関根 達人

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/07 08:23
 
アバター
研究者氏名
関根 達人
 
セキネ タツヒト
所属
弘前大学
部署
人文社会科学部 文化財論講座
職名
教授
学位
文学修士(東北大学), 博士(文学)(東北大学)
その他の所属
弘前大学大学院地域社会研究科

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
2001年
東北大学埋蔵文化財調査研究センター 助手
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東北大学 文学研究科 国史学
 
 
 - 
1989年
東北大学 文学部 史学科考古学
 

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
日本考古学協会  理事
 
2012年
 - 
2016年
日本考古学協会  埋葬文化財保護対策委員会委員
 
2011年
 - 
2016年
北海道考古学会  地域委員
 
1995年
 - 
現在
日本考古学協会  協会員
 
 
 - 
現在
弘前大学國史研究会  副会長
 

受賞

 
2016年2月
弘前大学 弘前大学学術特別賞(遠藤賞)
 
2016年2月
日本考古学協会 第6回日本考古学協会大賞
 
2014年6月
弘前大学 弘前大学表彰
 

論文

 
三重の壕をもつ北奥の古代集落
関根 達人
古代国家と北方世界   210-224   2017年10月
安政の開港と出土陶磁器ーなぜコンプラ瓶は北海道から出土するのかー
関根 達人
中近世陶磁器の考古学   4 163-184   2016年10月
アイヌ文化と大山酒
関根 達人
斬新考古   (4) 4-6   2016年3月   [査読有り]
アイヌの武器・武具
関根 達人・佐藤里穂
季刊考古学   (133) 50-53   2015年11月   [査読有り]
亀ヶ岡文化の実像
関根 達人
東北の古代史   1 177-203   2015年8月   [招待有り]
亀ヶ岡文化の実像
関根 達人
東北の古代史1 北の原始時代   1巻 177-203   2015年7月   [査読有り]
蝦夷刀の成立と変遷
関根 達人・佐藤里穂
日本考古学   (第39号) 91-110   2015年5月   [査読有り]
胎土分析からみた亀ヶ岡式土器の製作地-土器胎土に含まれる火山ガラスの帰属について-
柴 正敏・関根 達人
考古学と自然科学   (67) 39-46   2015年2月   [査読有り]
地域における近世大名墓の成立4-東北-
関根 達人
近世大名墓の成立   163-178   2014年10月
アイヌの宝物とツクナイ
関根 達人
人文社会論叢   (32) 1-26   2014年9月
青森県における縄文時代の遺跡数の変遷
関根 達人
第四紀研究   53(4) 193-203   2014年8月   [査読有り]
考古学からみた岩木山
関根 達人
岩木山を科学する   3-14   2014年1月
近世石造物からみた蝦夷地の内国化
関根 達人
日本考古学   (36) 59-84   2013年10月
権力の象徴としての大名墓
関根 達人
季刊考古学(別冊)   (20) 24-33   2013年9月
ПРЕДМЕТЫ ЯПОНСКОГО ПРОИЗВОДСТВА ⅩⅦ-ⅩⅨ ВВ. В АРХЕОЛОГИЧЕСКИХ КОЛЛЕКЦИЯХ САХАПИНСКОГО ОБЛАСТНОГО КРАЕВЕДЧЕСКОГО МУЗЕЯ
関根 達人 О. А. Шубина И. А. Самарин
ВЕСТНИК САХАПИНСКОГО МУЗЕЯ   20 99-118   2013年9月   [査読有り]
江戸時代に樺太で亡くなった人々-「白主村墓所幷死亡人取調書上」の検討-
関根 達人
弘前大学國史研究   (133) 15-26   2012年10月
Коренные народности Карафуто в 1850-е годы под юрисдикцией двух государств (на оснве аналза Лолного собрания толографических карт Хоккайдо Татзваки Мзкаты)
関根 達人
ВЕСТНИК САХАЛИНСКОГО МУЗЕЯ   (19) 183-242   2012年10月
場所図・古絵図にみる1850年代の樺太(サハリン)島における先住民族と国家-目賀田帯刀筆「北海道歴検図」の検討を中心として-
関根 達人
北海道・東北史研究   (8) 24-56   2012年8月   [査読有り]
北海道晩期縄文土器編年の再構築
関根 達人
北海道考古学   (48) 33-52   2012年3月   [査読有り]
石廟の成立と展開
関根 達人
日本考古学   (32) 117-143   2011年10月   [査読有り]
出土陶磁器からみた蝦夷地の内国化
関根 達人・佐藤雄生
日本考古学   (28) 69-87   2009年10月   [査読有り]
本州アイヌの狩猟と漁撈
関根 達人
動物と中世   155-186   2009年7月   [査読有り]
近世墓標に現れた自己意識
関根 達人
歴史   (112) 91-118   2009年4月   [査読有り]
平泉文化と北方交易2-擦文期の銅鋺をめぐって-
関根 達人
