宮入 伸一

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/02 03:04
 
アバター
研究者氏名
宮入 伸一
 
ミヤイリ シンイチ
eメール
miyairi.shinichinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
薬学部薬学科
職名
教授
学位
薬学修士(東北大学), 薬学博士(東北大学)
科研費研究者番号
50209855

研究分野

 
 

経歴

 
1982年4月
 - 
1982年6月
東北大学 薬学部 助手
 
1982年7月
 - 
1986年12月
The Rockefeller University Laboratory of Biochemical Endocrinology Research Associate
 
1987年1月
 - 
1988年3月
The Rockefeller University Laboratory of Biochemical Endocrinology Assistant Professor
 
1988年3月
 - 
1993年6月
東北大学 薬学部 助手
 
1993年4月
 - 
1994年3月
東北大学 医療短期大学部 非常勤講師
 

学歴

 
1972年4月
 - 
1976年3月
東京理科大学 薬学部 製薬学科
 
1977年4月
 - 
1979年3月
東北大学 薬学研究科 
 
1979年4月
 - 
1982年3月
東北大学 薬学研究科 
 

論文

 
Toru Tanaka, Sachiyo Ohashi, Hiroaki Saito, Taira Wada, Tadashi Aoyama, Yoshimi Ichimaru, Shinichi Miyairi, Shunsuke Kobayashi
Biochemical and Biophysical Research Communications   496(1) 7-11   2018年1月   [査読有り]
Yasuhiro Kosuge, Hiroaki Saito, Tatsuki Haraguchi, Yoshimi Ichimaru, Sachiyo Ohashi, Hiroko Miyagishi, Shunsuke Kobayashi, Kumiko Ishige, Shinichi Miyairi, Yoshihisa Ito
Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   27(23) 5122-5125   2017年12月   [査読有り]
Yoshimi Ichimaru, Takeshi Fujii, Hiroaki Saito, Makoto Sano, Taketo Uchiyama, Shinichi Miyairi
Bioorganic and Medicinal Chemistry   25(17) 4665-4676   2017年9月   [査読有り]
Makoto Sano, Yoshimi Ichimaru, Masahiro Kurita, Emiko Hayashi, Taku Homma, Hiroaki Saito, Shinobu Masuda, Norimichi Nemoto, Akihiro Hemmi, Takashi Suzuki, Shinichi Miyairi,Hiroyuki Hao
Cancer Letters   397 72-82   2017年7月   [査読有り]
Emi Kanno, Kazuyoshi Kawakami, Shinichi Miyairi, Hiromasa Tanno, Aiko Suzuki, Rina Kamimatsuno, Naoyuki Takagi, Tomomitsu Miyasaka, Keiko Ishii, Naomasa Gotoh, Ryoko Maruyama and Masahiro Tachi
International Wound Journal   13(6) 1325-1335   2016年12月   [査読有り]

Misc

 
Yoshimi Ichimaru, Hiroaki Saito and Shinichi Miyairi
International Journal of Clinical Pharmacology & Pharmacotherapy   1 102   2016年2月   [査読有り]
Hiroaki Saito and Shinichi Miyairi
Current Topics in Medicinal Chemistry   14(2) 224-228   2014年1月   [査読有り]
Quorum-sensing制御による感染症治療の可能性
宮入伸一
分子呼吸器病   9(1) 33-37   2005年
生物学的親和性を利用する分析法ー総論ー
宮入伸一、南原利夫
ぶんせき   (9) 668-674   1991年
アロマターゼインヒビター
宮入伸一
ファルマシア   26(6) 558-561   1990年6月

書籍等出版物

 
薬がわかる構造式集
林 良雄、青柳 裕、飯島 洋編
廣川書店   2013年12月   ISBN:978-4-567-46260-0
岩波 生物学辞典 第5版
巌佐 庸、倉谷 滋、斎藤成也、塚谷裕一編 (担当:共著)
岩波書店   2013年2月   ISBN:978-4-00-080314-4
イラストで見る化学実験の基礎知識 第3版
飯田 隆、菅原正雄、鈴鹿 敢、辻 智也、宮入伸一編 (担当:共著)
丸善株式会社   2009年6月   ISBN:4621080881
Indirubin, the red shade of indigo
Shinichi Miyairi and Yuji Takao (担当:共著, 範囲:Indirubin and its hydroxylated derivatives: determination and characterization, 109-114)
2006 Life in Progress editions   2006年4月   ISBN:2-9518029-0-0
日本薬学会編 知っておきたい有機反応100
日本薬学会編
東京化学同人   2006年1月   

講演・口頭発表等

 
浸潤性膵管癌の⾃然発症モデルマウスに対するインディルビン誘導体の治療効果の検証
市丸嘉、佐野誠、吉岡弘毅、林⼀彦、宮⼊伸⼀
第64回日本薬学会東海支部大会   2018年6月30日   日本薬学会東海支部
インディルビン 3'-オキシム類の脂肪蓄積抑制効果
野伏 康仁, 齋藤 弘明, 及川 直毅, 宮入 伸一, 岸川 幸生
日本薬学会第138年会   2018年3月27日   日本薬学会
Tellimagrandin I アナログの合成とα-グルコシダーゼ阻害活性評価
河野 里奈, 内山 武人, 向井 咲紀, 仁科 淳良, 宮入 伸一
日本薬学会第138年会   2018年3月27日   日本薬学会
カルベノイドの高エナンチオ選択的N-H 挿入反応を目指した ロジウム(II)錯体触媒の合成と機能評価
篠原 秀幸, 齋藤 弘明, 内山 武人, 宮入 伸一
日本薬学会第138年会   2018年3月27日   日本薬学会
インディルビン誘導体の小胞体ストレス誘発細胞死に対する保護効果
小菅 康弘, 齋藤 弘明, 南郷 拓嗣, 石毛 久美子, 宮入 伸一, 伊藤 芳久
日本薬学会第138年会   2018年3月26日   日本薬学会

特許

 
JP20110156299 20110715 : Indirubin derivative having highly selective cytotoxicity for malignant tumors
Suzuki, Takashi; Miyairi, Shinichi; Saito, Hiroaki; Tabata, Keiichi