基本情報

所属
東北大学 大学院理学研究科・理学部 教授
学位
理学博士(東北大学)

J-GLOBAL ID
200901014687652001

外部リンク

論文

  259

MISC

  20

書籍等出版物

  16

講演・口頭発表等

  26

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

メディア報道

  4

その他

  25
  • 2010年3月 - 2010年3月
    産学イノベーション加速事業【先端計測分析技術・機器開発】においては、太陽光を光ファイバーで干渉計に導入し、その信号から大気中の二酸化炭素濃度を測定するという物理的な測定を採用した、低価格であり標準ガスを必要としない測器を目指して開発が進められている。その目的を達成するため、東北大学では利用者として本機器によるカラム濃度観測の結果を二酸化炭素の直接的な分析結果と比較して有用性を評価する。また、国際標準として利用されるための要件について、国際・国内の各種委員会などの経験から適切なアドバイスを行う。
  • 2008年4月 - 2008年4月
    地球気候系の診断を行うために、気候・環境研究に関わる他大学附 置研究センターと協力してバーチャルラボラトリーを形成し、各センタ ーの特徴と研究資産を活かした研究・教育を行う。
  • 2007年4月 - 2007年4月
    我々は平成18年度より、日本航空の定期旅客機に大気採集装置とCO2連続測定装置を搭載し、日本–オーストラリア間の対流圏上部でCO2、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)等の濃度と同位体比を測定するとともに、各機の就航航路に沿ったCO2濃度の広域連続測定を開始した。本研究では、トップダウンアプローチに用いるために最も適切なデータ整理形式を検討し、その結果に従って観測データを空間的に整理し、時系列を作成する。また、得られたデータセットを解析し、関連温室効果気体の濃度と同位体比の時間空間変動の実態を地球規模にわたって明らかにするとともに、大気輸送モデル等を用いて循環の観点からその変動を解釈する。
  • 2006年7月 - 2006年7月
    二酸化炭素の大気中の収支を推定するために、炭素同位体比のトレンドを測定する必要がある。全球的な二酸化炭素の同位体比の動きを知るためには、各機関で出された同位体比データがどのような精度で合致するのかを検討しておく必要がある。そのため、各研究室での同位体比の測定に高い精度と確度が要求されている。ここでは、これらのことに鑑み、同位体比の研究室間の測定の差がどのような原因によっているのかを多角的に検討する。
  • 2005年4月 - 2005年4月
    昭和基地での大気O2の精密観測と結果の解釈