山田 勝也

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 14:39
 
アバター
研究者氏名
山田 勝也
 
ヤマダ カツヤ
URL
http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~physio1/index.html
所属
弘前大学
部署
大学院 医学研究科 統合機能生理学講座
職名
准教授
学位
理学修士(静岡大学), 医学博士(秋田大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年
京都府立医科大学 医学研究科 生理学
 
 
 - 
1986年
静岡大学 理学部 化学
 

受賞

 
2008年
(財)光科学技術研究振興財団 研究助成金
 
2007年
(財)光科学技術研究振興財団 研究助成金
 
2007年
第25回唐牛記念医学研究基金助成金A賞
 

論文

 
Yamada, K.
Biol. Pharm. Bull.   41 1508-1516   2018年   [査読有り]
Yamada, K., Sato, D., Nakamura, T., Amano, H., and Morimoto, Y.
J. Physiol. Sci.   67 539-548   2017年   [査読有り]
Nagatomo, K., Suga S. Saitoh, M., Kogawa, M., Kobayashi, K., Yamamoto, Y., and Yamada, K.
Front. Neuroanat.   11    2017年   [査読有り]
Shibasaki, K., Hosoi, N., Kaneko, R., Tominaga, M., and Yamada, K.
J. Neurochem.   140 395-403   2017年   [査読有り]
Sasaki, A., Nagatomo, K., Ono, K., Yamamoto, T., Otsuka, Y., Teshima, T., and Yamada, K.
Human Cell   29 37-45   2016年   [査読有り]
Yokoyama, H., Sasaki, A., Yoshizawa, T., Kijima, H., Hakamada, K., and Yamada, K.
Human Cell   29 111-121   2016年   [査読有り]
Otsuka, Y., Sasaki, A., Teshima, T., Yamada, K., and Yamamoto, T.
Org. Lett.   18 1338-1341   2016年   [査読有り]
Yamada, K., Takahashi, S., Karube, F., Fujiyama, F., Kobayashi, K., Nishi, A. Momiyama, T.
J. Physiol. Sci.   66 435-446   2016年   [査読有り]
Yamada, K.
Prog. Brain Res.   225 63-73   2016年   [査読有り]
がん細胞を可視化する蛍光L-グルコース誘導体 (fLG)
山田勝也
日本分子イメージング学会機関誌   9 23-26   2015年   [査読有り]
三次元細胞集塊「スフェロイド」の尽きない魅力
小野幸輝, 佐々木綾子, 山田勝也
月刊「化学工業」   34-37   2015年
Miyazaki, H., Oyama, F., Inoue, R., Aosaki, T., Abe, T., Kiyonari, H., Kino, Y., Kurosawa, M., Shimizu, J., Ogiwara, I., Yamakawa, K., Koshimizu, Y., Fujiyama, F., Kaneko, T., Shimizu, H., Nagatomo, K., Yamada, K., Shimogori, T., Hattori, N., Miura, M., and Nukina, N.
Nat.Commun.   5 5525   2014年   [査読有り]
Yamamoto, T., Tanaka, S., Suga, S., Watanabe, S., Nagatomo, K., Sasaki, A., Nishiuchi, Y., Teshima, T., and Yamada, K.
Bioorg. Med. Chem. Lett.   21 4088-4096   2011年   [査読有り]
マウス中脳黒質から急性単離したGABA作動性ニューロンのグルコース感受性応答―穿孔パッチクランプ法による解析―
菅世智子, 山田勝也
弘前医療福祉大学紀要   1 67-76   2009年   [査読有り]
山田勝也
Brain and Nerve   61 381-388   2009年
Yamamoto, T., Nishiuchi, Y., Teshima, T., Matsuoka, H., and Yamada, K.
Tetrahedron Lett.   49 6876-6878   2008年   [査読有り]
脳とブドウ糖 ~蛍光分子を用いたグルコース輸送研究の新展開~
山田勝也
Priming BioMedicine   3 13-24   2008年   [査読有り]
Saito, T., Yamada, K., Wang, Y., Tanaka, Y., Ohtomo, K., Ishikawa, K., Inagaki, N.
Neurosci. Lett.   414 35-40   2007年   [査読有り]
Yamada, K., Saito, M., Matsuoka, H., Inagaki, N.
Nature Protocols   2 753-762   2007年   [査読有り]
