内田 秀和

J-GLOBALへ         更新日: 10/03/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
内田 秀和
 
ウチダ ヒデカズ
URL
http://www.phm.ees.saitama-u.ac.jp/~uchida/
所属
埼玉大学
職名
准教授
学位
工学博士(埼玉大学), 工学修士(埼玉大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
   
 
- , 埼玉大学工学部助教授 情報基礎, 電子回路II, 電気電子実験III, 電気電子実験IV
 
1990年
 - 
2001年
, 埼玉大学工学部助手
 

学歴

 
 
 - 
1990年
埼玉大学 工学研究科 電子工学専攻
 
 
 - 
1988年
埼玉大学 工学部 電子工学科
 

Misc

 
スピネル型構造をもつZn-Sn系複合酸化物薄膜のガス検知特性
平塚信之,小林裕,内田秀和,勝部昭明
日本セラミックス協会学術論文誌   104(1215) 1048-1051   1996年
Fabrication and Measurement System for Microarray Using Digital Micromirror Device
N. Sato, Y. Hayashi and H. Uchida
Proceedings of the 23rd Sensor Symposium   109-113   2006年
A. Kunimoto, N. Abe, H. Uchida and T. Katsube
Sensors and Actuators B: Chemical   65 122-124   2000年
An Application Possibility of Self-Ordered Mesoporous Silicate for Surface Photo Voltage Type NO Gas Sensor (I) : The Characterization of Nonionic Triblock Copolymer Templated Self-Ordered Mesoporous Silicates and Preparation Their Film for Device Appl・・・
内田秀和
IEICE transactions on electronics   E85-C(6) 1298-1303   2002年
An Application Possibility of Self-Ordered Mesoporous Silicate for Surface Photo Voltage Type NO Gas Sensor (I) : The Characterization of Nonionic Triblock Copolymer Templated Self-Ordered Mesoporous Silicates and Preparation Their Film for Device...
An Application Possibility of Self-Ordered Mesoporous Silicate for Surface Photo Voltage (SPV) Type NO Gas Sensor (II) : Self-Ordered Mesoporous Silicate Incorporated SPV Device and Its Sensing Property Dependence on Mesostructure(Special Issue on Rece・・・
内田秀和
IEICE transactions on electronics   E85-C(6) 1304-1310   2002年
An Application Possibility of Self-Ordered Mesoporous Silicate for Surface Photo Voltage (SPV) Type NO Gas Sensor (II) : Self-Ordered Mesoporous Silicate Incorporated SPV Device and Its Sensing Property Dependence on Mesostructure(Special Issue on...

書籍等出版物

 
内田秀和 他122名 バイオセンサ・ケミカルセンサ事典
テクノシステム   2007年   ISBN:978-4-924728-54-7
内田秀和 他113名 MEMS/NEMS工学全集
テクノシステム   2009年   

講演・口頭発表等

 
水晶振動子センサを用いた初期火災センシングシステムの開発
電気学会研究会資料   2007年   
光導電性高分子薄膜を用いた新しい化学画像センサ
電子情報通信学会技術研究報告   2006年   
Fabrication and fluorescence measurement system for microarray using Digital Micromirror Device
電子情報通信学会技術研究報告   2006年   
高密度マイクロリアクターセル分析システムの開発
総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書   2007年   
Dissolved gas image sensor using two dimensional SPV technique
Transducers'99 The 10th Intern. Conference on Solid-State Sensors and Actuators   1999年   

競争的資金等の研究課題

 
表面光電圧法を用いた化学センサ
補助金
研究期間: 1987年 - 2000年
半導体素子を用いた化学センサに関する研究を行い、特に表面光電圧法がマルチセンサを容易に構成可能であり、化学センサとして適していることを見いだした。主に食品、医療関連分野への応用を行った。非常に高い感度が要求される測定用途のために差動表面光電圧法の技術開発を行い、安定した性能を示すことを明らかにした。さらにセンサ信号処理技術を改善して高速2次元化学画像センサの開発を行い、ガスフローが変化する様子などをリアルタイムで高密度測定できることを示した。生化学分野では抗体を用いた免疫センサ、ヘモグロビ...
嗅覚センサ
研究期間: 2001年   
QCMおよび酸化物半導体センサを利用した嗅覚センサの研究。これまで食品に関する匂い判別の研究を行って来た。現在、主に初期火災に至る前の燻りを感知するセンサシステムの研究を行っている。
マイクロリアクターアレイの高速測定技術に関する研究
補助金
研究期間: 2003年   
創薬などを目的として高速分子進化に利用するマイクロリアクターアレイを高速に分析するための技術に関する研究
有機光導電性薄膜を用いた化学センサ
補助金
研究期間: 2006年   
有機光導電性薄膜を用いてセンサ表面の任意の場所で酸化還元反応を起こす技術に関する研究を行っている。