KANEKO Jun

J-GLOBAL         Last updated: Feb 4, 2019 at 17:20
 
Avatar
Name
KANEKO Jun
E-mail
jkanekobiochem.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5fa0cc849a1b1d415b17fd7f8b076265.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Bioscience and Biotechnology for Future Bioindustries
Job title
Associate Professor
Degree
博士(農学)(Tohoku University), 農学修士(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Mar 2013
 - 
Feb 2015
日本農芸化学会  被災地理科教育支援特別委員会委員
 
Aug 2009
 - 
Today
日本生物工学会北日本支部  企画担当役員
 
Apr 2009
 - 
Mar 2011
日本農芸化学会  東北支部庶務幹事
 
Jun 2015
 - 
Today
非公開  専門委員
 
Jan 2018
   
 
Applied environmental microbiology  論文査読
 

Awards & Honors

 
Mar 2001
黄色ブドウ球菌の2成分性細胞崩壊毒素のファージ変換および標的細胞との作用に関する研究, 農芸化学奨励賞, 日本農芸化学会
 
Feb 2017
Peptidoglycan-associated outer membrane protein Mep45 of rumen anaerobe Selenomonas ruminantium forms a non-specific diffusion pore via its C-terminal transmembrane domain, B.B.B.論文賞, 日本農芸化学会
Winner: Seiji Kojima, Kanako Hayashi, Saeko Tochigi, Tomonobu Kusano, Jun Kaneko & Yoshiyuki Kamio
 
Sep 2008
Cell-surface location of xylanase 5 and its role in the regulation of the xylanase gene system in Paenibacillus sp. W-61, Excellent poster award, Mie Bioforum 2008
Winner: Mutsumi Fukuda, Jun Kaneko, Naoki Abe, Yoshiyuki Kamio, Yoshifumi Ito
 

Published Papers

 
TAKEDA Kein, TANAKA Yoshikazu, ABE Naoki, KANEKO Jun
Toxicon   155 43-48   Dec 2018   [Refereed]
corresponding auther