Miyake, A., Yamada, K., Kosaka, T., Miki, T., Seino, S., Inagaki, N.
Eur. J. Neurosci.   25 2349-2363   2007年   [査読有り]
Sakai, H., Tanaka Y., Tanaka M., Ban N., Yamada, K., Matsumura Y., Watanabe, D., Sasaki M., Kita, T., Inagaki, N
J. Biol. Chem.   282 19692-19699   2007年   [査読有り]
Sato, S., Yamada, K., and Inagaki, N.
Med. Biol. Eng. Comput.   44 353-362   2006年   [査読有り]
オリゴデンドロサイトおよびシュワン細胞の細胞体に発現するABCA2蛋白
山田勝也, 稲垣暢也
生体の科学   57 167-171   2006年
Yamada, K., and Inagaki, N.
J. Mol. Cell. Cardiol.   39 945-949   2005年   [査読有り]
Wang, Y., Yamada, K., Tanaka, Y., Ishikawa, K., and Inagaki, N. 
J. Neurol. Sci.   232 59-63   2005年   [査読有り]
Yuan, H., Yamada, K., Inagaki, N.
Neurosci. Lett.   355 173-176   2004年   [査読有り]
Tanaka, Y., Yamada, K., Zhou C.-J., Ban, N., Shioda, S., and Inagaki, N.
J. Comp. Neurol.   455 353-367   2003年   [査読有り]
Neurosci. Lett.
Yuan, H., Yamada, K., Inagaki, N.   355 136-140   2003年   [査読有り]
ATP-sensitive K+ channels in the Brain: a sensor of hypoxic conditions
Yamada, K., and Inagaki, N.
News Physiol. Sci.   17 127-130   2002年   [査読有り]
Ogura, T., Furukawa, T., Toyozaki, T., Yamada, K., Zheng, YJ., Katayama, Y., Nakaya, H., Inagaki, N.
FASEB J.   16 863-965   2002年   [査読有り]
低酸素状態において脳を保護するATP感受性カリウムチャネルの働き
山田勝也, 稲垣暢也
生体の科学   53 290-294   2002年
低酸素誘発性てんかん発作とATP感受性カリウムチャネル
山田勝也, 袁宏杰, 稲垣暢也
クニリニカルニューロサイエンス   20 483   2002年
エネルギー欠乏時に脳を守るATP感受性カリウムチャネルの働き
山田勝也, 稲垣暢也
メディカルテクノロジー   30 165-166   2002年
Yamada, K., and Inagaki, N.
Trends Pharmacol. Sci.   22 601-602   2001年   [査読有り]
Yamada, K., Ji, JJ., Yuan, H., Miki, T., Sato, S., Horimoto, N., Shimizu, T., Seino, S., and Inagaki, N.
Science   292 1543-1546   2001年   [査読有り]
Yamada, K., Nakata, M., Horimoto, N., Saito, M., Matsuoka, H., and Inagaki, N.
J. Biol. Chem.   275 22278-22283   2000年   [査読有り]
Fujita, H., Matsuura, T., Yamada, K., Inagaki, N., and Kanno, I.
J. Neurosci. Methods.   99 71-78   2000年   [査読有り]
Matsuura, T., Fujita, H., Seki, C., Kashikura, K., Yamada, K., and Kanno I.
Jpn. J. Physiol.   49 289-296   1999年   [査読有り]
Yamada, K., Yamamoto, N., and Toyama, K.
Neurosci. Lett.   275 65-68   1999年   [査読有り]
細胞工学
山田勝也, 小川哲朗
Clinical Neuroscience   15 714-715   1998年
Malonek, D., Dirnagl, U., Lindauer, U., Yamada, K., Kanno, I., Grinvald, A.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   94 14826-14831   1997年   [査読有り]
Yamamoto, N., Yamada, K., Kurotani, T., Toyama, K.
Neuron   9 217-228   1992年   [査読有り]
Toyama, K., Komatsu, Y., Yamamoto, N., Kurotani, T., and Yamada, K.
Neurosci. Res.   12 57-71   1991年   [査読有り]
脳のスライス培養を用いたニューロンネットワーク形成の研究
山本亘彦, 山田勝也
細胞工学   10 209-214   1991年