平泉文化研究   (9) 17-32   2009年3月   [査読有り]
カラフトアイヌ供養・顕彰碑と嘉永六年クシュンコタン占拠事件
関根 達人・市毛 幹幸
弘前大学國史研究   (124) 1-22   2008年3月   [査読有り]
広域編年の事例―亀ヶ岡式土器―
関根 達人
縄文時代の考古学   2 240-256   2008年2月   [査読有り]
「津軽の近世墓標・過去帳にみる社会階層」
関根 達人
『北方社会史の視座』   第1巻 251-276   2007年12月
「本州アイヌの生業・習俗と北奥社会」
関根 達人
『北方社会史の視座』   第1巻 217-250   2007年12月
墓標からみた江戸時代の人口変動
関根 達人・澁谷悠子
日本考古学   (24) 21-39   2007年10月   [査読有り]
大洞系・類大洞系・非大洞系土器の検証
関根 達人
考古学談叢   287-312   2007年5月   [査読有り]
「本州アイヌの考古学的痕跡」
関根 達人
『アイヌ文化の成立と変容』   797-823   2007年3月
「タマサイ・ガラス玉に関する型式学的検討」
関根 達人
『アイヌ文化の成立と変容』   653-678   2007年3月
「平泉文化と北方交易1-北奥出土のガラス玉」
関根 達人
『平泉文化研究年報』   (7) 1-13   2007年3月
東北地方出土の安行系・滋賀里系土器からみた地域間交流
関根 達人
ムラと地域の考古学   97-111   2006年12月   [査読有り]
菅江真澄が描いた縄文土器と土偶
関根 達人
真澄学   (3) 62-75   2006年11月   [査読有り]
津軽阿闍羅山周辺の宗教遺跡
関根 達人
中世の聖地・霊場   267-278   2006年10月   [査読有り]
「十腰内Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ郡土器に関する今日的理解」
関根 達人
『北奥の考古学』   161-176   2005年10月   [査読有り]
城跡にみる南部氏・津軽氏近世大名への道筋
関根 達人
日本海域歴史大系   4 131-157   2005年9月   [査読有り]
飢饉供養塔からみた北奥近世社会の一側面
関根 達人
歴史   (105) 49-70   2005年9月   [査読有り]
本州出土の突瘤文・刺突文系土器群とその意味
弘前大学人文学部人文社会論叢(人文科学篇)   (12) 1-22   2004年8月
出土陶磁器からみた津軽(大浦)氏関連城館の検討
貿易陶磁研究   (24) 152-170   2004年9月
「鍋被り葬考」
関根 達人
『人文社会論叢』人文科学篇9   23-47   2003年2月
蝦夷錦の品質と年代
青森県史研究   (8) 95-113   2003年12月
アイヌ墓の副葬品
物質文化   (76) 38-54   2003年11月
「江戸時代の十三湊」
関根 達人
『海と考古学とロマン』   353-367   2002年10月
「近世大名墓における本葬と分霊」
関根 達人
『歴史』   99, 1-29(99) 1-29   2002年9月   [査読有り]
「沢上貝塚出土晩期縄文土器の再検討」
関根 達人
『宮城考古学』   (4) 1-27   2002年5月
死者を映した鏡
弘前大学人文学部人文社会論叢(人文科学篇)   (7) 1-24   2002年2月
福島市南諏訪原近世墓の蔵骨器
福島考古   (第41) 71-78   2000年
遠野南部家墓所出土のオランダ産クレイパイプとその意義
岩手考古学   (第12) 95-107   2000年3月
江戸時代の喫煙に関する考古学的検討
文化   64(1-2) 69-88   2000年10月
「青葉山遺跡E地点第3次調査出土土器から見た縄文時代早期貝殻条痕文土器の編年」
関根 達人
『東北大学埋蔵文化財調査報査年報』   12 83-95   1999年3月
「東北地方における近世食膳具の構成」
関根 達人
『東北文化研究室紀要』   40 33-56   1999年3月
「相馬藩における近世窯業生産の展開」
関根 達人
『東北大学埋蔵文化財調査報』   10 51-90   1998年3月
「成立期亀ヶ岡式土器と安行式土器」
関根 達人
『縄文時代晩期貝塚の研究2中沢目貝塚Ⅱ』   242-252   1995年7月
塩引・御子籠考-仙台城二の丸跡出土木簡の検討
東北大学埋蔵文化財調査年報   7 158-174   1994年3月
「西ノ浜式」とその周辺
歴史   81,65-89    1993年9月
亀ヶ岡式土器の成立過程について-岩手県玉山村前田遺跡2・3次調査-
日本考古学協会第58回総会研究発表要旨      1992年
「東北地方の晩期縄文土器―その成立期における変化と変異―」
関根 達人
東北大学      1991年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
モノから見たアイヌ文化史
関根 達人
吉川弘文館   2016年6月   
季刊考古学133号(特集:アイヌの考古学)
関根 達人 (担当:編者, 範囲:「北方史とアイヌ考古学」「アイヌの武器・武具」)
雄山閣   2015年11月   
中近世の蝦夷地と北方交易
関根 達人
吉川弘文館   2014年11月   
朝日百科週刊日本の歴史49号(旧石器・縄文)
関根 達人 (担当:共著)
朝日新聞出版   2014年6月   
『中近世北方交易と蝦夷地の内国化』
