山谷 知行

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/11 08:44
 
アバター
研究者氏名
山谷 知行
 
ヤマヤ トモユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/d80d88a0b5039bd376f97b3214a7170c.html
所属
東北大学
部署
学位プログラム推進機構 学際高等研究教育院
職名
教授
学位
農学博士(東北大学), 農学修士(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
東北大学大学院農学研究科 教授・農学研究科長・農学部長
 
2013年4月
 - 
現在
東北大学 国際高等研究教育院 教育院長 (併任)
 
2006年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会学術システム研究センター (兼務) 主任研究員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
理化学研究所植物科学研究センター (兼務) グループディレクター (兼務)
 
2017年4月
 - 
現在
東北大学 高度教養教育・学生支援機構 総長特命教授 教養教育院
 

学歴

 
 
 - 
1977年3月
東北大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1972年3月
東北大学 農学部 農芸化学
 
 
 - 
1974年3月
東北大学 農学研究科 
 

委員歴

 
2012年1月
 - 
2015年12月
日本植物生理学会誌 (Plant and Cell Physiology)  編集長
 
2006年4月
 - 
2009年3月
独立行政法人 日本学術振興会  学術システム研究センター 主任研究員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
理化学研究所植物科学研究センター  グループディレクター
 
2014年1月
 - 
現在
一般社団法人日本植物生理学会  理事
 
1994年4月
 - 
現在
日本農芸化学会  東北支部 評議員
 

受賞

 
2017年11月
文部科学大臣 紫綬褒章 植物栄養学・土壌学における顕著な学術的貢献
 
2015年1月
日本農学会 日本農学賞 イネの生産性を制御する窒素代謝の分子基盤
 
1999年4月
日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学会賞
 
2015年2月
読売新聞社 読売農学賞 イネの生産性を制御する窒素代謝の分子基盤
 
2010年9月
日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学会2010年度北海道大会ポスター賞 シロイヌナズナ高親和型尿素輸送担体(AtDUR3)の翻訳後制御機構の探索とその基質特異性について
受賞者: 吉田圭吾、大岩優貴、松岡香矢、早川俊彦、山谷知行、小島創一
 