IF(2017) = 2.352
Zhao Peng, Nao Shibata, Hideaki Tada, and Jun Kaneko
Biosci. Biotechnol. Biochem.   82(12) 2094-2097   2018   [Refereed]
Corresponding author
IF:1.255 (2017)
Epub ahead of print
Peng Z, Takeshita M, Shibata N, Tada H, Tanaka Y, Kaneko J
Journal of Biochemistry   164(2) 93-146   2018   [Refereed]
Corresponding author
IF:2.350 (2017)
Tatsuro Ozaki, Naoki Abe, Keitarou Kimura, Atsuto Suzuki and Jun Kaneko
Biosci. Biotechnol. Biochem.   81(1) 135-146   Jan 2017   [Refereed]
Corresponding author
Seiji Kojima, Kanako Hayashi, Saeko Tochigi, Tomonobu Kusano, Jun Kaneko, Yoshiyuki Kamio
Biosci. Biotechnol. Biochem.   80(10) 1954-1959   Oct 2016   [Refereed]
Epub 2016 Jun 7.
Tomoko Onodera, Eugene Futai, Eiichiro Kan, Naoki Abe, Takafumi Uchida, Yoshiyuki Kamio and Jun Kaneko
Journal of Biochemistry   157(5) 301-309   May 2015   [Refereed]
corresponding author
First published online: November 18, 2014
Jun Kaneko , Sachiko Yamada-Narita , Naoki Abe , Tomoko Onodera , Eiichiro Kan , Seiji Kojima , Takao Miyazaki , Yuji Yamamoto , Akio Oguchi , Akiho Ankai , Natsuko Ichikawa , Hidekazu Nakazawa , Shigehiro Fukui , Mikio Takahashi , Syuji Yamazaki , Nobuyuki Fujita , Yoshiyuki Kamio
FEMS Microbiology Letters   362(9)    Apr 2015   [Refereed]
corresponding author
First published online: 2 April 2015
文献番号fnv050
T. Sugawara, D. Yamashita, K. Kato, Z. Peng, J. Ueda, J. Kaneko, Y. Kamio, Y. Tanaka, and M. Yao.
Toxicon   108 226-231   2015   [Refereed]
Daichi Yamashita, Takaki Sugawara, Miyu Takeshita, Jun Kaneko, Yoshiyuki Kamio, Isao Tanaka, Yoshikazu Tanaka & Min Yao
Nat. commun.   5 4897   Sep 2014   [Refereed]
Takaki Sugawara, Daichi Yamashita, Yoshikazu Tanaka*, Jun Kaneko, Yoshiyuki Kamio, Isao Tanaka and Min Yao
Acta Crystallographica Sect F Struct Biol Cryst Commun   69(Pt8) 868-870   Aug 2013   [Refereed]
M. Fukuda, S. Yoshida, H. Itoh, Y. Kato, S. Watanabe, Y. Itoh , Y. Kamio, and J. Kaneko*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   76(5) 1051-1054   May 2012   [Refereed]
corresponding author
Huyen Do, Yuki Suzuki, Naoki Abe, Jun KANEKO, Yoshifumi Itoh, and Keitarou Kimura
Applied and Environmental Microbiology   77(23) 8249-8258   Dec 2011   [Refereed]
K. Yamashita, Y. Kawai, Y. Tanaka, N. Hirano, J. Kaneko, N. Tomita, M. Ohta, Y. Kamio, M. Yao, and I. Tanaka.
Proceedings of the National Academy of Sciences   108(42) 17314-17319   Oct 2011   [Refereed]
Seiji Kojima, Jun Kaneko, Naoki Abe, Yumiko Takatsuka, and Yoshiyuki Kamio
Journal of Bacteriology   193(9) 2347-2350   May 2011   [Refereed]
Shohei Haya, Yuta Tokumaru, Naoki Abe, Jun Kaneko, and Shin-ichi Aizawa
Applied and Environmental Microbiology   77(8) 2799-2802   Apr 2011   [Refereed]
Yoshikazu Tanaka, Nagisa Hirano, Jun Kaneko, Yoshiyuki Kamio, Min Yao, Isao Tanaka
Protein Science   20(2) 448-456   Feb 2011   [Refereed]
N. Tomita, K. Abe, J. Kaneko, Y. Kamio and M. Ohta
J. Biomech. Sci, Eng.   6(4) 286-298   2011   [Refereed]
Seiji Kojima, Kyong-Cheol Ko, Yumiko Takatsuka,1¶ Naoki Abe, *Jun Kaneko, Yoshifumi Itoh, and Yoshiyuki Kamio
Journal of Bacteriology   192(22) 5953-5961   Nov 2010   [Refereed]
[IF:3.636 (2008)]
Fukuda M, Watanabe S, Yoshida S, Itoh H, Itoh Y, Kamio Y, Kaneko J.
J. Bacteriol.   192(8) 2210-2219   2010   [Refereed]
Jun Kaneko*, Sachiko Narita-Yamada, Yukari Wakabayashi, and Yoshiyuki Kamio
Journal pf Bacteriology   191(14) 4674-4680   Jul 2009   [Refereed]
corresponding author
[IF:3.636 (2008)]
Mutsumi Fukuda, Seiji Watanabe, Jun Kaneko, Yoshifumi Itoh,and Yoshiyuki Kamio
J. Bacteriol.   191(5) 1641-1649   Mar 2009   [Refereed]
[IF:3.636 (2008)]
Ken Inden, Jun Kaneko, Akiko Miyazato, Natsuo Yamamoto, Shota Mouri, Yoshiyuki Shibuya, Kiwamu Nakamura, Tetsuji Aoyagi, Masumitsu Hatta, Hiroyuki Kunishima, Yoichi Hirakata, Yoshifumi Itoh, Mitsuo Kaku, Kazuyoshi Kawakami
Microbiol. infect.   11(2) 245-253   Feb 2009   [Refereed]
Cell-surface Location of Xylanase 5 and its Role in the Expression ofthe Xylanase Gene System in Paenibacillus sp. W-61.
M. Fukuda, J. Kaneko, N. Abe, Y. Kamio, and Y. Itoh.
Biotechnology of Lignocellulose Degradation and Biomass Utilization      2009   [Refereed]
Kazuteru Yamada, Jun Kaneko, Yoshiyuki Kamio, Yoshifumi Itoh
Appl. Environ. Microbiol.   74(19) 6017-6025   Oct 2008   [Refereed]
Xiao Xue Ma, Teruyo Ito, Yoko Kondo, Moe Cho, Yukio Yoshizawa, Jun Kaneko, Atsuo Katai, Masato Higashiide, Shanshuang Li, and Keiichi Hiramatsu
J. Clinic. Microbiol   46(10) 3246-3258   Oct 2008   [Refereed]
Seiji Watanabe, Dung Nguyen Viet, Jun KANEKO, Yoshiyuki KAMIO, and Shigeki Yoshida
Biosci. Biotechnol. Biochem.   72(4) 951-958   Apr 2008   [Refereed]
Shaofu LIAO, Phuntip POONPAIROJ, Kyong -Cheol KO, Yumiko TAKATUSKA, Yoshihiro YAMAGUCHI, Naoki ABE, Jun KANEKO, and Yoshiyuki KAMIO
Biosci. Biotechnol. Biochem.   71(2) 445-455   Feb 2008   [Refereed]
Panton-Valentine leukocidin produced by Staphylococcus aureus induces an intense inflammation in the skin.
S. Morizane, O. Yamasaki, F. Kato, J. Kaneko, and K. Iwatuki
J. investgative Dermatology   127 S131   2007   [Refereed][Invited]
K. Yamada, M. Hirota, Y. Niimi, H. A. Nguyen, Y, Takahara, Y. Kamio and J. Kaneko*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   70(9) 2236-2247   Sep 2006   [Refereed]
corresponding author
A. Nishiyama, Jun Kaneko, Masahiko Harata, and Yoshiyuki Kamio*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   70(6) 1300-1307   Jun 2006   [Refereed]
Clinical investigation of furuncles due to Panton-Valentine leukosidin produced by Staphylococcus aureus
Osamu Yamasaki*, Shin Morizane, Keiji Iwatsuki, Jun Kaneko, Masahiko Harata, and Jiro Arata
J. Prdiat. Darmatol.   25(1) 37-40   May 2006   [Refereed]
K.Yamazaki, F. Kato, Y. Kamio, and J. Kaneko*
