OKAMURA Shinichi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 3, 2019 at 16:09
 
Avatar
Name
OKAMURA Shinichi
Affiliation
Takasaki University of Health and Welfare
Degree
PhD(Gunma University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jun 1979
 - 
May 1992
Gunma University Hospital
 
Jun 2006
 - 
Aug 2006
Health Science Center at Houston, University of Texas
 

Education

 
 
 - 
1979
Faculty of Medicine, Gunma University 
 

Published Papers

 
Sagawa T, Kakizaki S, Tomizawa T, Nakayama T, Tanaka H, Tojima H, Sato K, Kusano M, Okamura S, Yamada M
Colorectal disease : the official journal of the Association of Coloproctology of Great Britain and Ireland   18(7) 696-702   Jul 2016   [Refereed]
岡村信一
健康福祉研究   11(1) 37-43   Nov 2014
これまで医学教育の中で学ぶ機会がほとんどなかった「玩具療法」について、医学部5年生20名(対象群)へ臨床実習の中で玩具による遊びを体験させる機会を設け、その効果を、実習前後のアンケート(玩具の医療への利用について)やレポートの分析のコントロール群(同年に臨床実習を履修した5年生20名)との比較から検討した。その結果、アンケート調査による階層分析法を用いた定量的な解析で、玩具療法に対する注目点(「楽しさ」「有用性」「安全性」)のうち「有用性」に対する重み付けが実習後に有意に増加しており、本実...
渡邊多永子, 東尚弘, 佐井至道, 山城勝重, 海崎泰治, 津熊秀明, 固武健二郎, 猿木信裕, 岡村信一, 柴田亜希子, 西本寛
厚生の指標   61(2) 1-4   Feb 2014
目的 全国のがん診療連携拠点病院から提供される院内がん登録データには,全国のがん罹患の約6割以上についての情報が蓄積されている。一方で匿名化後に収集されており,同一患者が複数の提出施設を受診すると重複して登録されてしまう可能性がある。本解析はデータ内に含まれる重複登録割合の推定を目的とする。方法 2通りの方法で重複登録割合の推計を行った。1つは,組合管掌健康保険組合8組合から提供された診療報酬請求書(レセプト)データベースを用い,がん診療連携拠点病院を受診した5大がんの患者のうち同一年の間...
Arezzo A, Passera R, Saito Y, Sakamoto T, Kobayashi N, Sakamoto N, Yoshida N, Naito Y, Fujishiro M, Niimi K, Ohya T, Ohata K, Okamura S, Iizuka S, Takeuchi Y, Uedo N, Fusaroli P, Bonino MA, Verra M, Morino M
Surgical endoscopy   28(2) 427-438   Feb 2014   [Refereed]
Carbon dioxide insufflation reduces the discomfort due to colonoscopy as objectively analyzed by salivary stress markers.
Iida T, Okamura S, Kakizaki S, Sagawa T, Zhang Y, Kobayashi R, Masuo T, Mori M
Acta gastro-enterologica Belgica   76(2) 219-224   Jun 2013   [Refereed]
Sagawa T, Okamura S, Kakizaki S, Zhang Y, Morita K, Mori M
Journal of gastroenterology and hepatology   28(2) 285-290   Feb 2013   [Refereed]
渡邊多永子, 東尚弘, 山城勝重, 海崎泰治, 津熊秀明, 固武健二郎, 猿木信裕, 岡村信一, 柴田亜希子, 西本寛
厚生の指標   59(13) 22-26   Nov 2012
目的 全国で指定されているがん診療連携拠点病院から提供される院内がん登録全国データは,わが国のがん診療の現状を示す貴重なデータである。このデータの個人情報保護特性を明らかにし,より多くの研究者が解析利用できるように,匿名化手法の検討を行った。方法 まず,院内がん登録データ2008年症例(N=424,983)のリスク評価を行った。次いで,全データで一律にキー変数の情報量を減らす加工(大域的再符号化)とリスクの再評価を行い,さらに安全性を上げるためにリサンプリングの効果も検討した。リスク評価に...
Sagawa T, Kakizaki S, Iizuka H, Onozato Y, Sohara N, Okamura S, Mori M
World journal of gastroenterology   18(35) 4898-4904   Sep 2012   [Refereed]
Kudo T, Kakizaki S, Sohara N, Onozato Y, Okamura S, Inui Y, Mori M
World journal of gastroenterology   17(43) 4793-4798   Nov 2011   [Refereed]
岡村信一, 小林良太, 森田恭子, 野中真知, 蜂巣陽子, 張亜晶, 増尾貴茂, 工藤智洋, 森昌朋
群馬医学   (93) 215-219   Aug 2011
群馬県内の学校総数634校に勤務する養護教諭を対象に、過敏性腸症候群に関する最新の知見と正しい知識の学習、および児童生徒や家族に対する教育・支援方法を学習するための講演会を2度開催し、満足度と有用性などについてアンケート調査した。その結果、1)実態調査では腹痛や便通異常の腹部症状で来訪する児童生徒の件数は100人あたり毎月10件程度であった。そのうちManningの診断基準に基づいて養護教諭が過敏性腸症候群と判断した来訪は100人あたり毎月1件程度であった。またメンタルヘルスによる保健室来...
Kudo T, Okamura S, Zhang Y, Masuo T, Mori M
World journal of gastroenterology   17(17) 2223-2228   May 2011   [Refereed]