大学院生(M2)のポスター発表に対する受賞

論文

 
Outgrowth of rice tillers requires availability of glutamine in the basal portions of shoots
Ohashi, M., Ishiyama, K., Kojima, S., Konishi, N., Sasaki, K., Miyao, M., Hayakawa, T. and Yamaya, T.
RICE   11(31) 1-11   2018年5月   [査読有り]
Tabuchi, M., Sugiyama, K., Ishiyama, K., Inoue, E., Sato, T., Takahashi, H. and Yamaya, T.*
Plant Journal   42 641-651   2005年6月   [査読有り]
IF 6.565
Mapping of QTLs associated with contents of cytosolic glutamine synthetase and NADH-glutamine synthase in rice(Oryza sativa L.)
Obara, M., Kajiwara, M., Fukuta, Y., Yano, M., Hayashi, M., Yamaya, T. and Sato, T.
Journal of Experimental Botany   52(359) 1209-1217   2001年6月   [査読有り]
Kusano, M., Tabuchi, M., Fukushima, A., Funayama, K., Diaz, C., Kobayashi, M., Hayashi, N., Tsuchiya N. Y., Takahashi, H., Kamata, A., Yamaya, T.*, and Saito, K.*
The Plant Journal   in press    2011年2月   [査読有り]
*corresponding authors
Assimilation of ammonium-ions and re-utilization of nitrogen in rice (Oryza sativa L.)
Tabuchi, M., Abiko, T. and Yamaya, T.*
J Exp Bot   58(9) 2319-2327   2007年7月   [査読有り][招待有り]
IF 3.917 招待講演論文
Changes in the cellular localization of cytosolic glutamine synthetase protein in vascular bundles of rice leaves at various stages of development
YAMAYA Tomoyuki, et al.
Planta   200(3) 306-311   1996年   [査読有り]
Beier, M., Obara, M., Taniai, A., Sawa, Y., Ishizawa, J., Soshida, H., Tomita, N., Yamanaka, T., Ishizuka, Y., Kudo, S., Yoshinari, A., Takeuchi, S., Kojima, S., Yamaya, T., Hayakawa, T.
The Plant Journal   in press    2018年   [査読有り]
Yabuki, Y., Ohashi, M., Imagawa, F., Ishiyama, K., Beier, M. P., Konishi, N., Umetsu-Ohashi, T., Hayakawa, T., Yamaya, T. and Kojima, S.
Rice   10(3) 1-10   2017年2月   [査読有り]
Saito, M., Konishi, N., Kanno,K., Yamaya, T., and Kojima,S.*
Soil Science and Plant Nutrition   in press    2017年   [査読有り]
Lack of cytosolic glutamine synthetase1;2 activity reduces nitrogen-dependent biosynthesis of cytokinin required for axillary bud outgrowth in rice seedlings
Ohashi, M., Ishiyama, K., Kojima, S., Kojima, M., Sakakibara, H., Yamaya, T., Hayakawa, T.
Plant and Cell Physiology   in press    2017年   [査読有り]
Konishi, N., Ishiyama, K., Beier, M, P., Inoue, E., Kanno, K., Yamaya, T., Takahashi, H. and Kojima, S.
Journal of Expeerimental Botany   in press    2016年   [査読有り]
Wada, S., Hayashida, Y., Izumi, M., Kurusu, T., Hanamata, S., Kanno, K., Kojima, S., Yamaya, T., Kuchitsu, K., Makino, A., and Ishida, H.
Plant Physiology   in press    2015年6月   [査読有り]
Maruyama-Nakashita, A., Watanabe-Takahashi, A., Inoue, E., Yamaya, T., Saito, K. and Takahashi, H.
The Plant Cell   in press    2015年6月   [査読有り]
Ohashi, M., Ishiyama, K., Kojima, S., Nakano, K., Kanno, K., Hayakawa, T. and Yamaya, T.*
Plant and Cell Physiology   56(4) 769-778   2015年4月   [査読有り]
IF(2013): 4.978
Seki, M., Feugier, F.G., Song, X.-J., Ashikari, M., Nakamura, H., Ishiyama, K., Yamaya, Y., Ikeda, M., Kitano, H. and Satake, A.
Plant Cell Physiology   56(4) 605-619   2015年4月   [査読有り]
IF (2013): 4.978
Ohashi, M., Ishiyama, K., Kusano, M., Fukushima, A., Kojima, S., Hanada, A., Kanno, K., Hayakawa, T., Seto, Y., Kyozuka, J., Yamaguchi, S. and Yamaya, T.*
The Plant Journal   81(1) 347-356   2015年1月   [査読有り]
IF(2013): 6.815
Konishi, N., Ishiyama, K., Matsuoka, K., Maru, I., Hayakawa, T., Yamaya, T. and Kojima, S.*
Physiologia Plantarum   152(1) 138-151   2015年1月   [査読有り]
Fine mapping of a quantitative trait locus, qLG-9, that controls seed longevity in rice (Oryza sativa L.)
Sasaki, K., Takeuchi, Y., Miura, K., Yamaguchi, T., Ando, T., Ebitani, T., Higashitani, A., Yamaya, T., Yano, M. and Sato, T.
Theoretical and Applied Genetics   in press    2015年   [査読有り]
Yamaya, T.* and Kusano M.
Journal of Experimental Botany   65 5519-5525   2014年10月   [査読有り][招待有り]
IF 5.242
Kojima, S. *, Konishi, N., Beier, M.P., Ishiyama, K., Maru, I., Hayakawa, T. and Yamaya. T.
Plant Signaling and Behavior   9(8)    2014年   [査読有り]

Misc

 
植物の代謝コミュニケーション:植物分子生理学の新展開
山谷知行
蛋白質・核酸・酵素   48 2068-2074   2003年11月
ゲノム科学と21世紀の植物栄養学-具体例の紹介-
山谷知行、鈴木石根、林誠、小原実広
日本土壌肥料学会誌   73 69-72   2002年1月
山谷知行、高橋秀樹、榊原均
日本農芸化学会誌   76 35-36   2002年1月
早川俊彦、山谷知行
化学と生物   38 473-480   2000年12月
植物の環境応答機構とバイオテクノロジー
山谷知行
学術月報   53 24-29   2000年2月

