小野 義隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/26 13:54
 
アバター
研究者氏名
小野 義隆
 
オノ ヨシタカ
学位
農学博士(パデュウ大学大学院), 農学修士(東京教育大学農学研究科)
科研費研究者番号
90134163

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
茨城大学 
 
1974年
 - 
1975年
東京都立豊島高等学校(定時制)教諭
 
1980年
 - 
1985年
茨城大学助手(教育学部)
 
1985年
 - 
1986年
茨城大学講師(教育学部)
 
1986年
 - 
1999年
茨城大学助教授(教育学部、大学院教育学研究科)
 
1999年
 - 
2015年
茨城大学教授(教育学部、大学院教育学研究科)
 
2000年
 - 
2015年
茨城大学教授(教育学部、大学院教育学研究科、大学院理工学研究科後期課程兼務)
 
2002年9月
 - 
2010年8月
茨城大学 教育研究評議員
 
2004年4月
 - 
2008年8月
茨城大学 教育学部 副学部長
 
2008年9月
 - 
2010年8月
茨城大学 副学長
 
2014年8月
 - 
現在
Kasretsart University at Kamphaeng Saen Faculty of Agriculture, Department of Plant Pathology Adjunct Professor
 
2015年4月
 - 
2017年3月
茨城大学 特任教授(教育学部、大学院教育学研究科)
 
2015年4月
 - 
現在
茨城大学 名誉教授
 
2015年9月
 - 
2018年9月
Northeast Forestry University School of Forestry Visiting Professor
 

学歴

 
 
 - 
1978年
パデュウ大学大学院 農学研究科 植物学・植物病理学
 

委員歴

 
1987年4月
 - 
1989年3月
日本菌学会  評議員
 
1997年4月
 - 
1999年3月
日本菌学会  評議員
 
1999年4月
 - 
2001年3月
日本菌学会  理事
 
2001年4月
 - 
2003年3月
日本菌学会  評議員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
日本菌学会  理事
 
2003年4月
 - 
現在
日本菌学会  編集委員(2010−2012:編集委員長)
 
2005年4月
 - 
2010年3月
日本菌学会  評議員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本菌学会  理事
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本菌学会関東支部  会長
 

受賞

 
1991年
日本菌学会菌学研究奨励賞
 
1993年
秩父宮記念学術賞(ヒマラヤとその周辺地域の隠花植物調査隊、共同受賞)
 
2006年
日本菌学会賞
 

論文

 
Phragmidium satoanum, a new rust pathogen of Rosa hirtula in Japan
ONO Yoshitaka, WAHYUNO Dono
Mycoscience   60    2019年5月   [査読有り]
An annotated list of rust fungi (Pucciniales) in the Korean Peninsula. III. Pucciniaceae – genus Puccinia.
ONO Yoshitaka
Bulletin of the College of Education, Ibaraki University (Natural Sciences)   68 71-92   2019年1月   [査読有り]
An annotated list of rust fungi (Pucciniales) in the Korean Peninsula. II. Uropyxidaceae, Pileolariaceae, Raveneliaceae, Phragmidiaceae, Pucciniaceae (exclusive of Puccinia), and anamorphic genera.
ONO Yoshitaka
Bulletin of the College of Education, Ibaraki University (Natural Sciences)   68 51-69   2019年1月   [査読有り]
An annotated list of rust fungi (Pucciniales) in the Korean Peninsula. I. Pucciniastraceae, Coleosporiaceae, Cronartiaceae, Mikronegeliaceae, Melampsoraceae, and Phakopsoraceae.
ONO Yoshitaka
Bulletin of the College of Education, Ibaraki University (Natural Sciences)   68 31-50   2019年1月   [査読有り]
Herpobasidium filicinum (Eocronartiaceae, Platygloeales) occurs on Denstaedtia wilfodii (Denstaedtiaceae) in Japan.
Kasuya T, Ono Y.
Mycoscience   59 443-448   2018年10月   [査読有り]

Misc

 
Ono Y.
Mycoscience   54 1-1   2013年   [査読有り]
The Mycological Society of Japan and the Melbourne Code.
Okuda T, Ono Y, Aoki T, Okada G.
IMA Fungus   3(2) 48-50   2012年   [査読有り]
Buck JW, Ono Y.
The Plant Health Instructor. The American Phytopathological Society.   1-6   2012年   [査読有り]
Hosta and daylily rust.
Susan Bergeron, Yoshiaka Ono
Daylily Journal   61(2) 183-187   2006年   [査読有り]

書籍等出版物

 
菌類の生物学 第4章 真菌類、第7章 植物と菌類
共立出版   2014年   ISBN:978-4-320-05732-6
日本植物病害大事典
全国農村教育協会   1998年   
植物病原菌類図説
全国農村教育協会   1992年   
The rust flora of Japan.
Tsukuba Shuppankai   1992年   
植物病理学実験法
講談社サイエンテイフィク   1983年   

講演・口頭発表等

 
Species of Hemileia (Pucciniales) distributed in Thailand
Ono Y, Unartngam J, Ayawong C, Okane I.
The 63rd Annual Meeting of the Mycological Society of Japan   2019年5月26日   
Rust fungi (Pucciniales) found on previously unrecorded host plants in Thailand
Ono Y, Ayawong C, Unartngam J, Okane I.
The 62nd Annual Meeting of the Mycological Society of Jap   2018年5月26日   
ユウガギクおよびノコンギクを宿主とするThekopsora属菌について
藤森祥平 、岡根泉、小野義隆、山岡裕一
日本菌学会第62回大会(信州大学)   2018年5月26日   
内生型生活環を有するさび菌3種の系統分類学的所属の検討
山岡裕一、岡根 泉、小野義隆、升屋勇人、細矢 剛、安藤裕萌、藤森祥平、鈴木浩之、糸澤千尋
日本菌学会第61回大会(仙台)   2017年8月29日   
八重山群島で見出されたラベネリア科サビキン2種の生活環
小野義隆
日本菌学会第61回大会(仙台)   2017年8月29日   

Works

 
熱帯モンスーンアジアにおける菌類多様性
2002年
ロシア極東地域でのカラマツ黒葉さび病の発生生体に関する調査研究
1995年
ロシア極東地域におけるマツ類さび病菌の分類と生態に関する共同研究
1994年
ロシア連邦極東地域におけるマツ類さび病菌の分類と生態に関する共同研究
1993年
熱帯作物の病害虫抵抗性と防除に関する研究(フィリピン)
1993年

競争的資金等の研究課題

 
熱帯アジアで猛威を振るうぶどうサビ病菌の 生態学的・分類学的研究
公益財団法人発酵研究所: 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 小野義隆
不完全さび菌および内生型さび菌の系統分類 学的所属の決定ならびに生活環進化の解明の ための情報基盤構築
公益財団法人発酵研究所: 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 山岡裕一
ブドウさび病菌の系統分類と地理的分布
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 小野義隆
モバイル端末とホームページを活用した「野外観察データ共有システム」の開発
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 橋浦洋志
サビキンの宿主特異性・生活環と種分化
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 小野義隆