板垣 信哉

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/26 16:10
 
アバター
研究者氏名
板垣 信哉
 
イタガキ ノブヤ
URL
https://sites.google.com/miyakyo-u.ac.jp/yamagatatokyoalberta
所属
宮城教育大学
部署
教育学部 英語教育講座 英語教育講座
職名
特任教授
学位
PhD (心理言語学)(University of Alberta), 言語学修士(University of Alberta), 工学修士(東京理科大学大学院)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
宮城教育大学 教育学部 特任教授
 
2010年4月
 - 
2017年3月
宮城教育大学教職大学院 教授
 
2000年4月
 - 
2017年3月
宮城教育大学 教育学部 教授
 
1989年4月
 - 
2000年3月
宮城教育大学 教育学部 助教授
 
1984年10月
 - 
1989年3月
盛岡大学 文学部英米文学科 講師・助教授
 

学歴

 
1982年
 - 
1984年
アルバータ大学大学院 博士課程 言語学科
 
1979年
 - 
1982年
アルバータ大学大学院 修士課程 言語学科
 
1975年
 - 
1978年
東京理科大学大学院 理工学研究科修士課程 経学工学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
学校評議会  委員
 
2016年
 - 
現在
仙台市確かな学力育成プラン委員会  委員長
 
2009年
 - 
現在
全国英語教育学会  顧問
 
2007年
 - 
現在
小学校英語教育学会  理事
 
2011年
 - 
2017年
仙台市確かな学力研修委員会  委員長
 
2012年
 - 
2013年
宮城県小中連携英語教育推進事業連絡協議会  指導助言者
 
2007年
 - 
2009年
全国英語教育学会  会長
 
2003年
 - 
2007年
東北英語教育学会  会長
 
2002年
 - 
2004年
大学英語教育学会  評議員
 

論文

 
Computer generation of poems.
Itagaki, N., & Sayeki, Y.
Behaviometrika   2 33-44   1975年   [査読有り]
Pragmatic constraints on subject and agent selection.
Itagaki, N., & Prideaux, G.D.
In S. Dik (Ed.) Advances in functional grammar   329-342   1982年   [査読有り]
Nominal properties as determinants of subject selection
Itagaki, N., & Prideaux, G.D.
Lingua   66 135-149   1985年   [査読有り]
A psycholinguistic analysis of word guessing using cloze procedure.
Itagaki, N., Satomi, K., & Takahashi, M.
ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan   5 11-20   1994年   [査読有り]
Pragmatic and cognitive constraints on subject selection in Japanese: The speaker's point of view and the spoken and written modes.
Itagaki, N.
Journal of Psycholinguistic Research   23 249-266   1994年   [査読有り]
On the developmental trend and elaboration mechanism of metacognitive knowledge: Learners' confidence in word knowledge
Itagaki, N., Saito, Y., & Inomata, M.
ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan   7 11-20   1996年   [査読有り]
A psychological analysis of errors, revision, and effects of feedback on English composition: Grammatical knowledge, metalingusitic monitoring, and proficiency levels
Itagaki, N., & MacManus, M.K
ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan   9 127-139   1998年   [査読有り]
An experimental study of incidental learning from English-Japanese dictionaries: Analysis of recall results and self-reports
Itagaki, N., Otsuki, F., & Motoki, Y.
In N.O. Jungheim & P. Robinson (Eds.), Pragmatics and pedagogy: Proceedings of the 3rd Pacific second language research forum (selected papers), Vol. 2 (pp. 71-80)   2 71-80   1999年   [査読有り]
Analysis of Motalinguistic Talk in Grammar Exercises: On the Basis of the Theoretical Framework of the Output Hypothesis
Itagaki, N., Sugiyama, M., & Kubota, Y.
ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan   14 31-40   2003年   [査読有り]
Explicit and implicit second language knowledge on grammaticality judgment task
Suzuki, W., Kubota, Y., Itagaki, N., & Takeuchi, M.
ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan   17 11-20   2006年   [査読有り]
Learner metalinguistic reflections following output-oriented and reflective activities
Suzuki, W., & Itagaki, N.
Language Awareness   16 131-146   2007年   [査読有り]
Incidental learning from English-Japanese dictionaries: Silent reading rather than note taking enhances memory
Watanabe, T., Itagaki, N., Suzuki, M., & Kubota, Y.
In S. Ishikawa, K. Minamide, M. Murata, & Y. Tono (Eds.), English lexicography in Japan   250-259   2007年   [査読有り]
The effect of output processing on subsequent input processing: A free recall study
Suzuki, W., Itagaki, N., Takagi, & Watanabe, T.
Teachers College, Columbia University Working Papers in TESOL and Applied Linguistics   9 1-17   2009年   [査読有り]
Suzuki, W., & Itagaki, N.
System: An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics   37(2) 217-225   2009年   [査読有り]
英語コミュニケーション能力の「素地」と「基礎」- 第二言語習得の熟達化理論に基づいて -
板垣信哉・鈴木渉
小学校英語教育学会紀要(現 JES Journal)   11 19-24   2011年   [査読有り]
An investigation into effects of feedback through grammar explanation and direct correction in second language writing.
Suzuki, W., Leis, A., & Itagaki, N.
ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan   25 49-63   2014年   [査読有り]
小学校外国語活動と中学校外国語教育の接続-言語知識と記憶理論の観点から-
板垣信哉・鈴木渉
JES Journal   15 68-82   2015年   [査読有り]
The effects of an output-based task on subsequent aural input in a Japanese university setting.
Suzuki, W., & Itagaki, N.
In M. Thomas & H. Reinders (Eds.), Contemporary task-based language teaching in Asia   313-327   2015年   [査読有り]

