大谷 栄治

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/21 18:00
 
アバター
研究者氏名
大谷 栄治
 
オオタニ エイジ
eメール
ohtanim.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/9964bb514897cf4c21b0438da2929547.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部
職名
名誉教授・学術研究員
学位
理学博士(名古屋大学)
ORCID ID
0000-0001-8631-0736

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東北大学大学院理学研究科  名誉教授
 
1994年7月
 - 
2016年3月
東北大学大学院理学研究科  教授
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東北大学 大学院理学研究科 教育研究評議員
 
1988年10月
 - 
1994年6月
東北大学 大学院理学研究科 助教授
 
1987年4月
 - 
1988年9月
愛媛大学 大学院理学研究科 助教授
 

学歴

 
1975年3月
 - 
1979年1月
名古屋大学 大学院理学研究科博士課程 地球科学専攻
 
1973年4月
 - 
1975年3月
名古屋大学 大学院理学研究科修士課程 地球科学専攻
 
1969年4月
 - 
1973年3月
東北大学 理学部 地学科地学第2
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
ロシア共和国ノボシビルスク州立大学  国際外部評価諮問委員会
 
2013年6月
 - 
現在
日本地球惑星科学連合  固体地球科学セクションプレジデント
 
2009年11月
 - 
現在
Deep Carbon Observatory  プログラム執行委員会委員
 
2008年10月
 - 
現在
日本学術会議  地球惑星科学委員会IMA分科会委員長(21期、22期、23期)
 
2008年10月
 - 
現在
日本学術会議  地球惑星科学委員会幹事(21期)
 

受賞

 
2018年2月
台湾中央研究院地球科学研究所 Distinguished Visiting Chair
 
2017年10月
アレクサンダーフンボルト財団 Humboldt Research Award
 
2017年8月
ヨーロッパ地球化学会 Urey Award
 
2016年2月
バイロイト大学 Distinguised Affiliated Professor
 
2015年12月
中国地質大学(武漢) 客座教授
 

論文

 
Olivine melting at high pressure condition in the chassignite Northwest Africa 2737
Miyahara M., Ohtani E., Nishijima M., and El Goresy A
Physics of the Earth and Planetary Interiors   291 1-11   2019年   [査読有り]
Interstitial hydrogen atoms in face-centered cubic iron in the Earth’s core
Ikuta, D., Ohtani, E., Sano-Furukawa, A., Shibazaki, Y., Terasaki, H., Yuan, L., Hattori, T.
SCIENTIFIC REPORTS   9 7108   2019年   [査読有り]
Electronic properties and compressional behavior of FeSi alloys at high pressure
Kamada, S., Suzuki, N., Maeda, F., Hirao, N., Hamada, M., Ohtani, E., Masuda, R., Mitsui, T., Ohishi, Y., Nakano, N.
American Mineralogist   103(12) 1959-1965   2018年   [査読有り]
Takahashi, S., Ohtnai, E., Sakamaki, T., Kamada, S, Fukui, H., Tsutsui, S., Uchiyama, H., Ishikawa, D., Hirao, N., Ohishi, Y., Baron, A.Q.R.
Comptes Rendus Geoscience      2018年   [査読有り]
Chemical Reactions Between Fe and H2O up to Megabar Pressures and Implications for Water Storage in the Earth's Mantle and Core
Yuan, L., Ohtani, E., kuta, D., Kamada, S., Tsuchiya, J., Naohisa, H., Ohishi, Y., Suzuki, A.
Geophysical Research Letters   45(3) 1330-1338   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
現代地球科学入門シリーズ13 地球内部の物質科学
大谷 栄治
2018年9月   
現代地球科学入門シリーズ (全16巻)
大谷栄治・長谷川昭・花輪公雄 (担当:編者)
共立出版   2011年   
Advanced in high-pressure mineral physics: From the deep mantle to the core Preface
Ohtani E., Andrault D., Asimow PD., Stixrude L., Wang Y. (担当:編者)
2009年5月   
Advances in high-pressure mineral physics: From the deep mantle to the core
E Ohtani, D. Andrault, P. D. Asimow, L. Stixrude, Y.Wang, (担当:共著)
2009年   
174, 1-4, 2009, 1-2
High Energy, Accelerator Research Organization (KEK)
Suzuki, A., Nishida, K., Sakamaki, T., Terasaki, H. and Ohtani, E. (担当:共著, 範囲:61-64)
2007年11月   
X-ray radiography technique at high pressures and high temperatures. in Recent development of the experimental techniques in high-pressure research on synchrotron radiation sources

講演・口頭発表等

 
Nanosims analysis of C-grains from Martian meteorite NWA 6162.
Lin Y., El Goresy A., Zhang J., Miyahara M., Hao J., Zhang M., Ohtani E., Gillet P.
Coldschmidt2015   2015年8月16日   
Evidence for change in C/O ratio during evolution of enstatite chondrites.
El Goresy A., Lin Y., Miyahara M., Gannoun A., Boyet M., Ohtani Y., Trieloff M.
Coldschmidt2015,   2015年8月16日   
Sound velocity of iron alloys and composition of the core.
Ohtani E., Sakamaki T., Kamada S., Shibazaki Y., Takahashi S., Fukui H., Tsutsui S., Baron A. Q.
Coldschmidt2015   2015年8月16日   
Oligomerization and cabonization of polycycloc aromatic hydrocarbons at pressures to 16 GPa.
Chanyshev A., Litasov K., Shatskiy A., Furukawa Y., Yoshino T., Ohtani E.,
Japan Geoscience Union Meeting 2015   2015年5月24日   
High-pressure polymorphs in Gujba CB type carbonaceous chondrite.
Miyahara M., Ohtani E., Yamaguchi R.
Japan Geoscience Union Meeting 2015   2015年5月24日   

競争的資金等の研究課題

 
スラブ滞留・崩落過程の物質科学的モデリング
科学研究費補助金
研究期間: 2004年10月 - 現在
地球核の構成と進化
科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 現在
月及び火星からの隕石飛来機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 現在
地球核の最適モデルの創出
科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 現在
地球惑星中心領域の超高圧物質科学
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
マグマ地下400キロにも 東北大研究グループ解明
【情報提供】  読売新聞  2006年1月12日
はるか地下のマグマ 浮上しないのはな~ぜ? 東北大教授ら解明
【情報提供】  朝日新聞  2006年1月12日
地下400キロ マントルの中にマグマが
【出演, 寄稿】  NHK総合テレビ 「てれまさむねTODAY」  2006年1月12日
マグマ地下400キロに滞留か「東北大・大谷教授ら実験で判明」構造解明の手掛かりに
【情報提供】  2006年1月14日
含水マグマの密度 高温高圧下で測定に成功「東北大」マントル深部にマグマ溜まり 可能性示す
【情報提供】  2006年2月3日

その他

 
2010年4月   アキモトアイトの選択配向とトンガスラブの地震波異方性の研究
アキモトアイトの選択配向とトンガスラブの地震波異方性の研究
2010年4月   衝撃を受けた隕石中の高圧鉱物の研究
衝撃を受けた隕石中の高圧鉱物の研究
2006年4月   隕石組織の研究
Texture of High Pressure phases in Shocked meteorites
2004年4月   マントル遷移層中の含水量の推定
マントル遷移層中の含水量の推定
2002年4月   高温高圧下における金属鉄―水素系の相平衡と状態方程式の研究
高温高圧下における金属鉄―水素系の相平衡と状態方程式の研究