SASAJIMA Toshio

J-GLOBAL         Last updated: Mar 11, 2016 at 21:28
 
Avatar
Name
SASAJIMA Toshio
Section
University Hospital, Neurosurgery

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1991
Neurosurgery, Graduate School, Division of Medicine, Akita University
 
 
 - 
1986
Faculty of Medicine, Akita University
 

Published Papers

 
Ono T, Sasajima T, Doi Y, Oka S, Ono M, Kanagawa M, Baden A, Mizoi K, Shimizu H
Nuclear medicine and biology   42(7) 598-607   Jul 2015   [Refereed]
Tanino M, Sasajima T, Nanjo H, Akesaka S, Kagaya M, Kimura T, Ishida Y, Oda M, Takahashi M, Sugawara T, Yoshioka T, Nishihara H, Akagami Y, Goto A, Minamiya Y, Tanaka S, R-IHC Study Group
Brain tumor pathology   32(1) 20-21   Jan 2015   [Refereed]
Tanino M, Sasajima T, Nanjo H, Akesaka S, Kagaya M, Kimura T, Ishida Y, Oda M, Takahashi M, Sugawara T, Yoshioka T, Nishihara H, Akagami Y, Goto A, Minamiya Y, Tanaka S, R-IHC Study Group
Brain tumor pathology   32(1) 12-19   Jan 2015   [Refereed]
Uzuka T, Asano K, Sasajima T, Sakurada K, Kumabe T, Beppu T, Ichikawa M, Kitanaka C, Aoki H, Saito K, Ogasawara K, Tominaga T, Mizoi K, Ohkuma H, Fujii Y, Kayama T, Tohoku Brain Tumor Study Group
Journal of neuro-oncology   116(2) 299-306   Jan 2014   [Refereed]
Sasajima T, Ono T, Shimada N, Doi Y, Oka S, Kanagawa M, Baden A, Mizoi K
Nuclear medicine and biology   40(6) 808-815   Aug 2013   [Refereed]
[Cerebellar hemangioblastoma with marked pleomorphism: a case report].
Ono T, Sasajima T, Oda M, Mizoi K
No shinkei geka. Neurological surgery   40(7) 643-650   Jul 2012   [Refereed]
Sato A, Sakurada K, Kumabe T, Sasajima T, Beppu T, Asano K, Ohkuma H, Ogawa A, Mizoi K, Tominaga T, Kitanaka C, Kayama T, Tohoku Brain Tumor Study Group
Neurosurgical review   33(2) 175-83; discussion 183   Apr 2010   [Refereed]
[Glioblastoma multiforme developing separately from the initial lesion 9 years after successful treatment for gliomatosis cerebri: a case report].
Inoue T, Kanamori M, Sonoda Y, Watanabe M, Sasajima T, Kamisato N, Kumabe T, Tominaga T
No shinkei geka. Neurological surgery   36(8) 709-715   Aug 2008   [Refereed]
Hirano Y, Sugawara T, Sato Y, Sato K, Omae T, Sasajima T, Mizoi K
Neurologia medico-chirurgica   48(3) 137-139   Mar 2008   [Refereed]
99mTc-MIBI imaging for prediction of therapeutic effects of second-generation MDR1 inhibitors in malignant brain tumors.
Sasajima T, Shimada N, Naitoh Y, Takahashi M, Hu Y, Satoh T, Mizoi K
Int J Cancer   121 2637-2645   2007
Sasajima T, Kinouchi H, Naitoh Y, Tomura N, Watarai J, Mizoi K
J Neurooncol   77 185-191   2006
Narita K, Tomura N, Sasajima T, Sakuma I, Sakurada W, Sasaki M, Hatakeyama K, Sasaki H, Saitou T, Shimizu H, Miura H, Watarai J
Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   61(9) 1341-1348   Sep 2005   [Refereed]
Kinouchi H, Yanagisawa T, Suzuki A, Ohta T, Hirano Y, Sugawara T, Sasajima T, Mizoi K
Journal of neurosurgery   101(6) 989-995   Dec 2004   [Refereed]
[A case of pleomorphic TSH-producing pituitary adenoma with calcification].
Yamaguchi S, Sasajima T, Takahashi M, Kinouchi H, Suzuki A, Yoshioka N, Itoh S, Mizoi K
No shinkei geka. Neurological surgery   32(9) 961-967   Sep 2004   [Refereed]
[Unusual MR appearance of intracranial dissemination from cervical glioblastoma].
Kawashima A, Sasajima T, Sugawara T, Takahashi M, Suzuki A, Higashiyama N, Kinouchi H, Mizoi K
No shinkei geka. Neurological surgery   32(9) 937-944   Sep 2004   [Refereed]
[Supratentorial primitive neuroectodermal tumor: report of a surgical case].
Omae T, Takahashi M, Sasajima T, Sugawara T, Kinouchi H, Higashiyama N, Mizoi K
No shinkei geka. Neurological surgery   32(6) 619-625   Jun 2004   [Refereed]
Yanagisawa T, Mizoi K, Sugawara T, Suzuki A, Ohta T, Higashiyama N, Takahashi M, Sasajima T, Kinouchi H
Journal of neurosurgery   100(1) 146-149   Jan 2004   [Refereed]
Assessment of treatment response by autoradiography with (14)C-aminocyclopentane carboxylic acid, (67)Ga-DTPA, and (18)F-FDG in a herpes simplex virus thymidine kinase/ganciclovir brain tumor model.
Miyagawa T, Oku T, Sasajima T, Dasai R, Beattie B, Finn R, Tjuvajev JG, Blasberg R
Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine   44(11) 1845-1854   Nov 2003   [Refereed]
[A case of metastatic suprasellar tumor with edema along the optic pathway].
Takahashi M, Kinouchi H, Sasajima T, Suzuki A, Mizoi K
No shinkei geka. Neurological surgery   31(7) 775-779   Jul 2003   [Refereed]
Therapeutic results of eight patients with intracranial ependymomas
Sasajima T, Takahashi M, Kinouchi H, Suzuki A, Mizoi K
Brain and Nerve   55(3) 233-240   Mar 2003   [Refereed]
[A case of astrocytoma with extracranial extension after malignant transformation].
Sakuma I, Tomura N, Omachi K, Takahashi S, Watarai J, Sasajima T, Mizoi K
No to shinkei = Brain and nerve   55(2) 153-156   Feb 2003   [Refereed]
[Primary intracerebral malignant fibrous histiocytoma: case report].
Higashiyama N, Sasajima T, Kinouchi H, Kuwahara N, Mizoi K
No shinkei geka. Neurological surgery   30(12) 1315-1322   Dec 2002   [Refereed]
Medulloblastoma with extensive nodularity: single photon emission CT study with iodine-123 metaiodobenzylguanidine.
