HASHIMOTO Chikanari

J-GLOBAL         Last updated: Nov 18, 2018 at 01:47
 
Avatar
Name
HASHIMOTO Chikanari
E-mail
chikace.tokushima-u.ac.jp
Affiliation
The University of Tokushima
Job title
Professor
Degree
(BLANK)
Research funding number
10180829

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
   
 
徳島大学 大学院 社会産業理工学研究部 教授
 
Apr 2016
   
 
徳島大学 大学院 理工学研究部 教授
 
Apr 2006
   
 
徳島大学 大学院 ソシオテクノサイエンス研究部 教授
 
May 1998
   
 
徳島大学 工学部 建設工学科 教授
 
Apr 1997
   
 
徳島大学 工学部 建設工学科 助教授
 

Education

 
Aug 1985
   
 
東京大学大学院 工学系研究科 博士課程 土木工学専攻 退学
 
Mar 1984
   
 
東京大学大学院 工学系研究科修士課程 土木工学専攻 修了
 
 
 - 
1984
Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 
Mar 1982
   
 
Graduated from the Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology.
 
 
 - 
1982
Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology
 

Awards & Honors

 
Sep 2018
Outstanding Contribution in Reviewing, Elsevier
Winner: Chikanori Hashimoto
 
Apr 2018
Outstanding Contribution in Reviewing, Elsevier
Winner: Chikanori Hashimoto
 
Feb 2018
History of Recommendations for Concrete Pumping published by Japan Society of Civil Engineers, 第1回全国圧送技術大会 発表奨励賞, (一社)全国生コンクリート圧送事業団体連合会
Winner: Chikanori Hashimoto
 
Dec 2016
Detection of Elastic Waveform Parameter to Evaluate Deterioration of Concrete, IIIAE Prominent Paper Award for the Excellent Paper in IIIAE2016, Paper Award Committee, IIIAE 2016
Winner: Takeshi Watanabe, 山口 喜堂, 森 成美, Chikanori Hashimoto, 塩谷 智基
 
Sep 2016
Certificate of Reviewing, Elsevier
Winner: Chikanori Hashimoto
 

Published Papers

 
Consideration of Surface Quality Evaluation for Actual Large Concrete W all by Simple Air Permeability Test Using C ylinder
Kenjiro Omoya, Takeshi Watanabe, Kenta Kotani, Masayuki Sekigawa, Chikanori Hashimoto
18 739-744   Oct 2018   [Refereed]
Yuji Yamada, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe
Journal of Structural Mechanics and Eartquake Engineering   Vol.74(No.4) 534-246   Oct 2018   [Refereed]
Evaluation of filling ability and drying shrinkage properties of concrete, mixing with ferronickel slag fine aggregate or copper slag fine aggregate with two types concrete ingredients consists of crushed stone and crushed sand and crushed stone a...
EXPERIMENTAL INVESTIGATION OF CONCRETE QUALITY CONDITION BY IMPACT WAVEFORM
OGUNSEYE David Olatunde, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto
Proc.of the Japan Concrete Institute   Vol.40(No.1) 1761-1766   Jun 2018   [Refereed]
Mechanical Impedance`s capability of detecting deterioration near concrete surface, makes it more suitable method for periodical and routine inspection of concrete infrastructures. The Impact waveform from which mechanical impedance is derived and...
報告 細骨材の表面水率自動測定装置の測定精度向上と社内標準化
Yasuhiro Fukuoka, Hiromi Nii, Mitsuhiro Furuta, Chikanori Hashimoto
Proc.of the Japan Concrete Institute   Vol.40(No.1) 1149-1154   Jun 2018   [Refereed]
生コンは使用材料を質量で計量し一定時間練混ぜ,製品化するのが基本である.すべての材料を配合設計どおりに計量することができればよいが,骨材に水分が付着しているため,その補正が必要になる.特に細骨材には通常数%から10%の表面水が付着している.そのため,1日に複数回の測定を行うが,変動が大きいと測定回数も多くなる.そこで,表面水率自動測定装置の精度を検証し実用化に向けて検討した.その結果,JIS A 11111)による測定値に対し±0.7%の範囲で測定できることが確認できた.また,これまでのデ...
コンクリートの圧縮強度試験用供試体の載荷面の平面度が強度試験に及ぼす影響
Norihiro Hayashi, Yasuo Morikoto, Chikanori Hashimoto
Proc.of the Japan Concrete Institute   Vol.40(No.1) 369-374   Jun 2018   [Refereed]
コンクリートの圧縮強度試験用供試体の形状寸法について実態調査を行った.その結果,供試体の直径,高さ及び載荷面と母線との間の角度は形状寸法の許容差を満足していたが,載荷面の平面度は上下面ともに供試体の50%以上が許容差を満足していなかった.また,セメントペーストを用いたキャッピング面は凹面となることが多く凸面とはならない.水セメント比が30%と40%のペーストでキャッピングを行い平面度を比較すると40%が約2倍の平面度となった.平面度は人力による研磨によって容易に修正できた.平面度の圧縮強度...

