大宮 勇雄

J-GLOBALへ         更新日: 11/04/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
大宮 勇雄
 
オオミヤ イサオ
所属
福島大学
部署
人間発達文化学類
職名
教授
学位
教育学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東京大学 教育研究科 教育行政学
 
 
 - 
1975年
東京大学 教育学部 教育社会学科
 

Misc

 
利用契約型保育における人間的共感のゆくえ
季刊保育問題研究   (147) 4-15   1994年
保育カリキュラムの「構造化」と子どもの生活経験の質-欧米における「保育の質」研究の到達点(1)
福島大学教育学部論集(教育心理部門)   (60) 91-110   1996年
「保育の質」への人間関係論的アプローチ-欧米における「保育の質」研究の到達点(2)-
福島大学教育学部論集(教育・心理部門)   (63) 65-80   1997年
保育の質とコストと専門性(1)
大宮勇雄
保育情報   (321) 2-9   2003年
保育の質とコストと専門性(2)
大宮勇雄
保育情報   (322) 4-13   2003年

書籍等出版物

 
「保育の質」の探究
ミネルヴァ書房   2000年   
保育の質を高める
ひとなる書房   2006年   
学びの物語の保育実践
ひとなる書房   2010年   
子どもの心が見えてきた
ひとなる書房   2011年   

Works

 
男女共同参画社会における子育て支援のあり方に関する統合的研究
2004年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
保育の質を高める子ども理解手法の開発
発達への社会文化的アプローチにもとづく、教育的アセスメントの実践的に活用可能な方法開発
保育の質に関わる国際的研究成果のレビュー
保育の質に関わる国際的研究成果のレビューにもとづき、日本におけるナショナルスタンダード試案を展望する