佐藤 嘉倫

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/19 22:58
 
アバター
研究者氏名
佐藤 嘉倫
 
サトウ ヨシミチ
eメール
ysato123m.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1358b7b8eaf80e6f6c0b4043e0839563.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科・文学部 人間科学専攻 行動科学講座 行動科学分野
職名
教授
学位
博士(文学)(東北大学), 社会学修士(東京大学)
その他の所属
東北大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年10月
 - 
現在
東北大学大学院文学研究科 教授
 
2000年8月
 - 
2001年7月
コーネル大学社会学部 客員研究員
 
1992年7月
 - 
1994年7月
シカゴ大学社会学部 客員研究員
 
1992年4月
 - 
2002年9月
東北大学文学部 助教授
 
1988年4月
 - 
1992年3月
横浜市立大学商学部 助教授 Associate Professor
 

学歴

 
 
 - 
1987年3月
東京大学 社会学研究科 社会学(A)
 
 
 - 
1982年3月
東京大学 文学部 社会学専修課程
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
日本社会学会  理事
 
2018年9月
 - 
現在
日本社会学会  Editor-in-Chief, International Journal of Japanese Sociology
 
2018年4月
 - 
現在
日本学術振興会学術システム研究センター  主任研究員
 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議  第一部会員
 
2015年7月
 - 
2017年7月
東北社会学会  会長
 
2013年3月
 - 
現在
Contemporary Japan  Editorial board
 
2013年3月
 - 
2014年7月
International Sociological Association  Editorial board, International Sociology
 
2012年11月
 - 
2015年11月
日本社会学会  Deputy Editor, International Journal of Japanese Sociology
 
2012年7月
 - 
2015年11月
日本社会学会  理事
 
2012年3月
 - 
現在
The Journal of Asian and African Studies  国際アドバイザリーボード
 
2011年3月
 - 
現在
Bangladesh Sociological Association  『バングラデシュ社会学研究』編集委員
 
2010年8月
 - 
2014年7月
International Sociological Association  概念・用語分析部会・福会長(アジア担当)
 
2010年7月
 - 
2014年7月
International Sociological Association  合理的選択部会理事
 
2010年1月
 - 
現在
British Journal of Management  編集委員
 
2008年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議  連携委員
 
2008年8月
 - 
現在
日本学術振興会 先端科学(FoS)シンポジウム事業委員会専門委員会  専門委員
 
2008年7月
 - 
2014年7月
日本社会学会  世界社会学会議組織委員会委員
 
2006年7月
 - 
2014年7月
国際社会学会  理事
 
2006年1月
 - 
現在
Equality, Diversity and Inclusion  編集アドバイザリーボード
 
2013年7月
 - 
2015年7月
東北社会学会  理事
 
2012年8月
 - 
2013年8月
American Sociological Association  合理性と社会部会評議員
 
2009年12月
 - 
2012年11月
日本社会学会  国際化戦略特別委員会委員
 
2011年8月
 - 
2012年8月
American Sociological Association  合理性と社会部会・部会長
 
2010年12月
 - 
2011年11月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2009年12月
 - 
2011年11月
科学研究費補助金 人文・社会系委員会  委員
 
2010年8月
 - 
2011年8月
American Sociological Association  合理性と社会部会最優秀論文賞選考委員長
 
2010年8月
 - 
2011年8月
American Sociological Association  合理性と社会部会評議員
 
2010年10月
 - 
2010年11月
日本学術振興会  「特定領域研究(がん分野)」事後評価委員
 
2010年10月
 - 
2010年11月
科学研究費補助金「特定領域研究(がん分野)」事後評価委員会  委員
 
2009年12月
 - 
2010年11月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2009年12月
 - 
2010年11月
科学研究費補助金 研究成果公開発表委員会  委員
 
2010年9月
   
 
日本行動計量学会  第38回大会企画委員
 
2006年7月
 - 
2010年7月
国際社会学会  合理的選択部会会長
 
2003年11月
 - 
2009年10月
日本社会学会  国際交流委員
 
2008年8月
 - 
2009年8月
American Sociological Association  数理社会学部会・大学院生論文賞選考委員
 
2007年9月
 - 
2009年3月
数理社会学会  第7回論文賞選考委員会委員
 
2006年8月
 - 
2008年9月
日本学術会議  連携委員
 
2007年8月
 - 
2008年8月
American Sociological Association  論文賞選考委員
 
2008年7月
   
 
International Sociological Association  第1回社会学フォーラム・合理的選択部会・大学院生論文賞選考委員長
 
2005年7月
 - 
2008年7月
日本社会学会  将来計画特別委員
 
2004年7月
 - 
2007年7月
文部科学省私立大学研究高度化推進委員会  協力委員
 
2007年6月
   
 
International Conference on Rational Choice and Social Institutions  大学院生論文賞選考委員長
 
2005年4月
 - 
2007年3月
数理社会学会  会長
 
2005年1月
 - 
2006年12月
日本学術振興会科学研究費委員会  専門委員
 
2002年7月
 - 
2006年7月
国際社会学会  合理的選択部会理事
 
2003年8月
 - 
2005年7月
日本学術振興会特別研究員等審査会  専門委員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
数理社会学会  編集理事
 
2001年7月
 - 
2003年7月
東北社会学会  編集委員
 
1999年4月
 - 
2001年3月
数理社会学会  渉外理事
 
1997年4月
 - 
2001年3月
数理社会学会  編集委員
 

受賞

 
2015年3月
日本NPO学会 第13回日本NPO学会優秀賞
受賞者: 辻竜平,佐藤嘉倫
 
2016年4月
Association of American Publishers PROSE Awards
受賞者: Editors and Authors of International Encyclopedia of Social and Behavioral Sciences, 2nd Edition
 
2008年7月
Korean Ministry of Culture, Sports and Tourism Book Award for Scholarly Excellence 図書Social Subsumption and Exclusion in East Asiaに対する賞
受賞者: Yong-Hak Kim 他
 
2005年8月
Award Committee of the US and Japan Joint Conference on Mathematical Sociology The Best Papers of the US and Japan Joint Conference on Mathematical Sociology 最優秀論文賞
 