FEMS Microbiology letters   259(2) 174-180   May 2006   [Refereed]
corresponding author
E. Matsuda, N. Abe, H. Tamagawa, J. Kaneko, and Y. Kamio*
J. Bacteriol.   187(21) 7333-7340   Nov 2005   [Refereed]
T. Yamada, N. Tochimaru, S. Nakasuji, E. Hata, H. Kobayashi, M. Eguchi, J. Kaneko, Y. Kamio, T, Kaidoh, S, Takeuchi*
Veterinary Microbiology   110 97-103   Jul 2005   [Refereed]
O. Yamasaki* , S. Morizane , H. Akiyama, K. Iwatsuki, J. Kaneko, Y. Kamio
Br. J. Dermatol.   152(3) 586-587   Mar 2005   [Refereed]
O.Yamasaki*, J. Kaneko, S. Morizane, H. Akiyama, J. Arata, S. Narita, J. Chiba, Y. Kamio, K. Iwatsuki
Clin. Infect. Dis.   40 381-385   Feb 2005   [Refereed][Invited]
The association of Staphylococcus aureus strains carrying Panton-Valentine leukocidin genes with the development of deep-seated follicular infections.
O. Yamasaki, S. Morizane, J. Kaneko, Y. Kamio, J. Arata and K. Iwatuki
J. investgative Dermatology   124(4) A124-431   2005   [Refereed][Invited]
Cloning and expression of the poly(L-lactic acid) depolymerase gene (pld) and characterization of the recombinant PLD
E. Matsuda, N. Abe, J. Kaneko, and Y. Kamio.
Biotechnology for Sustainable Utilization of Biological Resources in the Tropics   17 273   2004
Monma N, Nguyen VT, Kaneko J, Higuchi H, Kamio Y.
J. biochem.   136(4) 427-431   2004   [Refereed]
T. Murata, M. Ohnishi, T. Ara, J. Kaneko,G. C. Han, Y. F. Li, K. Takashima, H. Nojima, K. Nakayama, A. Kaji, Y. Kamio, T. Miki , H. Mori, E. Ohtsubo, Y. Terawaki, T. Hayashi.
J. Bacteriol   184(12) 3194-3202   Jun 2002   [Refereed]
Akihito Nishiyama, Marie Antonette Ruth V. Guerra, Noriko Sugawara,Kenji Yokota, Jun Kaneko,Yoshiyuki Kamio.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   66(2) 328-335   Feb 2002   [Refereed]
H. A. Nguyen, J. Kaneko, Y, Kamio Y.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   66(2) 444-447   Feb 2002   [Refereed]
H. A. Nguyen, T. Tomita, M. Hirota, J. Kaneko, T. Hayashi, Y, Kamio.
J. Bacteriol.   183(21) 6274-6281   Dec 2001   [Refereed]
S. Narita, J. Kaneko, J. Chiba, Y. Piemont, S. Jarraud, J. Etienne, Y. Kamio.
Gene   268(1-2) 165-206   Jul 2001   [Refereed]
Complete nucleotide sequence and conjugation analysis of plasmid Rts 1
T. Murata, T. Hayashi, M. Ohnishi, K. Nakayama, Y. Terawaki, K. Takashima, T. Ara, H. Mori, J. Kaneko, Y. Kamio, T. Miki, C. G. Han, and E. Ohtubo.
Abstracts of the General Meeting of the American Society for Microbiology   101 394-395   2001
A. Shimatani, J. Kaneko, T. Tomita, and Y. Kamio
Bioscience Biotechnology and Biochemistry   63(10) 1828-1830   Oct 1999   [Refereed]
K. Yokota, N. Sugawara, H. Nariya, J. Kaneko, T. Tomita, and Y. Kamio
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   62(9) 1745-1750   Sep 1998   [Refereed]
N. Okai, M. Fukasaku, J. Kaneko, T. Tomita, K. Muramoto, and Y. Kamio
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   62(8) 1560-1567   Aug 1998   [Refereed]
J. Kaneko, T. Kimura, S. Narita, T. Tomita, and Y. Kamio.
GENE   215(1) 57-67   Jul 1998   [Refereed]
J. Kaneko, M. A. L. Mascarenas, M. D. Fuda, T. Tomita, and Y. Kamio.
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   62(7) 1465-1467   Jul 1998   [Refereed]
J. Kaneko, T. Kimura, Y. Kawakami, T. Tomita, and Y. Kamio.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistrsy   61(11) 1960-1962   Nov 1997   [Refereed]
J. Kaneko, T. Ozawa, T. Tomita, and Y. Kamio.
Biosci. Biotech. Biochem.   61(5) 846-851   May 1997   [Refereed]
J. Kaneko, K. Muramoto, and Y. Kamio
Biosci. Biotech. Biochem.   61(3) 541-544   Mar 1997   [Refereed]
K. Sudo, W. Choorit, I. Asami, J. Kaneko, K. Muramoto, and Y. Kamio
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   59(9) 1786-1789   Sep 1995   [Refereed]
T. Ozawa, J. Kaneko, and Y. Kamio.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   59(6) 1181-1183   Jun 1995   [Refereed]
W. Choorit, J. Kaneko, K. Muramoto, and Y. Kamio
FEBS Letters   357(3) 260-264   Jan 1995   [Refereed]
T. Ozawa, J. Kaneko, H. Nariya, K. Izaki, and Y. Kamio.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   58(3) 602-605   Mar 1994   [Refereed]
W. Choorit, N. Abe, J. Kaneko, N. Noporotnaraporn, Y. Kamio, and K. Izaki
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   57(12) 2189-2191   Dec 1993   [Refereed]
N. V. Dung, S. Vetayasuporn, Y. Kamio, N. Abe, J. Kaneko, and K. Izaki.
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   57(10) 1708-1712   Oct 1993   [Refereed]
加藤明徳,小関正信,伊藤一敏、金子淳,伊崎和夫,奥田慎一.
水環境学会誌   16(1) 59-65   Jan 1993   [Refereed]
Purification and Properties of Maltotetraose-and Maltotriose-Producing Amylase from Chloroflexus anrantiacus
K. Ratanakhanokchai, J. Kaneko, Y. Kamio, and K. Izaki
Appl. Environ. MicroBiol.   58(8) 2490-2494   Aug 1992   [Refereed]
Purification and Properties of Two Membrane Alkaline Phosphatases from Bacillus(/)- subtilis(/)- 168
T. Sugawara, Y. Konno, H. Ohta, K. Ito, J. Kaneko, Y. Kamio, and K. Izaki.
Journal of Bacteriology   173(5) 1824-1826   Mar 1991   [Refereed]
Purification and Properties of β-1,4-Xylanase from Aeromonas(/)- caviae(/)- W-61
N. V. Dung, Y. Kamio, N. Abe, J. Kaneko, and K. Izaki.
Appl. Environ. Microbiol.   57(2) 445-449   Feb 1991   [Refereed]
J. Kaneko, M. Kuroiwa, K. Aoki, S. Okuda, Y. Kamio, and K. Izaki.
Agricultural and Biological Chemistry   54(3) 745-751   Mar 1990   [Refereed]
Purification and properties of β-1,4-xylanase from Aeromonas caviae W-61
D. V. Nguyen, Y. Kamio, N. Abe, J. Kaneko, and K. Izaki.
Microbial Utilization of Renewable Resources,   7 77-86   1990   [Refereed]
S. Okuda, J. Kaneko, T. Ogawa, T. Yamaguchi, K. Izaki, and H. Takahashi.
Agricultural and Biological Chemistry   51(1) 109-113   Jan 1987   [Refereed]