Zhang Y, Okamura S, Kudo T, Masuo T, Mori M
Life sciences   88(9-10) 432-439   Feb 2011   [Refereed]
Undergraduate Training Program to Review Medical Service from the Patients' Viewpoint
Okamura Shinichi, Sawada Yoshie, Satoh Teturou, Sumino Hiroyuki, Kobayashi Ryota, Masuo Takashige, Morita Kyoko, Sakamaki Tetsuo
HEALTHMED   5(1) 73-77   2011   [Refereed]
Haruhisa Iizuka, Haruhisa Iizuka, Satoru Kakizaki, Naondo Sohara, Yasuhiro Onozato, Hiroshi Ishihara, Shinichi Okamura, Hideaki Itoh, Masatomo Mori
Digestive Endoscopy   22(4) 282-288   Oct 2010
Background and Aim: Stricture is a complication that may occur after endoscopic submucosal dissection (ESD) of gastric neoplasms. The goal of the present study was to investigate the incidence, risk factors and management of gastric stricture afte...
Takashige Masuo, Shinichi Okamura, Shinichi Okamura, Yajing Zhang, Masatomo Mori
Cancer Letters   285 66-72   Nov 2009
The present study investigated the role of Calcineurin (CaN) in the proliferation of human colorectal cancers. CaN activity and protein expression were increased in human colorectal cancers. Nuclear transcription factor NFAT, a physiological subst...
H. Iizuka, S. Okamura, Y. Onozato, H. Ishihara, S. Kakizaki, M. Mori
Gastroenterologie Clinique et Biologique   33 1004-1011   Oct 2009
Background: Endoscopic submucosal dissection (ESD) is a state-of-the-art method that enables resection of larger tumors than those resectable by conventional endoscopic mucosal resection (EMR). However, the individual role of each method in the tr...
蜂巣陽子, 岡村信一, 田中寛人, 田中良樹, 森田恭子, 工藤智洋, 飯田智広, 河村修, 草野元康, 森昌朋
日本消化器病学会雑誌   106(9) 1364-1369   Sep 2009   [Refereed]
19歳男性、右腸腰筋膿瘍を発症し当院入院。瘻孔形成により膿瘍を合併した小腸大腸型クローン病と診断した。膿瘍ドレナージ術、抗生剤などの薬物療法、栄養療法、インフリキシマブ投与併用により緩解導入し、15ヵ月後の現在まで膿瘍の再発や腸管病変の再燃は認めていない。膿瘍ドレナージ術にインフリキシマブなどの保存的治療を併用することにより、腸管切除術などの外科手術を回避でき、緩解導入・維持できる可能性が示唆された。(著者抄録)
Shigeru Okumura, Keisuke Yuki, Ryota Kobayashi, Shinichi Okamura, Kazumitsu Ohmori, Hirohisa Saito, Chisei Ra, Yoshimichi Okayama
Clinical Immunology   130 75-185   Feb 2009
NOD2, an intracellular sensor of bacteria-derived muramyl dipeptide (MDP) has been implicated as a key player in intestinal immune health and disease. Mast cells (MCs) have been reported to be increased in the gut of patients with inflammatory bow...
Cyclosporine A inhibits colorectal cancer proliferation probably by regulating expression levels of c-Myc, p21(WAF1/CIP1) and proliferating cell nuclear antigen.
Masuo T, Okamura S, Zhang Y, Mori M
Cancer Lett.   285 66-72   2009
Shinichi Okamura, Yoshie Sawada, Teturou Satoh, Hironosuke Sakamoto, Yuichiro Saito, Hiroyuki Sumino, Takako Takizawa, Toshiaki Kogure, Chiayo Chaichantipyuth, Yoshihiro Higuchi, Tsutomu Ishikawa, Tetsuo Sakamaki
Tohoku Journal of Experimental Medicine   216(4) 341-351   Dec 2008
Impaired lipid metabolism is an important health problem in postmenopausal women with insufficient estrogens, because dyslipidemia is a risk factor for development of atherosclerosis and the incidence of cardiovascular disease markedly increases a...