Misc

 
Erratum to: Uptake of a fluorescent L-glucose derivative 2-NBDLG into three-dimensionally accumulating insulinoma cells in a phloretin-sensitive manner.
Sasaki, A., Nagatomo, K., Ono, K., Yamamoto, T., Otsuka, Y., Teshima, T., and Yamada, K.
Human Cell   29 138-139   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
「三次元細胞集塊 “スフェロイド” の形成を促す培養技術要素」細胞培養
山田勝也
技術情報協会   2017年   
New Horizons in Neurovascular Coupling: A Bridge Between Circulation and Neural Plasticity (Progress in Brain Research)
Masamoto, K., Hirase, H., Yamada, K.
Elsevier   2016年   
Neurovascular coupling-What next?
Masamoto, K., Hirase, H., Yamada, K., and Kanno, I.
Prog. Brain Res.   2016年   
「脳と糖」天然物の化学 魅力と展望
山田勝也
東京化学同人   2016年   
“Vessel specific imaging of glucose transfer with fluorescent glucose analogue in anesthetized mouse cortex.” In, Adv. Exp. Med. Biol.
Murata, R., Takada, Y., Takuwa, H., Kawaguti, H., Ito, H., Kanno, I., Tottori, N., Yamada, Y., Tomita, Y., Itoh, Y., Suzuki, N., Yamada, K., Masamoto, K.
Springer   2014年   