Naitoh Y, Sasajima T, Kinouchi H, Mikawa S, Mizoi K
AJNR. American journal of neuroradiology   23(9) 1564-1567   Oct 2002   [Refereed]
Itoh Y, Kuwahara N, Sasajima T, Mizoi K, Hatazawa J
Neurologia medico-chirurgica   42(9) 410-413   Sep 2002   [Refereed]
[Third ventricular chordoid glioma: report of a surgical case].
Oda M, Sasajima T, Kinouchi H, Sageshima M, Mizoi K
No shinkei geka. Neurological surgery   30(9) 973-979   Sep 2002   [Refereed]
[Orbital neuroma developing in the ciliary nerve].
Iwakawa M, Kinouchi H, Sugawara T, Sasajima T, Mizoi K
No shinkei geka. Neurological surgery   30(7) 747-751   Jul 2002   [Refereed]
Frontal atypical teratoid/rhabdoid tumor evaluated by single-photon emission computerized tomography and positron emission tomography
Sasajima T, Oda M, Kinouchi H, Hatazawa J, Mizoi K
Neurological Surgery(Tokyo)   30(6) 639-645   Jun 2002   [Refereed]
Kinouchi H, Mizoi K, Nagamine Y, Yanagida N, Mikawa S, Suzuki A, Sasajima T, Yoshimoto T
Journal of neurosurgery   96(6) 1000-1005   Jun 2002   [Refereed]

Misc

 
高橋 和孝, 松本 康史, 山口 卓, 小野 隆裕, 小田 正哉, 笹嶋 寿郎, 清水 宏明
脳神経外科ジャーナル   24(8) 544-551   Aug 2015
大型でhypervascularな聴神経腫瘍は摘出術のリスクが高い。今回塞栓術と二期的摘出術を施行して良好な結果を得た1例を報告する。症例は31歳、男性、家族性神経線維腫症II型(neurofibromatosis 2)、13年前に右聴神経腫瘍を手術した。その後左聴神経腫瘍が増大、左聴力消失、歩行障害をきたし、1年前に摘出術を行った。術中出血のため部分摘出を行い、一時小脳症状は軽快したが、再度悪化し今回の手術となった。腫瘍は7cmで脳幹を強く圧排、腫瘍内動静脈シャントを有した。液体塞栓物質...
迅速免疫組織化学染色を用いた膠腫におけるIDH1染色の術中応用
廣嶋 優子, 南條 博, 前田 大地, 後藤 明輝, 笹嶋 寿郎, 清水 宏明, 南谷 佳弘, 津田 真寿美, 田中 伸哉
日本病理学会会誌   104(1) 296-296   Mar 2015
迅速免疫染色技術(R-IHC)を用いた術中迅速病理診断 当院における180症例の検討
南條 博, 吉岡 年明, 廣嶋 優子, 南谷 佳弘, 笹嶋 寿郎, 吉田 誠, 後藤 明輝, 大森 泰文, 中村 竜太, 赤上 陽一
日本病理学会会誌   104(1) 465-465   Mar 2015
【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 腫瘍性疾患 神経上皮性腫瘍 そのほかの神経上皮性腫瘍 第三脳室脊索腫様膠腫
笹嶋 寿郎
日本臨床   別冊(神経症候群III) 105-108   Jun 2014
新しい細胞診機器・技術 機械化・LBC・画像解析 電界非接触撹拌迅速免疫染色技術(R-IHC法)の開発と組織・細胞診断への活用
南條 博, 南谷 佳弘, 伊藤 智, 成田 かすみ, 川村 学, 廣嶋 優子, 吉岡 年明, 後藤 明輝, 笹嶋 寿郎, 赤上 陽一
日本臨床細胞学会雑誌   53(Suppl.1) 116-116   Apr 2014
電界非接触撹拌迅速免疫染色技術を用いた術中迅速病理診断
南條 博, 吉岡 年明, 南谷 佳弘, 笹嶋 寿郎, 廣嶋 優子, 吉田 誠, 後藤 明輝, 赤上 陽一
日本病理学会会誌   103(1) 234-234   Mar 2014
傍鞍部に発生したextrasinusal dural AVFの1手術例
柳澤 俊晴, 近藤 類, 佐々木 絵里奈, 笹嶋 寿郎, 渡邉 克夫, 溝井 和夫
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   35回 186-198   Dec 2013
脳腫瘍の術中病理診断における電界撹拌技術を搭載した迅速免疫染色装置の有用性
谷野 美智枝, 笹嶋 寿郎, 明坂 詩織, 渡辺 麻那美, 木村 太一, 西原 広史, 南條 博, 南谷 佳弘, 溝井 和夫, 田中 伸哉
Brain Tumor Pathology   30(Suppl.) 130-130   May 2013
秋田で開発した迅速免疫組織染色技術を用いた術中迅速病理診断の有用性
南條 博, 吉岡 年明, 高橋 正人, 吉田 誠, 廣嶋 優子, 笹嶋 寿郎, 南谷 佳弘, 赤上 陽一, 後藤 明輝
日本病理学会会誌   102(1) 349-349   Apr 2013
後頭蓋窩のextra-sinusal dural AVFの3例
柳澤 俊晴, 柴田 憲一, 東山 巨樹, 菅原 卓, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   34回 225-245   Dec 2012
顕著なpleomorphismを呈した小脳血管芽腫の1例
小野 隆裕, 笹嶋 寿郎, 小田 正哉, 溝井 和夫
Neurological Surgery   40(7) 643-650   Jul 2012
症例は68歳男性で、頭痛と嘔吐で受診し、MRIで右小脳のリング状増強域と水頭症を指摘され、入院した。意識清明、右上下肢の測定障害と軽度の体幹失調が認められた。網膜は正常で、多血症はなく、血清腫瘍マーカーはCEA、CA19-9、AFP、SCC、ProGRP、PSAいずれも陰性であった。CTで右小脳に多房性の占拠性病変があり、第四脳室は対側へ偏位し、病変の辺縁は強く増強された。MRIで充実性腫瘍はT1強調像で低信号、T2強調像で高信号を呈し、均一に増強された。多房性の嚢胞を伴い、腫瘍の充実性部...
