KOGA Masayoshi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 3, 2019 at 04:09
 
Avatar
Name
KOGA Masayoshi
E-mail
m-kogatamacc.chuo-u.ac.jp
URL
http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~m-koga/index.html?fbclid=IwAR3dhKAgiYWypbXyfqZyduF-KrWfhO2tdGAmeQNlH9iuADOtVz0FMOCCfzg
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Letters
Job title
Professor
Research funding number
90178244

Profile

CURRICULUM VITAE <MASAYOSHI KOGA>
Personal Information
Research field: Sociology of Education.
Birthplace and Date:Tokyo,Japan. 27 Nov. 1957.
Residence and ZIP: 6-13-9, Nanakuni Hachiouji-shi Tokyo,JAPAN. 192-0919
Phone: 81-42-674-3848 Chuou Univ. education branch
Email:m-koga@tamacc.chuo-u.ac.jp
Education:
1976-1980, Tukuba University,B.A. of Sociology of Education
1981-1982, Master Course of Graduate School of Tukuba University, M.A. of Educational Sociology
1982-1985, Doctor Course of Graduate School of Tukuba University, Educational Sociology(Leaving school in midcourse)
Professional Experience:
1985-1992 Associate Professor of Department of Economics,
Akita University of Economics and Law
1992-2003 Associate Professor of Department of Education,
Miyagi University of Education
2003-now Professor of Department of Literature,
Chuo University
Publication: Over 100 articles, paper and reviews.
Main papers and books are as follows.
1. Koga,M. 2001 Ethnography of Teaching in the Low-ranked High School, Kaneko-shobo
2. Koga,M. 2004 “Movement toward the Ethnography of Constructionism : A Multivoicing Approach to Politics of School Problem” , The Journal of Educational Sociology 74:39-56
3. Koga,M. (ed.)2004 Ethnography of High School in Japan, Sagano-shoin
4. Koga,M.&Kitazawa,T.(eds.)2008 Introduction to a qualitative research method,Sekaishisosha
5. Koga,M.&Hirota,T.,Ito,S. (eds.)2012 Sociological analysis about education of reformatory center in modern society, Nagoya-Daigaku Syupankai.
6. Koga,M. 2015 "Exclusion and subsumption of the person of high school leaving school in midcourse: From course choice after the leaving school in midcourse and the investigation about the factor" , The Journal of Educational Sociology 96:47-67
7. Koga,M. & Yamada,T.(eds.)2017 Guidance and caring in school now, Houso-Daigaku Kyoiku Sinkokai
8. Koga,M. & Ishikawa,R.(eds.)2018 Sociologyical Analysis of hikikomori and thier family, Sekaisisosya
Principal Research Interests:
1. A study about the correction education of the juvenile delinquent.
2. Introduction to a qualitative research method of education.
3. The life course study of the low-ranked high school graduate.
4. A discourse analysis to understanding of the high school dropout problem.
5. A empirical study on the relation to value orientation of high school students and parents.
6. A empirical study on teacher's control of students in junior high school.
7. A case study on educational practice in open-plan primary school.
Professional Memberships:
1980-:Member of The Japan Society of Educational Sociology
2001-:Director of The Japan Society of Educational Sociology
1984-:Member of The Japanese Educational Research Association
1990-:Member of The Japan Society for Child Study
2007-:Member of The Japanese Association of Sociological Criminology

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1985
 - 
Mar 1989
秋田経済法科大学経済学部専任講師
 
Apr 1989
 - 
May 1992
秋田経済法科大学経済学部助教授
 
Jun 1992
 - 
Mar 2003
宮城教育大学教育学部助教授
 
Apr 1994
 - 
Mar 1997
東北大学教育学部兼任講師
 
Apr 1998
 - 
Mar 2005
東北学院大学文学部教養学部兼任講師
 

Education

 
Apr 1981
 - 
Mar 1985
教育学専攻, Graduate School, Division of Education, University of Tsukuba
 

Awards & Honors

 
Oct 2014
科学研究費助成事業・第一段審査における優秀な意見による公正公平な審査への貢献, 「科研費」審査委員の表彰, 独立行政法人 日本学術振興会
 
表彰状と記念メダル

Published Papers

 
著者が語る社会調査テキスト:『質的調査法を学ぶ人のために』(2008年、世界思想社)
古賀正義
『社会と調査』22号   124-125   May 2019   [Invited]
若者の就労不安と働き方・ライフコースの特性 ―リスク社会論の視点からの実証研究―
古賀正義
中央大学『教育学論集』   61集 49-65   Mar 2019
みんな一緒に」を求めすぎる日本の学校―内在型集団主義文化の功と罪
古賀正義
『児童心理』平成30年12月号   72(13) 26-32   Nov 2018   [Invited]
【書評】本田由紀・中村髙康・乾彰夫編著『危機のなかの若者たち-教育とキャリアに関する5年間の追跡調査』
古賀正義
『教育学研究』   85(3) 66-68   Sep 2018
就労不安と働き方・ライフコース
古賀正義
内閣府『子供・若者の意識に関する調査(平成29年度)報告書』   144-153   May 2018   [Invited]

