大塩 寛紀

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/14 02:53
 
アバター
研究者氏名
大塩 寛紀
eメール
oshiochem.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
数理物質系
職名
教授
学位
理学博士(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1992年
分子科学研究所 助手
 
1992年
 - 
2001年
東北大学 助教授
 
2001年
   
 
筑波大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1952年
九州大学 理学部 化学
 
 
 - 
1957年
九州大学 理学研究科 化学
 

委員歴

 
2003年
 - 
2005年
錯体化学会  理事、国際交流委員会委員長、副会長
 
2006年
 - 
2008年
錯体化学会  理事、国際交流委員会委員長、副会長
 
2008年
 - 
2009年
錯体化学会  理事、国際交流委員会委員長、副会長
 
2005年
 - 
2006年
電子スピンサイエンス学会  理事
 
2005年
 - 
2007年
日本化学会  速報誌編集委員、春季年会プログラム編集委員,関東支部幹事,代議員
 

論文

 
Heras Ojea, María José;Hay, Moya A;Cioncoloni, Giacomo;Craig, Gavin A;Wilson, Claire;Shiga, Takuya;Oshio, Hiroki;Symes, Mark D;Murrie, Mark
Dalton transactions (Cambridge, England : 2003)   46(34) 11201-11207   2017年9月   [査読有り]
Two isostructural polymetallic complexes [Mn(μ3-O)2(CH3COO)4(L1)4](-) and [Mn(μ3-O)2(CH3COO)4(L2)4](-) have been synthesised by using two Schiff base ligands derived from 3,5-diamino-1,2,4-triazole, following two different preparative routes, eith...
Sekine, Yoshihiro;Nihei, Masayuki;Oshio, Hiroki
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   23(22) 5193-5197   2017年1月
A stimuli-responsive tetranuclear complex was assembled into new aggregates with controllable dimensionality through directional hydrogen bonds (HBs). A cyanide-bridged tetranuclear complex cation, [Co2 Fe2 (CN)6 (tp*)2 (bpy*)4 ](2+) (abbreviated ...
Kitagawa,Yasutaka;Asaoka,Mizuki;Miyagi,Koji;Matsui,Toru;Masayuki,Nihei;Oshio,Hiroki;Okumura,Mitsutaka;Nakano,Masayoshi
Inorg. Chem. Front.   2 771-779   2015年7月   [査読有り]
Terashima, Shotaro; Newton, Graham N.; Shiga, Takuya; Oshio, Hiroki
INORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS   2(2) 125-128   2015年   [査読有り]
Ida,Hiromichi;Shiga,Takuya;Newton,Graham N.;Oshio,Hiroki
INORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS   2(6) 538-543   2015年4月   [査読有り]
Two new high-nuclearity mixed-valence Mn clusters, Mn-19 and Mn-21, were synthesised utilising an alkylamine-based flexible ligand with five alkoxo-bridging groups, 1,3-bis-diethanolamino-2-propanol (H(5)bdp). They were obtained from the reaction ...

書籍等出版物

 
月刊化学
大塩,寛紀
2014年12月   
Assembly of Imino Nitroxides with Cu(I) Halides
H., Oshio;T., Ito
Molecule-Based Magnetic Materials: Theory, Techniques, and Applications (American Chemical Society)   1996年5月   
Ferromagnetic Inteactions in Metal Complexes
H., Oshio
Magnetism: A Supramolecular Function (NATO ASI Series) (Kluwer Academic Publishers)   1996年7月   
Assembly of Imino Nitroxides with Ag(I) and Cu(I) ions
H., Oshio;T., Ito
Coord. Chem. Rev (Elsevier B. V.)   2000年5月   
Ferromagnetic Interactions in Metal Complexes
H., Sasabe;H., Oshio;T., Ito
Hyper structured molecule II (Gordon & Breach Science Publishers)   2000年12月   

講演・口頭発表等

 
スピン平衡を示す鉄四核グリッド型錯体の置換基効果の研究
石川, 大介;志賀, 拓也;Oshio, Hiroki
第97日本化学会春季年会   2017年3月17日   
ハイブリッドPOMにおける光触媒能の置換基効果
藤本, 怜美;Jamie, M. Cameron;David, Robinson;Graham, N. Newton;Oshio, Hiroki
第97日本化学会春季年会   2017年3月17日   
トリフェニルアミン誘導体部位をもつルテニウム錯体のプロトン応答による電子状態変化の研究
福田, くるみ;志賀, 拓也;二瓶, 雅之;Graham, N. Newton;Oshio, Hiroki
第97日本化学会春季年会   2017年3月17日   
Development of composite materials incorporating functional complexes and polyoxometalates
倉持, 達司;志賀, 拓也;Oshio, Hiroki
第97日本化学会春季年会   2017年3月17日   
Metal complexes with bistability
Oshio,Hiroki
2nd Inorganic Chemistry Frontiers International Symposium   2017年3月14日   

競争的資金等の研究課題

 
光・電場に応答する多重機能性金属錯体の構築
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 大塩寛紀
金属多核錯体による二酸化炭素の多電子還元
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年 - 2013年
特異な分子構造に基づく電子機能
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2009年 - 2013年
新規光応答性金属多核錯体の合成
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2008年 - 2008年
機能性金属多核錯体の合成・物性・反応
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2008年 - 2010年