論文

 
終章 ソーシャル・キャピタルの生成過程に関する試論
佐藤 嘉倫
ソーシャル・キャピタルと社会(ミネルヴァ書房)   239-248   2018年6月   [招待有り]
序章 社会学におけるソーシャル・キャピタル
佐藤 嘉倫
ソーシャル・キャピタルと社会(ミネルヴァ書房)   1-16   2018年6月   [招待有り]
間メディア環境における公共性――ネット住民は公共性の夢を見るか?
佐藤嘉倫
ソーシャルメディアと公共性(東京大学出版会)      2018年1月   [招待有り]
Does Agent-based Modeling Flourish in Sociology? Mind the Gap between Social Theory and Agent-based Models
Yoshimichi Sato
Reconstruction of the Public Sphere in the Socially Mediated Age (Springer)   37-47   2017年   [招待有り]
自己組織性と合理的選択
佐藤嘉倫
社会理論の再興――社会システム論と再帰的自己組織性を超えて(ミネルヴァ書房)      2016年12月   [招待有り]
社会的不平等の数理モデルに向けて: ミクロ・マクロ・リンクを意識した数理モデルの重要性
佐藤嘉倫
理論と方法   31(2) 277-290   2016年9月   [査読有り][招待有り]
Institutions and Actors in the Creation of Social Inequality
Yoshimichi Sato
Social Inequality in Post-Growth Japan: Transformation during Economic and Demographic Stagnation      2016年8月   [査読有り][招待有り]
Inequality in Educational Returns in Japan
Yoshimichi Sato, Shin Arita
Education, Occupation and Social Origin: A Comparative Analysis of the Transmission of Socio-Economic Inequalities   94-113   2016年4月   [査読有り][招待有り]
Moonju Seong, Yoshimichi Sato
Indian Journal of Science & Technology   8(19)    2015年8月   [査読有り]
Jun Kobayashi,Mei Kagawa,Yoshimichi Sato
International Journal of Japanese Sociology   24(1) 20-29   2015年3月   [査読有り][招待有り]
主観的幸福感とソーシャル・キャピタル-地域の格差が及ぼす影響の分析
古里由香里,佐藤嘉倫
ソーシャル・キャピタルと格差社会―幸福の計量社会学(東京大学出版会)   189-208   2014年6月   [査読有り][招待有り]
Kikuko Nagayoshi,Yoshimichi Sato
International Sociology   29(4) 302-323   2014年   [査読有り]
Yoshimichi Sato
Sociopedia      2013年7月
Yoshimichi Sato
Sociopedia      2013年7月
正規雇用と非正規雇用――日本における格差問題――
佐藤嘉倫
不平等生成メカニズムの解明――格差・階層・公正(ミネルヴァ書房)   15-34   2013年3月   [招待有り]
Mathematical Sociology in Japan: Its Powerful Development and a Problem
Yoshimichi Sato
International Journal of Japanese Sociology   22(1) 16-31   2013年3月
Stability and Increasing Fluidity in the Contemporary Japanese Social Stratification System
Yoshimichi Sato
Humbert, Marc and Yoshimichi Sato (eds.), Social Exclusion: Perspectives from France and Japan, Trans Pacific Press   8-19   2012年3月   [招待有り]
“Stability and Increasing Fluidity in the Contemporary Japanese Social Stratification System,” Contemporary Japan, 22-1&2: 7–21, September, 2010. DOI 10.1515/cj.2010.003の転載論文
Yoshimichi Sato
理論と方法   26(2) 243-252   2011年9月   [査読有り][招待有り]
流動化する労働市場と職業キャリアの格差
林雄亮, 佐藤嘉倫
盛山和夫・片瀬一男・神林博史・三輪哲(編)『日本の社会階層とそのメカニズム――不平等を問い直す』, 東京: 白桃書房   35-60   2011年9月   [招待有り]
現代日本の格差の諸相――転職とワーキングプアの問題を中心にして――
佐藤嘉倫,林雄亮
佐藤嘉倫・尾嶋史章(編)『現代の階層社会1 格差と多様性』, 東京: 東京大学出版会   3-17   2011年9月   [招待有り]
Institutions and Inequality in the Status Attainment Process :A Theoretical Note
Yoshimichi Sato
佐藤嘉倫(編), 『現代日本の階層状況の解明――ミクロ-マクロ連結からのアプローチ―― 第1巻 社会階層・社会移動』, 科学研究費補助金研究成果報告書   1-13   2011年3月   [招待有り]
Regular and Non-Regular Employment as an Additional Duality in Japanese Labor Market: Institutional Perspectives on Career Mobility
Jun Imai, Yoshimichi Sato
Yoshimichi Sato and Jun Imai (eds.), Japan's New Inequality: Intersection of Employment Reforms and Welfare Arrangements, Melbourne: Trans Pacific Press   1-31   2011年2月   [招待有り]
A Comparative Study of Trust in Japan and Korea: How Can We Solve Korean Puzzles in the Study of Trust?
Yoshimichi Sato
Lim, Hyun-Chin, Wolf Schafer, and Suk-Man Hwang (eds.), New Asias: Global Futures of World Regions, 209-225, Seoul: Seoul National University Press   209-225   2010年9月   [招待有り]
Stability and Increasing Fluidity in the Contemporary Japanese Social Stratification System
Yoshimichi Sato
Contemporary Japan   22(1-2) 7-21   2010年9月   [査読有り]
Rational Choice Theory
Yoshimichi Sato
Sociopedia      2010年7月
国際社会学会電子版社会学事典
Are Asian Sociologies Possible?: Universalism versus Particularism
Yoshimichi Sato
Michael Burawoy, Mau-kuei Chang, and Michelle Fei-yu Hsieh (eds.), Facing An Unequal World: Challenges for A Global Sociology vol. 2: Asia, Institute of Sociology, Academia Sinica and Council of National Associations of International Sociological Associat   192-200   2010年4月   [招待有り]
Space, Inequality, and Social Capital: The Case of Tokyo
Yoshimichi Sato
Journal of Contemporary Society and Culture   28 181-192   2009年6月   [査読有り][招待有り]
全球化、地方制度与日本中産階級
佐藤嘉倫, 有田伸
