NUMAO Tatsuya

J-GLOBAL         Last updated: May 30, 2019 at 10:51
 
Avatar
Name
NUMAO Tatsuya
Other affiliation
Ibaraki UniversityIbaraki University
Research funding number
90164649

Profile

(研究経歴)
1984年4月〜現在 茨城大学工学部建設工学科の助手に昇任以降、大学において研究活動を行う。

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Ibaraki University Graduate School of Science and Engineering (Engineering), Department of Urban and Civil Engineering
 
Apr 1979
 - 
Mar 1982
三上建築設計事務所
 
Apr 1982
 - 
Mar 1984
茨城大学工学部建設工学科 教務員
 
Apr 1984
 - 
Mar 1991
茨城大学工学部建設工学科 助手
 
Apr 1991
 - 
Mar 1993
茨城大学工学部都市システム工学科 助手
 

Education

 
 
 - 
1979
建築, Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Awards & Honors

 
1995
日本建築学会奨励賞
 

Published Papers

 
PROPERTIES OF HIGH FLUIDITY CONCRETE USING FINE POWDER OF MELT-SOLIDIFIED SLAG FROM MUNICIPAL  WASTE AS AN ADMIXTURE
Tohru Kimura, Tatsuya Numao, Kimio Fukuzawa
ICCS   in CD-ROM   Aug 2016   [Refereed]
中性子準弾性散乱を利用したセメント硬化体の水和過程における結合水量の割合と圧縮強度および細孔径分布との関係
当銘葵、沼尾達弥、木村亨
コンクリート工学年次論文集   38(A)    Jul 2016   [Refereed]
酸化カルシウム含有率が異なる活性フィラーを用いたジオポリマーモルタルの各種諸特性
木村亨,沼尾達弥,小沼遥佑
コンクリート工学年次論文集   38(1) 2289-2294   Jul 2016   [Refereed]
Shrinkage, strength of high and ordinary concrete incorporating Kosovo and Japanese fly ash
Nnjeza AlLAJ, Tatsuya NUMAO
Journal of Environmental Science and Engineering   in CD-ROM   Jul 2016   [Refereed]
コンクリート混和材料としてフライアッシュの利用を、コゾボ産と日本産について比較を行い、その差を求め、利用のためのデータを示した。
簡易改質処理を施した一般廃棄物溶融スラグ細骨材を用いたコンクリートの性状改善効果
木村亨,沼尾達弥,城所朋輝,蒔田裕紀
コンクリート工学年次論文集   37(1) 85-90   Jul 2015   [Refereed]

Misc

 
Critical Strain Energy Release Rate of Interface Debonding Between CFRP Sheet and Mortar and Its Size Effect (共著)
Proc. of Int. SAMPE   849-852   1999
A Fundamental study on meawring heat environment of houses(共著)
Journal of the Faculty of Engineering, Ibaraki University   43    1995
住宅の熱環境計測に関する基礎的研究
茨城大学工学部研究集報   (43) 27-32   1995
Relationship Between Pore Size Distribution and Water Permeation Properties of Hardened Cement Mortar(共)
Transactions of The Japan Concrete Institute   14   1992
Influence of Bonding Conditions between Continuous Fiber and Concrete on Compressive Behavior of Concrete daterally Reinforced with Fiber
CAT Proceedings of Cement & Concrete   44   1990

Conference Activities & Talks

 
中性子ラジオグラフィによるセメント硬化体中の含有水分分布の測定
沼尾達弥
土木学会第69回年次学術講演会講演   18 Sep 2014   土木学会
中性子ラジオグラフィを用いたセメント硬化体の含有水分量測定に関する研究
小沼遥佑、沼尾達弥
土木学会第69回年次学術講演会講演   18 Sep 2014   土木学会
焼却灰を原料としたセラミック骨材への機能性付加に関する研究
沼尾達弥、福沢公夫,川瀬光一
土木学会第59回年次学術講演会概要集   Sep 2004   
石材研磨粉の有効利用に関する基礎的研究
舟川勲,沼尾達弥,加藤亮太
土木学会第59回年次学術講演会概要集   Sep 2004   
日影を利用した赤外線映像装置によるコンクリート内部欠陥深さ検出に関する研究
平田寿磨,沼尾達弥,福沢公夫,三井雅一
土木学会第59回年次学術講演会概要集   Sep 2004   

Research Grants & Projects

 
品質が異なる一般廃棄物溶融スラグ細骨材を用いて製造されるコンクリート二次製品の実用化技術の開発
科学技術振興機構: 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP
Project Year: Dec 2014 - Nov 2015    Investigator(s): 沼尾達弥
様々な一般廃棄物処理施設により排出されるSLを,定期的にJISに準じた品質管理を行い,各種検査項目の変動把握や,各SL細骨材を用いたコンクリート二次製品への影響の把握し,コンクリート二次製品の品質維持や長期的に安全使用可能な製品を作製する技術の確立する。
中性子を用いた温湿環境変化を受けるセメント硬化体中の水分と体積変化の定量的評 価
日本学術振興会: 科学研究費
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 沼尾達弥
本研究は、これまでの研究成果として示されている、セメント硬化体中の水分の定量的評価手法および水分量と体積変化の関係を基に、実際のコンクリート構造物に生じる乾湿繰返しによる収縮と膨張、ならびに太陽光や気温変化などによる熱膨張・収縮が同時に作用する現象を定量的に表現し、骨材境界の拘束ひずみを含めた物理的性状を評価する。