. Takahashi, Nobuhiko Kojima, Sultana Rajia, Sarkar M. A. Kawsar, Robert A. Kanaly, Hideho Uchiyama, Masahiro Hosono, Yukiko Ogawa, Hideaki Fujita, Jiharu Hamako, Taei Matsui, Yasuhiro Ozeki*
Marine Drugs   13(2) 7377-7389   Dec 2015   [Refereed]
IF: 2.853
Kazue Nagasawa, Tomohiro Osugi, Iwao Suzuki, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, Honoo Satake, Makoto Osada*
Peptides   71 202-215   Jul 2015   [Refereed]
IF: 2.618
Kazue Nagasawa, Hitoshi Oouchi, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada*
PLoS ONE   10(6) e0129571   Jun 2015   [Refereed]
IF: 3.234
Alavi, SMH., Matsumura, N., Shiba, K., Itoh, N., Takahashi, KG., Inaba, K., and Osada, M.
Reproduction, 147   147 331-345   Mar 2014   [Refereed]
Masao Iizuka, Toshihiro Nagasaki, Keisuke G. Takahashi, Makoto Osada, Naoki Itoh
Developmental and Comparative Immunology   43 30-34   Mar 2014   [Refereed]
Okada, Y., Yamaura, K., Suzuki, T., Itoh, N., Osada, M.and Takahashi, KG.*
Comparative Biochemistry and Physiology   165 83-89   2013   [Refereed]
2.069
Nicholas Treen, Naoki Itoh, Hanae Miura, Ippei Kikuchi, Takenori Ueda, Keisuke G. Takahashi, Takayoshi Ubuka, Kazutoshi Yamamoto, Peter J. Sharp, Kazuyoshi Tsutsui, Makoto Osada
General and Comparative Endocrinology   176(2) 167-172   Apr 2012   [Refereed]
Yuan, Y., Tanabe, T., Maekawa, F., Inaba, K., Maeda, Y., Itoh, N., Takahashi, KG. and Osada, M*.
General and Comparative Endocrinology   179 350-357   2012   [Refereed]

Misc

 
Introduction of single seed breeding in world oyster culture
TAKAHASHI Keisuke G.
Aquaculture Business   56(5) 4-8   Apr 2019   [Invited]
Short report for human norovirus culture by iPS cells
TAKAHASHI Keisuke G.
2(1) 4-4   Mar 2019   [Invited]
A study on oyster brand in Japan
TAKAHASHI Keisuke G.
2(1) 1-4   Mar 2019   [Invited]
Microbiota in oysters
Keisuke G. Takahashi*
Oyster Research Institute News   32 14-20   Mar 2017
カキの魅力 -食物としての重要性、生物としての面白さ-
高橋計介*
アクアネット   19(11) 22-26   Nov 2016
震災後の宮城県雄勝湾における養殖ホタテガイの成育状況と新たな二枚貝類の人為催熟技法の開発
長澤一衛, 高橋大介, 大内仁志, 伊藤直樹, 高橋計介*, 尾定誠,
日本水産学会東北支部会報   66 10-10   Oct 2016
尾定誠, 長澤一衛, 高橋大介, 高橋計介*, 伊藤直樹
日本水産学会誌   82(2) 151-151   Mar 2016
第6回国際かきシンポジウム(IOS6)に参加して
Keisuke G. Takahashi*
Oyster Research Institute News   31 4-17   Feb 2016
Development of GnRH-induced artificial maturation technique for scallop.
8) Nagasawa, K., Oouchi, H., Itoh, N., Takahashi, K.G., Osada, M.
Marine ecosystems after Great East Japan Earthquake in 2011 - Our Knowledge acquired by TEAMS      2016
Fisheries-based evaluation of carrying capacity for scallops in Ogatsu Bay.
Osada, M., Nagasawa, K., Takahashi, D., Takahashi, K.G.
Marine ecosystems after Great East Japan Earthquake in 2011 - Our Knowledge acquired by TEAMS      2016
Keisuke G. Takahashi*
一般財団法人SUNATEC e-Magazine   117    Dec 2015
マガキ体成分を活用するバイオマーカーの探索と活力診断法の開発
Keisuke G. Takahashi*
Oyster Research Institute News   30 18-21   Apr 2015
カキ養殖への超音波利用の基礎検討−研究の現状について−
高橋計介
NPO法人 海の会会報   3 16-17   Apr 2014
カキとノロウイルス−その後−
高橋計介
かき研究所ニュース   29 13-17   Mar 2014
第5回国際かきシンポジウム(IOS5)に参加して
高橋計介
かき研究所ニュース   29 2-7   Mar 2014
Shellfish Bio-Defense
Takahashi, KG*, Itoh, N, Osada M
UNESCO EOLSS Encyclopedia   5.5.35    Nov 2013
カキ養殖への超音波利用の基礎検討
高橋計介
NPO法人 海の会会報   2 15-16   Apr 2013
大学生によるイワガキの官能評価
高橋計介
かき研究所ニュース   28 9-13   Feb 2013
平成23年度東北支部例会について
高橋計介*、伊藤直樹
日本水産学会誌   78(4) 819-822   Jul 2012
The 4th International Oyster Symposium
高橋計介*
かき研究所ニュース   27 2-9   Mar 2012
平成22年度東北支部例会について
*高橋計介・伊藤直樹
日本水産学会誌   77(4) 719-721   Jul 2011
平成22年度日本水産学会東北支部大会を開催して
*高橋計介・伊藤直樹
日本水産学会誌   77(2) 272-274   Mar 2011
Bio-defense mechanisms in the Pacific oyster: Bactericidal ability of the circulating hemocytes
高橋計介
かき研究所ニュース   23 22-25   Jun 2009
Recent Research Topics in Reproduction and Innate Immune System of Bivalve Mollusks in the Laboratory of Aquacultural Biology
Makoto Osada, Keisuke G. Takahashi and Naoki Itoh
The Tohoku Journal of Agricultural Research   59(3-4) 63-66   Mar 2009
Lysozymes involved in the host defense mechanisms in bivalve molluscs.
K. G. Takahashi
日本水産資源保護協会月報   511 9-12   Jan 2008
Cellular host defense mechanisms in molluscs
K. G. Takahashi and K. Muroga
Fish Pathology   43(1) 1-17   Jan 2008
The 3rd International Oyster Symposium
高橋計介*
かき研究所ニュース   25 20-23   Mar 2010
マガキCrassostrea gigasには複数のリゾチーム分子が存在する
伊藤直樹*、高橋計介
日本水産学会東北支部会報   (58) 22-22   Mar 2008
Kiyokuni Muroga and Keisuke G. Takahashi
Fish Pathology   42(1) 1-17   Mar 2007
Noroviruses associated with an acute gastroenteritis outbreak linked to oyster consumption
Keisuke G. Takahashi
Oyster research institute news   19 30-32   Jan 2007
The 4th Forum for safty management of oyster consumption
Keisuke G. Takahashi
Oyster research institute news   18 25-26   Oct 2006
K. Muroga, KG Takahashi
Nippon Suisan Gakkaishi   71(4) 535-541   Jul 2005
カキとノロウイルス
Kiyokuni Muroga, Keisuke G. Takahashi
Oyster research institute news   13 9-21   Jun 2004
Recent developments in the host defense mechanisms in crustaceans
KG Takahashi, K. Mori
Igaku no ayumi   200 642-646   Dec 2002