Misc

 
市中感染型MRSAの病原性 -PVLの毒性とファージ-
金子淳、神尾好是
化学療法の領域   30(5) 41-49   Apr 2014
They were our enemies, but now they are friends. -Application of bacteriophage to bioindustry-
金子淳
生物工学会誌   87(2) 87-87   Feb 2009
抗生物質の作用機構及び検出法
金子淳、阿部直樹、神尾好是
乳業技術   60 57-65   Mar 2011
Recent research progress in the applied microbiology laboratory:enzumes, toxins and cell-envelope structure of environmental and pathogenic bacteria
Naoki Abe, Yoshifumi Ito, Jun kaneko, Seiji Kojima, Mutumi Fukuda, and Kazuteru Yamada
Tohoku jurnal of agriculture      2008
in press

Books etc

 
A handbook of bacterial toxins
神尾好是,冨田敏夫,金子淳 (Part:Joint Work, α毒素,β毒素,δ毒素,γ毒素,ロイコシジン)
サイエンスフォーラム   Feb 2002   ISBN:4916164547
Staphylococcus aureus Infection and Disease
Y KAMIO,T TOMITA,J KANEKO (Part:Joint Work, Pore-Forming cytolysins from Staphylococcus aureus)
Kluwer Academic/Plenum Pubrishers   Jul 2001   ISBN:0-306-46591-4
Polyamines, a universal molecular nexus for growth, survival and specialised metabolism
Yoshiyuki Kamio, Yoshihiro Yamaguchi, and Jun Kaneko. Bacterial antizyme . In T. Kusano and H.Suzuki (ed.), Polyamines, a universal molecular nexus for growth, survival and specialised metabolism (Springer Co.Ltd., New York)(2015). (Part:Joint Work, 8. Bacterial antizyme)
Springer Co.Ltd.   Jan 2015   ISBN:978-4-431-55212-3
Dynamism of genetic information and its molecular mechanism
金子淳,神尾好是 (Part:Joint Work, ブドウ球菌の二成分性白血球崩壊毒素のファージ変換と遺伝子の獲得機構)
東北大学遺伝生態研究センター   Mar 2001   
Prospects of Nutrition and Food Science in the 21sy Century
Jun KANEKO
日本食品出版   Mar 1999   