診断に苦慮した右メッケル腔病変の1例
武田 芳子, 松田 雅純, 華園 晃, 鎌田 幸子, 大川 聡, 菅原 正伯, 大西 洋英, 菅原 卓, 東山 巨樹, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
臨床神経学   52(7) 527-527   Jul 2012
3D-surface anatomy scan(SAS)の新たな試み
成田 孔明, 櫻田 渉, 高橋 聡, 大谷 隆浩, 橋本 学, 笹嶋 寿郎
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   68回 230-230   Feb 2012
痙攣発作で発症した未破裂中大脳動脈瘤の1例
柳澤 俊晴, 柴田 憲一, 島田 直也, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   33回 31-35   Dec 2011
痙攣発作で発症した未破裂中大動脈瘤の症例(49歳男性)について報告した。痙攣発作で発症する動脈瘤は比較的稀であるが、本症例は中大動脈水平部から上方に突出する動脈瘤で、動脈瘤は前頭葉下面に埋没し、周囲に脳浮腫を伴っていた。この動脈瘤の周囲の脳浮腫が痙攣発作の原因と考えられた。本例は動脈瘤周囲に出血がないことから、動脈瘤の急速な増大が浮腫の原因であり、動脈瘤の破裂が切迫している状態と判断し、入院後は厳重に血管管理を行い、入院翌日にネッククリッピングを施行し良好な結果を得ることができた。
戸村 則昭, 笹嶋 寿郎
Japanese journal of clinical radiology   56(5) 617-624   May 2011
【頭蓋内腫瘤性病変の画像診断】 脳実質外腫瘍
戸村 則昭, 笹嶋 寿郎
臨床放射線   56(5) 617-624   May 2011
非機能性下垂体腺腫に対するfractionated stereotactic radiotherapyの治療成績
鈴木 明, 羽入 紀朋, 笹嶋 寿郎, 古賀 誠, 高橋 和孝, 島田 直也, 柴田 憲一, 橋本 学, 溝井 和夫
定位的放射線治療   15 85-94   Apr 2011
非機能性下垂体腺腫(NFA)に対する分割定位放射線治療(FSRT)の治療成績を検討した。対象は25例で、腫瘍上縁と視器官との関係は接触:8例、圧排:7例、肉眼的腫瘍体積(GTV)中央値は3.6cm3(0.6〜62.7cm3)であった。FSRTにおける線量分割方法は、治療体積が大きい場合や腫瘍が視器官と接触・圧排しているような病変は、1回線量を下げて、分割回数を増やすこととした。FSRT後の追跡期間中央値は61ヵ月であった。腫瘍の局在制御率は100%(消失:1例、縮小:21例、不変:3例)で...
脳動脈瘤クリッピング術における蛍光血管撮影の経験
柳澤 俊晴, 柴田 憲一, 島田 直也, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   32回 17-21   Dec 2010
術中モニタリングに蛍光血管撮影(FAG)を用いて脳動脈瘤直達手術を行った35例(男性7例、女性28例、平均61.9歳)について報告した。内訳は破裂脳動脈瘤15例15個、未破裂脳動脈瘤20例24個、部位は内頸動脈系13個、前交通動脈11個、中大脳動脈12個、その他3個であり、多発例は4例であった。また、24例にmotor evoked potentialを、9例に神経内視鏡を術中モニタリングとして併用した。動脈瘤39個中35個(89.7%)で母血管の血流が確認でき、38個(97.4%)で穿通...
Gliomatosis cerebriの1例
松田 雅純, 大川 聡, 菅原 正伯, 笹嶋 寿郎, 高橋 和孝, 溝井 和夫, 後藤 博美, 伊崎 堅志, 豊島 至
臨床神経学   50(3) 206-206   Mar 2010
脳腫瘍に合併した脳血管もやもや病
菅原 真人, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
Japanese Journal of Radiology   27(Suppl.) 4-4   Apr 2009
髄膜腫の肺転移および肝転移に対して放射線治療を行った一例
泉 純一, 安倍 明, 大谷 隆浩, 渡会 二郎, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎
Japanese Journal of Radiology   27(Suppl.) 5-5   Apr 2009
脳腫瘍症例に対するfunctional MRIを用いた言語中枢同定(続報)
西井 俊晶, 安田 格, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 東山 巨樹, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 成田 孔明
Japanese Journal of Radiology   27(Suppl.) 10-10   Apr 2009
脳腫瘍のdynamic 3D-CTの有用性
古賀 誠, 戸村 則昭, 安田 格, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
Japanese Journal of Radiology   27(Suppl.) 11-11   Apr 2009
脊髄症状で発症した頭蓋内硬膜動静脈瘻の2手術例
柳沢 俊晴, 菅原 卓, 内藤 雄一郎, 大前 哲也, 太田 徹, 島田 直也, 東山 巨樹, 川島 文子, 高橋 和孝, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   30回 65-69   Dec 2008
症例1(66歳男性)。歩行障害、四肢麻痺を主訴とした。頸椎MRIならびに左外頸動脈撮影、3DCTAの結果、上行咽頭動脈をfeederとし、脊髄静脈が流出路となる硬膜動静脈瘻と診断され、左外側後頭下開頭による手術を行い、頸静脈孔から拡張した流出静脈をSugita clipで閉鎖した。その結果、術後は四肢麻痺は術前より軽快し、両上下肢とも4/Vまで改善したが、歩行は歩行器が必要な状態で、あわせて膀胱直腸障害も改善せず、転院となった。症例2(66歳男性)。歩行障害、巧緻運動障害を主訴とした。頸椎...
破裂脳動脈瘤手術における術中DSAの安全性と有用性
内藤 雄一郎, 柳澤 俊晴, 木内 博之, 笹嶋 寿郎, 太田 徹, 鈴木 明, 高橋 和孝, 東山 巨樹, 菅原 卓, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回 1J-10   Oct 2008
錐体路近傍病変における拡散係数解析による軸索機能評価とcrossed cerebellar diaschisisとの関連
川島 文子, 笹嶋 寿郎, 下瀬川 恵久, 高橋 和孝, 鈴木 明文, 安井 信之, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回 2J-01   Oct 2008
脳磁図を用いた言語機能局在同定法の臨床応用
太田 徹, 柴田 憲一, 東山 巨樹, 笹嶋 寿郎, 高橋 和孝, 柳澤 俊晴, 鈴木 明, 菅原 卓, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回 2J-01   Oct 2008
頸椎前方除圧固定術におけるチタンケージ充填材料としてのβ-TCPとアパセラムの比較
菅原 卓, 東山 巨樹, 平野 仁崇, 伊藤 康信, 大前 智也, 島田 直也, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回 2J-06   Oct 2008
脳動脈瘤直達術における穿通枝障害の検討
柳澤 俊晴, 木内 博之, 内藤 雄一郎, 太田 徹, 鈴木 明, 東山 巨樹, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回 1H-O23   Oct 2008
言語野近傍intrinsic tumorsに対する集学的治療戦略
笹嶋 寿郎, 東山 巨樹, 高橋 和孝, 太田 徹, 鈴木 明, 茨木 正信, 木下 俊文, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回 3F-O30   Oct 2008
脳腫瘍に対する定位的生検術の工夫
高橋 和孝, 笹嶋 寿郎, 鈴木 明, 柳沢 俊晴, 太田 徹, 内藤 雄一郎, 東山 巨樹, 川島 文子, 菅原 卓, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回 3F-O31   Oct 2008
intraosseous meningiomaの1例
西井 俊晶, 菅原 真人, 高橋 聡, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 高橋 和孝, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 南條 博
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   44回 S497-S497   Sep 2008
初期治療9年後に初発病変部以外の領域に膠芽腫を形成した神経膠腫症の1症例
井上 智夫, 金森 政之, 園田 順彦, 渡辺 みか, 笹嶋 寿郎, 神里 信夫, 隈部 俊宏, 冨永 悌二
Neurological Surgery   36(8) 709-715   Aug 2008
33歳女。突然の視力低下および霧視感を自覚し、乳頭浮腫を指摘された。神経膠腫を疑い、左前頭葉深部白質病変に対し、定位的生検術を施行した。画像所見、病理所見から神経膠腫症と診断し、過分割照射法にて全脳照射を施行した。その後、4年間再発はなく経過した。T2強調画像上の高信号域の拡大を認めた。病変の増悪と考え、塩酸ニムスチン(ACNU)を投与した。ACNU投与開始から4年後、小脳虫部、小脳半球および左内包後脚に造影領域が出現した。組織診断確定目的で小脳虫部病変に対し、腫瘍亜全摘出術を施行した。病...
