飯野 昌枝

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
飯野 昌枝
 
イイノ マサエ
所属
旧所属 群馬大学 大学院医学系研究科 高次統御系 脳神経病態制御学講座
職名
助教
学位
医学博士(群馬大学 医学部)

研究分野

 
 

経歴

 
1969年
   
 
- 群馬大学医学部助手
 

Misc

 
Takatsuru, Y., Takayasu, Y., Iino M., Nikkuni O., Ueda, Y., Tanaka, K. and Ozawa, S.
Neuroscience Research   54(2) 140-148   2006年
Takayasu, Y., Iino, M. and Ozawa, S.
European Journal of Neuroscience   19 1285-1295   2004年
Takayasu, Y., Iino, M., Kakegawa, W., Maeno, H., Watase, K., Wada, K., Yanagihara, D., Miyazaki, T., Komine, O., Watanabe, M., Tanaka, K. and Ozawa, S.
Journal of Neuroscience   25 8788-8793.   2005年
Kakegawa W., Tsuzuki K., Iino M., Ozawa S
Eur J Neurosci   17(4):887-891    2003年
Hagimura, N., Tsuzuki, K., Iino, M., Takatsuru, Y., Yoshida, Y., Kishi, S. and Ozawa, S.
Developmental Brain Research   152 213-223   2004年

講演・口頭発表等

 
Effects of DL-threo-benzyloxyaspartate, a blocker of glutamate transporter, on excitatory synaptic transmission in cerebellar Purkinje cells
第25回日本神経科学大会 Neurosci. Res. (Suppl.)   2002年   
ラット胎児海馬由来の神経前駆細胞の電気生理学的特性
第80回日本生理学会(福岡大学)・第76回日本薬理学会年会(九州大学)3P078 平成15年3月24-26日 福岡 (発表25日) Jpn. J. Physiol. 53 (Suppl) S206:279   2003年   
NR2サブユニット導入による内因性NR1タンパク質の増加と機能的NMDA受容体の発現
第79回日本生理学会大会(広島大学) 平成14年3月28-30日 広島 (発表29日) Jpn.J.Physiol. 52 (Suppl) S137:373   2002年   
前庭小脳顆粒細胞のムスカリンレセプターを介するプルキンエ細胞の自発性EPSC発生の増加
第79回日本生理学会大会(広島大学) 平成14年3月28-30日 広島 (発表29日) Jpn.J.Physiol. 52 (Suppl) S137:372   2002年   
ウイルスベクターを用いたCa2+透過性AMPA受容体の強制発現による海馬シナプス機能の解析
第78回日本生理学会大会(京都大学) 平成13年3月29-31日 京都 Jpn. J. Physiol. 51 (Suppl.) S201-358   2001年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
小脳シナプスのグルタミン酸除去に関するグリア型トランスポーターGLT-1の役割
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2007年