関根 達人 (担当:共編者)
平成22~25年度科学研究費補助金基盤研究A(課題番号22242024)   2014年2月   
『函館・江差の近世墓標と石造物』
関根 達人 (担当:共編者)
平成22~25年度科学研究費補助金基盤研究A(課題番号22242024)研究成果報告書   2013年6月   
『弘前市鬼沢 鬼神社奉納品の調査報告』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部文化財論講座   2013年3月   
松前の墓石から見た近世日本
関根 達人ほか7名 (担当:編者)
北海道出版企画センター   2012年12月   
『北海道渡島半島における戦国城館跡の研究-北斗市矢不来館跡の発掘調査報告-』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部文化財ゼミナール調査報告Ⅷ   2012年5月   
『下北半島における亀ヶ岡文化の研究-青森県むつ市不備無遺跡発掘調査報告書-』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部日本考古学研究室研究報告Ⅷ   2012年4月   
成田彦栄氏考古・アイヌ民族資料図録
関根 達人 (担当:共著)
弘前大学出版会   2010年9月   
『近世墓と人口史料による社会構造と人口変動に関する基礎的研究』
関根 達人 (担当:共編者)
平成19~21年度科学研究費補助金研究成果報告書   2010年3月   
『佐藤蔀考古画譜Ⅰ』『佐藤蔀考古画譜Ⅱ(2010.3)』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部付属亀ヶ岡文化研究センター   2009年12月   
あおもり歴史モノ語り
関根 達人
無明舎   2008年8月   
北方社会史の視座第1巻
関根 達人 (担当:共著)
清文堂   2007年12月   
『津軽の近世墓標』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部文化財論ゼミナール調査報告Ⅶ   2007年3月   
『供養塔の基礎的調査に基づく飢饉と近世社会システムの研究』
関根 達人 (担当:共編者)
平成16~18年度科学研究費補金(基盤研究(c)(2))研究成果報告書   2007年2月   
『津軽の仕事着』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部文化論ゼミナール調査報告Ⅵ   2006年2月   
十腰内Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ群土器に関する今日的理解
関根 達人
北奥の考古学   2005年10月   
『下北・南部の飢饉供養塔』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部文化財論ゼミナール調査報告Ⅴ   2005年8月   
『青森県東津軽郡平舘村今津遺跡発掘調査報告書-津軽半島東沿岸部における亀ヶ岡文化の遺跡-』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部日本考古学研究室報告2   2005年3月   
『津軽悪戸焼の研究』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部文化財論ゼミナール調査報告Ⅳ   2005年3月   
『津軽車力高山稲荷神社の民間信仰品』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部文化財論ゼミナール調査報告Ⅱ   2004年2月   
津軽の飢饉供養塔
関根 達人
弘前大学人文学部文化財論ゼミナール調査報告Ⅲ   2004年7月   
『津軽十三湊湊迎寺過去帳の研究』
関根 達人 (担当:共編者)
弘前大学人文学部文化財論ゼミナール調査報告Ⅰ   2003年3月   
『東北大学埋蔵文化財調査年報』12
関根 達人 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査研究センター   2000年3月   
『東北大学埋蔵文化財調査年報』11
関根 達人 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査研究センター   1999年3月   
『東北大学埋蔵文化財調査年報』9
関根 達人 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査研究センター   1998年3月   
『東北大学埋蔵文化財調査年報』8
関根 達人 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査研究センター   1997年3月   
『縄文時代晩期貝塚の研究2 中沢目貝塚Ⅱ』
関根 達人 (担当:共著)
東北大学文学部考古学研究会   1995年7月   
『東北大学埋蔵文化財調査年報』7
関根 達人 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査委員会   1994年3月   
『東北大学埋蔵文化財調査年報』6
関根 達人 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査委員会   1993年3月   

