金子 義明

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:09
 
アバター
研究者氏名
金子 義明
 
カネコ ヨシアキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/35702a60ba85e61f35e54041a2961c5f.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科 文化科学専攻 西洋文化学講座 英語学分野
職名
教授
学位
博士(文学)(東北大学), 文学修士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
   
 
- 東北大学大学院文学研究科 教授
 
2000年
 - 
2001年
マサチューセッツ工科大学言語学科 客員研究員
 
2000年
 - 
2001年
東北大学大学院文学研究科 助教授
 
1994年
 - 
2000年
東北大学文学部 助教授
 
1989年
 - 
1994年
茨城大学人文学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東北大学 文学研究科 英語学
 

委員歴

 
2012年
   
 
日本英語学会  理事
 
2008年
   
 
日本英語学会  評議員
 
2014年
   
 
日本英文学会  監事
 
2011年
   
 
日本英語学会  監事
 
2008年
   
 
東北大学英語学研究会  代表
 

受賞

 
2009年
市河賞
 

Misc

 
英語学の企て
金子義明
人文社会科学の新世紀 東北大学出版会   63-71   2003年
On Exceptional Case-marking in Japanese and English
金子義明
English Linguistics   5 271-289   1988年
tough構文
金子義明
『[最新]英語構文事典』 大修館   35-51   2001年
On tough-constructions: a GB approach
Yoshiaki KANEKO
Tough Constructions in English and Japanese: Approaches from Current Linguistic Theories   9-41   1996年
英語法助動詞の意味解釈―語彙特性、語用論、叙述様式のインターフェイス
金子義明
言葉の核と周縁―日本語と英語の間   321-355   1999年

書籍等出版物

 
生成文法の基礎:原理とパラミターのアプローチ
研究社   1989年   
生成文法の新展開ーミニマリスト・プログラム
研究社   2001年   
英語助動詞システムの諸相ー統語論・意味論インターフェース研究
開拓社   2009年   ISBN:978-4-7589-2144-2
機能範疇
研究社   2001年   
英語の主要構文
研究社   2002年   

講演・口頭発表等

 
これからの英語学教育と新たな学習英文法構築の可能性
日本英文学会中部支部第64回大会シンポジウム「新学習要領時代の英語学教育」   2012年   
Conditional If-Clauses and the Modal Operator in Performative Phrase
ワークショップ『統語と談話のインターフェイス』神田外語大学言語科学研究センター(CLS)   2010年   
Semantics in Children’s Production of ditransitives
Conference on Ditransitive Constructions, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology   2007年   
Word-order preferences in Japanese children's ditransitives: the effect of verb
The 32nd Annual Boston University Conference on Language Development   2007年   
日本人幼児の二重目的語分産出における『に』句と『を』句の語順選好
日本言語学会   2007年   

Works

 
英文法:理論と学習文法のインターフェイス
2006年 - 2007年
書評空間 アスペクト解釈と統語現象(三原健一著)
2004年 - 2005年
言語圏α 英語法助動詞の意味論(ジェニファー・コーツ著、澤田治訳)
1993年
三原健一:『時制解釈と統語現象』
1991年
Ann K. Farmer:Modularity in Syntax:A Study of Japanese and English
1985年

競争的資金等の研究課題

 
話者視点の統語的具現化から見たインターフェース研究
科学研究費補助金
研究期間: 2012年 - 2014年
不完全性修復システムとしてのインターフェース研究
その他の研究制度
研究期間: 2009年 - 2011年
意味解釈規則の適用におけるサイクルの概念について
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2006年
英語助動詞システムをめぐるインターフェイスの諸相
科学研究費補助金
研究期間: 1997年 - 1999年
言語の発達・脳の発達・言語教育に関する統合的研究
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2004年 - 2009年