Misc

 
岡村信一
院内がん登録の標準化と普及に関する研究 平成23年度 総括研究報告書   19-48   2012
岡村信一
院内がん登録の標準化と普及に関する研究 平成22年度 総括研究報告書   27-30   2011
岡村信一
院内がん登録の標準化と普及に関する研究 平成21年度 総括研究報告書   83-119   2010
岡村信一
院内がん登録の標準化と普及に関する研究 平成20年度 総括研究報告書   76-106   2009
岡村信一
院内がん登録の標準化と普及に関する研究 平成19年度 総括研究報告書   43-44   2008

Conference Activities & Talks

 
丸山まいみ, 寺田新, 大家千枝子, 岡村信一, 木村典代
日本スポーツ栄養研究誌   20 Jan 2018   
丸山まいみ, 寺田新, 大家千枝子, 岡村信一, 木村典代
日本スポーツ栄養研究誌   20 Jan 2018   
【目的】インスリンは、骨格筋においてグリコーゲンおよびたんぱく質の合成を強力に促進する作用を持つため、運動後の栄養補給ではいかにインスリン分泌を高めるかが重要となる。これまでに糖質とたんぱく質、もしくは糖質と脂質を同時に摂取することで、インスリン分泌が高められることが報告されている。牛乳はたんぱく質と脂質をバランス良く含み、スポーツ選手にとっても身近な食品である。そこで本研究では、運動後に糖質と牛乳の混合物を摂取することによりインスリン分泌が高められるかを検証した。【方法】対象は健康な運動...
丸山まいみ, 寺田新, 大家千枝子, 岡村信一, 木村典代
日本スポーツ栄養研究誌   20 Jan 2017   
Fecal lactoferrin is a useful biomarker for mucosal healing in cases of ulcerative colitis during monocyte adsorptive apheresis therapy
Tomizawa Taku, Kakizaki Satoru, Sagawa Toshihiko, Nonaka Machi, Nakayama Tetsuo, Tanaka Hiroto, Inoue Teruki, Sato Ken, Kusano Motoyasu, Okamura Shinichi, Yamada Masanobu
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   Dec 2015   
柿崎暁, 佐川俊彦, 富澤琢, 中山哲雄, 深井泰守, 草野元康, 山田正信, 岡村信一
日本神経消化器病学会プログラム・抄録集   26 Oct 2015   
林里美, 高野恵子, 藤倉頼子, 高橋朝歌, 木村紀久, 高橋仁恵, 熊倉慧, 岡村信一, 田中進, 小澤好夫, 松岡寛樹
日本食品科学工学会大会講演集   28 Aug 2014   
李孟蓉, WENNY Savitri, DARISAH Suwarno, 桑原敦志, 岡村信一, 清水美津夫, 芝山江美子
糖尿病   25 Apr 2014   
長浜宗敏, 上田郁奈代, 藤井歩美, 大磯清仁, 藤本容子, 初山貴, 入江真行, 岡村信一, 武田裕
診療情報管理   Aug 2011   
飯田智広, 井上照基, 今泉淳, 丸田栄, 岡村信一, 森昌朋
Gastroenterol Endosc   15 Mar 2011   
田中寛人, 飯塚賢一, 橋爪真之, 佐川俊彦, 工藤智洋, 増尾貴成, 飯田智広, 岡村信一, 森昌朋
日本内科学会雑誌   20 Feb 2011   
岡村信一, 飯塚賢一, 橋爪真之, 田中寛人, 新井和子, 木村幸, 森田恭子, 小柏剛, 張亜晶, 森昌朋
日本内科学会雑誌   20 Feb 2011   