書籍等出版物

 
"Nitrogen Acquisition and Assimilation in Higher Plants", Plant Ecophysiology Series, Eds. by Stulen, I. and Amancio, S.
Yamaya, T. and Oaks, A. (担当:共著, 範囲:Metabolic Regulation of Ammonium Uptake and Assimilation.)
2004年12月   
朝倉植物生理学講座(2)代謝
山谷知行 (担当:編者)
朝倉書店   2001年4月   
Advance in Rice Genetics: Molecular markers, QTL mapping, and marker-assisted selection
Fukuta, Y., Kobayashi, S., Tsunematsu, H., Ebron, L.A., Kato, H., Umemoto, T., Morita, S., Sato, T., Yamaya, T., Nagamine, T., Fukuyama, T., Sasahara, H., Ashikawa, I., Tamura, K., Nemoto, H., Maeda, H., Hamamura, K., Ogata, T., Matsue, Y., Ichitani, K. and Takagi, A. (担当:共著, 範囲:Response of QTLs for heading date in rice at different sites from tropical to temperate regions)
IRRI, Philippines   2003年10月   
Nitrogen Nutrition in Higher Plants.
YAMAYA Tomoyuki
Associated Publishing Company   1995年   
明日を拓く植物科学-光エネルギーを生物エネルギーにかえる植物の設計図を読む
山谷知行 (担当:共著, 範囲:植物の老化:新しい生命への準備)
クバプロ   2002年10月   

講演・口頭発表等

 
イネの生産性を制御する窒素代謝の分子基盤
新アミノ酸分析研究会第6回学術講演会   2016年11月4日   
イネの生産性を制御する窒素代謝の分子基盤
日本農芸化学会東北支部第151回大会   2016年10月9日   
イネの生産性を制御する窒素代謝の分子機構
平成27年度日本農学賞・読売農学賞受賞講演   2015年4月5日   
植物の生産を規定する窒素利用代謝の分子機構
第19回学際ライフサイエンスシンポジウム   2014年10月31日   
Down-regulation of ammonium uptake into plant roots under high concentration of external ammonium
Hayakawa, T.*, Tamaya, T.
SSPN Symposium on “Mineral Transport and Sensing in Plants”   2014年9月9日   

競争的資金等の研究課題

 
イネにおける窒素利用の分子的基盤
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 1988年1月 - 現在
高等植物における窒素代謝のコンパートメンテーションと調節機構
科学研究費補助金
研究期間: 2000年10月 - 現在
イネの窒素利用と生産性に関わるQTL解析
ゲノム科学研究
研究期間: 2000年4月 - 現在
イネにおけるNADH依存性グルタミン酸合成酵素とサイトゾル型グルタミン合成酵素の分子生物学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年4月 - 現在

社会貢献活動

 
平成21年度科学研究費補助金の公募等について
【その他】  2008年9月30日
東北大学 片平・星陵キャンパス
東北大学の新世紀 「世界をリードするイネの研究」
【出演, 寄稿】  東日本放送  2009年6月29日
日本学術振興会学術システム研究センターの役割及びセンター研究員の推薦に関する説明会
【その他】  2008年6月25日
東北大学 片平さくらホール
P1隔離圃場の説明会に関して
【出演, 寄稿】  河北新報  2000年4月27日
遺伝子組換え作物の野外実験可能な隔離圃場の説明会を行った内容。
科学研究費補助金の審査システムについて
【その他】  2008年10月1日
岩手大学

その他

 
2010年7月   低炭素社会実現に向けた植物研究推進のための基盤整備
植物の機能を最大限活用して低炭素社会を実現するための基盤整備事業で、オールジャパン体制で拠点を構築する。
2010年7月   Nitrogen2010国際植物窒素栄養会議
第1回国際植物栄養会議を愛知県犬山市で主催した。参加者は、18カ国から148名であった。
2010年7月   植物の窒素栄養に関する国際シンポジウム
第1回シンポジウムを、愛知県犬山市で主催した。参加者は、18カ国から合計148名であった。国外からは72名の参加があった。
2008年4月   低アンモニウムイオン吸収利用能力に関わる遺伝子の単離と窒素利用機構の解明
農水省の「新農業展開ゲノムプロジェクト-イネの質的形質遺伝子の単離と機能解明」の一貫として、イネの窒素利用効率向上を目指し、低アンモニウムイオンの吸収利用の質的形質に関わる機構解明と新規遺伝子単離を目指す。
2006年4月   農学分野に関する学術動向の調査・研究
日本学術振興会学術システム研究センターの、農学専門調査班主任研究員として、農学領域の学術動向調査を行う。