李春玲(編), 『比較視野下的中産階級形成』, 北京: 社会科学文献出版社   397-403   2009年4月   [招待有り]
現代日本の階層構造の流動性と格差
佐藤嘉倫
社会学評論   59(4) 632-647   2009年3月   [査読有り][招待有り]
社会変動のミクロ-マクロ理論
佐藤嘉倫
金子勇・長谷川公一(編), 『講座・社会変動 第1巻 社会変動と社会学』, 京都: ミネルヴァ書房   51-76   2008年11月   [招待有り]
An Empirical Study of Intergenerational Transmission of Poverty from the Perspective of Income Mobility
Yoshimichi Sato, Takashi Yoshida
Japan Labor Review   5(4) 95-102   2008年10月   [招待有り]
社会関係資本の光と影
佐藤嘉倫
土場学・篠木幹子(編著), 『個人と社会の相克――社会的ジレンマ・アプローチの可能性――』, 157-173, 京都: ミネルヴァ書房   157-173   2008年3月   [招待有り]
結果の不平等
佐藤嘉倫
原純輔・佐藤嘉倫・大渕憲一(編著), 『社会階層と不平等』, 東京: 放送大学教育振興会   29-50   2008年3月
機会の不平等
佐藤嘉倫
原純輔・佐藤嘉倫・大渕憲一(編著), 『社会階層と不平等』, 東京: 放送大学教育振興会   51-69   2008年3月
不平等の国際比較
佐藤嘉倫
原純輔・佐藤嘉倫・大渕憲一(編著), 『社会階層と不平等』, 東京: 放送大学教育振興会   70-85   2008年3月
韓国社会の両極化と流動性
佐藤嘉倫
原純輔・佐藤嘉倫・大渕憲一(編著), 『社会階層と不平等』, 東京: 放送大学教育振興会   119-136   2008年3月
エスニシティと階層・不平等
佐藤嘉倫
原純輔・佐藤嘉倫・大渕憲一(編著), 『社会階層と不平等』, 東京: 放送大学教育振興会   192-208   2008年3月
Formation of Career Aspirations under Structural Constraints: A Comparative Study of Career Aspirations in Japan, Korea, and Taiwan
佐藤嘉倫
阿形健司(編), 『働き方とキャリア形成』(2005SSM調査シリーズ 4)   143-158   2008年3月
Disparity Society Theory and Social Stratification Theory: An Attempt to Respond to Challenges by Disparity Society Theory
佐藤嘉倫
佐藤嘉倫(編), 『流動性と格差の階層論』(2005SSM調査シリーズ 15)   1-20   2008年3月
Social Mobility in Japan: A New Approach to Modeling Trend in Mobility
David B. Grusky, Yoshimichi Sato, Jan O. Jonsson, Satoshi Miwa, Matthew Di Carlo, Reinhard Pollak, Mary C. Brinton
渡邊勉(編),『世代間移動と世代内移動』(2005SSM調査シリーズ 3)   1-25   2008年3月
Globalization, Local Institutions, and Middle Classes: A Comparative Study of Social Mobility of Middle Classes in Japan and Korea
Yoshimichi Sato, Shin Arita
有田伸(編), 『東アジアの階層ダイナミクス』(2005SSM調査シリーズ 13)   43-54   2008年3月
Globalization, Local Institutions, and Middle Classes: A Comparative Study of Social Mobility of Middle Classes in Japan and Korea
Yoshimichi Sato, Shin Arita
Yong-Hak Kim et al., Social Subsumption and Exclusion in East Asia, Yonsei University Press      2008年2月   [招待有り]
格差社会論と社会階層論――格差社会論からの挑戦に応えて――
佐藤嘉倫
季刊経済理論      2008年1月   [査読有り][招待有り]
貧困の世代間連鎖の実証的研究――所得移動の観点から――
佐藤嘉倫, 吉田崇
日本労働研究雑誌   (563) 75-83   2007年6月   [招待有り]
Deterioration in Japanese Employment Practice and Career Images: An Analysis of Career Images Focusing on the Japanese Labor Market
Yoshimichi Sato
Deciphering Stratification and Inequality: Japan and Beyond   127-139   2007年2月   [招待有り]
若年労働市場の構造変動と若年労働者の二極化
片瀬一男, 佐藤嘉倫
社会学年報   35 1-18   2006年7月   [査読有り][招待有り]
自己組織性とエージェント・ベースト・モデル
佐藤嘉倫
理論と方法   21(1) 1-10   2006年4月   [査読有り][招待有り]
Trust and Commitment in the Market
Yoshimichi Sato
Relational Perspectives in Organizational Studies: A Research Companion   163-179   2006年   [査読有り][招待有り]
Reflections on the Studies of the Middle Classes in Japan: Searching for a New Perspective
Yoshimichi Sato
The Changing Faces of the Middle Classes in Asia-Pacific   51-60   2006年   [招待有り]
市場における信頼関係とコミットメント関係
佐藤嘉倫
ネットワーク・ダイナミクス――社会ネットワークと合理的選択   53-69   2005年9月   [査読有り][招待有り]
自己組織的不平等の理論に向けて――エージェント・ベースト・モデルと社会階層研究――
佐藤嘉倫
社会学研究   77 65-80   2005年8月   [査読有り][招待有り]
Market, Trust, and Inequality: An Agent-based Model of Effect of Market Attractiveness on Trusting Behavior and Inequality
Yoshimichi Sato
理論と方法   20(1) 45-57   2005年3月   [査読有り][招待有り]
日本型雇用慣行の弱体化とキャリア・イメージ――労働市場に焦点をあてたキャリア・イメージの分析――
佐藤嘉倫
現代日本におけるジェンダーと社会階層に関する総合的研究   3-13   2005年3月   [招待有り]
ディスカッションに親しもう
鈴木淳子, 佐藤嘉倫
人文科学ハンドブック――スキルと技法――   87-93   2005年3月   [招待有り]
研究の道具としてのコンピュータ・シミュレーション
佐藤嘉倫
人文科学ハンドブック――スキルと技法――   189-192   2005年3月   [招待有り]
社会学の新しい分析道具――進化ゲーム理論とエージェント・ベースト・モデル――
佐藤嘉倫
情報科学   25 1-11   2005年3月   [招待有り]
市場における信頼関係とコミットメント関係
佐藤嘉倫
フォーマライゼーションによる社会学的伝統の展開と現代社会の解明(科学研究費研究成果報告書)      2005年3月   [招待有り]
Trust and Inequality: An Agent-based Model of Effect of Market Attractiveness on Trusting Behavior
Yoshimichi Sato
現代日本における社会階層、ライフスタイル、社会関係資本の連関構造の分析   57-72   2005年3月   [招待有り]
社会分析の道具としてのゲーム理論
佐藤嘉倫
数理社会学入門(勁草書房)      2005年2月   [招待有り]
社会学における進化論
佐藤嘉倫
人工知能学会誌   19(6) 686-693   2004年11月   [査読有り][招待有り]
Impact of Globalization on Social Mobility in Japan and Korea: Focusing on Middle Classes in Fluid Societies
Yoshimichi Sato, Shin Arita
International Journal of Japanese Sociology   13 36-52   2004年11月   [査読有り][招待有り]
