KENJI TANAKA

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 04:05
 
Avatar
Name
KENJI TANAKA
E-mail
tanakais.uec.ac.jp
URL
http://www.tanaka.is.uec.ac.jp
Affiliation
The University of Electro-Communications
Section
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering, "Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)"
Job title
Professor
Degree
Science of Doctor(Tokyo Institute of Technology)
Research funding number
60197415

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1987
 - 
Sep 1995
助手, 茨城大学工学部
 
Oct 1995
 - 
Apr 2004
助教授, 電気通信大学大学院情報システム学研究科
 
May 2004
   
 
教授, 電気通信大学大学院情報システム学研究科
 
Apr 2012
 - 
Mar 2014
副学長, 電気通信大学
 
Apr 2012
 - 
Mar 2014
広報センター長, 電気通信大学
 

Education

 
 
 - 
Mar 1976
県立浦和高校
 
 
 - 
Mar 1982
数理科学系(数学科), Faculty of Science, Kyoto University
 
 
 - 
Mar 1989
システム科学専攻, Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
 

Committee Memberships

 
2003
 - 
2005
IEEE  SMC Japan Chapter Vice Chair
 

Awards & Honors

 
Nov 2015
システムの信頼性と安全性, 2015年度日経品質管理文献賞, 日本経済新聞社
 
Jul 2012
安全保証と危険回避の使い分けに関する一考察, 2011年度第41回信頼性・保全性シンポジウム特別賞, 日本科学技術連盟、日本信頼性学会
 
Jun 2002
重複型システム分割による設備管理, 日本設備管理学会論文賞
 
May 2002
日本科学技術連盟品質管理誌QC賞
 
Oct 1993
日本プラントメンテナンス協会PM優秀論文賞
 

Published Papers

 
平野 伸将, 榎本 恵, 関根 道昭, 田中 健次
ヒューマンインタフェース学会論文誌   21(1) 111-120   Apr 2019   [Refereed]
Elderly drivers generally are not good at recognizing multiple objects at the same time because they have less attention resources than younger drivers. As a result, when multiple hazards arise simultaneously while driving, elderly drivers may fai...
Toward measurement display content for improving intrinsic motivation in smart health equipment
Yonei M., Tanaka K.
2019 IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies (IEEE-LifeTech2019)   206-209   Mar 2019   [Refereed]
Attempt to Apply Machine Learning to a Failure Database - A Case Study on Communications Networks
Bando K., Tanaka K.
The 23rd IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC 2018)   CD-ROM    Dec 2018   [Refereed]
音声操作中の警報音聴取に対する注意配分改善手法の検討
伊藤一也、田中健次
人間工学   53(3) 75-84   2017   [Refereed]
Development of CO2 Monitor and Alarm for Professional Drivers
Ishigaki, Y., Moritake, T., Matsumoto, Y., Tanaka, K.
Asia Pacific Symposium on Safety, 2017   CD-ROM    Nov 2017   [Refereed]

Misc

 
システム視点からの信頼性設計
田中健次
電気総合誌オームOHM   105(5) 16-19   May 2018   [Invited]
あなたの病棟のダブルチェック,本当に役立っている?
田中健次
Expert Nurse   30(10) 8-12   Jul 2014   [Invited]
ダブルチェックの方法とその選択
田中健次
看護管理   24(5) 426-431   May 2014   [Invited]
安全対策の落とし穴-その仕組みと仕掛け
田中健次
患者安全推進ジャーナル   32 17-32   Jul 2013
新聞報道は事故をどう報じているか―金融システム事故を例にとって
坂東幸一、田中健次
日本信頼性学会誌   34(6) 416-423   Aug 2012

Books etc

 
医療安全管理実務者標準テキスト
田中 ほか (Part:Joint Work, Ⅱ各論 第1章-2 FMEA、第6章-2 状況別医療事故防止(1)ダブルチェック,(2)患者取り違え)
へるす出版   Aug 2016   ISBN:978-4-89269-891-0
システムの信頼性と安全性
田中健次
朝倉書店   Aug 2014   
医療安全学
森本、田中ほか (Part:Joint Work, V-3 FMEA)
篠原出版新社   Jul 2010   
新版信頼性工学入門
真壁肇、田中健次、鈴木和幸、宮村鐵夫、横川慎二 (Part:Joint Work, 第8章FMEAとFTA)
日本規格協会   Jul 2010   
新版品質管理ガイドブック
中條武志、田中健次、山田秀、大藤正、光藤義郎、入倉則夫 (Part:Joint Editor)
日科技連出版社   2009   

Conference Activities & Talks

 
不確定情報や不安感を利用して安全行動を誘因する法
田中健次
電子情報通信学会 安全性研究会、信学技報 SSS2019-3   23 Apr 2019   電子情報通信学会 安全性研究会
確定性に乏しく曖昧な安全情報提示や安心感を抑える自動化支援は,リスク意識を高め安全行動を誘因する傾向があることを,ドライビングシミュレータにより検証した結果を基に紹介する.その内容は,自動化による運転支援だけでなく,多くの機器の自動化の設定において,適用できるものである.一般に考えられている「正確な危険情報の提示が安全行動に結びつく」との考え方は,必ずしも成り立たずむしろ過信に結び付き,逆効果となることが示唆される.
あいまいな情報提示によるドライバ の過信軽減への効果
鶴飼純一郎,田中健次
計測自動制御学会 第46回知能システムシンポジウム   7 Mar 2019   計測自動制御学会 知能工学部会
自動運転におけるドライバの安心感抑制による注意力向上への効果
多賀野亮太,田中健次
計測自動制御学会 第46回知能システムシンポジウム   7 Mar 2019   計測自動制御学会 知能工学部会
障害データベースへの機械学習適用の試み(その2)
坂東幸一,田中健次
第80回 FTC研究会   25 Jan 2019   FTC研究会
透析医療におけるリスクマネジメント ~システム化・自動化に潜む罠~ [Invited]
田中健次
第63回日本透析医学会学術集会・総会   29 Jun 2018   日本透析医学会

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
想定外事象を想定した従来手法とノンテクスキルとの融合型高信頼性・安全性方法論
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 田中健次
医療安全支援センターにおける効果的なサービス提供のための研究
Project Year: Mar 2016 - Mar 2018    Investigator(s): 児玉安司
リスクモードとオンラインモニタリング技術高度化に着目した未然防止体系の新展開
Project Year: Apr 2015 - Mar 2020
人の認知・判断の特性と限界を考慮した自動走行システムと法制度の設計
Project Year: Apr 2015 - Mar 2020    Investigator(s): 稲垣敏之
高齢者の身体的・認知的変化に応じた介護コンシェルジュエージェントシステム
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): 高玉圭樹