後藤 斉

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/30 12:18
 
アバター
研究者氏名
後藤 斉
 
ゴトウ ヒトシ
eメール
gothitm.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fa095fe602410d01ad1c451707cbced9.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科・文学部 言語科学専攻 言語学講座 言語学分野
職名
教授
学位
文学修士(東北大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
2021年3月
日本言語学会  評議員
 
2012年10月
 - 
2016年9月
国立国語研究所外部評価委員会  委員
 
2015年5月
 - 
現在
日本ロマンス語学会  副会長
 
1997年5月
 - 
現在
日本ロマンス語学会  理事
 
2006年4月
 - 
2011年3月
科学研究費特定領域「日本語コーパス」  外部評価委員
 

受賞

 
2014年10月
一般財団法人日本エスペラント協会 小坂賞 『日本エスペラント運動人名事典』の編纂
受賞者: 柴田巌、後藤斉
 
2014年8月
世界エスペラント協会 Diplomo pro Elstara Agado pro la verko Biografia leksikono de la japana Esperanto-movado
 
『日本エスペラント運動人名事典』の著述
2006年10月
財団法人日本エスペラント学会 小坂賞 高度な学習辞典としての「エスペラント日本語辞典」の編集・刊行
受賞者: エスペラント日本語辞典編集委員会
 
編集副主幹として参加

論文

 
国際語エスペラント ―言語共同体の特性から―
後藤 斉
日本語学   37(5) 158-169   2018年5月   [招待有り]
エスペラントづいた柳田國男
後藤 斉
鈴木岩弓・小林隆編,『柳田國男と東北大学』, 東北大学出版会, 2018.   177-206   2018年4月   [招待有り]
西洋人日本語研究に関する吉野作造の論考
後藤斉
東北大学言語学論集   (24) 1-14   2016年3月
コーパス言語学と日本語研究
後藤斉
日本語科学   (22) 47-58   2007年10月   [査読有り][招待有り]
日本近代史のなかのエスペラント
後藤斉
『第100回記念日本エスペラント大会記念公開講演会(2013年)報告書 日本にとってのエスペラント―歴史から学ぶ未来への展望』   4-20   2014年10月   [招待有り]
日本語・エスペラント対訳
言語理論と言語資料 ―コーパスとコーパス以外のデータ―
後藤斉
『日本語学』   22(5) 6-15   2003年4月   [招待有り]
文法化―ロマンス言語学と一般言語学
後藤斉
ロマンス語研究   (39) 1-9   2006年5月   [査読有り]
人文学研究とインターネット
後藤斉
人文学と情報処理   (15) 9-14   1997年12月   [査読有り]
言語学のための文献解題
後藤斉
野間秀樹編『韓国語教育論講座』(くろしお出版)   607-625   2008年1月   [招待有り]
言語学のなかの計画言語論
後藤斉
木村護郎クリストフ・渡辺克義編『媒介言語論を学ぶ人のために』(世界思想社)   254-274   2009年8月   [招待有り]
少数言語におけるコーパス利用に関する一考察
後藤斉
科学研究費「ロシアおよびその周辺の少数言語のコーパスの構築と 記述的・歴史的研究」研究成果報告書      2009年3月
科学研究費補助金 基盤研究 (A) #18202010 (2006-2008) 研究代表者:松村一登
ヨーロッパ中世文法学における独創性-Razos de TrobarとDonatz Proensals-
後藤斉
東北大学文学部研究年報   42 155-178   1993年3月
コーパスの類型論
後藤斉
東北大学言語学論集   (6) 27-33   1997年3月
日本語コーパス言語学と語の文体レベルに関する予備的考察
後藤斉
東北大学文学研究科研究年報   50 201-214   2000年3月
慣用句と自由な語結合の間 ―「博する」を例にして―」
後藤斉
東北大学言語学論集   11 1-8   2002年9月
言語研究のためのデータとしてのコーパスの概念について
後藤斉
東北大学言語学論集   (4) 71-87   1995年3月   [査読有り]
中世オック語の主語転換現象について
後藤 斉
ロマンス語研究   23    1990年   [査読有り]
「神話」の比喩的用法について-コーパス言語学からのアプローチ-
後藤 斉
東北大学言語学論集   2,1-16    1993年   [査読有り]
Topic-Prominence in Medival Occitan
GOTOO Hitosi
Bulletin of Yonezawa Womens's Colledge of Yamagata Prefecture   24    1989年12月
コーパスとしての新聞記事テキストデーター終助詞「かしら」をめぐって
後藤 斉
東北大学言語学論集   5 37-46   1996年   [査読有り]
インターネットと言語-英語公用語化論との関連において-
後藤斉
宮城教育大学情報処理センター年報   (8) 41-45   2001年3月   [招待有り]
言語学史の中の国際語論
後藤 斉
月刊言語   12(10)    1983年   [査読有り]
Functional Load of Declension in Medieval Occitan
GOTOO Hitosi
Bulletin of Yonezawa Womens's Colledge of Yamagata Prefecture   22 87-95   1987年12月
La Esperanta leksikografio, precipe rilate al la Esperanto-Japana Vortaro
GOTOO Hitosi
Aziaj kontribuoj al esperantologio   7-11   2008年10月   [招待有り]
コーパスを活用した日本語の研究
後藤斉
韓国日語日文学会2006年度夏季国際学術大会発表論文要旨集   170-173   2006年6月   [招待有り]
Neutral Case Marking and Free Word Order in Latin "Accusative with Infinitive"
GOTOO Hitosi
Culture   48(3) 4   1985年   [査読有り]
Remarques sur la construction relative de l'ancien occitan
GOTOO Hitosi
Culture   47(1) 2   1983年   [査読有り]
古プロヴァンス語の複合時制
後藤 斉
ロマンス語研究   13,14    1981年   [査読有り]

