菅野 雅元

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/06 03:26
 
アバター
研究者氏名
菅野 雅元
 
カンノ マサモト
eメール
mkannohiroshima-u.ac.jp
携帯メール
mkanno1mac.com
所属
広島大学
部署
医学講座
職名
教授
学位
医学博士(千葉大学)
科研費研究者番号
40161393

経歴

 
1997年9月
   
 
広島大学 医学部教授
 

論文

 
Miyazaki Masaki;Kawamoto Hiroshi;Kato Yuko;Itoi Manami;Miyazaki Kazuko;Masuda Kyoko;Tashiro Satoshi;Ishihara Hiroto;Igarashi Kazuhiko;Amagai Takashi;Kanno Rieko;Kanno Masamoto
Polycomb group gene mel-18 regulates early T progenitor expansion by maintaining the expression of Hes-1, a target of the Notch pathway.   174(5)    2005年   [査読有り]
:Polycomb group (PcG) proteins play a role in the maintenance of cellular identity throughout many rounds of cell division through the regulation of gene expression. In this report we demonstrate that the loss of the PcG gene mel-18 impairs the ex...
Sugihara, E.; Shimizu, T.; Kojima, K.; Onishi, N.; Kai, K.; Ishizawa, J.; Nagata, K.; Hashimoto, N.; Honda, H.; Kanno, M. et al.
ONCOGENE   31(23) 2849-2861   2012年6月   [査読有り]
The cell of origin of tumors and the factors determining the cell of origin remain unclear. In this study, a mouse model of precursor B acute lymphoblastic leukemia/lymphoma (pre-B ALL/LBL) was established by retroviral transduction of Myc genes (...
Osawa, Tomoyuki; Atsumi, Yuko; Sugihara, Eiji; Saya, Hideyuki; Kanno, Masamoto; Tashiro, Fumio; Masutani, Mitsuko; Yoshioka, Ken-ichi
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   432(1) 34-39   2013年3月   [査読有り]
Normal cells undergo a growth-arrested status that is produced by p53-dependent down-regulation of histone H2AX. Immortality is developed after abrogation of the H2AX-diminished state, which is associated with genomic instability (often with tetra...
菅野 雅元
Science   (257) 1392-1395   1992年4月
Kurogi, Toshiaki; Inoue, Hiroko; Guo, Yun; Nobukiyo, Asako; Nohara, Keiko; Kanno, Masamoto
PATHOBIOLOGY   79(4) 209-218   2012年   [査読有り]
A functional methyl group donor is essential for the epigenetic regulation of all biological events due to the importance of DNA methylation and histone methylation as an epigenetic marker. However, the epigenetic alterations in the immune system ...

書籍等出版物

 
ダイオキシン類の生体毒性発現機構の解析
菅野 雅元 (担当:共編者)
平成11年度厚生労働省科学研究費補助金生活安全総合事業研究報告集   2004年3月   
免疫学コア講義・第2版
南山堂   2007年9月   ISBN:9784525167523
免疫学コア講義
南山堂   2002年8月   ISBN:4525167513
ゲノムからの情報発現(転写因子とその機能)
Springer-Verlag   2000年10月   ISBN:4431709037 C3045
BioScience新用語ライブラリー「転写因子」第2版
羊土社   1999年12月   ISBN:4897062640

講演・口頭発表等

 
Thymocyte development and cell death restraint mediated by Polycomb gene. [招待有り]
菅野 雅元
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会   2008年12月   
「 免疫とは何か 」  [招待有り]
菅野 雅元
広島感染症研究会   2007年12月   
「胸腺内T細胞分化のエピジェネティック制御とダイオキシンによる胸腺萎縮」 [招待有り]
菅野 雅元
国立環境研究所セミナー   2007年1月   
「Stranger & Danger仮説」とアレルギー疾患の悪化因子 [招待有り]
菅野 雅元
第56回日本アレルギー学会秋季学術大会   2006年11月   
「血球系細胞とエピジェネティックス」 [招待有り]
菅野 雅元
第45回 日本血液学会   2006年3月   

競争的資金等の研究課題

 
臨床応用での本手法検証・樹立と指標探索
日本医療研究開発機構: 医療分野研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 菅野 雅元
オミクス解析に基づくアレルギー発症機構の理解と制御基盤の構築
日本医療研究開発機構: 革新的先端研究開発支援事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 菅野 雅元
1細胞分子診断システム (臨床応用での本手法検証・樹立と指標探索)
AMED: AMED-SENTAN
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 菅野雅元
オミックス解析に基づくアレルギー発症機構の理解と制御基板の構築 (DAMPsが免疫系・アルルギーに及ぼす影響)
AMED-CREST
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 菅野雅元
1細胞分子診断システム
JST-研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プ
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
アレルギー疾患に対する、基礎的概念、および新しい理論について
【助言・指導】
免疫ってどこで働いているの
【】  日本免疫学会  日本免疫学会、アウトリーチ活動「高校への出張講義」  2009年7月 - 2009年7月
非営利組織
免疫って何だろう
【】  日本免疫学会  日本免疫学会、アウトリーチ活動「高校への出張講義」  2008年6月 - 2008年6月
非営利組織
研究者と話そう! 見る・聞く・ふれる 免疫学
【】  日本免疫学会  免疫ふしぎ未来2012  2012年8月 - 2012年8月
非営利組織
研究者と話そう! 見る・聞く・ふれる 免疫学
【】  日本免疫学会  免疫ふしぎ未来2013  2013年8月 - 2013年8月
非営利組織