講演・口頭発表等

 
腫瘍細胞が立体的に集積しスフェロイドを自発形成する新しい培養法
小野幸輝
第50回東北生理談話会   2018年10月13日   
Fluorescent L-glucose, a new tracer for imaging tumor cells having malignant potential. [招待有り]
Yamada, K.
15th Meeting of the Asian-Pacific Society for Neurochemistry (APSN2018) (symposium)   2018年8月29日   
成熟マウス脳黒質、線条体、視覚野におけるドーパミン受容体サブタイプ発現の違いに基づくアストロサイト多様性
長友克広
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   
成熟マウス脳黒質、線条体、視覚野におけるドーパミンD1受容体あるいはD2受容体を発現するアストロサイト多様性
長友克広
第95回日本生理学会大会   2018年3月28日   
Sugar metabolism imaging in three dimensionally cultured Ewing sarcoma cells using fluorescent glucose derivative.
Ohshika, S.
Orthopaedic Research Society (ORS) 2018 Annual Meeting   2018年3月10日   
N-アリール化されたグルコサミンの合成と応用
大塚祐治
第4回FCCAシンポジウムグライコサイエンス若手フォーラム2017   2017年10月28日   
蛍光グルコースによる三次元培養ユーイング肉腫細胞の糖代謝イメージング
大鹿周佐
第32回日本整形外科学会基礎学術集会   2017年10月26日   
成体マウス急性単離アストロサイトにおける脳部位特異的ドーパミン受容体発現
長友克広
第49回東北生理談話会   2017年10月14日   
Fluorescent L-glucose (fLG) as a Potential Contrast Agent for Cancer Detection. [招待有り]
山田勝也
International Drug Discovery Science and Technology - Japan 2017   2017年7月25日   
成熟マウスアストロサイトの微細な突起に確認されたドーパミンD1受容体免疫反応性
長友克広
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   
三次元的に高密度に集積したがん細胞スフェロイドの新しい培養法
小野幸輝
第12回トランスポーター研究会   2017年7月8日   
がんの悪性化に伴うグルコース輸送様式変化
山田勝也
第12回トランスポーター研究会 (シンポジウム)   2017年7月8日   
がん細胞が3次元的に集積する細胞塊「スフェロイド」のin vitroにおける自発形成
小野幸輝
第20回酸素ダイナミクス研究会   2016年11月19日   
蛍光L型グルコースを用いた胆管癌の生体内蛍光イメージング法
横山拓史
第24回日本消化器関連学会   2016年11月3日   
細胞状態の悪化を鋭敏に検出する蛍光L-グルコース誘導体2-TRLG;ヨウ化プロピジウム(PI)との比較
長友克広
第48回東北生理談話会   2016年10月15日   
胆管癌動物モデルを用いた生体内癌細胞蛍光イメージング法
横山拓史
第52回日本胆道学会学術集会   2016年9月29日   
In vivo Imaging and Quantification of Glucose Transfer Using 2-NBDG in the Mouse Cortex with Two-Photon Microscopy.
Takeda, H.
第41回日本微小循環学会総会   2016年9月23日   
GLUTを通過する青色蛍光グルコースCDGの合成と取り込みの評価
大塚祐治
第35回日本糖質学会年会   2016年9月1日   
蛍光ブドウ糖を用いた新しいがん診断薬の開発 [招待有り]
山田勝也
AMED生体イメージング新技術説明会   2016年7月12日   
定量化と偶然
山田勝也
上村大輔神奈川大学教授を囲む講演会(シンポジウム)   2016年6月4日   
蛍光標識L型グルコースを用いた腫瘍イメージング
田原強
第11回日本分子イメージング学会   2016年5月28日   
GLUTを介して細胞内に取り込まれる蛍光プローブの分子設計・合成
高杉智博
日本薬学会136年会   2016年3月26日   
Imaging of human fecal enteric bacteria by fluorescently labeled glucose derivatives.
長友克広
第93回日本生理学会大会   2016年3月24日   
蛍光標識グルコース誘導体を用いた多様な細胞のグルコース輸送可視化 [招待有り]
山田勝也
第93回日本生理学会大会 (シンポジウム)   2016年3月23日   
Imaging tumor cells using uptake of fluorescent L-glucose derivatives. [招待有り]
Yamada, K.
Pacifichem2015   2015年12月19日   