Misc

 
コーパス
後藤斉 小泉政利編著
『ここから始める言語学プラス統計分析』   195-208   2016年4月
『張赫宙日本語作品選』『朝鮮時論』
野間秀樹編 後藤斉
『韓国・朝鮮の知を読む』   360-362   2014年2月
「あいうえお」の言語学
後藤斉
『ことばの魅力とその世界』   1-49   2008年4月
「エスペラント語」「コーパス」など15項目
佐藤武義 ・前田富祺他編
日本語大事典      2014年11月
【資料紹介】1941年の朝鮮語実験音声学論文
後藤斉
東北大学言語学論集   22 15-28   2013年9月

書籍等出版物

 
単語力から総合的な語学力へ ― エスペラント応用語彙論―
後藤 斉
日本エスペラント協会   2015年10月   ISBN:978-4-88887-090-4
日本エスペラント運動人名事典
柴田巌・後藤斉編 峰芳隆監修 (担当:共編者)
ひつじ書房   2013年10月   ISBN:978-4-89476-664-8
エスペラント日本語辞典
『エスペラント日本語辞典』編集委員会,編集主幹 小西岳,編集副主幹 後藤斉 (担当:共編者)
日本エスペラント学会   2006年7月   ISBN:4-88887-044-6
人物でたどるエスペラント文化史
後藤 斉
日本エスペラント協会   2015年10月   ISBN:978-4-88887-089-4
言語学史 第三版(共訳)
R. H. ロウビンズ著、中村完・後藤斉訳 (担当:共編者)
研究社出版   1992年3月   ISBN:978-4-327-40100-9

講演・口頭発表等

 
Pli kaj pli da krudmaterialoj por historiaj esploroj, kaj ...
Esperantologia Konferenco 2015   2015年7月30日   
エスペラントづいた柳田國男
柳田國男五十年祭記念シンポジウム「柳田國男と東北大学」   2011年11月19日   
バイリンガルのL2(第二言語)習得における. L1(第一言語)使用への影響について
金春香
第2回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム   2011年8月23日   
コロケーションを考えるためのいくつかの視点
日本エスペラント学会 2010 年度研究発表会   2010年10月9日   
ワークショップ「中世研究における電子テクストの現状と将来性―中世南仏語文学データベース(COM)刊行に寄せて」
日本フランス語フランス文学会2007年度秋季大会   2007年11月10日   

競争的資金等の研究課題

 
日本語コーパス言語学の可能性と問題点
研究期間: 1997年4月 - 現在
エスペラントの語彙体系
研究期間: 1997年4月 - 現在
日本におけるエスペラント文化史
その他の研究制度
研究期間: 2006年6月 - 現在
言語学史
研究期間: 1997年4月 - 現在

社会貢献活動

 
第16期有備館講座
【その他】  2017年8月26日
講義「大槻文彦をめぐって」
学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2017
【その他】  2017年7月16日
「声から見ることばの科学 耳と目で確かめてみよう」
国際語通し親交結ぶ 人物でたどるエスペラント文化史 後藤斉著
【その他】  河北新報  2015年11月23日
後藤斉著『人物でたどるエスペラント文化史』(日本エスペラント協会, 2015)の紹介
第102回日本エスペラント大会
【その他】  2015年10月10日 - 2015年10月12日
実行委員長
第100回記念日本エスペラント大会公開講演会「日本にとってのエスペラント―歴史から学ぶ未来への展望」
【その他】  2013年10月13日
記念講演「日本近代史のなかのエスペラント」