Conference Activities & Talks

 
Molecular mechanism of beta-barrel assembly of Staphylococcal bi-component toxin
Kein Takeda, Yoshikazu Tanaka, Naoki Abe and Jun Kaneko
Tohoku-Hokkaido branch meeting of JSBBA   23 Sep 2018   
Intermolecular switch for stem release in the staphylococcal bi-component toxin γ-hemolysin for β-barrel pore assembly
TAKEDA Kein, TANAKA Yoshikazu, KANEKO Jun
16 Mar 2018   
黄色ブドウ球菌の二成分性毒素LukEDにおけるS型成分の細胞特異性に関わる領域の解析
○彭 昭、金子 淳
日本細菌学会第90回総会   19 Mar 2017   
会員外協同研究者:多田秀明、柴田 奈緒 (小野薬品工業株式会社)
偏性嫌気性ルーメン細菌 Selenomonas ruminantium の主要外膜蛋白質 Mep45は C 末端側 341 残基で拡散チャネルを形成する
○林華奈子、金子淳、栃木左枝子、草野友延、神尾好是、児島征司
日本農芸化学会東北支部第151回大会   9 Oct 2016   
黄色ブドウ球菌のβバレル膜孔形成毒素の膜孔形成及び遺伝子の伝播機構
○金子淳、田中良和
第63回トキシンシンポジウム   14 Jul 2016   
バクテリオファージ尾部状バクテリオシンの標的認識機構の解明とその応用
○樋口大祐、金子淳
第5回ファージ研究会   4 Sep 2014   
結晶構造解析により明らかになった黄色ブドウ球菌由来膜孔形成毒素の分子機構
○田中良和、山下大智、菅原宇希、金子淳、神尾好是、田中勲、挑閲
第61回 トキシンシンポジウム   3 Sep 2014   
協同研究者による発表
黄色ブドウ球菌の2成分性膜孔形成血球崩壊毒素S型成分の細胞特異性に関与する領域の解析(2)
○竹下珠由、長崎由依、田中良和、神尾好是、金子淳
日本農芸化学会2014年度大会   28 Mar 2014   
ファージ尾部状バクテリオシンを利用したファージ宿主認識の研究
○樋口大祐、鈴木敦斗、木村啓太郎、阿部 直樹、金子 淳
日本農芸化学会2014年度大会   28 Mar 2014   
膜リン脂質組成のγ-セクレターゼにin vitro活性への影響
小野寺智子、管英一郎、二井勇人、内田隆史、神尾好是、金子淳
第4回リン化合物討論会(第31回C-P化合物研究会)   14 Dec 2013   
Brevibacillus sp. 93株の産生するオリゴ乳酸分解酵素に関する研究
○佐藤 友彦、中川 甲斐、遠藤 睦子、冨田 耕右、金子 淳、阿部 直樹
日本農芸化学会2013年度大会   24 Mar 2013   
ルーメン細菌Selenomonas ruminantium subsp. lactilytica TAM6421株のゲノム解析
○小野寺 智子、山田(成田) 佐知子、阿部 直樹、菅 英一郎、児島 征司、宮崎 隆雄、小口 晃央、安海 明百、市川 夏子、中澤 秀和、福井 重広、高橋 幹男、山崎 秀司、藤田 信之、神尾 好是、金子 淳
日本農芸化学会2013年度大会   24 Mar 2013   
黄色ブドウ球菌の2成分性膜孔形成血球崩壊毒素S型成分の細胞特異性に関与する領域の解析
○竹下珠由、田中良和、神尾好是、金子淳
日本農芸化学会2013年度大会   24 Mar 2013   
ヘテロ膜孔形成2成分性血球崩壊毒素ファミリーのS型成分における赤血球崩壊に関与する領域の解析
竹下珠由、高橋基史、田中良和、神尾好是、金子淳
第57回ブドウ球菌研究会   21 Sep 2012   
会場:広島大学東京オフィス
納豆菌ファージにおける菌体外ポリマー分解酵素遺伝子の 存在とその転写制御機構の解析
鈴木敦斗、尾崎達郎、木村啓太郎、金子淳
第4回ファージ研究会   19 Sep 2012   
本人の発表
会場:群馬大学刀城会館
黄色ブドウ球菌由来γ-ヘモリジンのpreporeのX線結晶構造解析
山下大智、田中良和、金子淳、冨田典子、太田信、神尾好是、姚閔、田中勲
第59回 トキシンシンポジウム   30 Aug 2012   
協同研究者による発表
二成分性膜孔形成毒素の膜孔中間体の結晶構造解析
山下 大智、田中 良和、金子 淳、 冨田 典子、太田 信、神尾 好是、姚 閔、 田中 勲
日本蛋白質科学会年会   20 Jun 2012   
若手ポスター賞(発表者 山下 大智)
会場:名古屋国際会議場
Recent progress of the resarch on Staphylococcal bi-component pore-forming toxins. -Structure, poreforming mechanism, and the organizationof the genes-
Jun Kaneko*, Yoshikazu Tanaka, Yoshiyuki Kamio
6th Japan-Finland Biotechnology symposium 2012   4 Jun 2012   
本人の発表
Degradation of Selenomonas ruminantium lysine/ornuthin decarboxylase by ClpXP proteolysis system which requires bacterial antizyme, P22
Hitoshi Numako, Yaozhao Li, Sachiki Yamada-Narita, Jun kaneko, Nobuyuki Fujita, Yoshiyuki Kamio*
6th Japan-Finland Biotechnology symposium 2012   4 Jun 2012   
共同研究者の発表
黄色ブドウ球菌が産生する二成分性赤血球崩壊毒素 γ -hemolysin の Hlg2 成分の標的細胞膜結 合に関与する因子の探索
*高橋基史,毛利彰太,神尾好是,金子 淳
日本農芸化学会2012年度大会   23 Mar 2012   
エタノールアミン型リン脂質の γ-セクレターゼの in vitro 活性への影響
*小野寺智子, 佐々木広美, 二井勇人, 内田隆史, 神尾好是,金子 淳
日本農芸化学会2012年度大会   23 Mar 2012   
リボソーム蛋白質L10 をアダプターとするClpP 型プ ロテアーゼによるリジン脱炭酸酵素の分解
*沼子仁志,李 耀召,金子 淳1,高塚由美子,神尾好是
日本農芸化学会2012年度大会   23 Mar 2012   
Characterization and Image Analysis of Heteroheptameric Structure on Staphylococcal gamma-hemolysin Transmembarne Pore
N. Tomita, K. Abe, J. Kaneko, Y. Kamio, M. Ohta
Eighth International Conference on Flow Dynamics   9 Nov 2011   
Crystal Structure of the Octameric Pore of Staphylococcal gamma-hemolysin
Y. Tanaka, K. Yamashita, Y. Kawai, N. Hirano, J. Kaneko, N. Tomita, M. Ohta, Y. Kamio, M. Yao, I. Tanaka
Eighth International Conference on Flow Dynamics   9 Nov 2011   
黄色ブドウ球菌由来2成分性毒素の膜孔構造
○田中良和、山下恵太郎、河合優香、平野なぎ沙、金子淳、神尾好是、姚閔、田中勲
第58回 トキシンシンポジウム   6 Jul 2011   
協同研究者による発表
Peptidoglucan-linked cadaverine serves as the essential constituent for the anchoring mechanizm between the outer membrane and peptidoglycan in Selenomonas ruminantium.
Seiji Kojima*, Jun kaneko, Naoki Abe, Yumiko Takatsuka, Yoshiyuki Kamio
4th FEMS Congress of European Microbiologists   26 Jun 2011   
指導学生の発表
リポソーム蛋白質L10がアンチ財務として作動するポリアミン合成制御機構の解明:ATP依存性プロテアーゼの探索
*沼子仁志、成田ー山田佐知子、藤田信之、金子淳、神尾好是、高塚由美子
日本農芸化学会2011年度大会   25 Mar 2011   
震災のため発表は中止。大会は成立している。
Selenomonas ruminantium におけるペプチドグリカン(PG)結合型カダベリンを介した 外膜ーPG間接着機構の解析
*児島征司、高塚由美子、阿部直樹、金子淳、神尾好是
日本農芸化学会2011年度大会   25 Mar 2011   
震災のため発表は中止。大会は成立している。
キシラン分解菌Paenibacillus sp.W-61におけるAxyRを介したxyn3の発現誘導機構の解明
*福田睦、渡辺誠司、吉田滋樹、神尾好是、金子淳
日本農芸化学会2011年度大会   25 Mar 2011   
震災のため発表は中止。大会は成立している。
γ-ポリグルタミン酸分解酵素遺伝子を有する納豆菌ファージのゲノム解析
*尾崎達郎、阿部直樹、木村啓太郎、金子淳
日本農芸化学会2011年度大会   25 Mar 2011   
震災のため発表は中止。大会は成立している。
S. aureus の産生する白血球崩壊毒素群の解析
*若林由佳梨、川上和義、神尾好是、金子淳
