丸田 忠雄

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/28 02:41
 
アバター
研究者氏名
丸田 忠雄
 
マルタ タダオ
所属
東京理科大学
学位
博士(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1977年
東北大学 文学研究科 英語学専攻
 
 
 - 
1975年
東北大学 文学部 英語学科
 

委員歴

 
2009年
 - 
2014年
(財)語学教育研究所  市河賞選考委員
 
2011年
 - 
2014年
日本英語学会  大会運営委員
 
2003年
 - 
2007年
日本英語学会  学会誌及び論文誌の編集者
 
1990年
 - 
1993年
日本英文学会  大会準備委員
 
2004年
 - 
2013年
日本英語学会  評議員
 

受賞

 
1999年
市河三喜賞
 

Misc

 
関係代名詞についての一考察
丸田忠雄
英語学   (13) 86-93   1974年
三つの関係詞について
丸田忠雄
英語学   (14) 81-85   1975年
再帰代名詞の出没
丸田忠雄
英語青年   122(9) 25-25   1976年
NP1 + Prep + NP2構造からのNP2 の移動について
丸田忠雄
英語学   (15) 92-102   1976年
On A-reflexive and P-reflexive
Tadao Maruta
Descriptive and Applied Linguistics(ICU)   (11) 201-204   1978年

書籍等出版物

 
N.チョムスキー著『統率束縛理論』
研究社   1985年   
安井稔編『例解現代英文法辞典』
大修館書店   1987年   
原口庄輔・中村捷編『チョムスキー理論辞典』
研究社   1992年   
荒木一雄・安井稔編『現代英文法辞典』
三省堂   1992年   
英和辞典『リーダーズプラス』
研究社   1994年   

講演・口頭発表等

 
言語の認知神経心理学的機構
山形大学人文学部講演会   2008年   
Account for~の新しい用法 unaccounted-forからの意味的逆成か
日本時事英語学会第52回年次大会   2010年   
Short love poems are easy to be read and understood.は文法的か―アメリカ英語とイギリス英語の違い
日本時事英語学会53回大会   2011年   
On Passivized Tough-infinitives
第3回北海道理論言語学研究会   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
英語語彙意味論
科学研究費補助金
研究期間: 1990年 - 2010年
語彙意味と統語構造の連関