辻 幸和

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/31 11:47
 
アバター
研究者氏名
辻 幸和
 
ツジ ユキカズ

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
群馬大学 大学院工学研究科 社会環境デザイン工学専攻 教授
 
1987年
   
 
-: - 群馬大学 教授 
 
1974年
 - 
1981年
: 足利工業大学 助教授 
 
1981年
 - 
1987年
: 群馬大学 助教授 
 

学歴

 
 
 - 
1974年
東京大学 工学系研究科 土木工学
 
 
 - 
1969年
名古屋工業大学 工学部 土木工学
 

委員歴

 
 
   
 
(社)土木学会  電力施設解体コンクリート利用検討小委員会副委員長(2001-2005)
 
 
   
 
(社)土木学会  土木材料実験指導書編集小委員会委員長(1996-2005)
 
 
   
 
(社)日本コンクリート工学協会  コンクリート技士試験委員会 副委員長(2004,2005)、委員長(2006,2007)
 
 
   
 
(社)日本コンクリート工学協会  国際委員会 委員長(2001,2002)
 
 
   
 
(社)日本コンクリート工学協会  理事(2001,2002,2006,2007,2008,2009)、副会長(2007,2008)
 

Misc

 
鉛直打継目を有するコンクリート強度が異なる曲げおよびせん断性状
池田正志,辻 幸和,李 春鶴,杉山隆文
第15回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集   297-302   2006年
鉛直打継目を有する連続繊維補強材を用いたCPCはりの曲げ性状
萩原淳弘,辻 幸和,李 春鶴,池田正志
第15回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集   303-308   2006年
PCグラウト強度を変化したPPCはりの力学的性状
李 春鶴 / 辻 幸和
第33回セメント・コンクリート研究討論会論文報告集   Vol.33 57-62   2006年
建設マネジメントにおけるISO国際化対応について-日本の技術基準・規格を国際化するために-
辻 幸和
SCOPE NET   Vol. 20,Spring,pp. 3?7    2001年
イオン拡散における細孔組織の電気的な役割に関する考察
辻 幸和 / 杉山隆文 / 清水俊吾 / Worapatt Ritthichauy
第30回セメント・コンクリート研究討論会論文報告集   pp.91?94    2003年

書籍等出版物

 
土木技術と国際標準
土木学会   2001年   
図解コンクリート事典
オーム社   2001年   
土木材料実験指導書[平成13年改訂版]
土木学会   2001年   
コンクリート工学(Ⅰ)施工-新訂第五版
彰国社   2002年   
コンクリート診断士試験完全攻略問題集
セメントジャーナル社   2002年   

講演・口頭発表等

 
PCグラウト強度を変化したPPCはりの力学的性状
第33回セメント・コンクリート研究討論会   2006年   
高炉スラグ微粉末を置換したPCグラウトを用いたPPCはりの曲げ性状
第29回コンクリート工学講演会   2007年   
床版に膨張コンクリートを用いた鋼合成桁の膨張性状
第61回セメント技術大会要旨   2007年   
2種類の高炉スラグ微粉末を併用したPCグラウトのブリーディングおよび収縮性状
土木学会年次学術講演会講演概要集第5部   2004年   
膨張材のひび割れ低減効果の評価に関する一軸拘束試験方法
土木学会年次学術講演会講演概要集第5部   2004年