なぜ他人を信頼するのか
佐藤嘉倫
社会を<モデル>でみる――数理社会学への招待   46-49   2004年3月   [招待有り]
Reflections on the Studies of the Middle Class in the SSM Project: Searching for a New Perspective on the Long-standing Topic
Yoshimichi Sato
Asia-Pacific Forum   22 20-26   2003年12月   [招待有り]
Can Evolutionary Game Theory Evolve in Sociology?: Beyond Solving the Prisoner’s Dilemma
Yoshimichi Sato
理論と方法   18(2) 185-196   2003年9月   [査読有り][招待有り]
A Rational Choice Theory of Intentional Social Change: Research Note
Yoshimichi Sato
横浜市立大学論叢(社会科学系列)   54(2-3) 71-82   2003年3月   [招待有り]
Trust, Cooperation, and Market Formation in the U. S. and Japan
Michael Macy, Yoshimichi Sato
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   99(suppl. 3) 7214-7220   2002年5月   [査読有り][招待有り]
社会変動のミクロ-マクロ理論
佐藤嘉倫
フォーマライゼーションによる社会学的伝統の継承と刷新』(科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究成果報告書   227-245   2002年3月
Trust, Assurance, and Inequality: A Rational Choice Model of Mutual Trust
Yoshimichi Sato
Journal of Mathematical Sociology   26(1-2) 1-16   2002年   [査読有り]
未完のバイブル(James S. Coleman, 1990, Foundations of Social Theory, The Belknap Press of Harvard University Press.書評論文)
佐藤嘉倫
理論と方法   15(2) 383-387   2000年10月   [招待有り]
Analysis of Labor Markets in Postwar Japan
Tsutomu Watanabe, Yoshimichi Sato
International Journal of Sociology   30(2) 3-33   2000年8月   [査読有り][招待有り]
高度経済成長の光と影
佐藤嘉倫
『日本の階層システム1 近代化と社会階層』, 東京大学出版会   137-160   2000年6月   [招待有り]
コミュニケーションと行為選択——合理的選択理論によるコミュニケーションの分析——
佐藤嘉倫
社会学研究   67 41-58   2000年1月   [査読有り][招待有り]
職歴に見る戦後日本の労働市場
渡辺勉, 佐藤嘉倫
社会学評論   50(2) 197-215   1999年9月   [査読有り][招待有り]
Trust and Communication
Yoshimichi Sato
Sociological Theory and Methods   13(2) 155-168   1999年2月   [査読有り][招待有り]
合理的選択理論批判の論理構造とその問題点
佐藤嘉倫
社会学評論   49(2) 188-205   1998年9月   [査読有り]
地位達成と社会構造-制度的連結理論の批判的再検討
佐藤嘉倫
日本労働研究雑誌   40(7) 27-40   1998年7月   [査読有り][招待有り]
戦後日本社会における職業移動パターンの変遷
佐藤嘉倫
社会移動とキャリア分析   45-64   1998年3月
Trust and Opportunity : A Game Theoretic Model of Social Capital
Yoshimichi Sato
社会ネットワークの新たな理論に向けて   127-145   1997年3月
信頼と社会的ネットワーク
佐藤嘉倫
社会構造と社会過程のフォーマライゼーション(科研費報告書)   85-98   1997年3月
合理的選択理論と人口・開発問題
佐藤嘉倫
人口と開発   (54) 35-40   1996年1月   [招待有り]
ニューライフの構築
佐藤嘉倫
『環境基本計画に係る環境評価指標原案等調査業務報告書』, 財団法人 宮城県地域振興センター   5-15   1996年1月   [招待有り]
書評論文盛山和夫著『制度論の構図』
佐藤 嘉倫
社会学評論   46(4) 459-465   1996年   [査読有り]
ゲーム理論の新たな応用を目指して
佐藤 嘉倫
理論と方法   10(2) 111-114   1995年   [査読有り]
社会計画と個人の自由
佐藤嘉倫
『共育・共生の社会理論』, 税務経理協会   19-30   1993年4月   [招待有り]
社会計画と社会運動——意図的社会変動の合理的選択モデルをめざして——
佐藤嘉倫
社会理論の新領域』, 東京大学出版会   199-213   1993年4月   [招待有り]
潅漑システム導入による農村社会変動の社会学的分析——ネパール・タライ平原の農村を対象にして——
佐藤嘉倫
開発学研究   3(1) 21-31   1992年10月   [査読有り]
都市のつくりかえを捉える
佐藤嘉倫
『都市社会学のフロンティア 3 変動・居住・計画』, 日本評論社   201-221   1992年4月   [招待有り]
職業コーディング支援システムの構築
佐藤嘉倫
『非定型データの処理・分析法に関する基礎的研究』(科学研究費補助金(総合A)研究成果報告書)   199-204   1992年3月
予言の自己成就
佐藤嘉倫
『考える社会学』, ミネルヴァ書房   21-29   1991年10月   [招待有り]
社会運動と連帯
佐藤嘉倫
『秩序問題と社会的ジレンマ』, ハーベスト社   259-280   1991年9月   [招待有り]
Effects of Irrigation Facilities on Rain-fed Paddy Farming Villages: theoretical note
Yoshimichi Sato
Research on the Integrated System of Rainfed Rice Cultivation Area in South Asia from the View Point of Environmental Planning   67-78   1991年3月
Effects of Irrigation Facilities on a Rain-fed Paddy Farming Village in Nepal: analysis of survey data
Yoshimichi Sato
Research on the Integrated System of Rainfed Rice Cultivation Area in South Asia from the View Point of Environmental Planning   184-194   1991年3月
Research Note on Egaperumalur Village
Yoshimichi Sato
Research on the Integrated System of Rainfed Rice Cultivation Area in South Asia from the View Point of Environmental Planning   79-83   1991年3月
権力発生メカニズムのゲーム理論的分析——継起的ゲームによるフォーマライゼーション——
佐藤嘉倫
『社会学における理論と概念のフォーマライゼーション』(科学研究費補助金(総合A)研究成果報告書)   57-68   1991年2月
システムは造りかえられるか?
佐藤嘉倫
社会・経済システム   9 20-24   1990年10月   [査読有り]
公共性・公正・合理性——地方行財政の社会学的基礎理論をめざして——
佐藤嘉倫
『横浜市立大学共同研究 地方行財政研究(Ⅱ)——全国における横浜——』   109-125   1990年3月
権力の予期理論のゲーム理論的展開——研究ノート——
佐藤嘉倫
『横浜市立大学論叢(人文科学系列)』   41(1.2.3) 61-69   1990年3月   [招待有り]
現代日本の階層構造とその趨勢
盛山和夫, 直井優, 佐藤嘉倫, 都築一治, 小島秀夫
『現代日本の階層構造 1 社会階層の構造と過程』,東京大学出版会   15-50   1990年3月   [招待有り]
職歴移動の構造——労働市場の構造とキャリア・パターン——
盛山和夫, 都築一治, 佐藤嘉倫, 中村隆
現代日本の階層構造 1 社会階層の構造と過程』,東京大学出版会   83-108   1990年3月   [招待有り]