【どうする?ドレーン管理】 押さえておこう! ドレーンの仕組みと管理の基本
内藤 雄一郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
Brain Nursing   24(6) 555-562   Jun 2008
拡散テンソル画像による脳腫瘍患者の術前評価 当院の初期検討から
大谷 隆浩, 戸村 則昭, 西井 俊晶, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 菅原 真人, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 成田 孔明
Radiation Medicine   26(Suppl.I) 8-8   Apr 2008
脳腫瘍症例に対するfunctional MRIを用いた言語中枢同定の試み
西井 俊晶, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 柴田 憲一, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 成田 孔明
Radiation Medicine   26(Suppl.I) 8-8   Apr 2008
脳腫瘍に合併したモヤモヤ所見を呈した閉塞性血管病変2例
高橋 和孝, 柳澤 俊晴, 笹嶋 寿郎, 鈴木 明, 太田 徹, 内藤 雄一郎, 東山 巨樹, 菅原 卓, 溝井 和夫
脳卒中   30(2) 298-298   Mar 2008
脳腫瘍のdynamic 3D-CTの有用性
古賀 誠, 戸村 則昭, 安田 格, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 西井 俊晶, 菅原 真人, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
日本医学放射線学会学術集会抄録集   67回 S243-S243   Feb 2008
傍前床突起部内頸動脈瘤の手術 最近の経験より
柳澤 俊晴, 太田 徹, 高橋 和孝, 東山 巨樹, 鈴木 明, 平野 仁崇, 菅原 卓, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 木内 博之
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   29回 99-103   Dec 2007
傍前床突起部内頸動脈瘤の手術成績を報告した。対象は1997年1月〜2006年11月までに直達手術を行った脳動脈瘤320例中の傍前床突起部内頸動脈瘤34例(男性4例、女性30例、平均年齢56.5歳)であった。1)破裂は8例、非破裂は26例で、非破裂例の発見要因はくも膜下出血に合併4例、頭痛精査6例、脳神経症状2例、脳ドック10例、その他4例であった。また、治療は34例全例にneck clippingが行われた。2)破裂例では、術前のHunt & Kosnik gradingはgrade 2:...
Oligodendroglial tumorsに対する集学的治療戦略と治療成績
笹嶋 寿郎, 東山 巨樹, 高橋 和孝, 太田 徹, 鈴木 明, 柴田 憲一, 茨木 正信, 木下 俊文, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回 1D-S04   Oct 2007
定位的放射線治療導入後の髄膜腫の長期治療成績
高橋 和孝, 鈴木 明, 柳沢 俊晴, 太田 徹, 東山 巨樹, 小田 正哉, 平野 仁崇, 菅原 卓, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回 1J-O09   Oct 2007
中枢神経系原発悪性リンパ腫に対するLinacによる定位放射線照射
鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 泉 純一, 高橋 和孝, 東山 巨樹, 柳澤 俊晴, 太田 徹, 溝井 和夫, 戸村 則昭, 渡会 二郎
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回 1J-O19   Oct 2007
脳磁図を用いた言語機能局在の同定
太田 徹, 柴田 憲一, 東山 巨樹, 笹嶋 寿郎, 高橋 和孝, 柳澤 俊晴, 鈴木 明, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回 1K-P04   Oct 2007
棘突起正中縦割法による腰椎開窓術の治療成績
平野 仁崇, 菅原 卓, 柴田 憲一, 國分 康平, 渡邉 克夫, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回 2I-O35   Oct 2007
破裂椎骨解離性動脈瘤に対する治療成績 最近10年間の検討
柳澤 俊晴, 木内 博之, 太田 徹, 鈴木 明, 高橋 和孝, 東山 巨樹, 笹嶋 寿郎, 平野 仁崇, 菅原 卓, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回 3H-O47   Oct 2007
脳動脈瘤手術における術中MEP・SEP同時モニタリングの有用性と問題点
東山 巨樹, 太田 徹, 柴田 憲一, 柳澤 俊晴, 高橋 和孝, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   66回 3J-O49   Oct 2007
脳腫瘍に合併した脳血管もやもや病
菅原 真人, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 南條 博
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   43回 S460-S460   Sep 2007
異型性髄膜腫の画像所見
戸村 則昭, 高橋 聡, 佐久間 郁郎, 大谷 隆浩, 安田 格, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   43回 S483-S483   Sep 2007
視床下部病変を伴うxanthomatous hypophysitisと組織診断された1剖検例
笹嶋 寿郎, 岩川 雅哉, 柳澤 俊晴, 高橋 和孝, 溝井 和夫
日本内分泌学会雑誌   83(Suppl.) 134-137   Jun 2007
72歳女。左上下肢の脱力、記銘力低下が出現し、CTで鞍上部から右視床下部にリング状増強域を指摘された。MRIでは病変は鞍内から鞍上部、右視床下部に進展し、辺縁部はT1強調像で低信号、T2強調像で高信号、中心部はいずれも低信号で、辺縁部はGdでリング状に増強された。内分泌学的には下垂体前葉機能の軽度障害が示唆された。入院3日目に意識レベル低下、左片麻痺増悪、発熱を来たし、脳膿瘍を否定できず、抗生剤およびステロイド投与を行ったところ、症状および画像所見は改善した。しかし、投与中断後に再燃し、投...