Misc

 
英文和訳と英文書写からの英単語学習―記憶の精緻化理論に基づいて―
板垣信哉
東北英語教育学会研究紀要   (37) 13-22   2017年   [査読有り]
小中高等学校の英語教育の接続-定型表現依存型運用能力から文法規則依存型運用能力へ-
板垣信哉
宮城教育大学外国語研究論集   (9) 21-31   2017年
英語能力の理論化と熟達化-小・中・高の英語教育の基礎理論として-
板垣信哉
宮城教育大学外国語研究論集   (6) 31-45   2011年
英文の記憶再生からの英語学習-「書写」と「自己添削」の学習効果について-
鈴木渉・板垣信哉・小池祐一
東北英語教育学会研究紀要   (30) 131-139   2010年   [査読有り]
Vocabulary Acquisition as Incidental Learning from English-Japanese Dictionaries: On the Basis of Rocognition Tests
ASIALEX'03 Tokyo Proceedings-Dictionaries and Language Learning: How can Dictionaries Help Human & Machine Learning?   409-412   2003年   [査読有り]
A Comparative Study of "Phrase Definition" and "Sentence Definition" of Word Meaning: Empirical Analysios of Word Meaning Guessing
ASIALEX'03 Tokyo Proceedings-Dictionaries and Language Learning: How can Dictionaries Help Human & Machine Learning?   112-117   2003年   [査読有り]
明示的文法知識と暗示的文法知識の実証的研究-文法知識の理論化と文法指導の観点から-
宮城教育大学外国語研究論集   (3) 45-56   2003年
出力仮説の実証的研究
宮城教育大学外国語研究論集   2, 41-50    2002年
文法知識はなぜ使えないのか?-認知心理学の観点から-
『日本における英語教育の将来』(全国英語教育学会)   114-115   2001年
私の英作文採業-推敲・添削指導は必要か?-
宮城教育大学外国語科論集   (14)    2000年
明示的及び暗示的文法知識の実証的研究-Green and Hecht(1992)の実験データは基づいて-
東北英語教育学会研究紀要   (20)    2000年
英作文の心的プロセスの分析と考察-和文英訳のプロトコール・データに基づいて
東北英語教育学会研究紀要   (19)    1999年
英和辞典からの学習に関する実証的研究-中学生・高校生の辞書理解について
宮城英語教育学会紀要   (13)    1999年
英語の副詞節と主節の談話機能とその学習に関する実験的研究
宮城教育大学紀要   32 233-239   1998年
英英辞典の単語定義からの語彙習得に関する実験的研究
宮城教育大学外国語科論集   (12) 47-58   1998年
「使えない文法知識」について
宮城教育大学外国語科論集   (11)    1997年
英作文の訂正とフィードバック効果の心理言語学的分析と考察
東北英語教育学会研究記要   16 67-77   1995年
英作文の添剤と書き直しに関する心理言語学的事例研究
宮城教育大学外国語科論集   10 12-21   1995年
和文英訳のシュミレーション・モデルの可能性に関する一考察
宮城教育大学外国語科論集   9,72-82    1993年
英語の能動文と受動文の談話機能に関する実験的研究(共著)
東北英語教育学会研究紀要   24-31    1993年
英語の副詞節の学習に関する実験的研究
宮城教育大学紀要   26    1992年
語の推測に関する実験的研究
宮城教育大学外国語科論集   8    1991年

書籍等出版物

 
In S. Dik (Ed.), Advances in functional grammar
Itagaki, N., & Prideaux, G.D. (担当:共著, 範囲:Pragmatic constraints on subject and agent selection.)
Foris Publication.   1982年   ISBN:9070176858
In N.O. Jungheim & P. Robinson (Eds.), Pragmatics and pedagogy: Proceedings of the 3rd Pacific second language research forum (selected papers), Vol. 2
Itagaki, N., Otsuki, F., & Motoki, Y. (担当:共著, 範囲:An experimental study of incidental learning from English-Japanese dictionaries: Analysis of recall results and self-reports.)
The Pacific Second Language Research Forum.   1999年   ISBN:44931424031
In S. Ishikawa, K. Minamide, M. Murata, & Y. Tono (Eds.), English lexicography in Japan
Watanabe, T., Itagaki, N., Suzuki, M., & Kubota, Y. (担当:共著, 範囲:Incidental learning from English-Japanese dictionaries: Silent reading rather than note taking enhances memory.)
Taishukan.   2007年   ISBN:4469245224
In M. Thomas & H. Reinders (Eds.), Contemporary task-based language teaching in Asia
Suzuki, W., & Itagaki, N. (担当:共著, 範囲:The effects of an output-based task on subsequent aural input in a Japanese university setting.)
Bloomsbury.   2015年   ISBN:9781472572219

競争的資金等の研究課題

 
語彙習得
文法指導