講演・口頭発表等

 
「津軽海峡における晩期縄文土器の移動」
関根 達人
日本考古学協会第81回総会   2015年5月24日   
「近世考古学研究への取り組み―北方史と近世考古学―」
関根 達人
日本考古学協会第80回総会公開セッション   2014年5月   
「津軽の縄文時代―亀ヶ岡文化を中心に―」
関根 達人
日本第四紀学会2013年大会   2013年8月   
「中世渡来銭の属性分析と材料調査」
関根 達人
日本文化財科学会第30回退会   2013年7月   
「松前藩主松前家墓所と松前城下の石廟」
関根 達人
立正大学考古学フォーラム(「近世大名家墓所調査の現状と課題」)   2010年10月   
「相馬焼VS瀬戸焼」
関根 達人
東北学院大学アジア流域研究所公開シンポジウム(「東廻り航路における請戸港の位置づけ」)   2009年9月   
「北日本(北海道・青森・岩手県域)における江戸時代後期の陶磁器の流通」」
関根 達人
第19回九州近世陶磁学会   2009年2月   
「北奥の12世紀」
関根 達人
第9回平泉文化フォーラム   2009年2月   
「北海道松前町旧福山城下における近世墓標調査とカラフトアイヌ供養・顕彰碑について
関根 達人
日本公庫が鵜教会第74回総会研究発表   2008年8月   
「本州アイヌの狩猟と漁撈」
関根 達人
第6回考古学と中世史シンポジウム(動物と中世社会)   2008年7月   
「平泉文化と北方貿易2―擦文期の銅鋺を巡って―」
関根 達人
第8回平泉文化」フォーラム   2008年7月   
「石造物にみる津軽の飢饉」
関根 達人
第17回日本ナイル・エイオピア学会公開シンポジウム   2008年4月   
「流通①北海道・東北」
関根 達人
シンポジウム江戸時代の焼き物―生産と流通」   2007年12月   
「宮城県内の層位的資料による後期末から晩期初頭の縄文土器編年」
関根 達人
第5回海峡時編年研究会   2007年7月   
墓石はいつ建てられたか-弘前城か新寺町寺院街の近世墓標に基づいて-
関根 達人
東北史学会・福島大学史学会合合同大会   2006年10月   
「西日本の亀ヶ岡」
関根 達人
青森県考古学研究会発表会   2006年6月   
「歴史人口学における近世墓標の可能性」
関根 達人
日本考古学研究会第72回総会研究発表   2006年5月   
アイヌ墓の副葬品に関する考古学的検討
関根 達人
日本考古学協会第69回総会研究発表   2003年5月   
仙台城二の丸跡出土漆器の色彩
関根 達人
色の考古学的研究とそれにかかわる科学的手法に関する日仏コロキウム   2000年10月   
江戸時代の喫煙に関する考古学的研究
関根 達人
東北史学会研究大会   1999年10月   
相馬焼の生産と流通
関根 達人
江戸遺跡研究会第12回大会   1999年1月   
仙台市芦ノ口遺跡の縄文時代晩期の粘土採掘坑群
関根 達人
東北史学会・福島大学史学会合同退会   1998年10月   
仙台城二の丸跡の考古学的調査成果
関根 達人
日本考古学協会第63回総会研究発表   1997年5月   
仙台市青葉山遺跡E地点の旧石器
関根 達人
東北史学会・弘前大学国史研究会40周年記念合同大会   1996年10月   
青葉山遺跡E地点の縄文早期集落
関根 達人
東北史学会研究大会   1994年10月   
亀ヶ岡式土器の成立過程について
関根 達人
日本考古学協会第58回総会研究発表会   1992年5月   
亀ヶ岡式土器の成立過程
関根 達人
東北史学会・弘前大学國史研究会)35周年記念合同大会   1991年10月30日   