Misc

 
ソーシャル・キャピタルってなに?
佐藤 嘉倫
仙台放送ニュースアプリコラム      2018年2月   [依頼有り]
International Encyclopedia of Social and Behavioral Sciences, 2nd Edition
James D. Wright,Douglas S. Massey,Yoshimichi Sato
   2015年3月
私はなぜ貧乏なのか?--社会階層論の根本問題とこれから
佐藤嘉倫
UP   469 7-12   2011年11月
社会階層・社会移動調査をめぐる国際比較の困難性と可能性――2005年SSM調査の経験から――
佐藤嘉倫
社会と調査   7 12-17   2011年9月
Aidagara
Yoshimichi Sato
The Global Encyclopedia of Informality: Understanding Social and Cultural Complexity, Volume 1   100-102   2018年1月
合理的選択理論から見た社会関係資本とコミュニティの関係
佐藤嘉倫
学術の動向 2017年9月号      2017年9月
人間関係は犯罪を防げるか?
佐藤嘉倫
仙台放送ニュースアプリコラム      2015年12月
スマホアプリ用のコラム
信頼をめぐる謎
佐藤嘉倫
仙台放送ニュースアプリコラム      2015年6月
スマホアプリ用のコラム
不平等・格差
佐藤嘉倫
社会調査事典   376-377   2014年1月
公平な分配はいかにして社会にひろがるのか?―公平な分配とシミュレーション―
佐藤嘉倫
グローバリゼーションと社会学――モダニティ・グローバリティ・社会的公正   265-270   2013年7月
SSM
佐藤嘉倫
現代社会学事典   105-105   2012年12月
職歴移動
佐藤嘉倫
現代社会学事典   675-676   2012年12月
成層
佐藤嘉倫
現代社会学事典   762-762   2012年12月
格差
佐藤嘉倫
現代社会学事典   173-173   2012年12月
社会調査
佐藤嘉倫
現代社会学事典   597-599   2012年12月
数理社会学ワンステップアップ講座(5) プレゼンテーションの技法――日本語報告から英語報告まで
佐藤嘉倫
理論と方法   27(2) 307-312   2012年9月
公正・承認・社会的排除
佐藤嘉倫
社会学年報   41 35-37   2012年7月
公平な分配はいかにして社会にひろがるのか?―公平な分配とシミュレーション
佐藤嘉倫
学術の動向   17(2) 21-25   2012年2月
Internationalization of Japanese Sociology and Its Identity Crisis
Yoshimichi Sato
Footnotes   40(1) 11-11   2012年1月
「思いつき」を大切に
佐藤嘉倫
曙光(東北大学全学教育広報)   31 8-9   2011年4月
現代日本の階層調査
佐藤嘉倫
日本社会学会社会学事典刊行委員会(編集)『社会学辞典』, 東京: 丸善   378-379   2010年6月
現代日本の格差と不平等――2005年SSM調査から見えてくるもの――
佐藤嘉倫
月刊公明   (11月号) 40-45   2008年11月
2005年社会階層と社会移動調査の概要
佐藤嘉倫
よろん   (102) 53-55   2008年10月
分野別研究動向(階級・階層)――研究の展開とフロンティアの拡張――
佐藤嘉倫
社会学評論   59(2) 388-404   2008年9月
正規雇用と非正規雇用の比較による労働市場と社会階層との関係を実証的に解明
佐藤嘉倫
科研費NEWS   3-3   2008年6月
社会階層研究の今日から明日へ
佐藤嘉倫
学術の動向   70-71   2008年4月
フリーター問題に寄り添って
佐藤嘉倫
Business Labor Trend   40-40   2008年3月

書籍等出版物

 
ソーシャル・キャピタルと社会:社会学における研究のフロンティア
佐藤 嘉倫 (担当:編者)
ミネルヴァ書房   2018年6月   
社会理論の再興――社会システム論と再帰的自己組織性を超えて
遠藤薫,佐藤嘉倫,今田高俊 (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   2016年12月   
社会学入門 : 社会をモデルでよむ
小林盾,金井雅之,佐藤嘉倫,内藤準,浜田宏,武藤正義 (担当:共編者)
朝倉書店   2014年11月   ISBN:978-4-2545-0020-2
ソーシャル・キャピタルと格差社会――幸福の計量社会学
辻竜平, 佐藤嘉倫 (担当:共編者, 範囲:まえがき(辻竜平と共著), 11章(古里由香里と共著))
東京大学出版会   2014年6月   ISBN:978-4-13-050182-8
社会階層調査研究資料集 (全7巻・別冊2): 2005年SSM調査報告書
佐藤嘉倫 (担当:監修)
日本図書センター   2013年4月   
不平等生成メカニズムの解明――格差・階層・公正
佐藤嘉倫, 木村敏明 (担当:共編者, 範囲:編者 序章(木村敏明と共著) 第1章)
2013年3月   ISBN:978-623-06562-2
Social Exclusion: Perspectives from France and Japan
Humbert Marc,Yoshimichi Sato (担当:共編者)
Trans Pacific Press   2012年3月   
現代の階層社会1 格差と多様性
佐藤嘉倫,尾嶋史章 (担当:共編者)
東京大学出版会   2011年9月   
現代日本の階層状況の解明――ミクロ-マクロ連結からのアプローチ――
佐藤嘉倫 (担当:編者)
2011年3月   
科学研究費補助金研究成果報告書(全3分冊)
Japan's New Inequality: Intersection of Employment Reforms and Welfare Arrangements
Yoshimichi Sato, Jun Imai (担当:共編者)
Trans Pacific Press   2011年2月   
ワードマップ ゲーム理論-人間と社会の複雑な関係を解く
佐藤嘉倫
新曜社   2008年11月   
社会階層と不平等
原純輔, 佐藤嘉倫, 大渕憲一 (担当:共編者)
放送大学教育振興会   2008年3月   
流動性と格差の階層論
佐藤嘉倫 (担当:編者)
2005年SSM調査研究会   2008年3月   
科学研究費補助金研究成果報告書
2005SSM調査シリーズ 15
Deciphering Stratification and Inequality: Japan and Beyond
Yoshimichi Sato (担当:編者)
Trans Pacific Press   2007年2月   
Intentional Social Change: A Rational Choice Theory, Melbourne: Trans Pacific Press, March 2006.
Yoshimichi Sato
Trans Pacific Press   2006年3月   
ネットワーク・ダイナミクス――社会ネットワークと合理的選択
佐藤嘉倫, 平松闊 (担当:共編者)
勁草書房   2005年9月   
社会を<モデル>でみる――数理社会学への招待
土場学, 小林盾, 佐藤嘉倫, 数土直紀, 三隅一人, 渡辺勉 (担当:共編者)
勁草書房   2004年3月   
意図的社会変動の理論-合理的選択理論による分析
佐藤 嘉倫
1998年   
社会科学のためのモデル入門
佐藤嘉倫, 大澤定順, 都築一治 (担当:共著)
ハーベスト社   1991年12月   