再発頭蓋好酸球肉芽腫の1治験例
高橋 和孝, 笹嶋 寿郎, 柳沢 俊晴, 鈴木 明, 矢野 道広, 下瀬川 恵久, 溝井 和夫
新潟医学会雑誌   121(4) 222-222   Apr 2007
多発性脳動脈瘤クリッピング術後9年後に発症したクモ膜下出血の1手術例
柳沢 俊晴, 東山 巨樹, 小田 正哉, 太田 徹, 高橋 和孝, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
新潟医学会雑誌   121(4) 236-236   Apr 2007
脳腫瘍症例に対するfMRIを用いた言語中枢同定の試み
西井 俊晶, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 柴田 憲一, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 成田 孔明
日本医学放射線学会学術集会抄録集   66回 S186-S186   Feb 2007
後大脳動脈遠位部動脈瘤の1手術例
柳澤 俊晴, 溝井 和夫, 太田 徹, 鈴木 明, 平野 仁崇, 菅原 卓, 笹嶋 寿郎
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   28回 47-50   Dec 2006
ここがポイント!脳卒中と紛らわしい病態の鑑別 脳腫瘍と鑑別困難な脳血管障害の画像診断
笹嶋 寿郎, 木内 博之, 下瀬川 恵久, 溝井 和夫
分子脳血管病   5(1) 108-116   Jan 2006
脳血管障害においても慢性の経過で発症して脳腫瘍と類似したCT・MRI所見を呈し,確定診断に難渋することがある.脳腫瘍と紛らわしい病態の鑑別には形態学的画像に加えてSPECT,PETなどの循環代謝画像を含む多面的解析も有用である.本稿では脳腫瘍類似の画像所見を呈した脳血管障害の自験例を提示し,各症例における鑑別のポイントについて概説する(著者抄録)
Warning signと考えられる稀な所見を呈したクモ膜下出血の1例
木内 博之, 柳澤 俊晴, 太田 徹, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 平野 仁崇, 菅原 卓, 溝井 和夫
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   27回 43-46   Dec 2005
43歳女.突然左側頭部にズキンとした頭痛が出現した.2日後,精査目的でCTを施行したところ,クモ膜下出血はなく,脳底槽に直径1.5cm大の円形の高吸収域を認めた.MRIも同部位にmassを認め,部分血栓化内頸動脈瘤と診断した.突然の頭痛を訴え,直後に昏睡となった.気管内挿管し,蘇生を行った.マニトールの点滴静注の後,意識が回復し,バイタルサインも安定した.CTで明らかなクモ膜下出血を認めた.左内頸動脈撮影で内頸動脈瘤を認めた.瘤内上部の造影が欠損し,MRIと同様に部分血栓化動脈瘤と診断した...
成田 孔明, 戸村 則昭, 笹嶋 寿郎, 佐久間 郁郎, 桜田 渉, 佐々木 斉喜, 畠山 慶子, 佐々木 博信, 斉藤 智彦, 清水 秀美, 三浦 初男, 渡会 二郎
日本放射線技術学会雑誌   61(9) 1341-1348   Sep 2005
脳神経外科より提供を得た術中写真と,MRIのthree-dimensional surface anatomical scanning(3D-SAS)による三次元画像とを比較し,その解剖学的適合度,臨床的有用性について検討した.過去6年間に作成した三次元画像117例中,術中写真30例を対象とした.放射線科医2名および脳神経外科医1名が3段階評価を行い採点した.全30例中3名とも評価が一致する例が22例あり,2名で一致する例が8例,3名とも一致しない例はなかった.観察者間での有意差を示すKa...
Pleomorphic xanthoastrocytomaの2手術例の検討 PET局在診断の重要性
笹嶋 寿郎, 木内 博之, 柳沢 俊晴, 下瀬川 恵久, 溝井 和夫
新潟医学会雑誌   119(9) 554-554   Sep 2005
頭蓋内悪性リンパ腫に対する定位放射線照射
鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 菅原 卓, 柳澤 俊晴, 太田 徹, 平野 仁崇, 溝井 和夫, 泉 純一, 安倍 明, 戸村 則昭, 渡会 二郎
新潟医学会雑誌   119(9) 573-573   Sep 2005
動眼神経麻痺で発症した後大脳動脈瘤の1手術例
柳澤 俊晴, 木内 博之, 太田 徹, 鈴木 明, 平野 仁崇, 菅原 卓, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
新潟医学会雑誌   119(9) 576-576   Sep 2005
3DFSPGR法を用いた3DSASによる三次元画像の解剖学的適合度
成田 孔明, 桜田 渉, 佐々木 斉喜, 佐久間 郁郎, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎
日本医学放射線学会学術集会抄録集   64回 S239-S239   Feb 2005
Atypical teratoid rhabdoid tumorの2例
古賀 誠, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 安田 格, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
日本医学放射線学会雑誌   64(8) 583-583   Nov 2004
後頭蓋窩上衣下腫の1例
平野 仁崇, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 柴田 憲一, 下瀬川 恵久, 溝井 和夫
臨床放射線   49(12) 1693-1697   Nov 2004
21歳女.頭痛,右手の振戦を主訴とした.高校生の頃から右後頭部-項部の疼痛を時々自覚していた.今回,転倒して後頭部を打撲した.意識消失や痙攣などの症状はなかったが,頭痛が持続するため受診した.CT,MRIで右小脳半球に占拠性病変を指摘された.意識清明で軽度の企図振戦が右手指にみられる他には神経脱落症状を認めなかった.CTでは右小脳虫部から半球上部にかけて占拠性病変が認められ,増強効果は認められなかった.右椎骨動脈撮影では無血管野として描出された.画像所見から上衣下腫,上衣腫,胚芽異型性神経...
脳実質内出血性病変におけるPET鑑別診断
笹嶋 寿郎, 柳澤 俊晴, 木内 博之, 下瀬川 恵久, 溝井 和夫
新潟医学会雑誌   118(10) 537-537   Oct 2004
Clipping on wrapping法が有用だった中大脳動脈紡錘状動脈瘤の1例
木内 博之, 柳澤 俊晴, 太田 徹, 鈴木 明, 平野 仁崇, 菅原 卓, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
新潟医学会雑誌   118(10) 562-562   Oct 2004
特異なMRI所見を呈した頸髄glioblastomaの頭蓋内播種
川島 文子, 笹嶋 寿郎, 菅原 卓, 高橋 和孝, 鈴木 明, 東山 巨樹, 木内 博之, 溝井 和夫
Neurological Surgery   32(9) 937-944   Sep 2004
8歳女児.両眼視力低下を主訴とした.頭部MRIでは左シルビウス裂内に均一な増強域,両側小脳半球に多発性小病変があり,小脳病変はT1強調で低信号,T2強調で高信号を示し,増強効果はみられなかった.脊髄MRIではC7レベルにT1強調で等信号〜低信号,T2強調で高信号を示し,造影後に均一に増強される髄内病変があり,C7-T1レベルの脊髄は腫大していた.下部脊髄表面には微小な増強域がみられ,髄腔内播種が示唆された.以上より,髄腔内播種を来たした悪性グリオーマが最も疑われた.左シルビウス裂内病変はク...