Misc

 
地域で進める若者支援―スクラム連携の時代へ向かって
古賀正義
東京都青少年治安対策本部『人権尊重の社会-同和問題をはじめとする人権問題理解のために』<青少年指導者用冊子>   1-7   Mar 2019   [Invited]
若者における「社会的孤立」の偏位-ネットワーク分析の調査視点から-
古賀
中央大学『教育学論集』   第60集 21-34   Mar 2018
集団の中で育つもの-学級活動・特別活動の実践から考える
古賀
『児童心理』平成29年12月号   第71巻17号=1050号    Nov 2017
偏位する「社会的孤立」-その意味と課題
古賀
内閣府『子供・若者の意識に関する調査(平成28年度)報告書』   平成28年度版    Jul 2017
高校中退者問題と貧困格差
古賀
『月刊 高校教育』平成29年8月号   平成29年8月号    Jul 2017

Books etc

 
学校と子ども・若者支援 (第2部8章)
岩波書店   Mar 2018   
概説:教育社会学の学問的性格、エスノグラフィー(『教育社会学事典』)
編集委員
丸善出版   Jan 2018   
「ひきこもり」実態調査とは何であったのか―2000年以降の経緯と担い手の変化を中心に、「ひきこもり」問題と親たちの語り-問題認知と過失・支援の狭間で、「ひきこもり」を理解する立場性と当事者の家族・親(用語集)ひきこもりに関連する施策
古賀正義(石川良子と共編著) (Part:Joint Editor)
世界思想社   Jan 2018   
『ひきこもりと家族の社会学』
古賀正義  石川良子と共編著 (Part:Editor)
世界思想社   Jan 2018   
児童生徒指導と現代の学校教育(1章)、児童生徒集団の構造と機能(3章)、教師・生徒関係の今日的特質(5章)、非行問題の現在と「健全育成」の課題(10章)、社会的リテラシーや市民性をはぐくむ児童生徒指導の実践(11章)、NPO・地域社会とのネットワーキングと児童生徒への教育的支援(14章)、(『現代社会の児童生徒指導』)
古賀正義 =山田哲也と共編著 (Part:Joint Editor)
放送大学教育振興会   Mar 2017   

Conference Activities & Talks

 
若者の「孤立」の起点としての学校-ネットワーク分析に立つ居場所・対人関係調査の結果から
古賀正義
日本犯罪社会学会第45回大会   20 Oct 2018   
ひきこもり家族の教育責任をめぐる語り―問題の認知と「過失」と「援助」の狭間で
古賀正義
日本社会学会第91回大会   16 Sep 2018   
困難家族のひきこもり問題認知をめぐる語り―生育に関わる「過失」と「援助」の間で―
古賀正義
日本家族社会学会第28回大会   8 Sep 2018   
若者の就労不安とライフコース認識-内閣府若者Web調査の分析から
古賀正義
日本教育社会学会第70回大会   3 Sep 2018   
子ども・若者の「孤立」の偏位-ネットワーク分析に立つ内閣府調査の結果から
古賀正義
日本教育学会第76回大会   1 Sep 2018   

Works

 
内閣府・政策統括官(共生社会政策担当)付青少年企画担当 平成30年度第1回青少年問題調査研究会「生きづらさを抱える若者の社会的自立に向けた支援について」内閣府合同庁舎
Oct 2018
プロジェクト・オンブレ(治療共同体運動)とスペインの若者文化・薬物乱用
Nov 2014 - Nov 2014
中央大学ハラスメント実態調査2012調査報告書 (2012年12月実施・座長)
Mar 2014 - Mar 2014
内閣府・全国中央研修会・「子ども・若者育成支援のための地域連携推進事業」講演
Nov 2011 - Nov 2011
文部科学省・全国生涯学習ネットワークフォーラム2011・トークセッション講師「東日本震災から240日」
Nov 2011 - Nov 2011

Research Grants & Projects

 
課題集中校での社会情動的スキル形成のための生徒指導実践に関するエスノグラフィ研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C)
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 古賀 正義
従来の生徒指導は、きまり遵守や非行防止等の統制的指導に向かい、教師の疲弊感も強く、困難を有する生徒の文化的資源の欠落やコミュニティでの社会関係の剥奪等を補償すべく構成されてこなかった。しかしながら、SSWerや若者支援機関等との連携によるチーム学校の構築によって、生きづらさを乗り越え社会関係を構築する非認知的スキルの形成を図る「ケアする実践」が意識され、課題集中校とりわけ定時制や通信制などでの実践課題となってきた。対象校を選び、観察や聞き取りという現場当事者の視点からエスノグラフィックな調...
困難を有する若者の教育と支援
Project Year: Apr 2016 - Mar 2018
中央大学特定課題研究費により、引きこもりや薬物依存などさまざまな困難に苦しむ若者の教育・支援の方法について調査研究を行う。
戦後教育社会学の学的基盤形成と理論的課題に関する総合的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)
Project Year: Apr 2014 - Mar 2018    Investigator(s): 加野 芳正
戦後教育社会学の学的基盤形成と理論的課題に関する論文集を新たに編集するため、討議の機会を作り、専門研究者の意見を集約する作業を行う
Sociological Studies about High School Drop-out and Support System in Tokyo
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): 松田恵示
"How do high school ""Drop-out"" students feel about this trouble? And What kind of support system do they need? We will reseach High School Drop-out and Support System in Tokyo."
困難を有する若者にとっての「ソーシャルスキル」認識
Project Year: Apr 2013 - Mar 2015    Investigator(s): 古賀正義
教育困難高校卒業生への聞き取りや支援団体への調査。また、海外での非行経験者の調査や支援機関への聞き取りなどを行う