MAKINO Amane

J-GLOBAL         Last updated: Jun 26, 2018 at 09:48
 
Avatar
Name
MAKINO Amane
E-mail
amanemakinom.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5444c56c3593e48062fba7ade34989ce.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Life Science
Job title
Professor
Degree
Doctor of Agriculture(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Feb 2007
 - 
Dec 2012
米国植物生物学会  Plant Physiology編集担当委員
 
Jan 2008
 - 
Dec 2011
日本植物生理学会  Plant and Cell Physiology編集実行委員
 
Apr 2004
 - 
Today
日本光合成研究会  幹事
 
Jan 2018
 - 
Mar 2019
全国農学系学部長会議 第一常置委員会  委員長
 
Apr 2017
 - 
Mar 2019
全国農学系学部長会議  役員会幹事
 

Awards & Honors

 
Apr 2002
JSSSPN Award, 社団法人 日本土壌肥料学会
 
Apr 1986
日本土壌肥料学会奨励賞, 社団法人 日本土壌肥料学会
 
Apr 2005
Soil Science and Plant Nutrition論文賞(論文担当著者), 日本土壌肥料学会
Winner: 石塚道夫、牧野 周、鈴木雄二、前 忠彦
 
論文担当著者(Corresponding Author)として受賞
Jul 2007
第14回国際光合成会議ポスター賞, 国際光合成学会
Winner: 石田宏幸*、吉本光希、和田慎也、Daniel Reisen、Maureen Hanson、大隈良典、前 忠彦、牧野 周
 
667題発表ポスター中7題の受賞

Published Papers

 
Gamage D, Thompson M, Sutherland M, Hirotsu N, Makino A and Seneweera S*
Plant, Cell and Environment   41(6) 1233-1246   Jun 2018   [Refereed]
Effects of Nitrogen Nutrition on Nitrogen Partitioning between Chloroplasts and Mitochondria in Pea and Wheat
A Makino, B Osmond
Plant Physiology   96(2) 355-362   Jun 1991   [Refereed]
A. Makino*, T. Shimada, S. Takumi, K. Kaneko, M. Matsuoka, K. Shimamoto, H. Nakano, M. Miyao-Tokutomi, T. Mae, N. Yamamoto
Plant Physiology   114(2) 483-491   Jun 1997   [Refereed]
Photosynthesis and ribulose-1,5-bisphosphate carboxylase in rice leaves
A Makino, T Mae, K Ohira
Plant Physiology   73(6) 1002-1007   Dec 1983   [Refereed]

Misc

 
A. Makino
Soil Science and Plant Nutrition   49 319-327   Mar 2003
Photosynthesis, plant growth and N allocation in transgenic rice plants with decreased Rubisco under CO2 enrichment
A. Makino, H. Nakano, T. Mae, T. Shimada, N. Yamamoto
Journal of Experimental Botany   51 383-389   Feb 2000
Rubiscoの改変によるC3型植物の光合成機能改良の試み
鈴木雄二、和田慎也、牧野 周
光合成研究   27(2) 97-102   Aug 2017
作物の光合成能力の改善は可能か?これからの挑戦
牧野 周
光合成研究   23(3) 147-151   Dec 2013
牧野 周
化学と生物   51(5) 326-332   May 2013

Books etc

 
Plant Physiology and Development
牧野 周(8章担当)、他29名 (Part:Joint Work, 第8章 光合成:炭素代謝 203頁~244頁)
講談社   Feb 2017   
光と生命の事典
牧野 周、他多数 (Part:Joint Work, 「光合成のよる炭酸同化」)
朝倉書店   Feb 2016   
光合成研究と産業応用最前線
牧野 周 他54名 (Part:Joint Work, 第4節 Rubiscoの機能と光合成 43~52)
(株)エヌ・ティー・エス   Dec 2014   
光合成生物の進化と生命科学
牧野 周、他11名 (Part:Joint Work, 第8章 人類がもたらす地球環境変動と植物 161~180)
培風館   Jun 2014   
新植物栄養・肥料学
米山忠克、長谷川 功、関本 均、牧野 周、間藤 徹、河合成直、森田明雄 (Part:Joint Work)
朝倉書店   Apr 2011   

Conference Activities & Talks

 
Rubisco activase量の増加、および減少がRubisco量に及ぼす影響
菅波眞央*、鈴木雄二、西田慎司、今野壮、牧野周
日本植物生理学会年会   28 Mar 2018   
遺伝子組換え作物隔離ほ場におけるRubisco過剰生産イネの収量試験評価
渡邊まり*、石山敬貴、渋谷暁一、小倉真紀、尹棟敬、菅波眞央、田副雄士、鈴木雄二、前忠彦、牧野周
日本植物生理学会年会   28 Mar 2018   
P700吸光パラメーターを利用したイネの水ストレス診断法
和田慎也*、鈴木雄二、高木大輔、三宅親弘、牧野周
日本植物生理学会年会   28 Mar 2018   
イネの光合成と窒素生産効率の分子生物学的改善―概要の紹介―
牧野 周、石山敬貴、鈴木雄二、渋谷暁一、渡辺まり、小倉真紀、尹棟敬 前 忠彦*
新農耕法研究会   10 Feb 2018   
Overproduction of Rubisco activase affects Rubisco contents in Rice
Suganami M*, Suzuki Y, Nishida S, Makino A
Modelling Plant Responses to Eivironmental Factors   17 Nov 2017   

Social Contribution

 
宮城県立仙台第二高等学校出前授業
[Others]  21 Dec 2017
光合成研究の紹介と東北大学の農学部の教育研究紹介を行った。
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
[Others]  1 Dec 2016 - 30 Nov 2017
科研費挑戦的萌芽の書面審査から合議審査まですべてを担当する
国交省東北地方整備局北上川下流河川保護事業
[Others]  30 May 2017 - 30 Aug 2017
震災により北上川下流河川で絶滅に瀕する動植物の保護活動をボランティで行った。
全国トンボ市民サミット名取大会
[Others]  29 Jul 2017 - 30 Jul 2017
震災と自然保護および農業復興の問題点について講演を行った。
東北大学東京進学説明会
[Others]  15 Jul 2017
東京で東北大学の進学説明会を高校生・父兄対象に行った。

Others

 
Nov 2011   植物を用いたCO2資源化に向けた植物研究拠点ネットワーク
植物の光合成とバイオマスを増産させ、そのバイオマス資材を利活用する総括的研究教育プロジェクトである。
Dec 2011   作物の炭酸固定の強化と光合成系の最適化
イネを中心に、炭酸固定系の強化を計ると同時に、光合成系全体の最適化を狙う研究
Apr 2012   光合成炭酸固定酵素Rubisco量の適量化
イネの光合成の鍵酵素であるRubisco量を想定される近未来環境に適量化させる。
Apr 2011   光合成炭酸固定酵素Rubisco量の適量化
イネの光合成の鍵酵素であるRubisco量を想定される近未来環境に適量化させる。
Apr 2010   光合成炭酸固定酵素Rubiscoの適量化
イネの光合成の鍵酵素であるRubisco量を想定される近未来環境に適量化させる。