Syntheses of blue fluorescence-emitting D-glucose derivatives via Pd-catalysed C-N coupling.
Otsuka, Y.
13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13)   2015年11月9日   
蛍光Lグルコース誘導体fLGによるがん細胞可視化
小野幸輝
第47回東北生理談話会   2015年10月31日   
がん細胞への蛍光グルコース誘導体取り込みの蛍光マイクロプレートリーダーを用いた解析方法
佐々木綾子
第47回東北生理談話会   2015年10月31日   
GLUTを介して細胞内に取り込まれる蛍光プローブの開発
高杉智博
第13回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマーフォーラム   2015年8月21日   
A hypothesis: dendro-dendritic communication mediated by astrocytic processes in substantia nigra.
Yamada, K.
第38回日本神経科学大会   2015年7月30日   
Fluorescent L-glucose (fLG) Derivatives for Imaging Cancer. [招待有り]
Yamada, K.
GE Global Research, USA   2015年7月21日   
蛍光標識D-およびL-グルコース誘導体の魅力 [招待有り]
山田勝也
日本応用糖質科学会東北支部   2015年7月11日   
蛍光標識L-グルコース誘導体による腸内細菌の細胞状態評価
長友克広
2015年6月18日   
GLUTを介して細胞内に取り込まれる蛍光プローブの開発
高杉智博
第10回日本分子イメージング学会総会   2015年5月21日   
A Positron and Fluorescence Double-Labeled Glucose Analog for Multi-Dimensional Molecular Imaging.
Tahara, T.
第10回日本分子イメージング学会総会   2015年5月21日   
A fluorescence L-glucose derivative (fLG) for imaging tumor cells. [招待有り]
Yamada, K.
第10回日本分子イメージング学会総会 (シンポジウム)   2015年5月20日   
がんの自動診断を目指したスライドスキャナの開発と今後のビジョン
高松輝賢
日本臨床検査自動化学会   2015年4月25日   
A method to identify living cells showing abnormal sugar uptake using fluorescent l-glucose (flg) derivatives. [招待有り]
Yamada, K.
ICCU2015   2015年4月12日   
蛍光ブドウ糖を用いた新しいがん診断薬の開発 [招待有り]
山田勝也
JST発ライフイノベーション 新技術説明会   2015年3月24日   
大脳基底核におけるアストロサイトの領域特異的ドーパミン受容体発現
山田勝也
第92回日本生理学会大会(シンポジウム)   2015年3月21日   
蛍光グルコース法での画像診断を容易にするための検体ホルダ実証機の開発
山田勝也
ライフイノベーションフォーラム2015   2015年3月19日   
高密度がん細胞集塊3次元スフェロイドの高効率・安定生成法 [招待有り]
山田勝也
北東北3大学連携 新技術説明会   2015年3月10日   
蛍光グルコース誘導体fLGによるがんのイメージング [招待有り]
山田勝也
電気学会・持続可能な社会と先端技術を支えるレーザプロセシング技術調査専門委員会~ 光・量子デバイス研究会 ~   2015年3月6日   
アストロサイトが媒介する樹状突起間コミュニケーション仮説 [招待有り]
山田勝也
Neurovascular Unit 研究会2015   2015年1月31日   
蛍光グルコース誘導体を用いたマウス大脳血管壁におけるグルコース輸送に関する生体光イメージング
村田澪
第 27 回バイオエンジニアリング講演会   2015年1月9日   
培養がん細胞に取り込まれた蛍光D-グルコース誘導体の細胞内局在
滝川翔太
第46回東北生理談話会   2014年10月25日   
蛍光グルコース誘導体の細胞内への特異的取り込みを利用した腫瘍イメージング [招待有り]
山田勝也
第73回日本癌学会学術総会 (シンポジウム)   2014年9月25日   
Positron and fluorescence labeled glucose analogue for multi-dimensional molecular imaging.
Tahara, T.
The 7th Annual Meeting for the World Molecular Imaging Congress 2014   2014年9月17日   
成熟マウス脳アストロサイトの領域特異的ドーパミン受容体発現
長友克広
第37回日本神経科学大会   2014年9月12日   
マウス脳黒質網様部のドーパミン応答ならびに受容体発現
山田勝也
第29回日本大脳基底核研究会(シンポジウム)   2014年8月23日   