Books etc

 
Serotonin - A Chemical Messenger Between All Types of Living Cells
Sayyed Mohammad Hadi Alavi, Kazue Nagasawa, Keisuke G. Takahashi and Makoto Osada∗ (Part:Joint Work, Chapter 2 Pharmacology and Molecular Identity of Serotonin Receptor in Bivalve Mollusks)
Intechopen   Jul 2017   ISBN:978-953-51-3362-9
Serotonin - A Chemical Messenger Between All Types of Living Cells
Sayyed Mohammad Hadi Alavi, Kazue Nagasawa, Keisuke G. Takahashi and Makoto Osada (Part:Joint Work, Chapter 3 Structure-Function of Serotonin in Bivalve Molluscs)
IntechOpen   Jul 2017   ISBN:978-953-51-3362-9
Diseases in Asian Aquaculture VII
K. G. Takahashi* and N. Itoh (Part:Joint Work, Lysozymes in molluscs)
Asian Fisheries Society   Jul 2010   
Food and bio-defense
Keisuke G. Takahashi,Akifumi Nakamura,Katsuyoshi Mori (Part:Joint Work, 第1章 二枚貝幼生に対する病原性Vibrioの生物学的防除 33頁〜55頁)
Saikon Shuppan   Apr 1999   
Bio-defense mechanisms in human and other amimais and plants
Keisuke G. Takahashi,Katsuyoshi Mori (Part:Joint Work, 第4章 貝類の疾病と生体防御機構 109頁〜130頁)
Saikon Shuppan   Mar 1996   

Conference Activities & Talks

 
Introduction of research for safety and security of oyster consumption [Invited]
TAKAHASHI Keisuke G.
2 Mar 2019   
Oysters as marine organisms and food [Invited]
TAKAHASHI Keisuke G.
10 Feb 2019   
A C-type lectin was identified as a C1q-like protein 4 isoform X1 occurred in the hemolymph of Pacific oyster
Tsumuraya Y., Nakamura-Matsumoto A., TAKAHASHI Keisuke G.*
3th Korea-Japan Japan-Korea Joint Symposium of Aquaculture   2 Nov 2018   
生物・食品としてのカキ
かきフォーラム・イン・仙台   27 Jan 2018   
網羅的遺伝子発現解析でみるマガキ顆粒球と無顆粒球との差異
森 勝義
日本水産増殖学会 第16回大会   18 Nov 2017   

