守屋 誠司

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/02 04:24
 
アバター
研究者氏名
守屋 誠司
 
モリヤ セイジ
所属
玉川大学
部署
教育学部 教育学科
職名
教授

プロフィール

情報化社会に対応した数学教育
数学の文化史
遠隔教育
教員養成

研究キーワード

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
玉川大学 通信教育部 教授
 
2009年4月
 - 
現在
京都教育大学 名誉教授
 
2001年4月
 - 
2009年3月
京都教育大学 教育学部 教授
 
1994年4月
 - 
2001年9月
山形大学 教育学部 助教授
 
1990年11月
 - 
1994年3月
山形大学 教育学部 専任講師
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
山梨大学 教育学部 教育科学科数学教育専修
 

委員歴

 
2019年
   
 
学生担当
 
2016年
 - 
2019年3月
教職担当
 

論文

 
効果的なブレンディッドスクーリングを目指した取り組みの結果-「教育の方法と技術」での実践例-
田畑忍,守屋誠司,魚崎祐子,豊田修
『論叢』玉川大学教育学部紀要   2018(18) 213-221   2019年3月   [査読有り]
通信教育課程におけるブレンディッドスクーリングの試行結果-学習内容の理解と学習への積極的な取り組みを目指した試行の結果-
田畑忍,守屋誠司,山口意知,魚崎祐子
コンピュータ&エデュケーション   43 30-35   2017年12月   [査読有り]
1年生の繰り下がりのある引き算の指導改善を目指した研究 -事前調査の徹底と図表限の利用-
守屋誠司,長田紀美,丹洋一,詫間京未
数学教育学会誌   Vol.58(No.1・2) 49-60   2017年9月   [査読有り]
イギリス・ドイツにおける通信制大学の実際と本学の通信教育課程への示唆
田畑忍,守屋誠司,魚崎祐子
『論叢』玉川大学教育学部紀要   16巻 61-70   2017年7月   [査読有り]
テキスト学修を支援する補助動画の効果
田畑忍,守屋誠司,山口意知,魚崎祐子,豊田修
『論叢』玉川大学教育学部紀要   2016 183-192   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
教材としての「日時計」の価値について
守屋誠司
算数・数学の授業   (170) 62-68   2018年6月   [依頼有り]
数学教育での日時計の教材化は,1980年代前半に横地氏が中国の赤道型日時計を紹介したことに始まる。幼児教育で時刻を指導する教材であった日時計は,「幾何教育の充実」,「数学的モデリングにおける数学モデルの発展」,「数学の文化史の指導」,「数学と理科・地理との連携」の観点で分析できる。
Number Lines as an Instrument for Solving Problem on Relative Values
-
Beitraege zum Mathematikunterricht 2015   2015 856-859   2016年
Effects of diagrams showing relationships between variables in solutions of problems concerning relative values
-
Beitraege zum Mathematikunterricht 2016   2016 517-520   2016年
テレビ会議を利用した国際遠隔協同授業・ゼミナールの学生と教師への影響-教員養成の視点から-
守屋誠司
玉川大学教師教育リサーチセンター年報 第3号 2012年度   3    2013年
-
Jahrestagung der Gesellschaft fur Didaktik der Mathematik vom 4.3.2013 bis 8.3.2013 in Munster   668-671   2013年

書籍等出版物

 
小学校指導法 算数 改訂第2版
守屋誠司編著 (担当:編者, 範囲:第1章,第2章,第5章,第7章第1節~4節,第6節,第7節)
玉川大学出版部   2019年9月   ISBN:9784472405761
教科力シリーズ『小学校 算数』
玉川大学出版部   2015年2月   
教科指導法 算数
玉川大学出版会   2011年2月   
Evaluation of Teaching Activities with Multi-Variable Function in Context
G.Kaiser & W.Nlum et al.(Eds.),Trends in the teaching and learning of mathematical modeling ?Proceedings of ICTMA14-,Springer, New York.   2011年   
Using Modelling Experiences to Develop Japnese Senior High School Students' Awareness of the Interrelations between Mathematics and Science
G.Kaiser & W.Nlum et al.(Eds.), “Trends in the teaching and learning of mathematical modeling ?Proceedings of ICTMA14-,Springer, New York.   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
算数・数学の教育内容の再構築