長屋 幸助

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
長屋 幸助
 
ナガヤ コウスケ
URL
http://www.me.gunma-u.ac.jp/mech1/
所属
旧所属 群馬大学 大学院工学研究科 機械システム工学専攻
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
1980年
山形大学工学部講師
 
1977年
 - 
1980年
山形大学工学部助教授
 
1980年
 - 
1981年
群馬大学工学部助教授
 
1981年
   
 
群馬大学工学部教授
 
1998年
 - 
2000年
京都大学大学院教授(併任)
 

学歴

 
 
 - 
1972年
東北大学 工学研究科 機械工学専攻
 
 
 - 
1969年
東北大学 工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1967年
山形大学 工学部 機械工学科
 

Misc

 
電磁石とMRダンパによるアクティブ制振除振装置
長屋 幸助 / Tjahjo PRANOTO / 江原義明 / 権 奇龍
日本AEM学会誌   Vol.12,No4, pp.292-296    2005年
長屋 幸助 / 井開重男 / 千葉学 / 超旭京
日本機械学会論文集(C編)   Vol.71, No.708, pp.2635-2642    2005年
穴があいてもクラックができても漏れない容器の開発
長屋 幸助 / 村上 岩範 / 和田誠 / 新井幸広
保全学(日本保全学会)   Vol.4, No.3, pp.31-36    2005年
NAGAYA KOSUKE / T.PRANOTO
Journal of Material Processing Technology   Vol.161, pp.146-150.    2005年
NAGAYA KOSUKE / Hiroyuki KOBAYASHI / Kazuya KOIKE
Mechatronics (Elsevier)   Vol.16, pp.121-129.    2006年

書籍等出版物

 
エネルギー・環境キーワード辞典
(社)日本エネルギー学会編(コロナ社)   2005年   ISBN:4-339-06608-7
機械工学便覧(基礎編α2機械力学)
日本機械学会編(丸善)   2004年   ISBN:4-88898-116-7
High Temperature Superconductivity Part2(Engineering Applications)
Springer   2003年   
電気評論
電気評論社   2007年   
(著書)技術者のための振動と防振技術
アイピーシー   1990年   

講演・口頭発表等

 
Vibration Control Ddevices and Their Application (Invited Lecture)
International Conference on Fracture of Nano and Engineering Materials and Structures (ECF16), Integrity of Dynamic Systems   2006年   
磁気吸振器を用いたエンジン草刈り機の振動抑制自動同調制御
第18回電磁力関連のダイナミクスシンポジューム   2006年   
鉄粉層内蔵ばね型アクチュエータの開発と永電磁石による制御
第18回電磁力関連のダイナミクスシンポジューム   2006年   
円錐ばねと液体封入マウントを用いたエンジンマウントの開発と振動低減制御法
日ばね学会2006年度春期講演会   2006年   
自動同調ばね式吸振器を用いたエンジンマウントの開発と振動制御
Dynamics and Design Conference(D&D)   2006年   

特許

 
ばね型アクチュエータおよびその製造方法
特願2005-138128
流体漏洩を防止する流体封入構造体とその漏洩防止方法
特願2003-196938
人体装着介護用パンツ
特願2004-123537
自己修復機能を有する流体封入構造体
特願2004-111603