石灰化を伴ったpleomorphic TSH-producing pituitary adenomaの1例
山口 卓, 笹嶋 寿郎, 高橋 和孝, 木内 博之, 鈴木 明, 吉岡 尚美, 伊藤 正毅, 溝井 和夫
Neurological Surgery   32(9) 961-967   Sep 2004
25歳女.前頸部腫瘤を主訴に受診し,画像検査で鞍上部の占拠性病変を認めた.内分泌学的所見及び画像検査よりTSH産生下垂体腺腫を疑い,右前頭側頭開頭による腫瘍摘出術を施行した.腫瘍には石灰沈着が散在し,強い異型性を示す細胞が多数増殖しており,病理組織診断はpleomorphic TSH-producing pituitary adenomaであった.術後は一過性の右視力低下が見られたが,尿崩症は見られず,術後3年経過現在,腫瘍再発は認めていない
脳磁図fMRI,PETによる言語,高次脳機能の統合的解析 脳外科治療への展開
溝井 和夫, 笹嶋 寿郎, 太田 徹, 東山 巨樹
INNERVISION   19(7) 29-30   Jun 2004
Supratentorial Primitive Neuroectodermal Tumorの1手術例
大前 智也, 高橋 和孝, 笹嶋 寿郎, 菅原 卓, 木内 博之, 東山 巨樹, 溝井 和夫
Neurological Surgery   32(6) 619-625   Jun 2004
15歳女.頭痛,嘔吐を主訴とした.CTで左前頭葉に占拠性病変が認められた.側脳室前角を強く圧排していた.充実性腫瘍は等吸収域を呈し,石灰化と嚢胞を伴っていた.造影後には充実性腫瘍と嚢胞壁が増強された.左内頸動脈撮影では篩骨動脈および前大脳鎌動脈から腫瘍濃染像が描出された.両側前頭開頭にて腫瘍摘出術を施行した.Supratentorial Primitive Neuroectodermal Tumor(sPNET)と組織診断された.術後,放射線治療により全脊髄照射を行い,化学療法を施行した....
小児glioblastomaの2例
安田 格, 佐久間 郁郎, 大谷 隆浩, 大町 康一, 高橋 聡, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 矢野 珠巨
日本医学放射線学会雑誌   64(4) 255-255   May 2004
脳定位放射線照射による脳組織の変化 拡散強調画像による検討
戸村 則昭, 泉 純一, 安倍 明, 高橋 聡, 佐久間 郁郎, 大谷 隆浩, 大町 康一, 黄 硯玲, 渡会 二郎, 成田 孔明, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
日本医学放射線学会雑誌   64(4) 257-257   May 2004
培養悪性腫瘍細胞株を用いたMDR1阻害剤による抗腫瘍薬治療増強効果と99mTc-MIBIによる薬剤耐性の評価
内藤 雄一郎, 笹嶋 寿郎, 佐藤 知, 溝井 和夫
秋田医学   31(1) 11-21   May 2004
悪性腫瘍細胞の野生株および抗腫瘍薬耐性株を用いて,ヒト多剤耐性遺伝子MDR1のmRNA発現と99mTc-MIBIの集積との関連およびこれらの発現,集積に及ぼす耐性克服薬の影響を検討した.MDR1 mRNA発現と99mTc-MIBI集積との間には有意な負の相関が認められた.耐性克服薬作用後,MDR1 mRNA発現に変化はみられなかったが,99mTc-MIBI集積量は有意に増加した.このことから,耐性克服薬による99mTc-MIBIの細胞外輸送の抑制,ひいては抗腫瘍薬の細胞外輸送阻害に基づく耐...
脳神経外科手術における自己フィブリン糊の有用性
柳澤 俊晴, 桑原 直行, 木内 博之, 笹嶋 寿郎, 菅原 卓, 太田 徹, 面川 進, 溝井 和夫
自己血輸血   17(学術総会) S31-S31   Jan 2004
Linacによる定位放射線治療 当院における治療経験
鈴木 明, 柳澤 俊晴, 太田 徹, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 溝井 和夫, 泉 純一, 安倍 明, 戸村 則昭, 渡会 二郎
秋田県医師会雑誌   54(1) 46-47   Jan 2004
頸静脈孔部髄膜腫の1手術例
柳澤 俊晴, 鈴木 明, 太田 徹, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 溝井 和夫, 石川 和夫
新潟医学会雑誌   118(1) 53-53   Jan 2004
Glioblastomaからastrocytomaに形質転換したと考えられた1例
矢野 珠巨, 沢石 由記夫, 高田 五郎, 川島 文子, 笹嶋 寿郎, 菅原 卓, 溝井 和夫
小児がん   40(3) 507-507   Nov 2003
脳実質外に主座のあったprimitive neuroectodermal tumorの1例
安田 格, 佐久間 郁郎, 高橋 聡, 大谷 隆裕, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎
日本医学放射線学会雑誌   63(9) 600-600   Nov 2003
再発脳腫瘍に対するX-ナイフ治療経験
矢野 珠巨, 沢石 由記夫, 奥地 千嘉子, 藤島 美和, 高田 五郎, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 泉 純一, 渡邊 磨, 渡会 二郎
日本小児科学会雑誌   107(10) 1394-1394   Oct 2003
視神経路に浮腫を生じた転移性鞍上部腫瘍の1例
高橋 和孝, 木内 博之, 笹嶋 寿郎, 鈴木 明, 溝井 和夫
Neurological Surgery   31(7) 775-779   Jul 2003
63歳女.視野・視力障害を主訴とした.直腸癌切除術の既往があり,病理組織学的には高分化型腺癌で粘膜下浸潤癌であった.右眼視力低下がみられ,眼科にて両視神経萎縮を指摘され,頭蓋内病変が疑われた.入院時,視力は右0.1,左30cm指数弁で視野は右耳側半盲,左測定不能であった.内分泌学的検索では尿崩症,汎下垂体機能低下症の状態であった.単純CTで腫瘍はトルコ鞍上部を主座とした等吸収域として描出され,造影で中等度に増強された.MRIで腫瘍はT1強調像で等信号,T2強調像で全体として低信号を呈したが...
【脳室内腫瘍】 頭蓋内ependymomaの治療成績
笹嶋 寿郎, 高橋 和孝, 木内 博之, 溝井 和夫
東北脳腫瘍研究会誌   36 134-148   Mar 2003
手術治療を行った頭蓋内ependymoma8例について検討した.生後8ヵ月〜55歳(平均13.2歳)で,男性3例,女性5例であった.腫瘍の局在は第4脳室が6例,テント上が2例であった.テント下腫瘍はmidfloor typeが2例,lateral typeが4例で,全摘出はいずれもlateral typeであり,midfloor typeは脳幹へ浸潤して全摘が困難であった.lateral typeも下位脳神経を取り囲んでいた症例は全摘困難で,残存腫瘍は0.3〜3mlであった.術後,腫瘍局所...
