中澤 高清

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:09
 
アバター
研究者氏名
中澤 高清
 
ナカザワ タカキヨ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1cd1da85cec499e01eb32fe99b882256.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
- 海洋研究開発機構 招聘上席研究員
 
1999年
 - 
2010年
地球環境フロンティア研究センター グループリーダー
 
1998年
   
 
- 東北大学大学院理学研究科 教授
 
1994年
 - 
1998年
東北大学理学部 教授
 
1993年
 - 
1994年
国立極地研究所 客員助教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東北大学 理学研究科 地球物理学
 
 
 - 
1970年
高知大学 文理学部(理科系) 物理学
 

委員歴

 
2006年
   
 
国立環境研究所地球環境研究センター運営委員会 委員
 
2006年
   
 
日本学術会議地球環境研究連絡委員会IGAC小委員会 委員
 
2004年
   
 
国立環境研究所GOSATサイエンスチーム委員会 副委員
 
2001年
   
 
国立極地研究所運営会議 委員
 
2000年
   
 
Tellus B Advisory Board メンバー
 

受賞

 
1989年
日本気象学会賞
 
1996年
第3回日産科学賞
 
2007年
第35回三宅賞
 
2008年
第27回島津賞
 
2009年
紫綬褒章
 

Misc

 
海洋による二酸化炭素の吸収
中澤高清
科学 岩波書店   78 517-519   2008年
Saturation of the Southern ocean CO2 sink due to recent climate change
C. Le Quere, C. Rodenbeck, E. T. Buitenhuis, T. J. Conway, R. Langenfelds, A. Gomez, C. Labuschagne, M. Ramonet, T. Nakazawa, N. Metzl, N. Gillet and M. Heimann
Science   316 1735-1738   2007年
検証!地球は確かに温暖化しているー57万年の大気を調べて見えてきた事実—
中澤高清
化学 化学同人   63 12-17   2008年
Weak northern and strong tropical land carbon uptake from vertical profiles of atmospheric CO2
B. B. Stephens, K. R. Gurney, P. Tans, C. Sweeney, W. Peters, L. Bruhwiler, P. Ciais, M. Ramonet, P. Bousquet, T. Nakazawa, S. Aoki, T. Machida, G. Inoue, N. Vinnichenko, J. Lloyd, R. Langenfelds, P. Steele, R. Francey, and S. Denning
,Science   316 1732-1735   2007年
Northern Hemisphere forcing of climatic cycles over the past 360,000
K. Kawamura, F. Parrenin, L. Lisiecki, R. Uemura, F. Vimeux, J. P. Severinghaus, M. Hutterli, T. Nakazawa, S. Aoki, J. Jouzel, M. Raymo, K. Matsumoto, H. Nakata, Y. Fujii and O. Watanabe
Nature   448 912-916   2007年

書籍等出版物

 
対流圏大気の化学と地球環境
学会出版センター   2002年   
次世代への架け橋− 今、プロジェクトリーダーが語る −
2007年   
大気環境の変化
岩波書店   1999年   
地球変動研究の最前線を訪ねる
清水弘文堂書房   2010年   
気候科学の冒険者—温暖化を測るひとびと
技術評論社   2009年   

講演・口頭発表等

 
Global Observation of CO2 by Aircraft
UK-Japan Bilateral Workshop on The Environmental Impact of Aircraft Emissions & Noise and Impact Reduction Technologies   2006年   
O2/N2 ratio of Antarctic deep ice cores: a tool for absolute dating?
Carlsberg Dating Conference   2006年   
., O2/N2 ratio of trapped air as a dating tool for Antarctic deep ice cores: implication for forcing of climatic cycles
9th symposium of Japanese AMS Society: Prospects for the New Frontiers of Earth and Environmental Sciences   2006年   
Temporal and Spatial Variations of Tropospheric Carbon Monoxide over Japan
Joint GACGP/IGAC/WMO Symposium   2006年   
Biogeochemical processes of carbon exchange at the land-ocean-atmosphere interfaces
Joint GACGP/IGAC/WMO Symposium   2006年   

Works

 
地球気候系の診断に関わるバーチャルラボラトリーの形成ー物質循環解析ー
2008年 - 2014年
世界標準となる光学的二酸化炭素自動測器の開発
2010年 - 2013年
定期航空機による温室効果気体の広域観測とそれを基にした地球規模変動の研究
2007年 - 2012年
温室効果ガス観測衛星データの解析手法高度化と利用に関する研究
2004年 - 2007年
トップダウン法による二酸化炭素・メタン収支の推定に関する研究
2002年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
温室効果気体の変動と循環
研究期間: 1971年   
赤外活性気体の吸収特性
研究期間: 1971年