講演・口頭発表等

 
人工知能を備えたロボットは家族の一員になれるか? [招待有り]
佐藤 嘉倫
日本行動計量学会第46回大会   2018年9月3日   
Intra-generational Mobility between the Regular and Non-regular Employment Sectors in Japan
佐藤 嘉倫
第113回アメリカ社会学会大会   2018年8月11日   
Institutions and Agency: Toward a Theory Explaining Social Inequality [招待有り]
佐藤 嘉倫
The 30th Annual Meeting of SASE   2018年6月24日   
人工知能を備えたロボットは家族の一員になれるか?
佐藤 嘉倫
日本NPO学会第20回年次大会   2018年6月9日   
正規雇用―非正規雇用間の世代内移動パターンの時間的変化―2015年SSM調査データを用いた分析―
第90回 日本社会学会大会   2017年11月4日   
社会関係資本の生成過程に関する試論
日本計画行政学会 第40回全国大会   2017年9月8日   
人工知能を備えたロボットは家族の一員になれるか?
日本計画行政学会 第40回全国大会   2017年9月8日   
Does Agent-based Modeling Flourish in Sociology? Mind the Gap between Social Theory and Agent-based Modeling
The 112th Annual Meeting of the American Sociological Association   2017年8月12日   
Exploring Moving Mechanism between Forward-looking and Backward-looking Rational Actions: Toward a Meta Rational Choice Theory
The Third East Asian Conference for Young Sociologists   2017年2月6日   
Exploring Moving Mechanism between Forward-looking and Backward-looking Rational Actions: Toward a Meta Rational Choice Theory
The 111th Annual Meeting of American Sociological Association   2016年8月20日   
A Theory of Rationality: Born to be rational, learn to be rational, or born to learn to be rational?
The Sixth Joint Japan-US Conference on Mathematical Sociology and Rational Choice   2016年8月19日   
社会学のグローバル化の視点から見た東北地方における社会学教育・研究
第63回東北社会学会年次大会 課題報告「東北地方における社会学教育・研究の現状と課題」   2016年7月30日   
Does Agent-based Modeling Survive in Sociology? A Theoretical First Step toward “Sociological” Links between Micro and Macro Levels
The Third ISA Forum of Sociology, Vienna   2016年7月10日   
Does Agent-based Modeling Survive in Sociology?
Workshop on Advances in Computational Social Sciences   2016年7月3日   
社会学グループ プロジェクトの今後の展望:ソーシャル・キャピタルと社会的排除・包摂
ソーシャル・キャピタルシンポジウム「ソーシャル・キャピタル研究における異分野間の学際的知見の共有」   2016年3月12日   
計算社会科学による社会秩序の解明
数土直紀
公開シンポジウム「リスク社会における公共性の構造転換と社会関係資本−−計算社会科学からの挑戦−−」   2016年2月27日   
Who Become Liberalists? An Empirical Study of the Choice between Liberalism and Libertarianism
The Second East Asian Conference for Young Sociologists, University of Tokyo   2016年2月1日   
Institutions and Agency in the Creation of Social Inequality
Summer 2015 Meeting of ISA RC28   2015年8月17日   
社会関係資本からみた現代日本社会
東北大学知の創出センター 第1回日本学セミナー   2015年7月22日   
Are Asian Sociologies Possible? Universalism versus Particularism
The 21st Century Human Value Forum 2015   2015年5月29日   
社会学からみた幸福と社会関係資本
古里由香里
ソーシャル・キャピタルワークショップ「社会関係資本と幸福」   2015年3月13日   
Institutions and Actors in the Creation of Social Inequality:A Rational Choice Approach to Inequality
The 1st East Asian Conference for Young Sociologists   2015年2月2日   
Are Asian Sociologies Possible?Universalism and Particularism
The 1st East Asian Conference for Young Sociologists   2015年2月2日   
Trust and Social Mobility
The 1st East Asian Conference for Young Sociologists   2015年2月2日   
Non-regular Workers Trapped in the Gap between Changing Reality and (Almost) Unchanged Institutions
French Society for Japanese Studies (SFEJ) Symposium   2014年12月12日   
Social Capital and Subjective Happiness
Yukari Furusato
2014 ANPOR Annual Conference   2014年11月29日   
Institutions and Actors in the Creation of Social Inequality
The 109th Annual Meeting of American Sociological Association   2014年8月16日   
Meta Rational Choice Analysis of Social Action
The XVIII ISA World Congress of Sociology   2014年7月13日   
Coverage of Social Capital and Utility Function of Actors Involved: Toward a Clearer Understanding of Functions of Social Capital
The 7th National Symposium for Sociology Graduate Students   2014年2月21日   
Persistent Inequality between Regular and Non-regular Workers in Japan
2014 International Symposium for Professional Scholars at Chung-Ang University   2014年2月21日   
Coverage of Social Capital and Utility Function of Actors Involved: Toward a Clearer Understanding of Functions of Social Capital
Lecture at University of Duisburg-Essen   2013年11月27日   
Non-regular Workers Trapped in the Gap between Changing Reality and (Almost) Unchanged Institutions
Seminar at University of Hamburg   2013年11月26日   
Institutions and Agency in the Creation of Social Inequality
VSJF Annual Conference 2013 on Inequality in Post-Growth Japan   2013年11月22日   
Toward Clearer Conceptualization and Theorization of Social Capital: Focusing on Four Aspects of the Concept
第86回日本社会学会大会   2013年10月12日   
Non-regular Workers Trapped in the Gap between Changing Reality and (Almost) Unchanged Institutions
2013 IOS-Tohoku Symposium on Social Change and Social Inequality in Taiwan and Japan   2013年9月26日   
Difficulties in Comparative Studies of Social Stratification
International Conference on Survey Research Methodology   2013年9月4日   
Structure of Labor Market in Japan: Complementing Roles of Human Capital and Social Capital
Jun Kobayashi and Mai Kagawa
第56回数理社会学会大会   2013年8月27日   
Who Supports Redistributive Policies in Contemporary Japan? Integrative Approach of Self-interest and Institutionalism Models
Kikuko Nagayoshi
The 108th Annual Meeting of the American Sociological Association   2013年8月10日   
Rational Choice in the Creation of Social Stratification
Section on Rationality and Society Pre-Conference. Advances in Rational Choice Theory and Social Research   2013年8月9日   
Institutions and Agency: Theoretical First Step
Summer School at the Stanford Center on Poverty and Inequality   2013年6月18日   
Non-regular Workers Trapped in the Gap between Changing Reality and (Almost) Unchanged Institutions
The Third ISA Conference of the Council of National Associations   2013年5月13日   
Institutions and Agency in the Creation of Social Inequality
Closed Workshop on Social Inequality in Japan: A Reassessment   2013年3月18日   
Non-regular Workers Trapped in the Gap between Changing Reality and (Almost) Unchanged Institutions
Joint Symposium of UC Riverside and CSSI, Tohoku University   2013年1月25日   
Non-regular Workers Trapped in the Gap between Changing Reality and (Almost) Unchanged Institutions
The 7th International Symposium on Frontiers of Sociological Inquiries by Young Scholars in Asia   2013年1月12日   
Social Stratification and Inequality in Contemporary Japan: Coexistence of Stability and Increasing Fluidity
The 2012 Australian Sociological Association Annual Meeting   2012年11月26日   
Non-regular Workers Trapped in the Gap between Changing Reality and (Almost) Unchanged Institutions
The 2012 Australian Sociological Association Annual Meeting   2012年11月26日   
結束的ソーシャルキャピタルと主観的幸福感のパラドキシカルな関係
古里由香里
日本社会学会   2012年11月3日   
Non-regular Workers Trapped in the Gap between Changing Reality and (Almost) Unchanged Institutions
International Symposium on Asian Perspectives on Social Stratification and Inequality   2012年10月27日   
Who Become Liberalists? An Empirical Study of the Choice between Liberalism and Libertarianism,
The 107th Annual Meeting of the American Sociological Association   2012年8月17日   
Who Become Liberalists? An Empirical Study of the Choice between Liberalism and Libertarianism,
Yukari Furusato
The Fifth Joint Japan-North America Mathematical Sociology Conference, Denver,   2012年8月16日   