頭蓋内ependymoma 8例の治療成績
笹嶋 寿郎, 高橋 和孝, 木内 博之, 鈴木 明, 溝井 和夫
脳と神経   55(3) 233-240   Mar 2003
過去17年間に経験した頭蓋内ependymoma 8例の臨床像及び治療成績を検討した.腫瘍の局在は第4脳室腫瘍6例,テント上2例であった.組織診断はependymoma 7例,anaplastic ependymoma 1例であった.テント下腫瘍はlateral typeが4例で,3例で全摘されたが,残りの1例は下位脳神経と強く癒着し,midfloor typeの2例は脳幹へ浸潤して全摘困難であった.平均生存期間は10年7ヵ月,全摘例は4例全例生存しているが,非全摘例は4例中3例が腫瘍死し...
123I-metaiodobenzylguanidine SPECTによる脳腫瘍の鑑別診断 201Tl SPECTとの比較
笹嶋 寿郎, 木内 博之, 内藤 雄一郎, 戸村 則昭, 渡会 二郎, 溝井 和夫
CI研究   25(1) 1-10   Mar 2003
embryronal tumorsの画像診断におけるヨウ素123 MIBG SPECT(123I MIBG SPECT)所見とタリウム201 SPECT(201TI SPECT)所見とを比較した.脳腫瘍16例を対象とした.脳腫瘍組織の鑑別は201TI SPECTのearly imageでは困難であったが,123I MIBG SPECTは髄芽腫や神経芽腫といったembryronal tumorsのdelayed imageで高集積した.123I-MIBG SPECTはembryronal t...
経過中に神経膠芽腫への悪性転化をきたし,頭蓋外進展を認めた星細胞腫の1例
佐久間 郁郎, 戸村 則昭, 大町 康一, 高橋 聡, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
脳と神経   55(2) 153-156   Feb 2003
58歳女.頭痛を主訴とした.MRIで左側頭葉にT1強調像で低信号が,T2強調像で高信号を呈する病変が認められた.同部には造影剤増強効果は認められず,脳血管撮影でも濃染像がみられず低悪性度神経膠腫と考えられた.2ヵ月後に症状が悪化し,MRIでも病変は増大しリング状の増強効果を呈していた.手術により神経膠芽腫との病理診断がなされ,放射線・化学療法後に退院となった.術後1年1ヵ月後に局所再発が認められ,定位放射線治療後に再び経過観察となっていたが,2年1ヵ月後の2回目の再発時にはMRIで頭蓋外に...
Primary intracerebral malignant fibrous histiocytomaの1例
東山 巨樹, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 桑原 直行, 溝井 和夫
Neurological Surgery   30(12) 1315-1322   Dec 2002
73歳男.右不全片麻痺を主訴とし,MRIで左中心前回から中心後回の皮質下に腫瘤性病変を認めた.摘出術を行い,病理組織学的にfibrous histiocytomaと診断した.術後1年で再発し,その3ヵ月後に死亡した
Third ventricular chordoid gliomaの1手術例
小田 正哉, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 提嶋 眞人, 溝井 和夫
Neurological Surgery   30(9) 973-979   Sep 2002
25歳男.食欲亢進がみられ,体重が増加した.記銘力が低下し,健忘症状が増悪した.MRIで第3脳室腫瘍を指摘され,入院した.確定診断を得るためにCT誘導定位生検術を施行し,third ventricular chordoid gliomaと組織診断した.右前頭開頭により腫瘍摘出術を行った.術後のMRIで腫瘍は全摘され,術後,意識障害,低Na血症,視床下部機能不全による尿崩症,体温調節異常を認めたが,意識障害と低Na血症は徐々に回復し,HDS-Rは20/30点で独歩可能な状態になった.腫瘍摘出...
悪性腫瘍における耐性克服薬による抗腫瘍薬治療効果増強と99mTc-MIBI集積の変動 99mTc-MIBIによる薬剤耐性モニタリングの妥当性
内藤 雄一郎, 笹嶋 寿郎, 佐藤 知, 溝井 和夫
日本癌治療学会誌   37(2) 278-278   Sep 2002
悪性脳腫湯における抗血管新生薬(TNP-470)と抗腫瘍薬併用によるtumor dormancy therapyの検討
笹嶋 寿郎, 内藤 雄一郎, 高橋 和孝, 溝井 和夫
日本癌治療学会誌   37(2) 278-278   Sep 2002
【21世紀の脳動脈瘤治療】 未破裂脳動脈瘤の治療指針 無症候性未破裂脳動脈瘤の外科的治療 連続82症例の手術成績
木内 博之, 鈴木 明, 三河 茂喜, 笹嶋 寿郎, 高橋 和孝, 溝井 和夫
The Mt. Fuji Workshop on CVD   20 1-4   Jul 2002
1998〜2001年に直達手術を施行した連続82例を対象とした.手術による死亡例はなく,good recoveryが81例,moderate disableが1例であった.術後一過性に神経症状の悪化5例,永続する神経脱落症状3例,記憶障害1例であった.記憶障害は前交通動脈瘤のクリッピングによる穿通枝障害によるものであった.70歳以上の手術例は16例あったが,手術合併症は皆無であった.内視鏡を導入した内頸動脈瘤は,上下垂体動脈瘤と後交通動脈瘤が各1例,両動脈瘤の合併が1例で,後交通動脈瘤の1...
小児脊髄混合腫瘍gliofibroma/pilocytic astrocytomaの1例
伊藤 康信, 高橋 和孝, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 畑澤 順
脊髄外科   16(2) 171-178   Jul 2002
11歳女児.胸背部痛を主訴に受診した.四肢腱反射亢進,Hoffman反射両側陽性を認め,頸部MRIでは延髄脊髄移行部から上部胸髄にかけて脊髄腫脹があり,拡大した頸部脊柱管内を充満していた.C4-5からC7レベルの脊髄中心部にリング状の増強効果を示す嚢胞様病変が存在し,T2強調画像で嚢胞様病変の頭尾側に高信号域が広範に伸展していた.この嚢胞様病変の背側に非連続・不均一な増強効果を示す占拠性病変が認められ,後正中裂に入り込んでいた.ポジトロンCTでは嚢胞様病変に一致してFDG及び11C-met...
前頭葉atypical teratoid/rhabdoid tumorの1手術例 SPECT・PETによる多面的解析
笹嶋 寿郎, 小田 正哉, 木内 博之, 畑澤 順, 溝井 和夫
Neurological Surgery   30(6) 639-645   Jun 2002
16歳女.右口角から始まるJacksonian seizureにより緊急入院した.CTで左前頭葉に不均一に増強される腫瘍性病変を指摘された.MRIでは左中及び下前頭回に不均一な増強域を認めた.その後のCTで増強域が明らかに増大していた.PET所見から予定摘出範囲は増強域とした.組織所見からatypical teratoid/rhabdoid tumorと組織診断した.MIB-1 labeling indexは高悪性度を反映して25%と高値で,特に小型細胞で強陽性を示した.術後のMRIで増強...
