花輪 公雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:08
 
アバター
研究者氏名
花輪 公雄
 
ハナワ キミオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/a9c0533af3f776230ac7f379f0b14dcc.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科 地球物理学専攻
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東北大学 理学研究科 地球物理学
 

委員歴

 
2011年
   
 
日本海洋学会  会長
 
2007年
 - 
2010年
日本海洋学会  副会長
 
2003年
 - 
2006年
日本海洋学会  英文誌編集委員長
 
1989年
   
 
日本海洋学会  評議員
 

受賞

 
1989年
日本気象学会堀内賞
 
2000年
日本海洋学会賞
 
2014年
日本地球惑星科学連合フェロー
 

Misc

 
Interannual variations in the wintertime outcrop area of Subtropical Mode Water in the North Pacific.
HANAWA Kimio
ATMOSPHERE-OCEAN   25(4)    1987年
A new depth-time equation for Sippican or TSK F7,F6 and F4 expendable bathythermographs(XBT)
HANAWA Kimio
Deep-Sea Research   42(8) 1423-1451   1995年
Variability of core layer temperature(CLT)of North Pacific subtropical mode water
HANAWA Kimio, et al.
┣DBGeophysical Research Letter(/)-┫DB   28(11) 2229-2232   2001年
Temporal variations of the net Kuroshio transport and its relation to atmospheric variations.
Sugimoto, S., K. Hanawa, K. Narikiyo, M. Fujimori, and T. Suga
J. Oceanogr.   66 611-619   2010年
Wintertime wind stress curl field in the North Atlantic and their relation to atmospheric teleconnection patterns.
Sugimoto, S., and K. Hanawa
J. Atmos. Sci.   67 1687-1694   2010年

書籍等出版物

 
極域海洋と海洋大循環
二宮書店   2010年   
レジームシフト
2007年   
地球。小学館の図鑑NEO 第10巻
小学館   2007年   
物理学辞典
培風館   2005年   
「日本の気候 I -最新データでメカニズムを考える-」
二宮書店   2002年   

Works

 
海洋物理環境の変動特性調査
2004年

競争的資金等の研究課題

 
大規模大気海洋相互作用
経常研究
研究期間: 1981年   
海洋表層水塊形成過程
経常研究
研究期間: 1985年   
大気海洋数十年スケール変動
経常研究
研究期間: 1990年   
黒潮変動の研究
海洋表層構造の研究