中村 捷

J-GLOBALへ         更新日: 08/08/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
中村 捷
 
ナカムラ マサル
URL
http://www.sal.tohoku.ac.jp/eng/index.htm
所属
旧所属 東北大学 大学院文学研究科 文化科学専攻
職名
教授
学位
文学修士(東北大学), 博士(文学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1974年
 - 
1975年
東北大学文学部助手
 
1975年
 - 
1977年
東京学芸大学講師
 
1977年
 - 
1981年
東京学芸大学助教授
 
1981年
 - 
1990年
東北大学文学部助教授
 
1990年
 - 
1999年
東北大学文学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
東北大学 文学研究科 英語学
 
 
 - 
1967年
島根大学 教育学部 英語学科
 

委員歴

 
2001年
 - 
2005年
日本英語学会/理事会  理事
 
2002年
   
 
日米教育委員会(フルブライト委員会)選考委員会  面接官
 
1975年
 - 
1978年
日本英文学会/大会準備委員会  大会準備委員(1975-1978)
 
1981年
 - 
1985年
日本英文学会/編集委員会  編集委員(1981-1985)
 
1987年
   
 
日本英語学会/評議員  評議員(1987-)
 

受賞

 
1977年
市河賞
 

Misc

 
OPTIMALITY OF THE COMPUTATIONAL COMPONENT
Proceedings of Linguisitics and Phonology 2002      2003年
"A Strong Thesis of the Computational Component,"
Explorations in English Linguistics, 15.   ,1-46    2000年
THE MIDDLE CONSTRUCTION AND SEMANTIC PASSIVIZATION
Verb Semantics and Syntactic Structure      1997年
ON 'NULL OPERATOR' CONSTRUCTIONS
Current English Linguisitics in Japan      1991年
Japanese as a Pro Language
The Linguistic Review   (6)    1991年

書籍等出版物

 
意味論ー動的意味論ー
2003年   
束縛関係-代用表現と移動-
1996年   
生成文法の新展開─ミニマリスト・プログラム─
2001年   
形容詞
研究社   1976年   
意味論
大修館書店   1983年   

Works

 
『変形文法の軌跡』(梶田優著)
1977年
『生成意味論研究』(山梨正明著)
1978年
『動詞(I)』(大江三郎著)
1983年
Present Subjunctives in Present-Day English (Syuji Chiba)
1987年
『橋渡し英文法』(毛利可信著)
1987年

競争的資金等の研究課題

 
言語と知覚システム
研究期間: 2000年   
生成文法理論, 語彙意味論
研究期間: 2000年