上矢状静脈洞近傍のintraosseous atypical meningiomaの1手術例 tissue expanderによる頭皮再建の経験
高橋 和孝, 木内 博之, 笹嶋 寿郎, 鈴木 明, 平野 仁崇, 溝井 和夫, 飯田 直弥, 小川 智子
東北脳腫瘍研究会誌   35 113-121   Apr 2002
上矢状静脈洞(SSS)近傍に頭部巨大皮下腫瘤を呈するintraosseous atypical meningiomaを経験し,初回手術でSSS近傍を除き腫瘍を摘出したが,皮弁直下と皮膚切開縁に再発したため再度摘出を行った.その際,tissue expander挿入による皮膚伸展後腫瘍を摘出し,皮膚欠損に対して回転皮弁・伸展皮弁を用いて頭皮形成することで良好な結果が得られた
再発anaplastic ependymomaに対してLinac stereotactic radiotherapyが有効であった一例
鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 高橋 和孝, 溝井 和夫
小児の脳神経   27(2) 160-160   Apr 2002
Myeloschisisに合併したinterfrotal encephaloceleの1手術例
柳澤 俊晴, 太田 徹, 笹嶋 寿郎, 木内 博之, 伊藤 康信, 溝井 和夫
小児の脳神経   27(2) 138-138   Apr 2002
PETによる慢性期脳主幹動脈閉塞性病変の脳循環代謝
鈴木 明, 木内 博之, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 畑沢 順
東北脳血管障害懇話会学術集会記録集   23回 71-77   Dec 2001
椎骨脳底動脈瘤クリッピング術における内視鏡の有用性
木内 博之, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 高橋 和孝, 溝井 和夫
東北脳血管障害懇話会学術集会記録集   23回 95-100   Dec 2001
脊髄係留症候群に対する外科的治療
伊藤 康信, 平野 仁崇, 太田 徹, 羽入 紀朋, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
新潟医学会雑誌   115(11) 619-619   Nov 2001
グリオーマ摘出術における手術支援と工夫
笹嶋 寿郎, 木内 博之, 高橋 和孝, 鈴木 明, 溝井 和夫, 畑澤 順
新潟医学会雑誌   115(11) 616-616   Nov 2001
ダンベル型頸静脈孔部神経鞘腫の1例
木内 博之, 高橋 和孝, 平野 仁崇, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 石川 和夫, 中田 吉彦
新潟医学会雑誌   115(11) 624-624   Nov 2001
脳腫瘍に対する放射線治療後の経過観察中にMoyamoya様血管の発生を認めた1例
石山 公一, 戸村 則昭, 加藤 弘毅, 高橋 聡, 渡会 二郎, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫
脳と神経   53(10) 969-973   Oct 2001
ダウン症候群の19歳男.着衣失行を主訴とした.12歳時に発見された左大脳基底核の腫瘍が,15歳時に増大したため,両側内頸動脈終末部から前大脳動脈と中大脳動脈起始部を含む照射野で,腫瘍線量56Gy/28分割の放射線治療をした.その後,外来にて経過観察中であった.CT,MRI,脳血管造影,脳血流シンチグラフィー所見より右側後頭葉分水嶺の脳梗塞と診断し,補液とデキストロン投与による保存的治療で症状が改善した.脳血管造影では,内頸動脈終末部狭窄とモヤモヤ様血管の増生を認めたが,放射線治療治療前の脳...
脳虚血 病態診断の進歩と限界 PETによる慢性期脳主幹動脈閉塞性病変の循環代謝
木内 博之, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 畑沢 順
The Mt. Fuji Workshop on CVD   19 45-49   Jul 2001
PETにより,慢性期脳虚血症14例の脳酸素代謝とCVRCを検討した.以前の報告と同様に概ねOEFの亢進とCVRCの障害は相関していた.しかし,2例においてはCVRCの高度障害にも拘わらずOEFの亢進はみられなかった.そのうち1例では,虚血領域が,MRI上は正常に描出されたが,PETではCMRO2が低下し,神経細胞自体の変性がOEFの亢進を引き起こさない原因と考えられた.以上より,CVRCを含む脳循環動態のみでは,酸素代謝測定により知りうる神経機能活性を判定できず,血行再建術を含めた治療適応...
血行再建にて酸素代謝障害が改善した脳虚血症例
木内 博之, 鈴木 明, 笹嶋 寿郎, 溝井 和夫, 戸村 則昭, 畑澤 順
新潟医学会雑誌   114(12) 506-507   Dec 2000

Books etc

 
Early effects of intracarotid recombinant human tumor necrosis factor α on cerebral blood flow and glucose metabolism
Clinical PET in Oncology   1994   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): Toshio SASAJIMA
The temozolomide (TMZ)-resistant subline of glioblastoma was established by subculture with low-dose TMZ. We analyzed the efficacy of treatment with single-agent (TMZ, bevacizumab (BV)) and combination therapy (TMZ/interferon-β (IFN), TMZ/BV, TMZ/...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): Kazuo MIZOI
Thus far, in the field of neurosurgery, image-guided surgical navigation system has been used in limited field such as brain tumor surgery, stereotactic biopsy and stereotactic surgery. The aim of this study is to expand the use of the surgical na...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Toshio SASAJIMA
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2006 - 2007    Investigator(s): Kazuo MIZOI
The aims of this study were: 1) To improve the usefulness of neuronavigation system by integrating not only preoperative MRI but also three-dimensional (3-D) multimodal information of brain metabolism, brain functional mapping, and diffusion tenso...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2004 - 2005    Investigator(s): Kazuo MIZOI
The present study was carried out to establish the integration of functional brain mapping and positron emission tomography (PET) data into cranial navigation system to improve the treatment results of the patients with frontal brain tumors in clo...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2004 - 2005    Investigator(s): Toshio SASAJIMA
The aim of this study is to explore whether ^<99m>Tc-MIBI is suitable to elucidate multidrug resistance and prediction of potentiation of antitumor agents by MDR1 inhibitors in malignant tumors.In vitro experiments : Malignant tumor cells (RG2 and...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2002 - 2003    Investigator(s): Kazuo MIZOI
The present study was carried out to establish the functional mapping method of speech area using magnetoencephalogram (MEG), functional MRI (fMRI) and positron emission tomography (PET) and to improve the treatment results of the patients with fr...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2000 - 2001    Investigator(s): Kazuo MIZOI
The aim of this study is to investigate antitumor effects of angiogenesis inhibitor TNP-470 alone and in combination with a chemotherapeutic agent on rat brain tumors.Rat brain endotherial cells and rat C6 glioma cells were grown as mono ayers. Tr...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 1999 - 2000    Investigator(s): Toshio SASAJIMA
The aim of this study is to explore whether ^<99m>Tc-MIBI is suitable to elucidate multidrug resistance and prediction of potentiation of antitumor agents by MDR1 inhibitors in malignant tumors.In order to induce and maintain multidrug resistance,...
Experimental studies of antitumor effects of angiogenesis inhibitor TNP-470 with a chemotherapeutic agent on maliqnant gliomas.
The Other Research Programs