奥山 忠信

J-GLOBALへ         更新日: 09/10/19 00:00
 
アバター
研究者氏名
奥山 忠信
 
オクヤマ タダノブ
所属
埼玉学園大学
部署
経営学部
職名
教授
学位
経済学博士(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
 埼玉学園大学教授
 
2006年
 - 
2008年
 上武大学長
 
1994年
 - 
1998年
 埼玉大学経済学部長
 
1993年
 - 
2006年
 埼玉大学経済学部教授
 
1988年
 - 
1993年
 埼玉大学経済学部助教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東北大学 経済学研究科 
 
 
 - 
1984年
東北大学 経済学研究科 
 
 
 - 
1974年
東北大学 経済学部 
 

委員歴

 
2009年
   
 
政策科学学会  会長
 

Misc

 
「金貨幣の今日的意義」,『理論経済学会年俸』,第37集,2000年。 
奥山忠信
『経済理論学会年報』   (37) 83-98   2000年
An Essay for the Asian Common Currency: The Role of Gold
奥山忠信
Chulalongkorn University,(Thailand),Chulalongkorn Journal of Economics,   15(1) pp.84-95.   2003年
ジェームズ・ステュアート「バリントン卿への手紙」(1763)における貨幣理論
奥山忠信
東北大学研究年報『経済学』   第65巻(第3号) 13-24   2004年
The Prospect of an Asian common Currency
奥山忠信
『上武大学ビジネス情報学部紀要』   6(2) 71-82   2007年
『要綱』における貨幣の論証-成立史から見た価値形態論の研究
奥山忠信
東北大学研究年報『経済学』   40(4) 55-77   1977年

書籍等出版物

 
金の魅力金の魔力
社会評論社   2002年   
ジェームズ・ステュアートの貨幣論草稿
社会評論社   2004年   
通貨・金融危機と東アジア経済
社会評論社   2005年   
ジェームズ・ステュアート『経済学原理』草稿-第3編貨幣と信用-
御茶の水書房   2006年   
グローバル資本主義と景気循環
御茶の水書房   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
貨幣論
貨幣論に関する理論および形成史研究
貨幣論に関する学説史および理論の研究