競争的資金等の研究課題

 
機能性フッ素ポリマーのフェムト秒レーザー加工基盤と3次元構築した細胞の顕微観察法
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究 (B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 花田修賢
果実ポリフェノールの光計測に関する研究
弘前大学: 平成30年度弘前大学グロウカルファンド
研究期間: 2018年10月 - 2019年8月    代表者: 山田勝也
糖代謝イメージングに基づく細胞状態評価・診断戦略の開発
弘前大学: 弘前大学機関研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山田勝也
果実ポリフェノールの光計測に関する研究
弘前大学: 平成29年度弘前大学グロウカルファンド
研究期間: 2017年9月 - 2018年8月    代表者: 山田勝也
りんご果実ポリフェノールの示す抗真菌作用の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 山田 勝也
蛍光標識グルコース法による体内診断用プローブの開発
科学技術振興機構: 研究成果展開事業 産学共創基礎基盤研究プログラム
研究期間: 2011年4月 - 2017年3月    代表者: 山田勝也
グルコースイメージングによるガン早期診断薬
科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラム (A-STEP) 本格研究開発 実用化挑戦タイプ 中小・ベンチャー開発
研究期間: 2011年4月 - 2017年3月    代表者: 山本敏弘
生体材料の観察に適した倒立蛍光デジタルスキャナの開発
東北経済産業局: 戦略的基盤技術高度化支援事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 高松輝賢
共生状態の評価・診断に貢献する蛍光検出技術の開発
青森県: 平成27年度医工連携事業化推進実証事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 山田勝也
がん細胞の蛍光可視化用キットの開発
弘前大学: 弘前大学マッチング研究支援事業
研究期間: 2014年10月 - 2016年3月    代表者: 山田勝也
蛍光標識グルコース誘導体の消化癌診断への応用
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 福田眞作
超生検観察前処理補助装置の開発
青森県: 平成26年度大型医工連携共同開発プロジェクト支援プログラム
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 山田勝也
蛍光グルコース法での画像診断を容易にするための検体ホルダ実証機の開発
青森県: 産学連携・課題解決型医療福祉関連機器等研究開発モデル実証
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 山田勝也
細胞代謝イメージングに基づく腫瘍細胞評価と新たな診断・治療戦略の開発
弘前大学: 弘前大学機関研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 山田勝也
蛍光標識グルコース誘導体のがん医療への事業化の橋渡し研究
弘前大学: 弘前大学マッチング研究支援事業
研究期間: 2012年3月 - 2013年12月    代表者: 山田勝也
の遺伝子リポジトリ形成-行動解析と分子細胞生物学的解析による総合的遺伝子機能研究
文部科学省: 特別教育研究経費
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 佐藤敬
中脳黒質の抑制性軸索終末の構造・機能解析
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 山田勝也
グルコースの立体選択的な細胞内取り込み可視化法の医療応用
科学技術振興機構: 「知財活用促進ハイウェイ」大学特許価値向上支援
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 小杉基樹
難治性脳疾患の統合的病態解析と根本的治療法の開発
弘前大学: 弘前大学機関研究
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 若林孝一
細胞代謝イメージングに基づく腫瘍細胞評価と新たな診断・治療戦略の探索
弘前大学: 弘前大学学長指定重点研究
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 山田勝也
蛍光ブドウ糖トレーサー法の実用化技術の開発
科学技術振興機構: JST重点地域研究開発推進プログラム (育成研究)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 山田勝也
トランスポーターの輸送動態解析法に関する研究
文部科学省: 文部科学省研究費 特定領域研究 (A)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 山田勝也
新規蛍光法による神経活動依存的グルコース供給の解析
文部科学省: 文部科学省研究費 特定領域研究 (A)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 山田勝也
難治性脳疾患の統合的病態解析と根本的治療法の開発
弘前大学: 弘前大学学長指定重点研究
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 若林孝一
疾患モデル細胞の高効率創製と機能解析
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 (CREST)
研究期間: 2002年4月 - 2008年3月    代表者: 松岡英明
新たな膜輸送機構の分子基盤
文部科学省: 文部科学省科学研究費補助金 (学術創成研究費)
研究期間: 2003年4月 - 2008年3月    代表者: 稲垣暢也
脳保護に向けたストレス応答機構のケミカルバイオロジー研究
弘前大学: 弘前大学学長指定重点研究
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 伊東健
低酸素・高二酸化炭素に対する生体調節機構の解明
弘前大学、岩手大学、秋田大学: 北東北三大学連携推進研究プロジェクト
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 山本欣郎
中脳黒質網様部のグルコース感受性およびその生理的役割
文部科学省研究費: 基盤研究 (C)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 山田勝也
細胞の運命決定制御
日本学術振興会: 21世紀COEプログラム
研究期間: 2002年4月 - 2007年3月    代表者: 稲垣暢也
神経活動依存的な大脳皮質血流調節機構の分子基盤
文部科学省: 文部科学省研究費 特定領域研究 (2)
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 山田勝也
脂質輸送関連遺伝子のヒト病態における役割の解析
文部科学省: 文部科学省研究費 特定領域研究 (2)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 稲垣暢也
遺伝子改変マウスを用いたあえぎ呼吸の中枢制御機構に関する研究
文部科学省: 文部科学省研究費 基盤研究 (C) (2)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 山田勝也
神経発達-脳代謝連関におけるATP感受性カリウムチャネルの役割
文部科学省: 文部科学省研究費 特定領域研究 (2)
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 山田勝也
脂質膜輸送機構の解析
文部省: 文部省科学研究費 萌芽的研究
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 稲垣暢也
脳における細胞内ATP感知機能の解明
文部省: 文部省科学研究費 基盤研究 (B) (2) (一般)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 稲垣暢也
神経活動に依存するグルコース取り込みの脳スライスを用いたリアルタイム解析
文部省: 文部省科学研究費 基盤研究 (C) (2)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 山田勝也
ABC蛋白によるイオンチャネルの制御機構
文部省: 文部省科学研究費 特定領域研究 (B) (2)
研究期間: 1998年4月 - 2003年3月    代表者: 稲垣暢也
虚血時における黒質の神経細胞容積変化と細胞死防御
科学技術振興事業団: 戦略的基礎研究 (CREST)
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 岡田泰伸
ATP感受性K+チャネルの構造と生理機能
文部省: 文部省科学研究費 基盤研究 (B) (2) (一般)
研究期間: 1999年4月 - 2002年3月    代表者: 稲垣暢也
蛍光標識グルコースを用いた単一細胞のグルコース取り込み・機能連関の解析
文部省: 文部省科学研究費 萌芽的研究
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 稲垣暢也
ATP感受性K+チャネルの選択的開閉薬の開発
文部省: 文部省科研究費 基盤研究 (B) (2) (展開)
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 稲垣暢也
ATP結合蛋白質によるシグナル伝達機構の解明
文部省: 文部省科学研究費 特定領域研究 (A)
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 稲垣暢也
神経活動とATP感受性K+チャネルの機能連関:ノックアウトマウスを用いた解析
文部省: 文部省科学研究費 特定領域研究 (A)
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 稲垣暢也
成熟大脳皮質における神経線維伸長のスライス培養法による解明
文部省: 文部省科学研究費 一般研究C
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 山田勝也

