三輪 五十二

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/13 11:28
 
アバター
研究者氏名
三輪 五十二
 
ミワ イソジ
URL
http://stars.sci.ibaraki.ac.jp/%7Emiwa/
学位
理学博士(東北大学), 理学修士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
茨城大学 
 
 
   
 
茨城大学  特命教授,理学部自然機能科学科長,理工学研究科博士後期課程環境機能科学専攻長,理学野自然機能科学領域長,理工学研究科博士前期課程自然機能科学専攻長,学長特別補佐
 
1973年
 - 
1976年
:教養部講師
 
1976年
 - 
1985年
:教養部助教授
 
1985年
 - 
1996年
:教養部教授
 

受賞

 
1997年
日本動物学会論文賞
 

Misc

 
Circadianrhythms in ┣DBParamecium(/)-┫DB
Trends Photochem. Photobio.   6 75-96   1999年
Organism have multiple circadian clocks
The Heredity   52(8) 31-36   1998年
生物は時計を複数もっている
遺伝   52(8) 31-36   1998年
Cytoplasm rescues an arrythmic mulant on the circadian rhythm of mating reactivity in ┣DBParamecium bursaria(/)-┫DB (共著)
The Journal of Eukaryotic Microbiology   43(3) 231-236   1996年

書籍等出版物

 
Endosymbionts in Paramecium
Springer-Verlag Berlin Heidelberg   2009年   
時間生物学事典
朝倉書店   2008年   
顕微鏡フル活用術イラストレイテッド
秀潤社   2000年   
ゾウリムシの遺伝学
東北大学出版会   1999年   
光シグナルトランスダクション
シュプリンガー・フェアラーク東京   1999年   

講演・口頭発表等

 
ミドリゾウリムシの接合活性リズムに対するリン酸化阻害剤の影響
第39回日本原生動物学会大会   2006年   
Paramecium tetraureliにおける子孫のagingに対する親のageの影響
第37回日本原生動物学会大会   2004年   
ミドリゾウリムシ概日リズム発現における共生クロレラの調節
日本進化学会第6回大会   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
ゾウリムシのクローン寿命に関する研究
研究期間: 2001年 - 2005年
ボルボックスの細胞分化に関する研究
研究期間: 2003年 - 2006年
ミドリゾウリムシの生物時計に関する研究
ミドリゾウリムシとクロレラの細胞内共生機構に関する研究
ミドリゾウリムシはクロレラを共生しているが、暗闇で培養してクロレラをなくすことができる。クロレラを持ってない細胞に単離したクロレラを感染させることができる。