丹羽 俊文

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:08
 
アバター
研究者氏名
丹羽 俊文
 
ニワ トシフミ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/067e12f343621cde8e4daf28f03bfa86.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科 保健学専攻 基礎検査医科学講座 分子機能解析学分野
職名
准教授
学位
薬学博士(東北大学), 薬学修士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
- 東北大学大学院医学系研究科 准教授
 
2007年
   
 
- 東北大学医学部保健学科 准教授
 
2003年
 - 
2007年
東北大学医学部保健学科 助教授
 
1995年
 - 
2003年
東北大学医療技術短期大学部 助教授
 
1991年
 - 
1995年
東北大学薬学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1986年
東北大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1981年
東北大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2015年
   
 
日本臨床化学会  「臨床化学」編集委員
 
2009年
   
 
日本臨床検査学教育学会  評議員
 
1999年
   
 
日本臨床化学会  支部幹事
 
1992年
 - 
1993年
日本分析化学会  東北支部常任幹事
 

Misc

 
国家試験対策期間の延長に伴う学内試験成績分布推移の変化
丹羽俊文
臨床検査学教育   8(2) 193-197   2016年
Hiroyuki Oyama, Izumi Morita, Yuki Kiguchi, Sayaka Miyake, Ayaka Moriuchi, Tatsuki Akisada, Toshifumi Niwa, Norihiro Kobayashi
Analytical Chemistry   87(24) 12387-12395   2015年
Orientating attempts to improve students' understandings of the significance of information and communication technology in medical sciences.
Toshifumi Niwa
Bull. Sch. Health Sci. Tohoku Univ.   24(2) 107-114   2015年
Mariko Kimura, Natsu Fujiki, Toru Hanamura, Toshifumi Niwa, Yuri Yamaguchi, Yakashi Ishikawa, Itaru Endo, Shin-ichi Hayashi
Cancer Research   75(9 Supplement) P3-05-25-P3-05-25   2015年
Mariko Kimura, Natsu Fujiki, Toru Hanamura, Toshifumi Niwa, Yuri Yamaguchi, Yakashi Ishikawa, Itaru Endo, Shin-ichi Hayashi
Cancer Research   74(19 Supplement) 2110-2110   2014年

書籍等出版物

 
メディカルサイエンス 放射性同位元素検査学
近代出版   2014年   
免疫測定法 基礎から先端まで
講談社   2014年   ISBN:978-4-06-154385-0
ケルナー 分析化学
科学技術出版   2003年   
新・常識講座 6 暮らしを豊かにする
U-CAN   2001年   
新・常識講座 5 身近な科学を学ぶ
U-CAN   2001年   

講演・口頭発表等

 
卒業研究発表会の聴講が学部2年生に与える効果
第11回日本臨床検査学教育学会学術大会   2016年   
Fulvestrant耐性乳癌におけるERα発現のエピジェネティクス制御と可塑性
第17回ホルモンと癌研究会   2016年   
乳癌細胞におけるCDK4/6阻害剤LEE011の抗腫瘍メカニズムの探索
第24回日本乳癌学会学術総会   2016年   
Fulvestrant耐性乳癌における耐性機序と分子標的薬の効果
第24回日本乳癌学会学術総会   2016年   
Estrogen Receptor(ER)陽性乳癌におけるSteroid Sulfatase(STS)とOrganic Anion Transporter Peptide (OATP)のmRNA発現と臨床病理学的因子との関連性
第 116 回日本外科学会定期学術集会   2016年   

Works

 
乳癌組織におけるCHIPエピゲノム状態の検出法の最適化
2009年 - 2013年
ときめきマイクロスケールケミストリー
2012年
マイクロスケールケミストリーで探る化学―ひらめき・ときめき実験の体験
2010年
新規N-アセチルグルコサミン抱合型胆汁酸を指標とする肝疾患の病態解析
1994年 - 1995年
抗体一本鎖Fvフラグメントと酵素の融合タンパク質をプローブとする高感度迅速免疫測定法の開発
2013年 - 2014年