KYOUZUKA Keiichiro

J-GLOBAL         Last updated: Feb 16, 2018 at 19:42
 
Avatar
Name
KYOUZUKA Keiichiro
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/12b61b74336a223544af23eea08472a2.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Life Sciences Research Center for Marine Biology
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Science(Tohoku University), Master of Science(Tohoku University), Bachelor of Science(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Apr 2013
 - 
Today
Zoological Society of Japan  教育担当委員
 
Apr 2014
 - 
Sep 2014
Zoological Society of Japan  日本動物学会仙台大会プログラム編集委員
 

Awards & Honors

 
Sep 2015
平成27年度日本動物学会動物学教育賞, 日本動物学会
 

Published Papers

 
Isao Takahashi, Keiichiro Kyozuka
Zygote   24(6) 857-868   Dec 2016   [Refereed]
Nunzia Limatola, Jong T. Chun, Keiichiro Kyozuka, Luigia Santella
Cell Calcium   58(5) 500-510   Nov 2015   [Refereed]
Soluble sperm extract specifically recapitulates the initial phase of the Ca2+ response in the fertilized oocyte of P. occelata following a G-protein/ PLCβ signaling pathway.
Nakano T, Kyozuka K.
Zygote   16 1-15   Oct 2014   [Refereed]
Nakano T, Deguchi R, Kyozuka K.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   450(3) 1188-1194   Aug 2014   [Refereed]
Mitochondrial activation and nitric oxide (NO) release at fertilization in echinoderm eggs.
Mohri T, Kyozuka K.
"Sexual Reproduction in Animals and Plants", Sawada H., Inoue N, Iwao M eds. Springer, Tokyo Heidelberg New York Dordrecht London.   187-190   2014   [Refereed]

Misc

 
ビジュアルワイド 図説生物
久力誠 他
東京書籍      Feb 1997

Books etc

 
寺島紘士
海洋政策研究財団   Oct 2013   ISBN:978-4-88404-304-9
ナポリ臨海実験所
中野栄三、溝口元 編集 (Part:Joint Work, 回想編 ナポリ臨海実験所との共同研究 198頁-202頁)
東海大学出版会   Jul 1999   
電子顕微鏡チャートマニュアル 海産動物観察法
KYOUZUKA Keiichiro
1993   

Conference Activities & Talks

 
Do the sperm trigger NAADP-dependent Ca2+ wave in the fertilized eggs of A. pectinifera ?
Isao Takahashi, Keiichiro Kyozuka
Oocyte Maturation and Fertilization Meeting IV   15 Jun 2015   
NAADP-dependent calcium release in the maturing oocytes of starfish
Keiichiro Kyozuka, Isao Takahashi
Oocyte Maturation and Fertilization Meeting IV   15 Jun 2015   
イトマキヒトデ卵成熟に伴うADP-rybosyl cyclase による卵内 Ca2+ 上昇機構の発達
高橋功、経塚啓一郎
日本動物学会第85回大会   11 Sep 2014   
イトマキヒトデ表層成熟卵受精時の活性電流
毛利達磨、高橋功、経塚啓一郎
日本動物学会第85回大会   11 Sep 2014   
エダアシクラゲ放精誘起物質の作用機構
小松飛鳥、出口竜作、経塚啓一郎、竹田典代
日本動物学会第85回大会   11 Sep 2014   

Research Grants & Projects

 
Mechanisms of fertilization in marine invertebrates
Basic Science Research on Life Science
Project Year: Apr 1980   
Mechanisms of oocyte maturation and egg activation during fertilization
Basic Science Research on Life Science
Project Year: Sep 1993   
Mechanisms of spawning and oocyte maturation in bivalves
Basic Science Research on Life Science
Project Year: Apr 1980   

Social Contribution

 
クラゲ、ナマコいたよ、浅虫で野外科学教室
[TV or radio appearance, Contribution]  津軽新報社  10 Jul 2014
青森県黒石市内の小学校7校の5,6年生30名に、磯の生物の観察を通じて、生命と自然の神秘に気づかせるとともに、自然の観察方法について学び、環境の保全に取り組もうとする態度を養うことを目的として、野外科学教室を実施した。、
ウニ、エビ・・見つけた、浅虫でALTら臨海実習
[TV or radio appearance, Contribution]  東奥日報社  8 Jul 2012
主に県内の中学、高校に赴任している外国語指導助手(ATL)ら18名を対象に、1泊2日の臨海実習を実施し、ALTを介して、子供たちに海洋生物に対する興味を引くことを目指した。
陸奥湾の不思議たち ナマコの人工授精
[TV or radio appearance, Contribution]  東奥日報  Feb 2011
地元紙夕刊に、陸奥湾の養殖事業において、現在最も注目されているマナマコの生態および生殖について、写真付きで解説を行った。
東北大学「科学者の卵養成講座」発展コース
[Others]  25 Dec 2016 - 27 Dec 2016
東北大学「科学者の卵養成講座」発展コース参加高校生に対して、臨海実習を実施した。
教員免許状更新講習
[Others]  17 Dec 2016
浅むh市センターで開講した教員免許状更新講習において、ホタテの解剖実習を行った。

Others

 
Apr 2011   高率な良質ナマコ養成作成のための卵成熟および受精技術の研究およびそれに基づく生産技術の普及のためのマニュアルの作成
青森県陸奥湾の主力水産物であるマナマコの生殖機構を明らかにして、計画的増産を行う基礎研究
Apr 2010   ウニ卵受精時に起こる NO産生の機能について
受精時に伴う卵の活性化が起こるとき、卵内カルシウムイオン上昇とともに、卵内一酸化窒素(NO)上昇も起こる。これが受精時にどのような異能を持つのか検討する。、
Dec 2007   マイナス水素イオンの受精及び初期発生に及ぼす効果に関する研究
配偶子及び養成の取り扱いの容易な海産(無脊椎)動物を用いて、マイナス水素イオンの受精及び受精後の養成の初期発生における効果について検討する。
Sep 2007   イトマキヒトデ卵成熟再開時の卵内 Ca2+ 上昇に関与する卵表層のアクチン細胞骨格系の機能について
イトマキヒト卵成熟過程で起こる卵内 Ca2+ 上昇には、卵表層のアクチンフィラメントの関与した卵内 Ca2+ 制御系が機能していることを明らかにする
Apr 2007   乾燥ナマコ輸出のための計画的生産技術の開発
近年の国際的な乾燥ナマコの需要の高まりから、我が国のナマコもその生産量を急激に伸ばしている。本研究ではナマコの正確な資源推定技術を確立し、精度の高いナマコ資源管理手法を提案すると共に、ナマコの生態特性に基づいた資源増大手法及び良質な種苗を得るための親ナマコの成熟制御や稚ナマコの初期消耗抑制に関する技術開発を行う。