日本農芸化学会2011年度大会   25 Mar 2011   
震災のため発表は中止。大会は成立している。
納豆菌特異的ファージφNIT1のゲノム解析
*尾崎達郎、阿部直樹、木村啓太郎、金子淳
第5回日本ゲノム微生物学会年会   14 Mar 2011   
震災のため発表は中止。大会は成立している。
マベガイ外套膜レクチンPPL-1の微生物に対する相互作用
永沼孝子、小川智久、金子淳、村本光二
平成22年度日本水産学会秋季大会   24 Sep 2010   
Identification of tail-tip protein in a phageφSLT carrying Panton- Valentine leukocidin genes acting as an adhesion protein to a poly (glycerophosphate) chain of lipoteichoic acid on the cell surface of Staphylococcus aureus.
Yukari Wakabayashi, Sachiko Narita-Yamada, Yoshiyuki Kamio, and* Jun Kaneko
第3回ファージ研究会   9 Sep 2010   
大阪大学蛋白質研究所セミナーとして開催された。
本人の発表
黄色ブドウ球菌の病原性獲得に関わるファージ:二成分性毒素遺伝子を伝播するファージ群
第3回ファージ研究会   9 Sep 2010   
大阪大学蛋白質研究所セミナーとして開催された。
Panton-Valentine Leukocidin 変換ファージ φSLT における 黄色ブドウ球菌 細胞表層リポテイコ酸 認識尾部タンパク質の同定
*若林 由佳梨、成田‐山田 佐知子、神尾 好是、金子 淳
第55回ブドウ球菌研究会   21 Jul 2010   
Cadaverine covalently linked to the peptidoglycan of Selenomonas ruminantium interacts with the major outer membrane protein Mep45 through the N-terminal SLH domain in the periplasmic space
Seiji Kojima*, Kyong-Cheol Ko, Naoki Abe, Jun Kaneko, Yoshifumi Itoh, Yoshiyuki Kamio
2010 INTERNATIONAL POLYAMINE CONFERENCE : Progress in Medicine and Life Sciences   14 Jun 2010   
Brevibacillus bovis NRBC100599 株の生産する生分解性プラスチック(オリゴ乳酸)分解酵素に関する研究
*中川甲斐、遠藤睦子、冨田耕右、神尾好是、金子淳、阿部直樹
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
Amicolatopsis sp. K104-1株由来ポリ乳酸分解酵素のX線結晶構造解析
*北村 萌、村山和隆、玉川英幸、金子淳、阿部直樹
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
納豆菌のDegS-DegU二成分制御系のDegS の可溶性維持条件の検討
*鈴木由貴、木村啓太郎、阿部直樹、伊藤義文、金子淳
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
キシラン分解細菌 Paenibacillus sp. W-61 のキシラナーゼ遺伝子群の発現を制御する誘導物質と制御機構の解明
*福田睦、伊藤義文、阿部直樹、阿部敬悦、神尾好是、金子淳
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
Paenibacillus sp. W-61 のキシラン資化性における Xyn1, Xyn3 の機能解明
*伊東広哉、福田睦、加藤陽治、伊藤義文、阿部直樹、阿部敬悦、神尾好是、金子淳
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
Selenomonas ruminantium における主要外膜タンパク質Mep45とペプチドグリカン結合型カダベリンとの相互作用の解析
*児島征司、Ko Kyong- Cheol、阿部直樹、金子淳、伊藤義文、神尾好是
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
γーポリグルタミン酸分解酵素を有する納豆菌ファージの研究
*尾崎達郎、木村啓太郎、伊藤義文、金子淳
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
Panton-Valentine Leukocidin 変換ファージ phiSLT における黄色ブドウ球菌細胞表層リポテイコ酸認識尾部タンパク質の同定
*若林由佳梨、山田-成田佐知子、神尾好是、金子淳
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
S. aureus の生産する2成分性血球崩壊毒素ロイコシジンのヒト白血球崩壊における各成分の役割
*渋谷善之、金子淳、神尾好是
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
ブドウ球菌の二成分性毒素γヘモリジンが形成するヘテロダイマー膜孔複合体の立体構築とサブユニット間配置の定量的解析
*冨田典子, 安西眸, 阿部和代、金子淳、神尾好是, 太田信
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
黄色ブドウ球菌が産生する赤血球崩壊毒素γ‐ヘモリジンによる赤血球膜構造変化の解析
毛利 彰太、神尾好是、*金子淳
日本農芸化学会2010年度大会   27 Mar 2010   
本人の発表
Identification of tail-tip protein in a phage φSLT carrying Panton-Valentine leukocidin genes acting as an adhesion protein to a poly(glycerophosphate) chain of lipoteichoic acid on the cell surface of Staphylococcus aureus
*金子淳、山田-成田 佐知子、若林 由佳梨、神尾 好是
第83回日本細菌学会総会   27 Mar 2010   
本人の発表
γ-ポリグルタミン酸分解酵素を有する納豆菌ファージの研究
* 尾崎達郎、木村啓太郎、伊藤義文、金子淳
日本農芸化学会東北支部第144回大会   31 Oct 2009   
Paenibacillus sp. W-61 のキシラン資化性における Xyn1, Xyn3 の機能解明
*伊東広哉、福田睦、阿部直樹、阿部敬悦、伊藤義文、神尾好是1、金子淳
日本農芸化学会東北支部第144回大会   31 Oct 2009   
キシラン分解細菌 Paenibacillus sp. W-61 のキシラナーゼ遺伝子群の発現を制御する誘導物質と制御因子の探索
*福田睦、伊藤義文、阿部直樹、阿部敬悦、神尾好是、金子淳
日本農芸化学会東北支部第144回大会   31 Oct 2009   
ブドウ球菌の2成分性毒素γヘモリジンが形成するヘテロヘプタマ ー膜孔複合体の立体構造解析
*冨田典子, 安西眸, 金子淳、神尾好是, 太田信
第54回ブドウ球菌研究会   17 Sep 2009   
生分解性プラスチック(ポリ乳酸)分解酵素の研究ー耐熱性ポリ乳酸分解酵素の精製・性質解明
中川甲斐※、遠藤睦子、冨田耕右、金子淳、阿部直樹
第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   16 Jun 2009   
キシラン分解菌Paenibacillus sp. W-61のキシラナーゼ分泌過程におけるリポタンパク質の機能解明
福田睦、渡辺誠司、金子淳、神尾好是、伊藤義文
第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   16 Jun 2009   
Pectobacterium carotovorum Er 株のDNA 障害応答性バクテリオシンの微生物生態学的意義
山田和輝*、金子淳、伊藤義文
日本農芸化学会2009大会   27 Mar 2009   
偏性嫌気性細菌Selenomonas ruminantium TAM6421株における16S rRNA遺伝子の解析
宮崎隆雄*、阿部直樹、金子淳、伊藤義文
日本農芸化学会2009大会   27 Mar 2009   
植物軟腐病菌Pectobacterium carotovorumにおけるDNA障害応答性 RdgA-RdgBレギュロンの微生物生態学的機能
山田和輝*, 金子淳, 伊藤義文
日本農芸化学会東北支部第143回大会   11 Oct 2008   
黄色ブドウ球菌外毒素であるLeukocidinによる樹状細胞活性化の検討
* 位田剣、金子淳、宮里明子、青柳哲史、八田益充、山本夏夫、伊藤義文、賀来満夫、川上和義
第53回ブドウ球菌研究会   18 Sep 2008   
Cell-surface location of xylanase 5 and its role in the regulation of the xylanase gene system in Paenibacillus sp. W-61
福田睦、金子淳、阿部直樹、神尾好是、伊藤義文
Mie Bioforum 2008   1 Sep 2008   
Paenibacillus sp. W-61 の産生する β-1,4-Xylanase の機能、分泌及び局在
神尾好是*、渡辺誠司、福田睦、Nguyen Viet Ding、岡井直子、伊藤靖子、Roy Narayan、金子淳、阿部直樹、冨田敏夫、伊藤義文
第60回生物工学会大会   27 Aug 2008   