Misc

 
Chikanori Hashimoto, Shinichiro Okazaki, 他10名
次世代のコンクリート構造物の劣化診断に関する特別研究委員会報告集およびシンポジウム講演概要集 JCI S-15      Jun 2018
はじめに
Chikanori Hashimoto
平成29年度(第37回)工場立入監査総括報告書   Vol.37    Mar 2018
Guideline on Utilization of Placing the Concrete Having 12cm of Slump in Site (By MLIT) from a Point of View on Recommendation Related to Fresh Concrete Published by JSCE
Koichi Maekawa, Chikanori Hashimoto, Noboru Sakata
Concrete Journal   Vol.56(No.3) 213-217   Mar 2018
昨年7月から,国土交通省が発注する一般土木工事の鉄筋コンクリート構造物を対象に,「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン」の運用が開始された.半世紀以上続いた積算基準のスランプ8cmが12cmに変わった.さらに,条件によって高流動コンクリートの使用を示した.究極のコンクリート工は,締固め不要の高流動コンクリートを用いた完全自動施工であることは自明である.しかし,積算基準のスランプが12cmになることで,コンクリート工の生産性が大いに向上すると期待されている.このガイド...
Chikanori Hashimoto
四国の生コン技術力活性化委員会【第3期】報告書   Vol.JCI S-14    Feb 2018
The slump of concrete discharged from agitating truck was changed into 12cm from 8cm.
Chikanori Hashimoto
JSCE Magazine   Vol.103(No.1) 58-61   Jan 2018

Books etc

 
Recommendations for Design and Construction of Concrete Using Ground Granulated Blast-Furnace Slag
Etsuro Sakai, Hiroshi Watanabe, Takeshi Iyoda, Chikanori Hashimoto, 他45名
Japan Society of Civil Engineers   Sep 2018   
高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートに関する研究小委員会(354委員会)委員会成果報告書
綾野 克紀, 佐川 康貴, Chikanori Hashimoto, 他30名
Japan Society of Civil Engineers   May 2018   
高炉スラグの製造量は年間2,340万トンで,そのうち8割が水砕化されている.2,340万トンの水砕スラグのうち,9割がセメント用材料であり,そのうちの半分以上は,経済発展の著しいアジア地域へ輸出がされている.99%が有効利用されているといわれる高炉水砕スラグであるが,それを砂(細骨材)として用いることで,コンクリート構造物の耐久性を向上させることに期待できることを本報告書では示した.
Guideline for Experiment on Materials of Civil Works, 2017 Edition
Chikanori Hashimoto, 上野 敦, 他8名
Japan Society of Civil Engineers   Feb 2017   
今回の改訂は,2015年改訂版に引き続くものである.2017年改訂版は,主に,JIS やその他の関連規準等の改正に伴う文言の見直しを行った.また,高校生や大学生が使いやすいように文言を改めている部分もあります.実験する立場に立って平易に解説する編集方針を従来に増して押し進め,よりわかりやすくなるように作業を行った.とくに2017年改訂版では,紙面に5行毎の行番号を挿入し,教科書としてより使いやすい実験指導書にした.
Recommendation for Design and Construction of Concrete Structure Using Ferronickel Slag Aggregate
Kimitaka Uji, Tatsuhiko Saeki, Toshiki Ayano, Atsushi Ueno, U, Chikanori Hashimoto, その他23名
Japan Society of Civil Engineers   Jul 2016   
Recommendation for Design and Construction of Concrete Structure Using Copper Slag Fine Aggregate
Kimitaka Uji, Tatsuhiko Saeki, Toshiki Ayano, Atsushi Ueno, U, Chikanori Hashimoto, その他23名
Japan Society of Civil Engineers   Jul 2016   

Conference Activities & Talks

 
Estimation of concrete strength in steam curing by elastie wave method
Akari Suzuki, Takeshi Watanabe, Masaya Satake, Chikanori Hashimoto
15 Nov 2018   
弾性波伝搬速度を用いた暑中コンクリートの圧縮強度推定に関する実験的検討
Masaya Satake, Takeshi Watanabe, Akari Suzuki, Chikanori Hashimoto
土木学会年次学術講演会講演概要集   29 Aug 2018   Japan Society of Civil Engineers
シリンダーを用いた簡易透気試験の評価領域の推察および測定精度の評価
Kenta Kotani, Takeshi Watanabe, 関川 昌之, Kenjiroh Omoya, Chikanori Hashimoto
土木学会年次学術講演会講演概要集   29 Aug 2018   Japan Society of Civil Engineers
高炉スラグ細骨材を用いた再生粗骨材コンクリートの施工性能に関する研究
Yuji Miyazaki, Tetsuya Hirao, Kazunori Tsujimoto, Chikanori Hashimoto
土木学会年次学術講演会講演概要集   29 Aug 2018   Japan Society of Civil Engineers
電気炉酸化スラグ細骨材を混入した舗装用コンクリートの耐摩耗性の評価
山中 啓資, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe, Keisuke Ishimaru
土木学会年次学術講演会講演概要集   29 Aug 2018   Japan Society of Civil Engineers

Research Grants & Projects

 
Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): 渡邉 健
Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): UEDA Takao
Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2008 - Mar 2011    Investigator(s): HASHIMOTO Chikanori
Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2008 - Mar 2011    Investigator(s): UEDA Takao

Patents

 
2009-234863 : 再生骨材コンクリートおよびその製法
牛尾 仁, Chikanori Hashimoto, 吉田 元昭, 平塚 和男
2007-297882 : コンクリート補強ネットおよびコンクリート構造体
Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe, 田中 秀典
特許第4631045号 : コンクリート固化体組成物およびその製造方法およびコンクリート固化体
Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe, 一宮 桂一郎
2005-350303 : 再生骨材によるコンクリートの製造方法
Chikanori Hashimoto, 新居 史朗, 牛尾 仁
2004-115291 : 石炭灰を用いた固化体及び該固化体の製造方法
Chikanori Hashimoto, 小林 修二