特許

 
特許6406715 : 生体由来組織片を用いたがんの検出方法、および生体外での生体由来組織片中の細胞の維持方法
山田 勝也
2018.9.28 特許取得(日本)
US10001487B2 : Novel glucose derivative, and cell imaging method and imaging agent using said derivative.
山田勝也, 佐々木綾子, 豊島正, 山本敏弘, 大塚祐治
2018.6.19 特許取得(米国)
EP2703495B1 : Method for detecting cancer cell using fluorescently labeled L-glucose derivative, and cancer cell-imaging agent comprising fluorescently labeled L-glucose derivative.
Yamada, K., Onoe, H., Teshima, T., Yamamoto, T.
2018.5.9 特許取得(欧州)
US9958450B2 : L-Glucose derivatives having fluorescent chromophore.
Yamada, K., Teshima, T., Yamamoto, T.
2018.5.1 特許取得(米国)
特許6327565 : クマリン誘導体が結合した蛍光標識糖誘導体を用いた細胞イメージング方法及びイメージング剤
山田勝也、豊島正、山本敏弘
2018.4.27 特許取得(日本)
EP2905620B1 : Method for imaging cell using fluorescence-labeled sugar derivative having coumarin derivative bound thereto, and imaging agent.
Yamada, K., Teshima, T., Yamamoto, T.
2017.12.13 特許取得(欧州)
特許6019500 : 蛍光標識されたL-グルコース誘導体を用いたがん細胞を検出するための方法及び該誘導体を含むがん細胞のイメージング剤
山田勝也、尾上浩隆、豊島正、山本敏弘
2016.10.24 特許取得(日本)
ZL201380050786.1 : Method for imaging cell using fluorescence-labeled sugar derivative having coumarin derivative bound thereto, and imaging agent.
Yamada, K., Teshima, T., Yamamoto, T.
2016.8.24 特許取得(中国)
ZL201280015126.5 : Method for detecting cancer cell using fluorescently labeled L-glucose derivative, and cancer cell-imaging agent comprising fluorescently labeled L-glucose derivative.
Yamada, K., Onoe, H., Teshima, T., Yamamoto, T.
2016.8.17 特許取得(中国)
US8986656B2 : Method for evaluating specific incorporation of D-glucose into cells.
Yamada, K., Matsuoka, H., Teshima, T., Yamamoto, T.
2015.3.24 特許取得(米国)
特許5682881 : D-グルコースの細胞への特異的な取り込みを評価するための方法
山田勝也、豊島正、山本敏弘, 松岡英明
2015.1.23 特許取得(日本)
EP2325327B1 : Method for evaluating specific incorporation of D-glucose into cells.
Yamada, K., Matsuoka, H., Teshima, T., Yamamoto, T.
2013.4.24 特許取得(欧州)
EP17775339.9 : Multi-Surface image acquisition system, observation device, observation method, screening method, and stereoscopic reconstruction method of subject.
Yamada, K., Ono, K., Kojima, Y., Takamatsu, T.
2018.10.23 特許出願(欧州)
US16/087981 : Multi-Surface image acquisition system, observation device, observation method, screening method, and stereoscopic reconstruction method of subject.
Yamada, K., Ono, K., Kojima, Y., Takamatsu, T.
2018.9.24 特許出願(米国)
US15/956897 : Novel glucose derivative, and cell imaging method and imaging agent using said derivative.
Yamada, K., Sasaki, A., Teshima, T., Yamamoto, T., Otsuka, Y.
2018.4.19 特許出願(米国)
特願2017-505367 : スフェロイドの作製方法及び該方法に用いる培地
山田勝也、小野幸輝
2017.8.30 特許出願(日本)
(Hong Kong) 12328889A : Novel glucose derivative, and cell imaging method and imaging agent using said derivative.
Yamada, K., Sasaki, A., Teshima, T., Yamamoto, T., Otsuka, Y.
2017.7.3 特許出願(香港)
EP15844697.1 : Cancer cell detection method using cells of biological origin.
Yamada, K., Sasaki, A., Ono, K., Tone, K.
2017.4.21 特許出願(欧州)
PCT/JP2017/013127 : Multi-Surface image acquisition system, observation device, observation method, screening method, and stereoscopic reconstruction method of subject.
Yamada, K., Ono, K., Kojima, Y., Takamatsu, T.
2017.3.30 特許出願(PCT)
特願2017-066493 : 多面画像取得システム、観察装置、観察方法、スクリーニング方法、および被写体の立体再構成方法
山田勝也、小野幸輝、小島保志、高松輝賢
2017.3.30 特許出願(日本)
特願2016-550353 : 生体由来細胞を用いたがん細胞の検出方法
山田勝也、佐々木綾子、小野幸輝、刀禰亀代志
2017.3.24 特許出願(日本)