Research Grants & Projects

 
海産二枚貝血球に対する放射線照射の影響
Cooperative Research
Project Year: Apr 2012 - Today
海産二枚貝の造血機構に関する研究
Cooperative Research
Project Year: Oct 2011 - Today
Accumulation/exclusion mechanisms of norovirus in oysters
Project Year: Apr 2005 - Today
Measurement for physiological activities in marine bivalve molluscs
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2001 - Today
Bio-defense mechanisms in marine bivalve molluscs
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1992 - Today

Patents

 
6,162,786 : Bacterial infection-preventive agent for fish and shellfish larvae, and method for breeding them.
Katsuyoshi Mori,Keisuke G. Takahashi

Social Contribution

 
講演およびパネルディスカッション・京都府立海洋高等学校
[Others]  20 Nov 2017
京都府宮津市の京都府立海洋高等学校の生徒および先生方に、「牡蠣とノロウイルス」と題する講義を行ったのち、ノロウイルス除去のための新技術開発の重要性と新たな展開に関する課題について、生徒たちとパネルディスカッションを行なった。
カキ養殖学習会
[Others]  5 Sep 2017
岡山市で開催されたカキ養殖学習会の講師を務めた。
講演題目は「カキとノロウイルス」であった。
90分間の講演の後、30分間の質疑応答を行い、参加者の知見を深めた。
福島県立磐城高校(SSH)1年生・東北大学見学
[Others]  21 Apr 2017
1年生80名を10人x8グループに分け、各グループが8研究室から4研究室を選んで15分ずつ訪問する。各研究室には、4グループ(10人ずつ)が15分毎に訪れ、研究室の案内と研究内容の簡単な説明を行う。各グループ終了後には、次の研究室へのガイドをする。研究室訪問終了後には、大学生/大学院生との語らいを実施する。
渡辺オイスター研究所・特別研修
[Others]  11 Dec 2014
渡辺オイスター研究所の研究員に対し、カキ類に関する基礎知識をもってもらう研修において講師を務めた。「生物としてのカキ」と題する講演を行った後、討論会形式のディスカッションを実施した。
日本学術振興会・科学研究費・審査委員
[Others]  1 Dec 2013 - 30 Nov 2014
各種外部資金の審査委員

Others

 
Oct 2017   ウイルスのカキへの吸着因子の解明
マガキ細胞とノロウイルスなどのウイルスの吸着機構の解明を目的とする。これまでの検討において、マガキ消化細胞の分取とノロウイルスVLPの結合性の測定を主軸と考えてきた。最近の研究で、マウスノロウイルスのレセプターが、CD300lfおよびCD300ldという細胞表面のタンパクであることが明らかとなった。これを受けて、本研究ではもう少しダイレクトな方法で、マガキ細胞におけるノロウイルスレセプターを探索することを考えたい
Apr 2017   養殖マガキの安全性を担保するとともに生食とは異なる食味と機能成分を引き出す加温・加圧処理
本研究は、わが国沿岸で養殖されている牡蠣(以下、カキとする)の体内に存在するノロウイルスや病原細菌を殺菌・不活性化して「食べて安全なカキ」を作出し、また熱を加えることにより「生ガキにはない機能性成分」を引き出すという、2つの点ですぐれた剥き身ガキおよび殻つきガキの新しい処理法の開発を目的とする。
Sep 2016   高圧処理による養殖マガキの安全性および品質向上に関する研究
宮城県は養殖マガキの一大産地である。しかし、生産量は震災前の6割程度に留まっている。生産拡大には、消費者の求めている「安全性の高いマガキ」そして「高品質のマガキ」を生産することが重要である。そのため、殺菌効果の高い高圧処理機を活用して、マガキ体内に存在する細菌類に対して十分な殺菌効果を示し、かつマガキの品質低下をより抑制できる高圧処理条件を検討することが目的である。
Aug 2015   環境ストレスや感染症に対抗できる養殖マガキの改良研究
宮城県は養殖マガキの一大産地である。マガキは養殖の過程で様々な環境ストレスや感染症の危険に曝されるため、カキの活力や健康状態の変化を的確に評価する指標の確立が必要であり、それを現場で使えるようにすることが目的である。
東北大学での研究シーズを活用し、微量のマガキ血リンパ成分を試料として個体を殺さずに養殖マガキの健康や活力の一次診断を行う手法を確立するとともに、これを現場での定期診断に活用する。
Apr 2012   海産二枚貝アカガイの造血組織に対する重粒子線照射の効果
本研究では、海産二枚貝アカガイの造血組織に重粒子線を照射し、造血組織の形態変化、造血細胞の生存率や正常細胞率の変化、DNA変異の有無等の細胞化学的、分子生物学的な変化を把握するとともに、照射後の個体の死亡率の変化や細菌感染性の変化等を知ることで、海産二枚貝における造血組織の特異性と重要性を明らかにすることを目的とする。