Works

 
福井県敦賀市墓標・石造物調査
関根 達人   芸術活動   2015年9月
福井県坂井市三国町内墓標・石造物調査
関根 達人   その他   2014年9月
ロシア連邦サハリン州立郷土誌博物館・サハリン大学資料調査
関根 達人   その他   2012年8月 - 2013年
秋田県八郎潟町下台遺跡発掘調査
関根 達人   その他   2013年
ロシア連邦サハリン州白主会所跡踏査と博物館資料調査
関根 達人   その他   2011年9月 - 2011年10月
青森県むつ市不備無遺跡発掘調査
関根 達人   その他   2009年 - 2011年
江差町内近世墓標・石造物調査
関根 達人   その他   2010年8月 - 2010年9月
函館市内近世墓標・石造物調査
関根 達人   その他   2010年9月
北斗市矢不来館跡発掘調査
関根 達人   その他   2010年6月 - 2010年8月
青森県三戸町杉沢遺跡発掘調査
関根 達人   その他   2007年
青森県外ヶ浜今津遺跡発掘調査
関根 達人   その他   2004年

競争的資金等の研究課題

 
火山ガラス分析による新たな土器研究法の開拓
日本学術振興会: 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究
研究期間: 2017年8月 - 2020年3月    代表者: 関根 達人
石造物研究に基づく新たな中近性史の構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究A
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 関根 達人
近世国家北方領域境界域における物資流通に関する考古学的研究
公益財団法人三菱財団: 三菱財団研究助成
研究期間: 2017年10月 - 2018年9月    代表者: 関根 達人
酒とタバコからみた蝦夷地の内国化に関する研究
公益財団法人たばこ総合研究センター: TASC研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 関根 達人
中近性北方交易と蝦夷地の内国化に関する研究
日本学術振興会: 雅楽研究費補助金基盤研究A
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 関根 達人
近世墓と人口史料による社会構造と人口変動に関する基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 関根 達人
平泉文化と北方交易
岩手県教育委員会: 平泉文化研究基金
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 関根 達人
供養塔の基礎的調査に基づく飢餓と近世社会システムの研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究C
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 関根 達人
東日本における晩期縄文土器の成立過程
研究期間: 1994年       代表者: 関根 達人
亀ヶ岡式士器の成立過程の研究
東北地方近世窯業生産に関する研究
近世墓の考古学的研究
本州アイヌの物質文化関する研究
飢饉供養塔の研究
研究期間: 2004年 - 2006年