マベガイ外套膜レクチンPPL-1の微生物に対する相互作用
永沼孝子、小川智久、金子淳、村本光二
平成20年度日本水産学会春季大会   28 Mar 2008   
Paenibacillus sp. W-61 の産生する Xylanase 1 のフォールディングに必須なリポプロテイン (LppX) の解析
福田睦*、渡辺誠司、金子淳、神尾好是、伊藤義文
日本農芸化学会2008大会   26 Mar 2008   
Paenibacillus sp.W-61の産生するxylanase1特異的に作用するリポプロテインの解析
福田睦*、渡辺誠司、金子淳、神尾好是、伊藤義文
第4回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   4 Jun 2007   
植物病原細菌Pectobacterium carotovorumの産生するDNA傷害誘導性バクテリオシンとペクチンリアーゼの生産制御機構の解析
山田和輝*、金子淳、神尾好是、伊藤義文
第4回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   4 Jun 2007   
Panton-Valentine leukocidin produced by Staphylococcus aureus induces an intense inflammation in the skin.
S. Morizane*, O Yamasaki, F Kato, J Kaneko and K Iwatsuki.
68th Annual Meeting of The Society for Investigative Dermatology   9 May 2007   
Paenibacillus sp. W-61の菌体表層Xyn5 によるキシラナーゼ遺伝子群発現誘導機構
福田睦*、渡辺誠司、金子淳、阿部直樹、神尾好是、伊藤義文
日本農芸化学会2007大会   24 Mar 2007   
Erwinia carotovora Er 株におけるDNA 傷害誘導生バクテリオシンとペクチンリアーゼの生育至適温度の決定機構
山田和輝*、金子淳、神尾好是、伊藤義文
日本農芸化学会2007大会   24 Mar 2007   
黄色ブドウ球菌の2成分性赤血球崩壊毒素γ-へモリジンの膜孔複合体形成における赤血球DRMの関与
泉井亮太*、金子淳、門馬直太、Nguyen Anh Thi Van、神尾好是
第51回ブドウ球菌研究会   14 Sep 2006   
植物病原菌Erwinia carotovoraのファージ尾部状バクテリオシン産生に関与する溶菌カセットの解析
山田和輝*、金子淳、神尾好是
第79会日本細菌学会総会   29 Mar 2006   
黄色ブドウ球菌のロイコシジンはヒト多形核白血球膜の不溶性膜画分(DRM)、ラフト上で膜孔オリゴマーを形成する
西山晃史、金子淳*、原田昌彦、神尾好是
第79会日本細菌学会総会   29 Mar 2006   
本人の発表
Staphylococcus aureus Smith 5R 株のγ-へモリジン産生はsaeによって支配されている
山崎和子*、金子淳、神尾好是
第79会日本細菌学会総会   29 Mar 2006   
Erwinia carotovora Er 株におけるcarotovoricin Erとペクチンリアーゼの発現制御機構
山田和輝*、金子淳、神尾好是
日本農芸化学会2006大会   25 Mar 2006   
Paenibacillus sp. W-61におけるORF&によるキシラナーゼ1活性発現
渡辺誠司*、金子淳、神尾好是
日本農芸化学会2006大会   25 Mar 2006   
Paenibacillus sp. W-61におけるキシラナーゼ5遺伝子の破壊株作製とその諸性質
福田睦*、渡辺誠司、金子淳、神尾好是
日本農芸化学会2006大会   25 Mar 2006   
ロイコシジンによる細胞崩壊に関する細胞側因子の探索
竹ヶ原夕紀*、金子淳、西山晃史、神尾好是
日本農芸化学会2006大会   25 Mar 2006   
黄色ブドウ球菌のロイコシジンはヒト多形核白血球膜の不溶性膜画分(DRM)、ラフト上で膜孔オリゴマーを形成する
西山晃史、金子淳*、原田昌彦、神尾好是
日本農芸化学会2006大会   25 Mar 2006   
本人の発表
Panton-Valentine型Leukocidin変換ファージの 多様性と疫学への応用
千葉潤一*,金子淳,土井智幸,Y. Piemont,J. Etienne,山崎修,岩月啓氏,神尾好是
第52回毒素シンポジウム   6 Jul 2005   
Panton-Valentine 型leukocidin変換ファージの多様性と疫学への応用
金子淳*、千葉潤一、土井智幸、Y. Piemont、 J . Etienne、山崎修、岩月啓氏、神尾好是、
第2回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   16 May 2005   
本人の発表
持続可能な資源循環型社会を目指して-生分解性プラスチック・ポリ乳酸分解菌とその分解機構について-
阿部直樹*、松田英美子、金子淳、神尾好是
第2回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   16 May 2005   
Panton-Valentine型Leukocidin変換ファージの 多様性と疫学への応用
金子淳*,千葉潤一,土井智幸,Y. Piemont,J. Etienne,山崎修,岩月啓氏,神尾好是
第78回日本細菌学会総会   4 Apr 2005   
本人の発表
Amicolatopsis sp. K104-1株由来ポリ乳酸分解酵素遺伝子に関する研究
松田英美子*,阿部直樹,金子淳,神尾好是
日本農芸化学会2005大会   28 Mar 2005   
Erwinia carotovora Er 株におけるcarotovoricin Erの産生はRdgによって制御されている
山田和輝*,Nguyen Anh Hoa, 金子淳, 神尾好是
日本農芸化学会2005大会   28 Mar 2005   
Paenibacillus sp. W-61 におけるキシラナーゼ1活性発現に関する研究
渡辺誠司*,金子淳,神尾好是
日本農芸化学会2005大会   28 Mar 2005   
Staphylococcus aureus Smith 5R 株におけるγ-ヘモリジン産生能の不可逆的欠失機構に関する研究(3)
山崎和子*,金子淳,加藤文紀,神尾好是
日本農芸化学会2005大会   28 Mar 2005   
ポリ乳酸分解による最終生成産物の同定と変異ポリ乳酸分解酵素の解析
松田英美子*,阿部直樹,冨田敏夫,金子淳,神尾好是
日本農芸化学会東北支部第139回大会   19 Sep 2004   
Staphylococcus aureus Smith 5R 株におけるγ-ヘモリジン産生能の不可逆的欠失機構(III)
山崎和子*,金子淳,加藤文紀,神尾好是
日本農芸化学会東北支部第139回大会   19 Sep 2004   
Panton-Valentine型Leukocidin変換ファージの多様性
千葉潤一,金子淳*,成田佐知子,土井智幸,Y. Piemont,J. Etienne,山崎修,岩月啓氏,神尾好是
第49回ブドウ球菌研究会   7 Sep 2004   
本人の発表
二成分性血球崩壊毒素の産生制御機構
加藤文紀*,金子淳,神尾好是
第49回ブドウ球菌研究会   7 Sep 2004   
Staphylococcus aureus Smith 5R 株におけるγ-ヘモリジン産生能の不可逆的欠失機構
山崎和子*,金子淳,加藤文紀,神尾好是
第49回ブドウ球菌研究会   7 Sep 2004   
ヒト赤血球膜上での黄色ブドウ球菌γ-ヘモリジンのホスファチジルコリンへの結合並びに膜孔形成にはLukFのW177及びR198が必須である
金子淳*,神尾好是
第49回ブドウ球菌研究会   7 Sep 2004   
本人の発表
黄色ブドウ球菌二成分性血球崩壊毒素の発現制御機構
加藤文紀*,金子淳,神尾好是
第51回毒素シンポジウム   7 Jul 2004   
Staphylococcus aureus 産生する二成分性血球崩壊毒素の誘導物質の単離、同定、及びその作用機構
加藤文紀*,金子淳,神尾好是
第77回日本細菌学会総会   1 Apr 2004   
黄色ブドウ球菌γ-ヘモリジンの赤血球認識におけるDRM(Detergent Resistant Membrane)の関与
門馬直太*,Nguyen Anh Thi Van,金子淳,神尾好是
日本農芸化学会2004年度大会   28 Mar 2004   
Paenibacillus W-61の産生するxyn 1遺伝子下流にコードされるORF4の機能解析
渡辺誠司*,金子淳,神尾好是
日本農芸化学会2004年度大会   28 Mar 2004   
Staphylococcus aureus のPVL変換ファージφSLTにおける宿主への吸着蛋白質の同定
成田佐知子*,金子淳,神尾好是
日本農芸化学会2004年度大会   28 Mar 2004   
Panton-Valentine型leukocidin変換ファージの多様性(3)
千葉潤一,金子淳,成田佐知子,土井智幸,Y.Piemont,J. Etienne,山崎修,岩月啓氏,神尾好是
日本農芸化学会2004年度大会   28 Mar 2004   
植物病原菌Erwinia carotovora Erのバクテリオシン遺伝子の構造解析(II)
山田和輝*,金子淳,新美喜子,神尾好是
日本農芸化学会2004年度大会   28 Mar 2004   
Staphylococcus aureus 産出する二成分性血球崩壊毒素の誘導機構
加藤文紀*,島谷明子,金子淳,神尾好是
日本農芸化学会2004年度大会   28 Mar 2004   
Staphylococcus aureus Smith5R株におけるγ-Hemolysin生産能の不可逆的欠失機構の関する研究(II)
山崎和子*,金子淳,加藤文紀,神尾好是
日本農芸化学会2004年度大会   28 Mar 2004   