活動期潰瘍性大腸炎に対するintensive GCAP療法とintensive LCAP療法の検討
田中 寛人, 飯塚 賢一, 橋爪 真之, 佐川 俊彦, 工藤 智洋, 増尾 貴成, 飯田 智広, 岡村 信一, 森 昌朋
日本内科学会雑誌   Feb 2011   
岡村信一, 森田恭子, 酒巻哲夫, 張亜晶, 増尾貴茂
医学教育   10 Jul 2010   
岡村信一, 上田郁奈代, 大礒清仁, 北村臣, 西山謙, 村野博信, 山本実佳, 吉野孝博, 谷川眞希子, 山田ひとみ, 長浜宗敏, 入江真行, 武田裕
医学教育   10 Jul 2010   
Pueraria mirifica phytoestroges improve dyslipidemia in postmenopausal women probably by activating estrogen receptor subtypes
Katano Akiko, Satoh Tetsurou, Okamura Shinichi, Sawada Yosie, Hashimoto Koshi, Yamada Masanobu, Ishikawa Tsutomu, Sakamaki Tetsuo, Mori Masatomo
ENDOCRINE JOURNAL   Mar 2010   
Current status of hospital-based cancer registry in university hospitals in Japan
32nd International Association of Cancer Registries Meeting   2010   
Nation-wide audit for medical record writing in university hospital in Japan
16th Congress of International Federation of Health Records Organizations (IFHRO 2010)   2010   
酒巻哲夫, 岡村信一
医療情報学連合大会論文集   21 Nov 2009   
入江真行, 長浜宗敏, 井下晴子, 梅本礼子, 岡村信一, 白鳥義宗, 山田ひとみ
医療情報学連合大会論文集   21 Nov 2009   
上田郁奈代, 岡村信一, 大磯清仁, 北村臣, 西山謙, 村野博信, 山本実佳, 吉野孝博, 谷川眞希子, 山田ひとみ, 長浜宗敏, 入江真行, 武田裕
医療情報学連合大会論文集   21 Nov 2009   

Research Grants & Projects

 
Mast cells in gastrointestinal diseases
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2004   
Inflammatory bowel disease treatment through regulating mucosal immunity
The Other Research Programs
Project Year: 2004   
Colon cancer growth inhibition by cyclosporin A
The Other Research Programs
Project Year: 2005   
Functional gastrointestinal disorders in school children
Grants and Funding
Project Year: 2006   
Reliability of medical information on the Internet
Grants and Funding
Project Year: 2006