その他

 
2015年3月   『江戸の町人地1』へのコメント
江戸遺跡研究第2号」
2015年3月   アイヌ社会における日本製品の考古学的痕跡
鹿児島大学教授渡辺芳郎科研(24520860)成果報告書、近世日本国会領域境界域における物質流通の比較考古学的研究117~125頁、総説・解説
2014年3月   シベチャリから出土した遺物
『北海道考古学』50 167~174頁
2013年6月   松前藩主松前家墓所
事典 墓の考古学 455頁 総説・解説
2013年3月   「松前藩主松前家墓所」
『辞典墓の考古学』455頁
2013年3月   「北に向かった和人の姿を追う」
『北方博物館交流』25
2012年10月   「成田コレクションの形成過程-彦栄氏のメモ類に基づいて-」
『寄贈記念 成田彦栄コレクション選』
2012年3月   「出土資料からみたアイヌ文化の特色」
『新しいアイヌ史の構築 先史編・古代編・中世編』168~181頁
2012年1月   「縄文な人々」
『弘前大学知の散歩道』22~31頁
2011年11月   石造物と過去帳からみた津軽・松前の飢饉」
『北奥文化』32 7~15頁
2011年3月   「岩木山神社所蔵の宝物」
『新編弘前市市史通史編岩木地区別冊』
2011年3月   「原始・古代の岩木」
『新編弘前市市史通史編岩木地区』141~198頁
2011年1月   「規模と曲輪配置」
『弘前城築城四百年 城・町・人の歴史万華鏡』48~43頁
2011年1月   「城跡から出土の陶磁器」
『弘前城築城四百年 城・町・人の歴史万華鏡』35~39頁
2010年9月   「コラム11 青森で発見された蝦夷錦」
『青森県史 文化財編 美術工芸』482~484頁
2010年9月   「第五章工芸の展開 第三節陶芸 二中世・三近世」
『青森県史 文化財編 美術工芸』580~603頁
2010年3月   窯跡採集資料から見た花巻焼
花巻市博物館 研究紀要6号 21~40頁 総説・解説
2010年3月   「不備無遺跡」
『むつ市文化財調査報告書』38 5~15頁
2010年3月   「相馬焼VS瀬戸焼」
『アジア流域文化研究』Ⅵ 131~146頁
2010年3月   「資料紹介 窯跡採集資料からみた花巻焼」
『研究紀要』6 21~40頁
2010年3月   「岩木地区における考古学的調査、根の山遺跡、大浦城跡(中世)、荒神山遺跡、岩木山神社元宮遺跡」
『新編弘前市史資料編岩木地区』
2010年2月   「弘前城下出土の陶磁器と在地の焼き物流通」
『季刊考古学』110 66~69頁
2009年8月   「書評森本伊知郎著「近世陶磁器の考古学」」
『季刊考古学』108 98頁
2009年3月   「サハリン(樺太)島内遺跡出土黒曜石製遺物の原産地推定-故舟木鐡太郎氏コレクションから-」
『明治大学博物館研究報告』14 79~90頁
2008年11月   「北のガラス玉の道」
『考古学ジャーナル』579 12~15頁
2008年6月   「亀ヶ岡式土器」
『総覧縄文式土器』628~693頁
2008年2月   「こぎんざし」
『津軽学入門』166~179頁
2008年2月   「本州アイヌとその暮らし」
『津軽学入門』42~57頁
2007年7月   「東京都港区金地院遠野南部家28代義顔墓所改葬報告」
『岩手考古学』19 113~126頁
2007年3月   「津軽地方の晩期集落」
『東日本縄文・弥生時代集落の発展と地域性』6~14頁
2007年2月   「十三湊遺跡の近世陶磁器」
『津軽十三湊遺跡-中世前期港湾施設調査 第157次調査報告書ほか-』
2006年12月   「蝦夷錦は語る」「湊迎寺過去帳にみる宝暦の飢饉」「新田開発の始まり」
『図説五所川原・西北津軽の歴史』126・127、132・133、134・135頁
2006年11月   「津軽三大飢饉」
『図説弘前・黒石・中南津軽の歴史』138・139頁
2006年3月   「津軽氏にみる戦国の城館・元和の城館―種里・大浦・堀越そして亀ヶ岡―
『津軽氏城館跡の発展過程に関する文献史料と遺物資料による研究』49~67頁
2005年10月   「弘前城跡館神から出土した十七世紀の高級陶磁器」
『弘前大学國史研究』119 45~60頁
2004年5月   「近世研究の動向」
『日本考古学年報』55(2002年度版)68~74頁
2004年3月   「副葬品からみたアイヌの歴史と文化」
『東奥文化』75 1~16頁
2004年3月   「青森県」
『中世墓資料修正―東北編―』1~72頁
2004年3月   「弘前市堂ケ平出土の珠洲焼経容器とその意義」
『東奥文化』75 67~74頁
2003年3月   『青森県史』資料編考古4
青森県 共著
2000年9月   「文化財としての近世墓」
『宮城歴史科学研究』49 1~9頁
2000年3月   「相馬焼研究の現状と課題」
『相馬のやきもの』企画展図録11 31~36頁
1999年3月   「明治14年相馬中村大火関連の陶磁器」
『福島考古』40 71~78頁 
1997年5月   「仙台城二の丸跡と周辺武家屋敷の調査」
『考古学ジャーナル』417 17~22頁 共著
1996年12月   「門前式土器」「金剛寺式土器」「谷起島式土器」「寺下囲式土器」
『日本土器辞典」313・315・565・566頁 雄山閣