Research Grants & Projects

 
Study on Staplycocpccal PVL toxin-converting phage
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1996 - Today
Study of Staphylococcal bi-component toxins
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1994 - Today

Social Contribution

 
東北大学「飛翔型科学者の卵」養成講座
[Others]  Nov 2014 - Today
発展コース担当
2014年度3名

発展コース全国大会出場指導 2015 2名
日本農芸化学会被災地理科教育支援 出前授業・出前実験(青陵中等学校)
[Others]  31 Jul 2013 - 2 Aug 2013
納豆作りの謎-見えない生き物を利用した先人の知恵と発酵生産-」
納豆菌にスポットを当て、「発酵食品」および「バイオテクノロジー」というキーワードで3回の講義と実験を行い、知識と観察結果を結びつけながら科学的探究心を高めるとともに、「農芸化学」基盤である発酵産業における先人の知恵と微生物の性質の関係を解説する。
 サイエンスパートナーシップ(主催)
[Others]  Apr 2012 - Mar 2013
「抗菌って何だろう-微生物の生存競争の原理を利用した抗菌剤開発」というテーマで、微生物の培養とスクリーニング、抗菌剤の開発と作用および耐性機構等について実験と最先端研究成果を交えて講義を行うことで、微生物と生態系や環境そして医療領域との関わりと共存戦略を理解する。連携校は仙台市立青陵中等教育学校、宮城県仙台二華中学校・高等学校、宮城県農業高等学校である。
仙台市立青陵中等学校科学部研究支援
[Others]  Nov 2011 - Today
納豆菌に関する研究発表に関するディスカッションおよびまとめ、発表の指導
東北大学 一日大学(仙台青陵中等教育学校)
[Others]  7 Nov 2017
微生物の世界

Others

 
Apr 2016   細菌による機能性プラズマローゲン生産の基盤となる酵素の分子機構の解明
本研究は、細菌におけるプラズマローゲン(Pls)のビニルエーテル結合形成の分子機構を世界に先駆けて解明し、食経験のある細菌の分子育種によるPlsの微生物生産技術の基盤を築くことを目的とする。
 Plsはグリセロール骨格の1位に尾部がビニルエーテル結合したリン脂質である。脳神経細胞に豊富に含まれており、その減少とADの発症との間の相関が知られていた。近年、マウス実験でPlsの経口投与がADの発症や進行を抑制する報告がなされるに従い、Plsのサプリメントとしての需要が高まっている。しかし現状では安全な機能性Plsソースは動物の筋肉に限られており、非常に高価である。我々はエタノールアミン型Pls を豊富に含む嫌気性ルーメン細菌Selenomonas ruminaitumの膜脂質画分が、アミロイドβ産生に関わる膜酵素γセクレターゼ活性を用量依存的に抑制することを発見し(業績2)、細菌が機能性Plsソースとなると確信した。
 本研究は、本菌のゲノム解析(業績1)から見いだしたPlsX-PlsY系によるビニルエーテル結合導入に関わる分子機構を解明し、細菌を用いた安全安価なPls供給の技術開発に繋げる。
Oct 2012   植物由来ワキガ起因菌の増殖抑制物質の探索
我が国では、ワキガ症は深刻な悩みとなっている。ワキガの根本的治癒法は、手術による以外に根本的な治療法がない為、制汗デオド
ラント製品が用いられているが、デオドラント常用による肌荒れや皮膚の異常を訴える人が増えている。被災地でに避難所生活では体
臭もストレスの原因となったことであろう。我々は研究協力者の体験から、植物由来の成分にワキガ臭軽減効果を見いだし、それがワ
キガ起因菌の増殖抑制活性を有することを確認した。本研究は東北地方で収穫できる植物からワキガ起因菌等皮膚細菌の活動をコント
ロールする天然成分を抽出し、その本体を明らかにすると共に、ワキガ症の根本的抑制デオドラント剤としての開発の可能性を検証す
る。
Apr 2012   抗菌って何だろう−微生物の生存競争の原理を利用した抗菌剤開発−
抗菌剤」をキーワードとして考え、微生物の培養とスクリーニング、抗菌剤の開発と作用および耐性機構等について実験と最先端研究成果を交えて講義を行う。さらに日本の基幹技術でもある発酵産業とバイオテクノロジーの現状と将来、耐性菌の出現等の問題への対処法などに関して実験を交えた講義を行い、微生物と生態系や環境そして医療領域との関わりと共存戦略をへの理解を深め、目に見えない生物の光と影に対する関心を高めることを目的とする。
Jul 2011   オーダーメード型特異的殺菌剤作出技術開発 -ファージ尾部状バクテリオシンの標的細胞認識期機構の応用-
平成22年度A-Step FS 探索タイプ「 (AS221Z02922E)の成果であるシーズ技術を完成させ、さらに腸内細菌科のグラム陰性菌病原菌に対するオーダーメードCtv作成技術として進展させる。さらに、発展技術として位置づけているグラム陽性菌を含めた各種病原菌に対応しうるCtvの能力を生かした安全かつ病原菌特異的な殺菌剤開発の技術基盤を確立することによりグラム陰性、陽性を問わず特定の菌を認識する尾部タンパク質を設計、それを導入したCtvを用いた標的微生物の殺菌システムの構築を目指す。
Sep 2010   ファージ尾部状バクテリオシンによるオーダーメード型特異的 殺菌剤作出技術開発
ファージ療法は抗生物質に頼らない次世代感染症治療法の実現への一つの解答であるが、自然界から分離したファージを用いる限り、病原菌に応じたファージの維持管理の問題やファージによる生態系汚染、病原因子の伝播のリスクが避けられない。申請者らはファージ尾部のみで殺菌活性を持つバクテリオシン(Ctv)を発見しその解析を進めてきた。Ctvは尾部繊維の交換により標的変換が可能で生態系の汚染や病原因子の伝播を起こさない。本課題はCtvをベースにファージの宿主認識機構に関わる申請者の成果とDNAデータベース上の種々のファージの宿主認識タンパク質情報を駆使してオーダーメードの特異的殺菌剤作出技術の開発を目標とする。