US15/513259 : Cancer cell detection method using cells of biological origin.
Yamada, K., Sasaki, A., Ono, K., Tone, K.
2017.3.22 特許出願(米国)
CN201580030346.9 : Novel glucose derivative, and cell imaging method and imaging agent using said derivative.
Yamada, K., Sasaki, A., Teshima, T., Yamamoto, T., Otsuka, Y.
2016.12.7 特許出願(中国)
KR10-2016-7031171 : Novel glucose derivative, and cell imaging method and imaging agent using said derivative.
Yamada, K., Sasaki, A., Teshima, T., Yamamoto, T., Otsuka, Y.
2016.11.8 特許出願(韓国)
EP15776849.0 : Novel glucose derivative, and cell imaging method and imaging agent using said derivative.
Yamada, K., Sasaki, A., Teshima, T., Yamamoto, T., Otsuka, Y.
2016.11.3 特許出願(欧州)
PCT/JP2016/057307 : Method for producing spheroids and culture medium used in method.
Yamada, K., Ono, K.
2016.3.9 特許出願(PCT)
PCT/JP2015/076900 : Cancer cell detection method using cells of biological origin.
Yamada, K., Sasaki, A., Ono, K., Tone, K.
2015.9.24 特許出願(PCT)
PCT/JP2015/60783 : Novel glucose derivative, and cell imaging method and imaging agent using said derivative.
Yamada, K., Sasaki, A., Teshima, T., Yamamoto, T., Otsuka, Y.
2015.4.6 特許出願(PCT)
特願2015-78062 : 新規なグルコース誘導体、および該誘導体を用いた細胞イメージング方法およびイメージング剤
山田勝也, 佐々木綾子, 豊島正, 山本敏弘, 大塚祐治
2015.4.6 特許出願(日本)
US2015/0369797A1 : Method for imaging cell using fluorescence-labeled sugar derivative having coumarin derivative bound thereto, and imaging agent.
Yamada, K., Teshima, T., Yamamoto, T.
2015.3.26 特許出願(米国)
PCT/JP2015/052350 : Cancer detection method employing biological tissue fragment, and method for sustaining cells in biological tissue fragment ex vivo.
Yamada, K.
2015.1.28 特許出願(PCT)
KR10-2013-702886 : Method for detecting cancer cell using fluorescently labeled L-glucose derivative, and cancer cell-imaging agent comprising fluorescently labeled L-glucose derivative.
Yamada, K., Onoe, H., Teshima, T., Yamamoto, T.
2013.10.31 特許出願(韓国)
PCT/JP2013/076629 : Method for imaging cell using fluorescence-labeled sugar derivative having coumarin derivative bound thereto, and imaging agent.
Yamada, K., Teshima, T., Yamamoto, T.
2013.10.1 特許出願(PCT)
US14/007105 : Method for detecting cancer cell using fluorescently labeled L-glucose derivative, and cancer cell-imaging agent comprising fluorescently labeled L-glucose derivative.
Yamada, K., Onoe, H., Teshima, T., Yamamoto, T.
2013.9.24 特許出願(米国)
PCT/JP2012/058439 : Method for detecting cancer cell using fluorescently labeled L-glucose derivative, and cancer cell-imaging agent comprising fluorescently labeled L-glucose derivative.
Yamada, K., Onoe, H., Teshima, T., Yamamoto, T.
2012.3.29 特許出願(PCT)
特許4899117 : 心拍・呼吸センサおよびそれを用いた生体監視装置
佐藤紳一、山田勝也、稲垣暢也、石田明
2012.1.13 特許取得(日本)
EP1481585B1 : System for measuring heart rate and respiration rate of small animals .
Sato, S., Yamada, K., Inagaki, N.
2010.11.10 特許取得(欧州)
特許4015115 : 小動物用心拍・呼吸数検出機能付き体温保持装置及びそれを用いた小動物用心拍・呼吸数測定システム
佐藤紳一、山田勝也、稲垣暢也
2007.9.12 特許取得(日本)
US7174857B2 : Body temperature holding device with heart rate and respiration rate detecting function for small animals and heart rate and respiration rate measuring system for small animals using the device.
Sato, S., Yamada, K., Inagaki, N.
2007.2.13 特許取得(米国)
特許3685983 : 小動物用体温保持装置
佐藤紳一、山田勝也、稲垣暢也
2005.8.8 特許取得(日本)
WO2006/048960 : Heartbeat/respiration sensor and body monitor employing same.
Sato, S., Yamada, K., Inagaki, N., Isita, A.
2005.6.30 特許出願(PCT)