競争的資金等の研究課題

 
社会変動の研究
研究期間: 1982年4月 - 現在
信頼の研究
国際研究
研究期間: 1992年4月 - 現在
ゲーム理論の社会学的応用
研究期間: 1987年4月 - 現在

社会貢献活動

 
先行研究のレビューの仕方
【講師】  日本社会学会  英語論文ワークショップ  2018年8月26日 - 2018年8月26日
子どもの貧困って何? 子どもの貧困のはかり方
【講師】  聖ドミニコ学院高等学校  宮城県内大学幼児保育フォーラム  2018年6月30日 - 2018年6月30日
子どもの貧困の影響と原因
【講師】  聖ドミニコ学院高等学校  宮城県内大学幼児保育フォーラム  2018年6月30日 - 2018年6月30日
信頼をめぐる謎 なぜ人は裏切られるかもしれないのに他人を信頼するのか?
【講師】  東北大学  東北大学リベラルアーツサロン  2018年6月8日 - 2018年6月8日
英語による報告と質疑応答に関する技法
【講師】  数理社会学会  第65回数理社会学会大会ワンステップアップ・セミナー  2018年3月13日 - 2018年3月13日
サイエンス講座内容紹介(下) 愛される「ロボットらしさ」
【取材協力】  読売新聞  読売新聞  2017年12月21日 - 2017年12月21日
AIと社会 関わり探る
【取材協力】  読売新聞  読売新聞  2017年12月18日 - 2017年12月18日
人工知能を備えたロボットは家族の一員になれるか?
【講師】  東北大学  市民のためのサイエンス講座  2017年12月17日 - 2017年12月17日
子供の貧困とその要因
【講師】  宮城県社会科教育研究会  宮城県社会科教育研究会  2017年12月12日 - 2017年12月12日
人間と機械「信頼」どこまで
【取材協力】  読売新聞  読売新聞  2017年12月10日 - 2017年12月10日
人工知能の可能性考える
【取材協力】  読売新聞  読売新聞  2017年11月17日 - 2017年11月17日
流されず 本質見極める目を
【取材協力】  河北新報  河北新報  2017年10月19日 - 2017年10月19日
地下鉄と人間、社会-近代化の視点から-
【講師】  東北大学大学院文学研究科  第2回イブニング講座「メトロでカルチャー」  2016年12月21日 - 2016年12月21日
人間関係は犯罪を防げるか? 東京を事例として
【講師】  宮城県仙台第一高等学校  平成28年度高大連携事業に係る講演及び講義等  2016年11月30日 - 2016年11月30日
宮城でも広がるハロウィーン熱
【出演】  TBC  Nスタ みやぎ  2016年10月28日 - 2016年10月28日
人間関係は犯罪を防げるか? 東京を事例として
【講師】  東北大学大学院文学研究科  東北大学大学院文学研究科と市民のセミナー 有備館講座  2016年9月17日 - 2016年9月17日
対談:エドゥアール・ルイ+佐藤嘉倫「現代の支配を書く」
【講師】  アンスティチュ・フランセ東京  対談:エドゥアール・ルイ+佐藤嘉倫「現代の支配を書く」  2015年11月7日 - 2015年11月7日
財団法人メンタルケア協会 メンタルケア・スペシャリスト養成講座
【その他】  2015年4月12日
講座受講者に地域社会の人間関係が犯罪を抑止する効果について講演した。
財団法人メンタルケア協会 第148回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
【その他】  2014年4月27日
講座受講者に地域社会の人間関係が犯罪を抑止する効果について講演した。
山形県立酒田東高等学校宿泊研修
【その他】  2014年4月8日
1年生研修の一環として「平和と貧困」という講演をした。
財団法人メンタルケア協会 第148回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
【その他】  2013年4月14日
講座受講者に地域社会の人間関係が犯罪を抑止する効果について講演した。
今どきの合コン事情!
【出演, 寄稿】  TBCテレビ  2012年10月25日
現代の若者の間ではやっている街コンや店コンについて現代社会論の視点からコメントした
日本人の絆―震災と私たちのこころ
【出演, 寄稿】  河北新報  2012年10月18日
東北大学ホームカミングデーの仙台セミナーの報告
心のつながり前進の力 震災後の絆東北変える 仙台セミナー
【出演, 寄稿】  河北新報  2012年10月7日
東北大学ホームカミングデーの仙台セミナーの報告
東北大学仙台セミナー「絆と社会――東日本大震災の教訓」
【その他】  2012年10月6日
里見進・東北大学総長と寺島英弥・河北新報社編集委員と東日本大震災と人々の絆について鼎談した。
つながり求め 広がる「朝活」
【出演, 寄稿】  TBCテレビ  2012年9月28日
最近はやっている朝活について雇用形態の変化や社会ネットワークの在り方という視点からコメントした。
財団法人メンタルケア協会 第131回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
【その他】  2012年5月20日
講座受講者に地域社会の人間関係が犯罪を抑止する効果について講演した。
第53回数理社会学会大会ワンステップアップセミナー
【その他】  2012年3月13日
参加者に日本語や英語によるプレゼンテーションの技法について解説した。
財団法人メンタルケア協会 第130回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
【その他】  2011年10月2日
講座受講者に地域社会の人間関係が犯罪を抑止する効果について講演した。
仙台東高校大学訪問
【その他】  2011年7月29日
仙台東高校の生徒を研究室に受け入れて、永吉希久子准教授とともに研究室で行っている研究について分かりやすく紹介した。
Japan at a crossroads
【その他】  Japane Times  2011年2月6日
Contemporary Japan誌に掲載された論文の論評。
財団法人メンタルケア協会 第120回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
【その他】  2010年4月11日
講座受講者に地域社会の人間関係が犯罪を抑止する効果について講演した。
東北大学リベラルアーツサロン
【その他】  2010年4月9日
一般市民を対象にして公平な分配が社会に広がる過程をコンピュータ・シミュレーションによって示した。
東北大学関東交流会
【その他】  2009年8月2日
参加者に地域の人間関係が犯罪を防止する効果について講演した。
財団法人メンタルケア協会 第108回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
【その他】  2009年5月3日
講座受講者に現代日本若年層の問題を講演した。
財団法人メンタルケア協会 第107回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
【その他】  2008年5月11日
講座受講者に現代日本若年層の問題を講演した。
大東文化大学経済研究所第27回経済シンポジウム「格差社会の現実と展望――豊かな社会の実現に向けて」
【その他】  2007年12月1日
一般市民向けに格差社会をめぐる講演をした。
慶応義塾大学21世紀COEプログラム多文化市民意識研究センター講演会
【その他】  2007年10月22日
「地球市民意識と不平等」という講演をした。
東北大学100周年記念まつり「東北大名物教授のポケットセミナー」
【その他】  2007年8月25日
「将来が見えない若者たち――家庭・教育・労働市場の再構築――」という講演をした。
私の団塊・東北論
【出演, 寄稿】  朝日新聞  2007年4月3日
第7回東北大学100周年記念セミナー「きれる子、無気力な子、挫折する子――親の力、教師の力、社会の力を考える――」
【その他】  2007年1月13日
「将来が見えない若者たち――家庭・教育・労働市場の再構築――」という講演をした。
第5回東北大学100周年記念セミナー「生き方、老い方、死に方を科学する」
【その他】  2006年2月10日
「安心して冒険できる社会へ――新しい日本型雇用制度の可能性――」
生活大事・ SSM調査
【出演, 寄稿】  河北新報  2005年11月22日
東北大学100周年記念 第1回サテライトセミナー(名古屋)
【その他】  2005年7月20日
卒業生などを対象にしたセミナーで、「日本社会の流動性と価値観のゆらぎ」という講演をした。
トコトンハテナ「いまどきの中流ってどんな生活?」
【出演, 寄稿】  テレビ東京  2005年7月10日
仙台二高1学年「一日大学」講師
【その他】  2004年11月25日
公平な分配はどう社会に広がるのか?――コンピュータ・シミュレーションへの招待
素朴な疑問が社会のメカニズムを探る端緒~数理社会学の魅力~
【出演, 寄稿】  東北大学広報部ウェブサイト  2004年10月
自分の研究内容、特に数理社会学を紹介する記事
豊かな社会の不平等を追究
【出演, 寄稿】  受験科情報誌AZEST増刊「卓越する大学」  2004年8月5日
21世紀COEプログラム「社会階層と不平等研究教育拠点」の内容紹介の記事
「新しい不平等」解明が目標
【出演, 寄稿】  東北大学研究教育振興財団広報誌 樅の木  2004年5月
21世紀COEプログラム「社会階層と不平等研究教育拠点」の紹介記事
旧7帝大 今回も底力
【その他】  朝日新聞  2003年7月18日
2003年度採択の21世紀COEプログラムの紹介記事
「企画力が評価」採択数3位に
【その他】  朝日新聞  2003年7月18日
採択された東北大学COEに関する紹介記事
骨髄移植で難病克服 三沢さんに総長賞 東北大卒業式
【その他】  河北新報  2003年3月25日
私の指導した三澤仁平君の総長賞受賞に関する記事
学振・NAS「日米先端科学シンポジウム」5回目数える
【その他】  科学新聞  2003年3月7日
日本学術振興会と全米科学アカデミーが共催する第5回日米先端科学シンポジウムの内容に関する記事
この人に聞く
【出演, 寄稿】  産経新聞  1998年3月23日
インドネシア大学大学院学部との学術交流や私が客員教授として赴任する予定であることに関する記事
東北電力環境セミナー
【その他】  1997年10月
講師
宮城県「環境の日シンポジウム」
【その他】  1997年6月
コメンテーター

その他

 
2009年3月
Review: Civil Society What and How: Jeffrey C. Alexander, The Civil Sphere. New York and Oxford: Oxford University Press, 2006
2010年3月
Reviews: Locating Science: Hiromi Mizuno, Science for the Empire: Scientific Nationalism in Modern Japan. Stanford, CA: Stanford University Press, 2009
2004年9月
書評 金光淳著『社会ネットワーク分析の基礎――社会関係資本論にむけて』
2003年11月
Social Stratification in Contemporary Japan, edited by Kenji Kosaka. London and New York: Kegan Paul International, 1994, pp. xvi+220
1999年6月
山岸俊男著『信頼の構造――こころと社会の進化ゲーム』, 東京大学出版会, 1998年